フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 性加害の伏魔殿、大規模な黙認、のイメージなので | トップページ | 自分自身を特定の民族や国の一部であるとみなし »

2023年9月11日 (月)

もうすぐ私は神だ、間違いない!

2018102  国語辞典編纂者、飯間浩明さんの、「役に立つ文語文」という書き物が、9月1日付け日経新聞の夕刊にあった。

 古典とは「古今和歌集」や「源氏物語」など昔の作品である。
 文語文とは、「昔のことばで書かれた文章の大半」だそうだ。
 古典は現代語訳もできるが、文語文を知らねば、古典を読めないどころか昔の文献を読めない、研究できない…。
 なるほど。

 

 そうして、こう続くのだ。

 コロナ禍が拡大した時期、アマビエという妖怪が話題になりました。幕末の肥後国(今の熊本県)に出現し、こう言ったそうです。
 <私ハ海中ニ住アマビヱト申者也。当年ヨリ六ヶ年之間、諸国豊作也。併病流行。早々私ヲ写シ、人々ニ見セ候得>
(京都大学付属図書館所蔵の幕末の資料による)

 フリガナ(ルビ)が打たれている。住=すむ、併=しかし、候得=そうらえ、などと。

 これから豊作が続くけれども、浮かれてると病気が流行るぞよ。怖い妖怪の絵を見てびびれ、日々の暮らしを戒めよ、そういうことなんだろうねえ。
 じつに理に叶っているではないか。昔の人は大したもんだ。

 

「今の苦しみは先祖の怨念ゆえだ。偉い教祖様に献金すれば、怨念は解けるぞよ。献金の額は先祖1代につき×百万円ぢゃ。なぬ、解けない。もっと遡らねばならぬ。場合によってはデニソワ人まで」

 これも、騙す者はめっちゃ儲かり、騙される者は偉大な教祖様にすがり金策に集中することで、苦しみを少し忘れられる、一石二鳥、理に叶っている。
 このようにして、人間社会のことはすべて合理的に説明がつく、難しいことは何もない、との境地に私は至り始めている。もうすぐ神だ、間違いない(笑)。

 ←9月11日5時30分現在、週間INが402位。

« 性加害の伏魔殿、大規模な黙認、のイメージなので | トップページ | 自分自身を特定の民族や国の一部であるとみなし »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 性加害の伏魔殿、大規模な黙認、のイメージなので | トップページ | 自分自身を特定の民族や国の一部であるとみなし »