フォト
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 引渡直前のマンションを住民の声で解体、んなわきゃねーだろっ! | トップページ | 罰金判決で裁判官は必ず「換刑処分」も言い渡す »

2024年6月10日 (月)

刑事裁判の被告人は「被告」じゃない

2306081  毎度説明を添えるのに疲れ、ここでハッキリ記しておくことに。

 

 刑事裁判は、

   検察官 vs 被告人

 民事裁判は、

    原告 vs 被告

 である。

 ところがメディアは必ず、

   刑事裁判の被告人 = 被告

 と報じる。
 書き手が正しく被告人と書いても、メディアのほうで「被告」と変更することもある。

 被告=犯罪者と、すっかり定着している。

 

裁判官 「では被告は答弁書を陳述…」
被告  「被告だと? 俺を犯罪者扱いするのかあっ!」

 民事の裁判で被告が激怒したと、いつから語り継がれているんだろう、有名な話だ。

 「被告人を被告とする、あれはなんとかならんもんですかね(笑)」と、定年退官して間もない元裁判官氏から私は言われたことがある、裁判所の1階フロアで。

 

 被告人を被告とするのは、単なる省略、短縮ではない。
 被告という語は、全く別の意味の言葉として、別にしっかりあるのだ。
 被告人を被告と報じるのは、明らかな誤りだ。誤報だ。

 

 しかし、改まる気配はまったくない。
 なんとなんと、被告人に対し「被告は…」とぽろり言っちゃう刑事裁判官もたまにいる。驚くよね。

 現時点での見込みとしては、日本が存在する限り、この誤報は永遠に続くだろう。
 世の中、そんなもんだよと私は思う。べつに絶望とかじゃない。事実を現実を、まずはありのままに見る、それが大事だと思う。

 ←6日10日21時30分現在、週間INが90で2位。雑誌2誌の締切原稿、やっと終わった。催促されたり泣きのメールを入れたり、少し痩せた。締切ダイエットだ。今夜はもう寝ます~。

« 引渡直前のマンションを住民の声で解体、んなわきゃねーだろっ! | トップページ | 罰金判決で裁判官は必ず「換刑処分」も言い渡す »

裁判傍聴のための用語解説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 引渡直前のマンションを住民の声で解体、んなわきゃねーだろっ! | トップページ | 罰金判決で裁判官は必ず「換刑処分」も言い渡す »