フォト
2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« こと名「煉獄コロアキ」、私人逮捕、裁判所にお願い! | トップページ | 「べつにまー、終わってもいいやーって、いつも思ってたんで」 »

2023年11月17日 (金)

“偉ぶる魂”の攻撃者たちは、じつは自己肯定感が低い?

 友達に向かって「死ね」と言ったり中指を立てるジャスチャーをしたり、集団で特定の子を執拗にからかう……。もしわが子がこんな言動をした場合、親はそれをどう捉え、わが子に関わればよいか。

23081311  とは11月14日付け日本経済新聞の夕刊、「育む」というページ、「暴言吐く子、根本的な原因探って/愛情伝え自己肯定感高める」との大見出しの記事の、冒頭部分だ。
 書き手は「子育て心理学協会代表理事、東ちひろ」さん。

 

 普通ならそういうの私は読まないが、新聞だとつい読んでしまうんだね。
 以下、記事中から一部を拾う。

 こうした言動をする子は「悪い子」なのか…(中略)…これら一線を越えた言動は、「子どもからのSOS」と受けとめてほしい。

 なるほど、わかる気がする。
 事件数で1万700件ほど傍聴してきて、そういえば、「あんたのSOS、俺が傍聴席で確かに効いたぞ」と言いたくなる事件があったっけ…。

 

 自己のパソコン内で「SOS」で検索してみた。
 最初のヒットはメルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」の、2012年の第781号「べつにまー、終わってもいいやーって」。
 タイトルに惹かれて、読んだ。うわ~、なんだこれ!
 あとで当ブログに転載しよう、著者の許可を得て(笑)。

 日経の記事は続く。

 子どもがそうした言動をしてしまう原因はどこにあるのか…(中略)…原因はその日の出来事だけでなく、以前からその子の中にくすぶっていたと考えられる。それは「自己肯定感の低さ」だ。

 あーっ、メルマガ第781号の被告人(若め女性)もばりばりそれだと思う!

 情緒不安定な子は心が満たされないイライラから、人を攻撃する。言葉で人を傷つける場合、「バカ」よりも「死ね」など、よりインパクトが強い言葉を選ぶようになる。

 そしてこうも出てくる。

 一方、情緒が安定している子は自分が満たされているので人を攻撃しないし、集団に乗らず、止めに入ることができる。

 ここで私は閃いた(ひらめいた)。
 ネット上には、相手を罵って攻撃して偉ぶる者がわんさかいる。 ※1人で複数のアカウントを持つ者もいるようだが。
 あの“偉ぶる魂”の攻撃者たちは、じつは自己肯定感が低い、幼児期に十分に愛されなかった、そう考えると、ものすごく整合するような。
 可哀想に、とはしかし、その者たちのふるまいに照らせば、なかなか言えない。私は心が狭いのか、、、

 

 

 今回の画像は、自家製の酢玉葱(すたまねぎ)だ。
 よく研いだ包丁で玉葱を1個半か2個かスライスし、ダイソーかどこかで300円か400円(+税)で買ったガラス容器に詰め、国産純米米酢(こめず)をだばだばそそぐ。

 それをつくった頃にちょうど、別のガラス容器に前回つくったやつが食べ頃になる。それを食べ終わる頃、今回つくったやつが食べ頃になる。
 こうして我々は永遠に、熟成の酢玉葱を食べ続けられるのである。

 こいつを深皿に適宜(てきぎ)とり、他の生野菜、蒸し野菜などを加え、漬け汁ならぬ漬け酢を適宜注ぎ、オリーブオイルをかけまわし、適宜マヨネーズや市販のドレッシングもかけ、気分がのればスクランブルエッグを加えてかき回す、うっまいよぅ!

 酢玉葱と漬け酢、私の経験上、確かに血圧を下げるようだ。
 あと、有酸素散歩、早足で少し呼吸を荒くし、酸素入りの血液を、下半身の筋肉ポンプで全身にまわす、なんなら毛細血管にまでまわす、これも確かに血圧を下げる。
 そゆことが大事なのだ、死ぬときはぽっくり死ねと家人から厳命を受けている者として。

 ←11月17日21時50分現在、週間INが50で2位。

« こと名「煉獄コロアキ」、私人逮捕、裁判所にお願い! | トップページ | 「べつにまー、終わってもいいやーって、いつも思ってたんで」 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« こと名「煉獄コロアキ」、私人逮捕、裁判所にお願い! | トップページ | 「べつにまー、終わってもいいやーって、いつも思ってたんで」 »