フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 息子さんが重病、いくら出せますか? | トップページ | ルフィ事件の勾留理由開示 »

2023年6月 1日 (木)

わし、帰る家がないんや

2205195-2  東京地裁(東京高地簡裁合同庁舎)の庁名板3事件、について2022年11月18日に書いた。

 その「1、朱墨事件」の被告人の、今度は議員会館の庁名板に墨汁をかけた事件、の控訴審判決の期日が5月31日(水)13時20分、東京高裁であった。
 忙しいんで私はパスしよう、と何度か決意したのち、ええいと思い切り、出かけた。
 簡単にご報告しよう。

 

 13時18分の時点で、傍聴席には公務員と思しき主に男たちが10人。

 被告人は身柄(拘置所)。白髪のスリムなお年寄りである。現在80歳だっけ。
 開廷前、被告人席で刑務官2人に挟まれ、体をねじって背後の弁護人にいろいろ言っていた。

被告人 「な、どないなってんねん…総理大臣…あれどうなっとんの…あんた何もしてへんねや…国選の弁護人はそんなんで金もろて…」

 裁判官3人が登壇。伊藤雅人裁判長が被告人に対し、判決を言い渡すから証言台のところに立つようにとうながした。

被告人 「いや判決って」

 被告人があれこれ言いだしたが、裁判長は制して言い渡した。

裁判長 「主文。本件控訴を棄却する。当審における未決勾留日数中、原判決の刑に満つるまでの分をその刑に算入する」

 おお~。原判決の言渡しは今年3月10日、拘留29日、未決10日算入だ。
 残る19日分も算入、拘留刑はすべて終えた扱いになったわけだ。
 ここまで2カ月と約20日間を経過している。裁判に必要な期間を2カ月間として、残る19日分を算入、ちょぉどええ。

 可罰的違法性はある、という判断を示し、言渡しは1分もかからなかったんじゃないかな。その間、被告人はいろいろ勝手にしゃべり続けた。

被告人 「ほな憲法違反、どうなってんの…上告上告って、ちゃんと審理できんのかいな…憲法37条違反、どうなってんねん」

 憲法第37条はこうだ。

第三十七条 すべて刑事事件においては、被告人は、公平な裁判所の迅速な公開裁判を受ける権利を有する。
② 刑事被告人は、すべての証人に対して審問する機会を充分に与へられ、又、公費で自己のために強制的手続により証人を求める権利を有する。
③ 刑事被告人は、いかなる場合にも、資格を有する弁護人を依頼することができる。被告人が自らこれを依頼することができないときは、国でこれを附する。

裁判長 「あなたの権利を告知してるから黙って聞きなさい」

 と上訴権の告知を終え、そのあと! びっくりなことを言った。

裁判長 「職権でコウリュウの取消しをしたいと思います。検察官、弁護人…」

 双方とも「然るべく」。
 ええっ、なにそれ、そんなシーン、初めて見ると思う! 取消しは拘留、勾留、どっち?

 

 言渡しを終えて裁判官3人は退廷。
 それから書記官(女性)が被告人のそばへ来て、何か書類を渡した。署名を求めたんだっけ。
 審理中に書証(見取り図とか)に丸印を書き入れたりしており、それについて署名を求めることはあるが、本件ではそういうことは一切ない。
 なんなの? コウリュウの取消しに関する書類? 上訴権に関係する書類?

 被告人に帰住先がないという話になった。
 検察官が保護施設への案内の書類を渡す、というシーンはなかった。

被告人 「私はね、今は帰る家がないんですわ…ないんや、大阪の地震でね…」
書記官 「(裁判所からの郵便物を)受け取る場所がないと、上告しても手続きが進まなくなるんです」
被告人 「家、世話してくれたらいい」
書記官 「裁判所はできません。弁護人さんと相談してください」

 でかい声を発し続ける被告人に対し、必要十分なことを淡々と粘り強く書記官は説明するのだった。
 けど被告人の思うようにはいかない。ついに被告人はこんなことを言った。

被告人 「またもいっかいおんなじような事件起こしていいってことか」

 書記官は穏やかに即答した。

書記官 「そんなことないです」

 書記官、いいね。裁判所でいちばん偉いのは書記官だと私は思いますとも、ええ。

 

 釈放は、いったん拘置所へ戻ってからになる。
 拘置所へのバスが出るまで、裁判所の地下の「仮監」で被告人は待つことになる。

被告人 「わしね、大阪…地震のとき…住むとこがないんや」

 などと言い続ける被告人を、刑務官2人が仮監へ連れていくことになった。
 そのとき刑務官が、ぎょぎょっ、被告人にカチャカチャと手錠をかけた!

 さっき職権で取り消したのは拘留刑であって、身柄の勾留は続くの?
 あるいは、刑務官は、つい、癖で、かけちゃいけない手錠をかけちゃったの?

 奥のドアへ去る際、被告人は、手錠の手で検察官の机をドーン!と叩き、検察官に対し「しっかりせーよ!」と言った。
 厳密には暴行罪が成立すると思うが、誰も何も言わなかった。

 ←6月1日4時30分現在、週間INが602位。

« 息子さんが重病、いくら出せますか? | トップページ | ルフィ事件の勾留理由開示 »

刑事/その他刑事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 息子さんが重病、いくら出せますか? | トップページ | ルフィ事件の勾留理由開示 »