フォト
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

カテゴリー「報道にコメント」の167件の記事

2018年5月26日 (土)

白バイ巡査長が警部補の違反を見逃し犯人隠避

 不可解な事件だと思う。以下は25日付けTBSニュース。

白バイ隊員を書類送検、同僚の違反を見逃した疑い
 警視庁の交通機動隊の白バイ隊員が、同僚の警察官の交通違反を見逃したとして書類送検されました。
 書類送検されたのは警視庁第八方面交通機動隊の男性巡査長(27)で、今年1月20日、東京・国立市の路上で交通違反の取り締まりをしていた際、乗用車を運転していた第九方面交通機動隊に所属する男性警部補(45)の車線変更の違反を見逃した疑いが持たれています。警部補は取り締まりを受けた際、警察手帳を見せて「私は交通機動隊員です」と話し、見逃すよう促した犯人隠避教唆の疑いで書類送検されました。
 巡査長は「警部補に交通違反の切符を交付すると、今後嫌がらせを受けるのでないかと思い、見逃した」と話しているということです。

18052421 警察官が街頭でやっているのは交通指導取締り。何がなんでも取締り(本件だと反則告知)を行わなきゃいけないってもんじゃない。取締りを行わず指導警告にとどめること自体は、普通にあっていいことと思う。
 ただし…と書き始めて急遽決めた! ごめん、このネタは車雑誌『ドライバー』の連載の次の原稿に書かせてもらう。えーと、掲載は6月20頃に発売の号になるのかな。

 画像は、その原稿に出てくることになる、ある重要な契約書の鑑(かがみ)の一部だ。
 ウエアラブルカメラって何だ? これはですね、警視庁の白バイにドライブレコーダーと報じられたやつなのですよ。今回の犯人隠避、隠避教唆が発覚したことに、この白バイドラレコが関与しているのかも、という点が『ドライバー』原稿の中心になるかと。

 ま、世の中いろんなことが起こりますな~。いろんなことといえば、マニア氏がマニアックで珍しい写真をいろいろ送ってくれるし、東京地裁の関係でイヤハヤナントモなことが進行中だし、ただ、金だけが思うように入ってこない。うきゃ~。happy02

 ←5月26日14時40分現在、週間INが140で2位~。happy01

2018年4月 6日 (金)

自殺幇助と承諾殺人

 「西部邁さん遺体、両手緊縛 自殺手助けか、警視庁捜査」と3月15日付け東京新聞。そして4月5日、「西部邁さんの自殺を手助けした疑い、知人の2人を逮捕」と朝日新聞。
 以下は刑法だ。

(自殺関与及び同意殺人)
第二百二条
 人を教唆し若しくは幇助して自殺させ、又は人をその嘱託を受け若しくはその承諾を得て殺した者は、六月以上七年以下の懲役又は禁錮に処する。

 「自殺幇助」を2件、「承諾殺人」を2件、私は過去に傍聴した。
 2005年2月の「自殺幇助」の被告人は、若めの女性だった。けっこう美人で、子ども3人あり、前科なし。
Img_1425 ダブル不倫。被告人は離婚したが、男のほうは妻子を捨てきれず、死にきれない男の自殺を被告人が幇助した、というのが検察官の主張。論告を聞いていると、被告人は弱い男を死なせた悪い女、のような。求刑は懲役2年。
 一方、被告人のほうでは、男の自殺および心中を、止めたことはあっても自ら持ちかけたことはない、と主張。最終弁論を聞いていると、男はぜんぜんダメダメじゃないか、とも聞こえ…。
 男の妻の意見陳述はこうだった。
「…主人は号泣して電話を切りました。■■さん(被告人)に豹変されると、どうしても手をつけられなくなると言っていました。2人でしたことなら、主人は罪をつぐなったのだと思います。残りの半分は■■につぐなってもらいたいです」
 私の脳裏に「天城越え」が流れた。判決は懲役2年、執行猶予4年だった。 ※画像は天城峠じゃない。安房峠またはその周辺だ。

 2010年4月の「自殺幇助」の被告人は、30代の男性だった。メルマガ第123号「助けて、このまま死ぬのかな、怖い、殺される」でレポートした。一部拾えば…。

 被告人は大学院を卒業し、裁判官になろうと司法試験を目指した。が、受験には失敗した。母親が亡くなり、司法試験はあきらめざるを得なくなった。
 書店に就職したが退職、次の仕事が見つからず…。

 夏ごろ、携帯電話のサイトで被害女性(18歳、以下女子高生)と知り合った。
 サイトは、精神的に悩みを持っているような人が集まるところで、初めは軽い興味からアクセスした。言い方は悪いが、自分より下の人がいるんだなと…。

