フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 弁護士に対する大量懲戒請求、反撃の民事裁判を傍聴した件 | トップページ | 最高裁の裁判官は過労死寸前? »

2024年3月15日 (金)

だいぶ有名歌手の薬物裁判、傍聴人は15人

2312254  1970年前後のものしか、歌については私はほぼ興味がない。
 そのせいもあってか知らなかった、ある歌手がだいぶ有名だってこと。
 今回、その芸名プラス逮捕でYahoo!検索したところ、約92万3千件のヒットがあった。

 そう、ある有名歌手が薬物で逮捕されたと、ネットで話題になっているのだ。

 

 ある傍聴人氏から情報をもらい(ありがとう!)、傍聴した。

 念のため前日、裁判所の傍聴券情報のページで確認した。
 傍聴券抽選ではなかった。
 今回の期日は世間に知られていない、と解することができる。
 あまり焦って行くこともなかろう。

 そうは思いつつも、「もしや既に大行列だったらどうしよう」と焦りつつ、開廷25分前に私は法廷前へ行った。
 若い女性が1人、ぽつんといるのみだった。まともそうな女性だ。

 

 開廷10分前にドアの施錠が解かれ、開廷5分前に早々と裁判官が登壇した。
 その時点での傍聴人は、私を含め10人ぽっちだった。
 開廷2分前には、15人になった。
 先頭だった若い女性、私、若め女性5人組(服装、雰囲気的にファンとは考えにくい。傍聴見学か)、若いカップル、若い女性2人組、若い男性2人組、ピアスの若い男、そして、おお、ある著名人、合計15人。

 

 違法薬物の裁判だけど、覚醒剤か大麻かその他の薬物か等々、事件名すら伏せる。傍聴席の数も伏せる。
 現れた被告人が、在宅か保釈中か身柄か、またその容姿、人定質問でどう答えたかも伏せよう。

 

 この日は、起訴状と追起訴状の朗読、認否(自白)、検察冒陳、書証(弁護人は全部同意)の要旨告知までで終わった。
 次回は、さらに追起訴だ。

 

 全部終わったら、何らかの形で書くかもしれない。
 ネットにすぐ書けばPV(page view)をどっかん得られそうな事件は、ときどきあるのですよ、ひっそりと。
 たとえば、超有名歌手の父親のスピード違反とか、超々有名タレントのマネージャーの交通事故とか、それらはメルマガ(有料)でレポートしてきたけど。

 ←3日15日21時20分現在、週間INが50で2位。

« 弁護士に対する大量懲戒請求、反撃の民事裁判を傍聴した件 | トップページ | 最高裁の裁判官は過労死寸前? »

刑事/その他刑事」カテゴリの記事