フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 偉ぶりたい! 嘲笑したい! 攻撃したい! | トップページ | 病者が持ち始めた病識を、裁判官は捨てさせた! »

2024年2月27日 (火)

損保協会が税込み1100万円の可搬式オービスを寄付

240227lsm310-2  昨年11月28日、「可搬式(移動式)オービス「LSM-310」が損保協会から北海道に寄贈されたワケ」というweb記事を書いた。


 寄贈と分かったならそれでいいのに、マニアって馬鹿ですねえ、寄贈に関する文書が欲しくなり、北海道警察に対し開示請求した。申し訳ないです。

 そんで、せっかく開示決定をもらったのに、なんというか私の仕事机は2段式になっていて、パソコン等が載ってる上段から、ペン立てやお茶やワインが載ってる下段へ、開示決定の文書を落っことし、気づかないまま数週間が経過。

 最近、発見して「あっ!」となり、手数料の支払等々の手続きをすませ、数日前に文書をゲットした次第。ったく申し訳ないです。

 

 右上の画像は、うち1枚の文書だ。

 東京航空計器の可搬式、税込み1100万円。
 「維持管理については、受納警察の負担とする」とある。

 

 「可搬式(移動式)オービス「LSM-310」が損保協会から北海道に寄贈されたワケ」にあるように、2013年にあんな言及がありながら、SGGの超高性能な可搬式より150万ほどお高いTKK製を、よりによって北海道警察へ、改めて興味深い。

 こりゃあ、損保協会じゃなく、警察庁(全国警察の総元締め)が、協会へ天下ってる元警察高官を通じて、そのようにさせたんだな? と見ることができる。
 万が一、本当にそうだとすると、怖ろしい話だ。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

真実 新聞が警察に跪いた日 (角川文庫) [ 高田 昌幸 ]
価格:748円(税込、送料無料) (2024/2/27時点)

 北海道で警察がらみで怖ろしいといえば『真実 新聞が警察に跪いた日』だ。 ※跪いた=ひざまづいた

 私は単行本のときに拝読した。要するに、警察の組織的な裏金を暴いた新聞社が、記者たちが、その後どうなったか、という話だ。
 ドキドキ、ハラハラ、驚愕(きょうがく)の、どうかすりゃ映画向けの展開とはいえ、あんな怖ろしい本を、角川さんが文庫化するとは、日本も捨てたもんじゃない、なんて偉そうに言ってごめんなさい~💦

 ←2月27日23時30分現在、週間INが70で2位。直近の1週間に7人もの方が、猫のバナーをクリックしてくれた、と解される。ありがとうございます~。

« 偉ぶりたい! 嘲笑したい! 攻撃したい! | トップページ | 病者が持ち始めた病識を、裁判官は捨てさせた! »

交通/可搬式オービス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 偉ぶりたい! 嘲笑したい! 攻撃したい! | トップページ | 病者が持ち始めた病識を、裁判官は捨てさせた! »