 女子高生とメールのやり取りをした。学校の愚痴を聞いたりしていた。
 精神的に悩みを持ったサイトで知り合ったので、自殺をやったことがあるかと尋ねてみた。ほんの興味で。
 自分が自殺するなら凍死と言ったところ、凍死なら具体的にどうするんですかと尋ねられ、話が具体的になっていった…。

 自分が自殺願望を持ったのは、人生に対して、生きることに対して、疲れてしまったから。大きな悩みは、借金だった。奨学金の返済もあり、積もり積もって500万円くらいになっていた。仕事のこと、父親の介護のこと…。
 しかし自分1人ではどうしても踏ん切りがつかなかった。

 女子高生と八甲田山で凍死しようと考えた。睡眠導入剤を飲んで酒を飲んで、雪の上に寝る、という方法で。
 しかしうまくいかず、烏帽子岳へ行ったがうまくいかず…。
 “自殺マニュアル”を見て、車の中でガス自殺をしようと思った。
 青森から東京へ向かう新幹線の中で、“自殺マニュアル”を見た女子高生が、より完璧な首吊りがいいと言った。

 ホテルなどを転々としながら、ロープの結び方をネットで調べつつ、首吊りの場所を探して東京中を彷徨(さまよ)った。公園を探し、八王子のほうへ行ったりした。
 そのうち女子高生が、表でやるのは寂しくて嫌だと言い、ホテルを探して彷徨った。

 池袋のホテル■■■■405号室に入室した。
 被告人としては、お互いに首吊りの準備をして、ぎりぎりまで行ってヤメようと思った。やはり死への恐怖に勝てなかった。
 「もしヤメると言ったらどうする?」と尋ねてみた。女子高生は「先延ばしにするのか、ヤメて次はどうするのか」と言った。「普通の生活に戻りたい」と答えると、女子高生は「それは嫌だ」と言った。
 女子高生だけ死ねば自分は自殺幇助で捕まるか、自分も自殺するしかないから、ヤメてくれと言った。
 「もしヤメるなら1人でやる」と女子高生は言った。

 ロープを輪状に結び、両端をベッドの足にくくりつけ、女子高生を縊死させた。あれであっさり人の命はなくなるんだなと思った。
 10分くらいで戻るとホテル従業員に言い、退去。このあとどうするか考えながら、ずっと歩いた。戸塚署へ行き…。

 甲11号証は、女子高生が書いた日記。検察官が一部を読んだ。

 1月24日 バイバイ、なんだかつらい。
 1月25日 in 東京、助けて、このまま死ぬのかな、怖い、殺される。
 1月26日 in 八王子、今ネットカフェ、今日の夜、殺される、助けて、逃げたい。

 なんという悲鳴! 被告人の供述とのなんという落差!

 2件の「承諾殺人」は、表面的にいえば心中崩れと介護殺人。だが2件とも被告人とそれぞれの被害者(とされる母親)が可哀想すぎて、傍聴席から鼻水をすする音が聞こえる事件だった。

 ところで突然ですけど、事情と勢いってものがあり、ついに私もガラケー同盟から抜けた。スマラーになった。
 スマホ、めんどくせっ! 電話の着信をうまく受けられない。Cメールを送れない。どうしよぅ…。

 ←4月6日18時00分現在、週間INが130で2位~。happy02

2018年4月 4日 (水)

自分がストーカーだと認めない理由

 以下は4月3日付けテレ朝ニュース。

客として乗せ住所知る…菊池桃子さんにストーカーか
 元タクシー運転手の男は、客として乗せた菊池桃子さんに好意を募らせていました。
 ■■■■容疑者(56)は先月31日、女優の菊池桃子さんの自宅に押し掛け、インターホンを押すなどのストーカー行為をした疑いが持たれています。警視庁によりますと、■■容疑者は去年、偶然、客として菊池さんを乗せたことで自宅を知ったということです。その後、複数回にわたり自宅に押し掛けたため、警視庁が警告を出していました。■■容疑者は、菊池さんのブログに「結婚したい」などとも投稿していて、「色々話したいことがあった」などと容疑を認めています。

 菊池桃子さんのブログ「私設heart04研究所」(←こういう表記でいいのかな)に「ストーカー事件について」としてコメントが載っている。
 「菊池桃子ストーカー「報復可能性も」識者が心理分析」と、これは4月3日付け日刊スポーツ。へぇ、アドラー心理学、読んでみようと思ったす。
※ 以下は楽天のアフィリエイト。代金の一部が私に入る仕掛けだが、ずっと入金ゼロが続いている。crying

