フォト
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 罰金判決で裁判官は必ず「換刑処分」も言い渡す | トップページ | 川越ホームラン劇場、閉館直前の豪華上映作品! »

2024年6月15日 (土)

無期懲役にも未決算入はある

23049926-2  報道タブーその1 刑事裁判の被告人は「被告」じゃない

 報道タブーその2 罰金判決で裁判官は必ず「換刑処分」も言い渡す

 はい、というわけでですね、今回はその3、未決算入についてです。

 

 逮捕され、判決までずっと勾留されている、ということがよくある。保釈されたけども保釈までの勾留が長かった、ということもある。
 そんな場合、判決は通常、たとえばこう言い渡される。

 

裁判官 「主文。被告人を懲役1年2月(にげつ)に処する。未決勾留日数中20日(にじゅうにち)をその刑に算入する」

 

 一審判決の場合、だいたい2カ月間は裁判に必要な期間ととらえ、それ以上の勾留分を刑期から引く、という扱いのようだ。

 長く争って長く勾留され、未決算入により懲役刑がチャラになる、もう服役を終えた扱いにする、ということもある。
 
 控訴審における未決勾留日数は、原判決破棄の場合や、検察控訴だった場合、全部算入(法定算入)となる。

 懲役の実刑判決を受け、量刑不当で控訴し、さらに100万円とか被害弁償し、しかし「原判決を破棄するまでには至らない」として控訴棄却、裁判長がこう述べることがある。

裁判長 「被害弁償の分は、未決算入を多めにとることで考慮しましたから」

 

 無期懲役でも未決算入はある。
 2016年1月に東京地裁立川支部で無期懲役の判決が言い渡された住居侵入、強姦、強姦致傷、強盗致傷、逮捕監禁、住居侵入(変更後の訴因 邸宅侵入)」、これ、未決算入は900日だった。

 「強姦致傷、強盗致傷」の部分が裁判員裁判対象事件であり、素人裁判員の負担をできる限り軽くするため、公開法廷での裁判が始まる前に必ず、密室で公判前整理手続きを重ね、主張も立証も削り整える。
 この事件の公判前整理手続きは、5年ほどかかったという。

 

 ただ、昔東京高裁の部総括判事氏から雑談として聞いたところによれば、本当に死刑に近い無期懲役判決の場合、未決算入をしないこともあるという。

 

 未決算入も報道タブーだ。
 なぜ?
 大手の報道業者さんが相手にする視聴者、読者は、傍聴マニアでは全くない。
 刑事と民事の区別がつかなくても、換刑や未決算入なんぞ知らなくても、ぜんぜん問題なく生活できる。

 そんな視聴者、読者に対し、めんどくさいことを伝えなくていい。伝えれば、視聴者、読者は離れることはあっても、視聴率や部数が増えることは絶対ない、そういう判断なのかなと私は想像する。
 その判断はたぶん正しいと思う。

 

 一方、私の場合、なんちぅか、マイナー街道、裏街道、隙間物書き、ニッチ物書き、よくいえば分業だ(笑)。
 これでそこそこ成り立ってる。ありがたいことです。  

 ←6日15日4時20分現在、週間INが70で2位。

« 罰金判決で裁判官は必ず「換刑処分」も言い渡す | トップページ | 川越ホームラン劇場、閉館直前の豪華上映作品! »

裁判傍聴のための用語解説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 罰金判決で裁判官は必ず「換刑処分」も言い渡す | トップページ | 川越ホームラン劇場、閉館直前の豪華上映作品! »