フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 犯罪の陰に孤独あり | トップページ | 裁判官の期日破りについて »

2023年10月24日 (火)

知財高裁へ初めて行った件!

Img_0558  東京地裁の八王子支部が、立川市へ引っ越して立川支部となったのは、いつだっけ。
 私が初めて立川支部へ行ったのは、だいぶ何年も経ってから、2016年1月だった。

 確かあのとき、深野英一裁判官が「覚せい剤取締法違反」で、すげえ無罪をやってのけたのだ。

 

 東京都目黒区中目黒に、東京の知財高裁の新庁舎が誕生したのは、2022年10月らしい。
 そんなに最近だっけ? と感じるが、ともあれ2023年10月23日、私は初めてその知財高裁へ行った。

23102314  東急東横線、中目黒駅(渋谷から急行で1駅)で降り、山手通りの内回り側を南下、駒沢通りとの交差点を過ぎて、コンビニの角を左折…。

 東京の幹線道路のひとつ、山手通りのあの付近を、トラックでもオートバイでもなく徒歩で今井が通行すると、かつて誰も想像すらできなかったろう。
 人生の妙、である。

 

 知財高裁の法廷階は、東京地裁(本庁)に比べると、天井が低い。無駄に権威ぶらない設計、といえるか。
 とことんきれいで、ほぼ無人。本庁慣れしたマニアから見て、素晴らしい!

 法廷内は、黒とグレーと淡い木材色で統一されてるんだね。お見事だ。
 傍聴席の椅子の感じも良い。本庁に比べて席幅が若干広いように感じる。

 

23102310  この日、私の狙いは、原告:三宅勝久、被告:株式会社朝日新聞出版、「著作権侵害損害賠償請求事件」の第1回弁論期日だ。

 傍聴席は、4席×4列×3島=48席。
 法壇の両端と、右陪席の背後辺りと、合計3つの大きなテレビモニターがあった。

 今回の裁判は…。
 「大学教授の著書「著作権侵害」にあたらず「26か所の対比表」提出ジャーナリストの訴え棄却」と2022年2月25日付け弁護士JPニュース。
 この事件の控訴審かと思いきや、事件番号は「令和5年(ワ)第70559号」。ワは地裁の通常訴訟事件だ。どゆこと?  ※控訴審まで1年半以上かかることはなかなかあり得ないのだが。

 

 「知財高裁」という語に私は騙されていた。この庁舎は、「ビジネスコート」といってビジネス系の通常訴訟事件もやるんだね。
 その証拠に、というか、「発信者情報開示請求」のワの事件が4件も入っていた。
 4件とも、個人vs通信会社ではなく、企業vs通信会社またはそれ系だった。

 

23102322  三宅勝久さんの事件はどうだったか?
 この裁判長、捌き方が、良い感じであったま良さそ! と感じられた。
 私にはとてもマネできない。能力の差ってあるんだなと。

 事件の中身については、どうも上掲弁護士JPニュースと同じ内容のように思われた。
 じつは私は、よくわからないまま、この機会に知財高裁へ、ほとんどそれだけで来たのだ。三宅さん、申し訳ないです~。

 

 それが終わって隣の法廷で、ワの「損害賠償請求事件」の尋問の期日を傍聴した。
 会社の金を使い込んでいた者が、同業の別会社を興し、もとの会社の幹部10数名を一斉に引き抜いた、という事件らしかった。

 

 1階の、広くて無人のフロアに、本庁とはまた異なるタイプのタブレット開廷表が何台もあった。
 この庁舎の裁判の事件番号は、5桁の頭の桁が7、らしい…。

 

 帰りは別の道を、できるだけ目黒川に沿う道を、歩いた。
 途中、何かのアイドルと思しき女性数人の、撮影が行われていた。
 アイドルオタクを集めての撮影会ではなく、仕事の撮影と思われた。

 

 知財高裁、あんだけスカスカなんだから、本庁の脱税事件をみんな持っていけばいいじゃん? と思う。
 すでにだいぶ移行してるのかどうか、申し訳ない、不知だ。 ※不知=民事裁判用語。

 特殊詐欺の専門部、なんてあってもいいと思う。

 

 中目黒駅から、横浜地裁へ行くか、東京地裁へ行くか、そんな考えを振り切って帰ることに私は成功した。
 ただ、乗換の渋谷で、生ビール、ハイボール、酎ハイ、160円という居酒屋に引っかかってしまった。真っ昼間から。
 結論としては、うーん、失敗だったかな。
 でも、失敗を重ねて我々は大人になるのだ、間違いない。

 ←10月24日22時10分現在、週間INが702位。なっ、70? すごい! いつもより3人多く、猫のバナーをクリックしてくれたんですね、ありがとうございます、励みになります。

« 犯罪の陰に孤独あり | トップページ | 裁判官の期日破りについて »

民事の裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 犯罪の陰に孤独あり | トップページ | 裁判官の期日破りについて »