 超絶マニアックデータその1を調べてみたところ、事件名に「ストーカー行為等の規制等に関する法律違反」とある事件を私は67件傍聴していた。事件名は「住居侵入」や「傷害」だけども中身的にはストーカー事件だ、とデータ上すぐ分かるものが10数件あった。

 備考欄から一部拾えばこんな感じだ。は被告人が女性。

■ かつて交際した26歳女性につきまとい懲役1年保護観察付き執行猶予4年を受けて4カ月目の犯行。
■15年前につきあった女性に話を聞いてもらいたく、ひまわりの花束を持ってベランダへ。
■人気モデル相沢えみりさんに対する執拗なストーカー。
■テレビ゙で見て好意を抱きマンションへ侵入等。粘着質。
■お見合いパーティで知りあった女性に振られ、ウソの婚姻届けを。
46歳の男と不倫。その別れ話のもつれから。男の妻から不貞で500万円を賠償請求され。
■54歳女性に対し、好きである気持ちを何とか伝えようと、明確に拒絶されているにも関わらず。
■同性愛のサイトやイベントを主催する男性に大量のメールを送り、冷たくされ、脅迫。
■ライブハウス経営者。自己の浮気で去った女性に怒り、執拗かつ悪質なストーカー。
■キャバクラホステス(24歳)に対し、金を注ぎ込んだのに相手にされないと嫌がらせ。執行猶予付きでの懲役刑だと失職するので罰金刑にしてほしい。
■厚労省の同僚職員を脅迫して猶予判決後、2chで探偵に頼んでストーカー行為。真っ向否認。
■ママさんバレーで知り合った女性と不倫。発覚して離島へ帰ったが女性が追って来て妻とは離婚。東京へ出て女性から別れを切り出され…。
■同棲中に暴力をふるって逃げられ、もう一度付き合え、別れたいなら手切れ金をよこせと裸体写真を。
■28歳で大学8年生。塾講師のアルバイトで知った女性に対し。よくしゃべりまくる被告人。
■見張り行為と押しかけ行為の解釈で否認。執行猶予付きでも懲役刑だと不動産の免許を失う。
■統一教会で合同結婚した女が脱会し、行方を捜して車にGPSを付け。
別に交際相手がおり、被害男性に恋愛感情はないと否認。
若い新人女性検察官、最悪! 被告人立派、よく言った! 「男のほうが悪いだろっ」とばりばり思える事件。
■小学校教員、同僚女性教員を誹謗中傷。否認。
女ストーカー。確かにやったことは執拗だけど、「幸せな結婚をしたい。リミットはあと数年。刑務所へ行くと子どもを産めなくなる」と。
■電車内で見かけた女子中学生14歳に痴漢し、つきまとい。家庭は崩壊寸前。
■不倫関係の女から別れを告げられ、真意を確かめたくてつきまとい。
■痴漢サイトを見て、痴漢犯人に好意を寄せてくれると思って16歳少女を追い回し、離婚され…。
■73歳生活保護のアル中が、52歳の理容師に恋をして「うちへ飲みに来い」と執拗に。頭壊れてる。
■元交際相手が別の男性に支配されており助けなければならないと。
■婚姻を隠していた女から堕胎費、土産費を騙し取られ、挙げ句ストーカーで逮捕され。女のほうが悪いのでは?
■高齢者のストーカー。別れの理由をどうしても知りたかった。結局、前科前歴すべて酒。抑制が外れるんだとか。
中央省庁の役人に執拗にメール、電話をなんと母娘で。否認。
経済学者に女ストーカー。懲役4月、満つるまで算入、執行猶予2年。
■自分が店長を勤める飲食店のアルバイト女性(22歳)の部屋に小型カメラ、ボイスレコーダーを仕掛け、発覚して手紙多数を。妻子持ち。
■元交際女性に復縁を断り、女性が引っ越すやその父親を木製バットでぼこぼこに。覚せい剤精神病。

 法廷へ出てくるストーカー犯はたいてい警察からストーカー規制法に基づく警告を受けている。それでもストーカー行為、つきまとい等をして逮捕されるのである。なぜ?
 同法はこんなふうに定めている。

