フォト
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 無期懲役にも未決算入はある | トップページ | 日本会議のカリスマ谷口雅春著『無門關解釋』、古書店で買った! »

2024年6月17日 (月)

川越ホームラン劇場、閉館直前の豪華上映作品!

060208_20240617194701  パソコンの中にこんな画像を見つけた。2006年2月に撮影したらしい。

 どこか地方の小さな町の、映画館の立て看板だ。
 じつになんとも趣きがある。気になって、拡大してみた。

 

 上のポスターは、オリビア・ハッセー主演、『マザー・テレサ』。

 オリビア・ハッセーさんて、あの『ロミオとジュリエット』の美しくもみずみずしい少女じゃないか。
 あれを私は輪島市の映画館で観た、祖父のお見舞いに輪島市内の病院へ行ったとき、当時映画少年だった私はどうしても観たくて。
 祖父は間もなく亡くなった。お見舞いをスルーしたわけではないのだが、若干の悔いが残る。合掌。

 その祖父ら先祖代々の墓は、江戸時代頃かもっと前か、風化しきって小さな自然石っぽい墓も含め、今年1月1日の能登地震ですべて無残にひっくり返ったそうだ。墓地は山中にある。途中に土砂崩れというか崩落があり、簡単には近づけないという。先祖代々の家は半壊し、墓を直す余裕は全くないという。

 

 下のポスターは『四月の雪』。ペ・ヨンジュンと読み取れる。私も聞いたことがある、韓国の有名俳優さんだよね。

 「毎日11:00より(1回)」と貼り紙が。
 そんな上映の仕方もあるんだ。よほど人気の映画なのだろう、

 

 上下のポスターの間に「川越スカラ座」と。

 ああ、埼玉県の川越市!

 ジャーナリスト・寺澤有さんを被告人とするオービス裁判(三菱のレーダー式による超過37キロ)がさいたま地裁川越支部で長く争われた。
 んまあ、すごい裁判だった。オービス裁判の歴史に間違いなく残る!

 私の超絶マニアックデータによれば、第1回公判は2002年2月5日。24回もの期日を重ね、第25回、判決公判はなな、なんと2006年4月25日。
 

 私は川越支部へ、車を運転して行ったり、電車を川越駅で降り、裁判所まで15分か20分かぶらぶら歩いたり。
 そのときにふと撮影した画像なんだねえ。

 

 真っ茶に錆びた雨樋(あまどい)の、向かって左側の、緑色の文字らしきやつ、拡大してみた。一部読み取れた。

 『宮本武藏

 『緋牡丹博徒』 『網走番外地

 『ホタル』 『鉄道員

 『七人の侍

 『ゴジラ』 『モスラ対ゴジラ

 

 いいねイイネ!
 よくよく見ると、それら映画タイトルの上に「さよならホームラン」「ラスト・プログラム」、下に「シアターホームラン」と。
 「川越スカラ座」とは別に「シアターホームラン」があり、後者は閉館するのか?

 

 ネット検索してみた。
 「小江戸川越のらり蔵り」というFacebookによると、「川越ホームラン劇場」は1950年オープン、2006年2月19日を持って閉館したそうな。
 そんな背景のある、嗚呼、これは画像、とは露知らず、私は川越支部のオービス裁判へ通っていたのだ、4年間も。
 今井亮一、愚かなり!

 ←6日17日20時50分現在、週間INが70で2位。

« 無期懲役にも未決算入はある | トップページ | 日本会議のカリスマ谷口雅春著『無門關解釋』、古書店で買った! »

日記」カテゴリの記事

オービス(RS-2000)」カテゴリの記事