フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ニュースサイトの「続ける→」をクリックしたら | トップページ | 元検察事務官の女性は特殊詐欺の罠に落ち、検察威信の罠に落ち »

2024年4月15日 (月)

日本の子どもたちの脳はどこまで壊れるか

Screenshot-20240412-at-134604-rkb-1  「高校生のネット利用時間が初の6時間超え 10歳の65%が自分専用のスマホを持つ時代へ」と4月2日付けRKBオンライン。

 思い出すのは、昨年6月24日に当ブログ記事「スマホはどこまで脳を壊すか」で言及した、あの新書である。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スマホはどこまで脳を壊すか (朝日新書897) [ 榊浩平 ]
価格:935円(税込、送料無料) (2023/6/24時点)

 ブログ記事に私はこう書いた。

 

 スマホに熱中する生徒は成績が落ちる、睡眠時間が削られるからだ、なんて言われるでしょ。
 意外なことが実験から分かったという。

 スマホを全く使用しない生徒群と、使用1時間未満(1日に。以下同)の生徒群とでは、どっちの成績が良いと思う?
 これ、前者かと思いきや、断然後者なんだね。
 後者は自分を律することができるから、の可能性が考えられるという。

 1時間以上スマホを使用すると、全体に成績は下がっていく。

 スマホを3時間以上使用する生徒は、どんだけ眠っても、3時間以上勉強しても、テストの成績が平均に届かない!

 筋肉は鍛えれば強くなる。脳も同じ、使えば良くなる。
 筋肉は、使わなければ衰える。脳も同じ、使わなければ衰える。
 スマホ使用は、次々と刺激を受けているように見えて、じつは脳はあんまり働いてないんだという!

 そういうことが、日本だけじゃなく世界の学者、研究者の各種実験により明らかになりつつあるらしい。

 

 4月1日付けの日経新聞に、「ネットの平均利用時間(平日1日当たり、こども家庭庁調査)」が載っている。2023年度のデータはこうだ。

 小学生(6~9歳)  2時間17分
 小学生(10歳以上) 3時間46分
 中学生       4時間42分
 高校生       6時間14分

 なんだそれーっ、ではある、が、これは止まらないだろうとも思う。
 あらゆる商業活動がスマホにつながり、紐付けられ、一部の偏屈なお年寄り等をのぞけば、スマホなしに生活も人生もないといえるほどにスマホ社会だから。
 その巨大な流れは、自民に政治献金とパー券を、官僚に天下りポストを、ふんだんに与えるだろうから。

 

 思い出すのは、昔のSF小説『緑の石』だ。

 なぜか私は読んだことがある。

 人間社会の電子機器をすべて使用不能にしてしまう、そんな超強力電磁波か何かをどばどば放出する巨大隕石が、どんどん地球に接近してきて、最初は小さな混乱を、そして大混乱を、大々大混乱をもたらし、、、そんな話だったような遠い記憶だ。
 山深くで電子機器なしに暮らす人が活躍するんだっけ、もうすっかり忘れたよぅ。

 ←4日15日3時00分現在、週間INが60で2位。

« ニュースサイトの「続ける→」をクリックしたら | トップページ | 元検察事務官の女性は特殊詐欺の罠に落ち、検察威信の罠に落ち »

私の本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ニュースサイトの「続ける→」をクリックしたら | トップページ | 元検察事務官の女性は特殊詐欺の罠に落ち、検察威信の罠に落ち »