フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 交通三悪、言ってみてください | トップページ | 性犯罪者の脳内エコーチェンバー »

2023年5月17日 (水)

酎ハイを買ってくれるというので

Kc3n0002_20230517201001  某日、10時30分から東京高裁の622号法廷で「道路交通法違反教唆」の控訴審判決があった。

 私は過去に「詐欺教唆」「偽証教唆」「脅迫教唆」を傍聴したことがある。
 でもそんなのは希有。「教唆」のほとんどは、交通事故や違反で「身代わりになってくれ」という「犯人隠避教唆」だ。

 「道路交通法違反教唆」、いったい何だろ、絶対見逃せない! と裁判所へ出かけたわけ。私はそういうタイプの傍聴人なのだ。

 

 どうせ出かけるなら、10時から一斉に始まる東京地裁の新件の、何か1件ちらっと傍聴しようか、と思うタイプの私は傍聴人でもある。

 10時から東京地裁の713号法廷で「殺人未遂、銃砲刀剣類所持等取締法違反」(裁判員裁判)の新件(第1回公判)があった。
 裁判員裁判を私は滅多に傍聴しない。でも、たまにはちらっと…。

 この事件は報道された。
 しかし報道業者さんのサイトには既に無く、報道を転載して広告費を稼ぐサイト等にまんま有る。
 報道=警察の逮捕発表の一部、刑事裁判の法廷にはとんでもない話が出てくる、という一般原則に、本件はバリバリ当てはまった。
 ええっ、なんだそれぇ~! だった。
 具体的に書く場合、どこまで書いていいか、悩む事件だ。悩んでるひまがない。パス。すみません。

 

 弁護人の冒陳(冒頭陳述)が始まったところで私はそっと出て、622号法廷へ。
 「道路交通法違反教唆」は、飲酒運転の教唆だった。

 「酒と煙草を買いに行くからコンビニへ送ってってくれ」と頼み、相手は「酎ハイを買ってくれるというので」引き受けたのだそうだ。
 「相手が酒気を帯びてるとは知らなかった」と事実誤認の主張。被告人は不出頭。判決は控訴棄却

 

 言渡しの途中、10時35分頃、傍聴人が続々と入ってきた。なんだ?
 この法廷は10時40分から「強制性交等」の控訴審判決なのだった。
 続けてそれも傍聴した。

 犯行時、被告人はキャンプイベントのスタッフ。夜、小学校低学年の男児が就寝中、その陰茎を口腔内に入れたのだそうだ、自ら動画を撮影しながら。

 弁護人の主張に「口淫させたものであり口腔性交まではしていない」ので悪質、重大性が低い、という部分があるそうだ。
 口腔内での射精には至っていないという意味か。

 原判決は懲役4年、量刑不当の主張。被告人は不出頭、控訴棄却
 当審未決算入なし。保釈されているのか、別件で服役中なのか。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

性犯罪捜査全書 理論と実務の詳解[本/雑誌] / 城祐一郎/著
価格:4,950円(税込、送料別) (2023/5/17時点)

 それから私は急ぎ非常階段を駆け下り、、、もう長くなりすぎた。ここまでとする。
 続きを書くかどうか、わかりません、すみません。

 ←5月17日20時10分現在、週間INが302位。この1週間に3人の方が猫のバナーをクリックしてくれた、という意味かと。

« 交通三悪、言ってみてください | トップページ | 性犯罪者の脳内エコーチェンバー »

交通/飲酒運転」カテゴリの記事