フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 市販の風邪薬が危険ドラッグ扱い! | トップページ | わし、帰る家がないんや »

2023年5月30日 (火)

息子さんが重病、いくら出せますか?

1804273_20230530093801  あるお婆ちゃんの家へ、ある大病院から電話がかかってきた。
 息子さんが、なんだっけ重病で直ちに入院が必要で、〇百万円ほど必要なんですけど、とりあえずいくら出せますか、と。

 うっわ、特殊詐欺のうちオレオレ詐欺の変形バージョンだ! 普通誰だってそう思うよね。
 このお婆ちゃんは、かなりしゃんとした人だ。普通なら、すぐ見破ったろう。

 ところが、息子が重病と聞いた途端、頭ん中がまっ白になってしまった。
 いくら出せますかと問われ、〇百万円よりもっと多く答えてしまった。

 お婆ちゃん、絶体絶命!

 だが、幸運にもその日、妹さんか身内が遊びに来ていた。
 「それ、詐欺よ!」となり、息子さんに電話。お婆ちゃん、どんなに安堵したことか。

 

 この話はそこで終わらない。
 多額の現金を用意できると言ってしまった。
 詐欺グループは急ぎSNSで強盗の叩き子(受け子、出し子に続く私の造語)を集め、襲わせるだろう。
 お婆ちゃん、殺されるかも!

 警察の勧めで、お婆ちゃんはその日のうちに転居したという。
 長く暮らした元の家へは二度と戻れない。

 

 こういう話、日本全国で、たぶん世界各国で起こってるんだろう。
 世界の特殊詐欺(リモート詐欺)、特殊強盗(リモート強盗)、お国事情いろいろ、みたいなテレビ番組、やればいいのに。

 「リモート」というのは、詐欺も強盗も実行犯はスマホで細かく指示され操られるから。
 リモート強盗なんか、どこのお宅を襲うか、いっしょに襲う者(共犯者)は誰か、実行の直前まで知らなかったりする

 末端の使い捨ての実行犯だけがぽろぽろ捕まる。
 刑法の規定により共犯=正犯なので、実行犯自身が計画を立て、騙しの電話をかけたかに報道される。裁判では、

裁判官 「従属的な立場とはいえ、詐欺(強盗)の完遂に不可欠な役割を果たしており悪質である」

 とされ、被害額全部の責任を問われる。たとえ報酬が5万円でも、報酬なしでもだ。なんせ刑法的には正犯なので。

 ←5月30日9時10分現在、週間INが702位。

« 市販の風邪薬が危険ドラッグ扱い! | トップページ | わし、帰る家がないんや »

刑事/その他刑事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 市販の風邪薬が危険ドラッグ扱い! | トップページ | わし、帰る家がないんや »