フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« オービス裁判、常軌を逸した求刑、なぜっ? | トップページ | ギャンブル、客を依存症にさせてなんぼの商売 »

2024年3月27日 (水)

塩を備える義務違反で書類送検

 「 「塩」を備えなかった疑い 死因は「熱中症」60代男性が死亡 草刈り作業中に倒れる 農業生産法人と役員を書類送検」と3月25日付け長野放送。
 合掌。

 農業生産法人と役員が「労働安全衛生法違反」の疑いで書類送検されたという。
 ニュース中に、こんな部分がある。

法律では「多量の発汗を伴う作業場には塩と飲料水を備えなければならない」とされてますが、当時、塩分を摂取できるものが用意されていなかったということです。

 なにそれ、と思って「労働安全衛生法」を見てみた。
 どうにも見つからない。

 

 念のため「労働安全衛生規則」(労働省令)を見てみた。あった!

(発汗作業に関する措置)
第六百十七条 事業者は、多量の発汗を伴う作業場においては、労働者に与えるために、塩及び飲料水を備えなければならない。

 これに違反すると…。

第二十三条 事業者は、労働者を就業させる建設物その他の作業場について、通路、床面、階段等の保全並びに換気、採光、照明、保温、防湿、休養、避難及び清潔に必要な措置その他労働者の健康、風紀及び生命の保持のため必要な措置を講じなければならない。

 この第23条の違反になり、罰則は法第119条第1号、6月以下の懲役または50万円以下の罰金、たぶんそういうことかなと。

 

Screenshot-20240327-at-024922-000905329p  「労働安全衛生規則」、第617条ってすごっ、と思ったでしょ。
 なんと第678条(警報及び標識の統一)まで、多岐にわたって細かく定められてる。よっくもそんなに、である。つくるとき、大変だったろうねえ。
 右の画像は、労働局か労働基準監督署かそっち方面のパンフより。

 

 「労働安全衛生法違反」の刑事裁判を、何件か私は傍聴したことがある。
 1件はメルマガ第1800号「自動車部品工場の頭部粉砕骨折、逆転有罪」でレポートした。
 第147条第1項違反の事件だった。

(射出成形機等による危険の防止)
第百四十七条
 事業者は、射出成形機、鋳型造形機、型打ち機等(第百三十条の九及び本章第四節の機械を除く。)に労働者が身体の一部を挟まれるおそれのあるときは、戸、両手操作式による起動装置その他の安全装置を設けなければならない。
 前項の戸は、閉じなければ機械が作動しない構造のものでなければならない。

 傍聴席に遺族がいて泣き、なんとも胸がつまる思いの裁判だった。

 

 「労働安全衛生規則」は、人は事故を起こすもんだとの前提で、防ぐために、機械装置や設備について、いっろんなことを定め、義務付けている。
 その理由を裁判長はこう述べた。

裁判長 「人間の注意力には限界があることから…」

 だから機械装置や設備について、いっろんなことを…。しかし! 結局は人間のやること、それでも事故は起こる。人が死傷する。

 

 一方、交通事故はどうか。
 青信号で右左折する自動車が、同じく青信号で横断歩道を横断する歩行者や自転車(以下、歩行者等)を、という死傷事故が、もう次から次へと法廷へ出てくる。
 自動車の運転者に常時完全な注意義務を課す。
 注意義務を怠ったら警報が鳴るとか、んなこたない。

 そして歩行者等は、青信号の横断歩道は聖域とすり込まれている。
 死傷事故が次から次へと起こって当たり前、当たり前中の当たり前ではないか。

 なんてこった! と私は傍聴席で思い続ける…。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ネコポス送料360】 のぼり旗 交通安全祈願のぼり 28UC グッズプロ
価格:1,298円~(税込、送料別) (2024/3/27時点)

 ←3日27日3時10分現在、週間INが40で2位。

« オービス裁判、常軌を逸した求刑、なぜっ? | トップページ | ギャンブル、客を依存症にさせてなんぼの商売 »

刑事/その他刑事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オービス裁判、常軌を逸した求刑、なぜっ? | トップページ | ギャンブル、客を依存症にさせてなんぼの商売 »