フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 岸田政権の能登地震対応が遅いように見える理由 | トップページ | 情報戦、心理戦、認知戦、そしてTwitter(現X)大爆発! »

2024年1月 7日 (日)

アパートを借りバイトを雇い送信先メルアドを買い、2年足らずで約22億通

1108163  年明けだっけ、以下のタイプの馬鹿馬鹿しい詐欺メールが大量に届いた。

 

モノ好きなあなたへ

こんにちは。さっそく本題に入ります。
私があなたを知ってから、実はしばらくの月日が経っています。
私のことは、ビッグブラザーや、全能の目とでも呼んでください。
私はハッカーです。数カ月前、ブラウザ履歴やウェブカメラなど、あなたが持つデバイスに対するアクセス権を入手しました。
そこで、かなり物議を醸しそうな「アダルト」ビデオでマスかくあなたの動画を録画しました。
ご家族や同僚、あなたのメールの連絡先(r-chang@fb3.so-net.ne.jp)に、気持ち良さに浸っているあなたの動画を見られたくはないでしょう。しかも、あなたのお気に入りの「ジャンル」が、あんなにもエッチなものなら、特に嫌なはず。
この自作動画を私がAVサイトに投稿して一般の目に触れてしまえば、デジタルタトゥーは一生残ることになるでしょう。

どうやってこれらを行ったのか?
ネットの安全性をあなたが軽視したため、私はあなたのデバイスのハードディスクにトロイの木馬を楽にインストールできました。
そのお陰で、デバイス上のすべてのデータにアクセスでき、しかも遠隔操作までできます。
1つのデバイスに感染させたことで、私はお持ちの全てのデバイスにもアクセスできます。

私のスパイウェアはドライバベースなため、数時間毎に署名を書き換えます。だから、ウイルス対策ソフトやファイアウォールは、絶対に異変を検知することはできません。
私と取引をしましょう。今後一生不安抱えて生きる人生と引き換えに、少額を私に支払ってください。

$1700を私のビットコインウォレットに送金してください。: 1JhnACfjoMiCXXQ3xWJXLaHK9LKEzv1wuu

送金が確認できたらすぐに、あなたに害を与えるすべての動画を削除し、お持ちの全てのデバイスからウイルスを消去します。それっきり、私からあなたに連絡をすることは一切ありません。

メッセンジャーのメッセージを見た限り、あなたはまともな人間だと思われているようですが、周りの評判を落とさない代償として、これはかなり少額です。私は、既に持っているもので満足できるようにする、ライフコーチだとでも思ってください。

48時間の猶予を与えます。このメールを開封した瞬間、私には通知が送られ、カウントダウンは開封時から始まります。
今まで仮想通貨を使ったことがなくても簡単です。検索エンジンで「仮想通貨取引」と書けば、全て調べられます。

下記は、してはいけないことです。
このメールに返信しないでください。一時的なアカウントから送信しています。
警察を呼ばないでください。あなたが所有する全てのデバイスへのアクセス権があるので、警察を呼ぼうとしたことが分かるとすぐに、自動的に全ての動画を公開します。
システムをインストールし直したり、デバイスのリセットをしたりしないでください。まず、既に私は例の動画を持っています。次に、さっきもお伝えした通り、全デバイスを遠隔操作できるので、何か不自然なことを少しでもすれば、どうなるかはお分かりでしょう。

仮想通貨のアドレスは匿名性です。だから、私のウォレットを追跡することもできません。

とにかく、お互いが得するように、この状況を解決しましょう。相手が罠を仕掛けようとしない限り、いつでも私は約束を守ります。

最後に、今後のために助言させてください。もっとオンライン上の安全性に気を付けた方が良いですよ。どのアカウントでも、パスワードを頻繁に変更したり、多要素認証を設定したりしてください。

よろしくお願いします。

 

 私は今は、中野信子さんとデーブ・スペクターさんと対談形式の『ニッポンの闇』(新潮新書)を読んでる。
 話題は多岐にわたり、こんな話が出てくる

中野 詐欺メールの場合、引っかかる人が0.6%を超えればペイするそうですよ。

 

 

 詐欺メールといっても様々、でも平均的には0.6%、つーことかな。へえ、である。

 しかし、0.6%ってことは、私の計算に間違いがなければ(自信なし💦)1000通を送信して6人が引っかかるってことでしょ。
 たとえば上掲のような馬鹿馬鹿しい詐欺メールに、1000人中6人、約167人に1人も引っかかる? 引っかかるのかもねえ。

 

 以前傍聴した「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律違反」の被告人(真っ直ぐな若者君)は、競馬や出会い系の宣伝メールの送りつけを請け負い、2年足らずで約22億通を送信したという。
 捜査段階の調書を検察官はこう読んだ。

検察官 「〇〇荘を賃借し…パソコンを購入…送信先メールアドレスを購入…累計6人のアルバイトを雇って…プロバイダ契約を強制解約されるまで…」

 約167人に1人が引っかかるとすれば、経費を払っても、詐欺メールはだいぶんにおいしい“仕事”といえたりして。
 そうだとすれば、なんというか、栄えるわ。

 

 ただ、いつからだっけ、上掲詐欺メールがぱたりと止まってしまった。
 もしや、送信元のパソコンが能登半島に、、、?

 ←1月7日21時30分現在、週間INが40で2位。

« 岸田政権の能登地震対応が遅いように見える理由 | トップページ | 情報戦、心理戦、認知戦、そしてTwitter(現X)大爆発! »

刑事/その他刑事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 岸田政権の能登地震対応が遅いように見える理由 | トップページ | 情報戦、心理戦、認知戦、そしてTwitter(現X)大爆発! »