フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 血圧が劇的に下がった理由は | トップページ | 不同意わいせつ、不同意性交等 »

2023年7月12日 (水)

同性愛のウガンダ女性に難民認定

1704077  拙宅へは紙の日経新聞が届く。
 古紙回収に出す前に、私はざっと目を通す。もったいないもん。

 ネットでは4月19日付けの、「同性愛迫害理由に難民認定 国に勝訴のウガンダ女性」、この記事だっけ、今ごろ読んだ。

 つまり、

・同性愛者を迫害する国から日本へ逃げてきて、難民申請をした。
・日本国は蹴った。国へ帰れと命じた。
・そこで裁判官に助けを求めた。
・裁判官は助けた。国はあきらめた。

 そういうことか。

 日本では、ごくまれに、難民申請が認められることがあるという。
 具体的にどんなケースが認められているんだろう。
 裁判官の判断を待たず、国が自発的に難民と認めるケースがもしあるなら、いったいどんな物凄いケースだろう。

 ウクライナの人たちがいるじゃん? いえいえあれは「難民」ではなく「避難民」なんだと聞きました。
 日本で難民と認められるのは、勲章を授与されるより断然困難かも。

 

 難民申請を蹴られて裁判官に助けを求めるのは、何割ぐらいなんだろう。
 裁判の費用、特に代理人弁護士の費用はどうしているのか。
  ・難民申請の人が自腹で払う(あるいは代理人なしの本人訴訟)
  ・国か弁護士会が手当することになっている
  ・心ある弁護士が手弁当で支援する
 裁判を経て難民認定を受けられる人はどれぐらいいるのか。

 ほらね、そういうごく表面的なことすら、私はぜんぜん知らない。
 知らないことだらけの海を、しかし泳いでゆかねばならぬのだ、楽しいじゃないか。

※ 画像はだいぶ何年も前の、太ってる頃の私。撮影者は阿曽山大噴火さんだったかと。ありがとうございます。

 ←7月12日19時40分現在、週間INが502位。

« 血圧が劇的に下がった理由は | トップページ | 不同意わいせつ、不同意性交等 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 血圧が劇的に下がった理由は | トップページ | 不同意わいせつ、不同意性交等 »