フォト
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 特殊詐欺の前科持ちが今度は異種の犯罪を | トップページ | 傍聴マニアから見た冤罪の理由 »

2024年1月19日 (金)

私は盗みをするような人間じゃありません

17040724_20240119070201  1月18日に東京地裁で傍聴した裁判、の一部を。

 

 10時~11時、「不同意わいせつ」、新件。

 終わる頃に私は法廷に入った。
 被告人は身柄(拘置所)。メタボで頭部を前へ突き出し、明らかに様子がおかしい。
 「未来から来たロボットです」とか言っており、コミュニケーションが取りづらいんだそうだ。
 それでも普通に相場どおりの刑に処するのが裁判所の仕事といえる。決まりのテンプレートに嵌めて次々送り出すというか。

 

 11時30分~12時、「常習累犯窃盗」、判決。

 被告人が不出頭、言い渡せない。
 前回期日のあと、母親が起床したときには被告人(保釈中)は姿を消しており、行方不明だそうな。

 常累盗はどう転んでも懲役の実刑のはず。常累盗で保釈って、かなり珍しいのでは。
 いや、なんか最近、保釈を緩くし、そのかわり“逃亡罪”みたいなのを新設したんだっけ?

 弁護人と被告人の連絡状況を検察官は求め、弁護人は守秘義務の関係で出せない、令状による捜索差押えなら、利益考慮により任意の開示に応じられることはある…。

弁護人 「不出頭罪を立件するのとは別に、検察が被告人の所在を捜査することは…」
検察官 「当然、保釈の取消しもありますので、所在確認は…」
弁護人 「わかりました」

 おお~。以下は刑事訴訟法だ。

第九十五条の三 裁判所の許可を受けないで指定された期間を超えて制限された住居を離れてはならない旨の条件を付されて保釈又は勾留の執行停止をされた被告人が、当該条件に係る住居を離れ、当該許可を受けないで、正当な理由がなく、当該期間を超えて当該住居に帰着しないときは、二年以下の拘禁刑に処する。
 前項の被告人が、裁判所の許可を受けて同項の住居を離れ、正当な理由がなく、当該住居を離れることができる期間として指定された期間を超えて当該住居に帰着しないときも、同項と同様とする。

 親が払ったんだろう保釈保証金、100万円かもっとか、それがパーになるのに逃げたとは。
 不出頭罪がどうなるのか分かれば、こう言っちゃなんだがマニア的には収穫だ。これは追っかけよう。

 

 この日13時30分から、地裁民事の421号法廷で、江口大和氏を原告とする国賠訴訟の、本人尋問がある!
 横浜地裁での刑事の一審から傍聴して「無免許死亡事故、そこに隠されたまさかの冤罪!」を書いた私として、絶対どうしても傍聴したい!

 しかし13時20分、地裁刑事の828号法廷で「道路交通法、有印私文書偽造・同行使」の判決がある。
 これはテレビの有名プロデューサー氏が被告人の事件だ。ずっと追っかけて傍聴してきた。判決を見届けたい。
 421号法廷は、前回の様子からして、満席には至らないだろう。
 なので有名プロデューサー氏の判決をまず見届けた。懲役2年、執行猶予4年。

 

 執行猶予の説明の途中で出て、私は非常階段を8階から4階へ駆け下りた。
 421号法廷、がーん、とっくに満席。空き待ちが2人いた。
 横浜地裁から傍聴してきて、ここでこんなことになるとは、なんてこった!

 なわけで時間が空き、傍聴予定じゃないのをいくつか傍聴した。

 

 13時45分、「住居侵入、窃盗」の控訴審判決(東京高裁)。

 被告人は身柄(拘置所)、坊主刈りの23歳。ヤンキー風には見えない。
 傍聴席に1人ぽつんと、まともそうな若い女性がいる。交際相手か。

裁判長 「主文。本件控訴を棄却する。当審における未決勾留日数中50日を原判決の刑に算入する」

 2020年12月に「住居侵入、窃盗」で懲役2年、執行猶予4年の判決(未決算入不明)を受け、その猶予期間中に、アパートに侵入して現金約千円在中の貯金箱1個を窃取、本件の原判決は懲役1年(未決算入不明)。
 20万円を支払って示談、宥恕(寛大な心での許し)を得たけれども…。

 婚約者が妊娠中だという。前刑の執行猶予は取り消される。出所して子どもに会えるとして、子どもは2歳ぐらいか…。

 

 13時30分~14時30分、「窃盗」、新件。
 終わる頃、ちらっと傍聴した。

 被告人はチュニジア人男性。通訳付き。短期滞在90日間の期間を過ぎ、「お酒2本」を万引きした…。

弁護人 「国に帰ったら迫害を受けて生活できない事情はありますか?」
被告人 「そういうふうなことはありません。だから早く(チュニジアへ)帰りたいです」

 求刑は罰金20万円。どうせ払えないので勾留しておいて「満つるまで算入」で処理する事件なのだ。
 最終陳述で被告人は述べた。

被告人 「私は盗みをするような人間じゃありません。このようなことになって驚いています。私はそのような人間ではないので、一刻も早く出て、チュニジアへ戻りたいと思っています」

 

 その途中で傍聴人がぞろぞろ入ってきて満席となった。
 同じ法廷で14時30分~15時30分、「ストーカー行為等の規制等に関する法律違反」、新件。

 被告人は若い女性で、マスク装着だが、おっそろしく素敵な美女と見えた。
 これがまあ、なかなかになかなかな事件で、被告人が最終陳述でものすごく意外なことを、可愛い声でゆっくり述べた。うわお!

 

 ちなみに…。
 精神的に不安定なところのある女性は、名作『ブラックジャック』の「ピノコ」ちゃんをイメージさせる、そんな仕草、動作を見せることが、わりとよくあるように思われ。あれは何なのだろう。

 ←1月19日7時00分現在、週間INが40で2位。

« 特殊詐欺の前科持ちが今度は異種の犯罪を | トップページ | 傍聴マニアから見た冤罪の理由 »

その他刑事・民事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 特殊詐欺の前科持ちが今度は異種の犯罪を | トップページ | 傍聴マニアから見た冤罪の理由 »