フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 「脅されて仕方なく」は裁判所に通用しない! | トップページ | 女に勝てない男と、女を殴る男 »

2023年12月26日 (火)

警備法廷で合議の「公務執行妨害」って!

1704121  12月25日(月)、東京地裁の刑事部は、1階のタブレット開廷表によれば、なんと113件も開廷があった。

 普段は55件、プラスマイナス10件って感じだろうか。80件を超えると「うわ!」となる。
 113件は驚きの数だ。
 年末なので判決期日が集中するのはわかるが、それにしても。
 特殊な背景事情があったんだろうか。 ※手前の赤いのは法務省の通称赤れんが館。その右奧が東京地裁、が入る巨大合同庁舎。

 

 「公務執行妨害」の新件あり。
 被告人氏名でスマホ検索、2010年の逮捕報道がヒットした。派遣切りで頭にきてキャバクラで無銭豪遊したとか。

 でも今回のは429号法廷(38席の警備法廷)で、合議だ。うむむぅ、傍聴せずにおられよか。傍聴した。
 始まる時点で傍聴人は7人。阿曽山大噴火さんも。

 

 ガラガラの傍聴席の前にバー(木の柵)がある。
 その向こう側に長机Aを置き、その向こう側に黒いベンチを長く置き、その向こう側に長机Bが。
 ははあ、通常の被告人席(弁護人席の前)ではなく、傍聴席を背にしたあのベンチに座らせ、長机Bで挟んで動けなくするんだな? だいぶ暴れることが予想されるんだな?

 間もなく、手錠・腰縄の被告人(身柄、拘置所)が入廷した。服装は、例の官給品のスエット上下だ。
 同行の刑務官は通常2人のところ、なんと6人! 
 1人は隊長らしく傍聴席へ下がり、残る5人が被告人の左右に2人と3人、じーっと被告人を見据えている。こりゃ大変だ!

 ベンチに座らせたまま手錠・腰縄を解き、座らせたまま人定質問がおこなわれた。

裁判長 「名前は何といいますか?」

 被告人は無反応。終始、どのような問いかけにも無反応だった。
 そんなのはどうってことない。無反応でも何か喚いても、テキパキと手続き(儀式)を進行させるのが裁判官の役割だ。

 

 事件は、生活保護の申請に行った区役所で暴れた、というものだった。
 検察冒陳(検察官の冒頭陳述)によれば、被告人は前科9犯。
 上述の無銭豪遊(「詐欺」)は懲役2年だったらしい。未決算入は不明。
 あとでわかった。私はその「詐欺」の控訴審判決を傍聴している。

 その後、2016年1月14日確定、「建造物損壊」、懲役1年2月。
 懲役2年の服役中に刑務所の保護室の壁板(へきばん)を損壊したのだという。

 その後、年月日はメモしきれなかったが「器物損壊、公用文書毀棄」で懲役1年4月。
 区役所で暴れて看板か何か「投げ落として損壊」し、何か書類を破いたそうだ。

 その後、2022年3月28日確定、「暴行、器物損壊」、懲役1年10月。
 これも区役所らしい。

 最終刑の終了は2023年8月11日。
 そして2023年10月4日、今回の「公務執行妨害」で現行犯逮捕されたのだ。

 

 検察書証(被告人を有罪とするため検察官が用意した証拠書類)に対する弁護人の意見は…。

弁護人 「すべて不同意」

 わお、戸籍の写しもですか~。
 ま、被告人が完全黙秘だから、いちおうそういうことで手続きを進めざるを得ないんだろうね。
 次回は1月下旬、実況見分調書を作成した警察官と、被害者と、目撃者、合計3人を尋問することと決め、13分間で閉廷。

 被告人は無言のまま再び手錠・腰縄をつけられ、奧のドアへと去った。

 

 あくまで喩えだが、多くの人間の脳には数億の細胞があり、しかし数個の細胞しかない人間もいる。
 その細胞はどれも大きく強固で、反応するかしないか2つに1つ、反応するときは激しく反応する…みたいなものが傍聴席から見える、ような感じがするときがある。なに言ってっかわかんない? ですよね~💦


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニッポンの闇 (新潮新書) [ 中野 信子 ]
価格:880円(税込、送料無料) (2023/12/26時点)

 これ面白そう。買おう。

 ←12月26日11時20分現在、週間INが30で2位。

« 「脅されて仕方なく」は裁判所に通用しない! | トップページ | 女に勝てない男と、女を殴る男 »

刑事/その他刑事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「脅されて仕方なく」は裁判所に通用しない! | トップページ | 女に勝てない男と、女を殴る男 »