フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 「盗める!」と思ったらもう | トップページ | 元法務大臣の国会議員が右折禁止違反 »

2023年4月20日 (木)

「ヤバイことじゃないよね」その確認が命取り!

19032812_20230420213701  東京高裁で「詐欺未遂」の控訴審判決を傍聴した。

 被告人は71歳。耳が遠い。乱れ白髪で日焼けして、ちょっと見はホームレス風。でもちゃんと生活保護を受給している。沖縄出身で、なんちうかちょっと、ぽやんとした感じだ。

裁判長 「主文。本件控訴を棄却する。主文、以上です」

 

 以下、聴き取ってメモできたところは…。

 駅のタウンワークか何か求人誌を見て仕事を探した。
 スタッフワークとかいう求人に電話。
 キクチと名乗る担当者と駅前で会った。
 採用された。書類を受け取る仕事、とのことだった。

 スマホで指示されて被害者宅を訪問。
 指示されて弁護士事務所の事務員と告げた。氏名は本名を名乗った。マスクなし。
 警察官たちが待ち受けていたのか、ソク逮捕。
 なんと、特殊詐欺の受け子にリクルートされたのだった!

 

 ちょっと待ってよ。
 駅の無料の求人誌に、まさか特殊詐欺グループが求人を出してるとは、普通思わんでしょ!
 怪しいと思えば、本名は名乗らんでしょ、マスクで顔を隠すでしょ。

 でも有罪。なぜ?

 被告人はキクチに対し「後ろ指さされるような仕事じゃないよね」と確認したのだそうだ。
 そしたらキクチは、そんな仕事ではぜんぜんないと言ったのだそうだ。

 だだっ、大失敗!!!
 その確認によって、刑事裁判的には「詐欺と未必的に認識していた。故意に欠けるところはない」となっちゃうんである。

 この被告人だけじゃない。
 特殊詐欺の受け子のほか、巧妙に騙されて覚醒剤の運び屋をやらされた人たち(老若男女)も、もしやと思って念のため確認した、その確認が命取り(の確実なひとつ)になっている。

 

 どうです、こんなこと誰も言わないでしょ。
 検察官と裁判官と、あと傍聴マニアしか知らないと思われ。
 裁判傍聴はヤメられない止まらない、である。

 今回の「詐欺未遂」の原判決は不明。あとで分かったらここに追記しとこう。

 ←4月20日21時40分現在、週間INが802位。

« 「盗める!」と思ったらもう | トップページ | 元法務大臣の国会議員が右折禁止違反 »

刑事/その他刑事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「盗める!」と思ったらもう | トップページ | 元法務大臣の国会議員が右折禁止違反 »