(定義)
第二条
 この法律において「つきまとい等」とは、特定の者に対する恋愛感情その他の好意の感情又はそれが満たされなかったことに対する怨恨の感情を充足する目的で、当該特定の者又はその配偶者、直系若しくは同居の親族その他当該特定の者と社会生活において密接な関係を有する者に対し、次の各号のいずれかに掲げる行為をすることをいう。
 一 つきまとい、待ち伏せし、進路に立ちふさがり、住居、勤務先、学校その他その通常所在する場所(以下「住居等」という。)の付近において見張りをし、住居等に押し掛け、又は住居等の付近をみだりにうろつくこと。
 二 その行動を監視していると思わせるような事項を告げ、又はその知り得る状態に置くこと。
 三 面会、交際その他の義務のないことを行うことを要求すること。
 四 著しく粗野又は乱暴な言動をすること。
 五 電話をかけて何も告げず、又は拒まれたにもかかわらず、連続して、電話をかけ、ファクシミリ装置を用いて送信し、若しくは電子メールの送信等をすること。
 六 汚物、動物の死体その他の著しく不快又は嫌悪の情を催させるような物を送付し、又はその知り得る状態に置くこと。
 七 その名誉を害する事項を告げ、又はその知り得る状態に置くこと。
 八 その性的羞恥心を害する事項を告げ若しくはその知り得る状態に置き、その性的羞恥心を害する文書、図画、電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式で作られる記録であって、電子計算機による情報処理の用に供されるものをいう。以下この号において同じ。)に係る記録媒体その他の物を送付し若しくはその知り得る状態に置き、又はその性的羞恥心を害する電磁的記録その他の記録を送信し若しくはその知り得る状態に置くこと。
 前項第五号の「電子メールの送信等」とは、次の各号のいずれかに掲げる行為(電話をかけること及びファクシミリ装置を用いて送信することを除く。)をいう。
 一 電子メールその他のその受信をする者を特定して情報を伝達するために用いられる電気通信(電気通信事業法(昭和五十九年法律第八十六号)第二条第一号に規定する電気通信をいう。次号において同じ。)の送信を行うこと。
 二 前号に掲げるもののほか、特定の個人がその入力する情報を電気通信を利用して第三者に閲覧させることに付随して、その第三者が当該個人に対し情報を伝達することができる機能が提供されるものの当該機能を利用する行為をすること。
 この法律において「ストーカー行為」とは、同一の者に対し、つきまとい等(第一項第一号から第四号まで及び第五号(電子メールの送信等に係る部分に限る。)に掲げる行為については、身体の安全、住居等の平穏若しくは名誉が害され、又は行動の自由が著しく害される不安を覚えさせるような方法により行われる場合に限る。)を反復してすることをいう。

(つきまとい等をして不安を覚えさせることの禁止)
第三条
 何人も、つきまとい等をして、その相手方に身体の安全、住居等の平穏若しくは名誉が害され、又は行動の自由が著しく害される不安を覚えさせてはならない。 

 第2条第1項の柱書きに「恋愛感情その他の好意の感情又はそれが満たされなかったことに対する怨恨の感情を充足する目的で…」とある。
 この部分で、「恋愛感情はないです。怨恨の感情なんてもちろんないです。だから私はストーカーじゃないです」となる被告人が多いようだ。

183272 確かに本人としては、そうした感情はないつもりなのかもしれない。
 だが、本人の内心なんて関係ないのである。本人が殺意をいくら否定しても、頑丈鋭利な刃物で相手の身体の枢要部を複数回刺せば、殺意は認定される。「殺人」または「殺人未遂」で有罪とされる。それと同じだ。

 多くの被告人は法廷で、憑きものが落ちたように神妙になり反省、悔悟を述べる。被害者には今後一切接触しない、引っ越すなどと約束し、執行猶予判決を受けて去る。

 ストーカー規制法違反で検挙され、送致されてきた事件を、検察はどう処理しているのか。
 手元に東京地検の「被疑事件罪名別月表」がある。その記載人員を見てみよう。以下、「公判」とは公判請求、つまり正式な裁判への起訴。「略式」とは略式命令請求、つまり罰金処理だ。
 2015年は…。
 8月 公判=4人、不起訴=6人
 9月 略式=4人、不起訴=1人
 10月 公判=2人、略式=1人、不起訴=5人
 11月 公判請求=4人、略式=3人、不起訴=2人
 12月 公判請求=7人、略式=4人、不起訴=3人

 私はこの月表を2006年からゲットしている(途中少し抜けがあるかも)。2006年の同じ月を見てみると…。
 8月 不起訴=1人
 9月 公判=1人
 10月 公判=2人
 11月 不起訴=1人
 12月 公判=3人 不起訴=1人

 年末には既済を増やすのか、って話じゃなくてぇ、近年ストーカー犯をばんばん立件するようになった、のかもしれない。
 とまぁ、日々起こる事件について裁判傍聴師にコメントさせればこんなめんどくさい話になるわけですよ。sweat01

※ 画像は例によって究極の居酒屋「昭和」の酒肴。どれも旨そうで一気に4皿も取っちゃったの図。これでチケット4枚、チケットは10枚綴りで1200円。やんなっちゃうよね~。

 ←4月4日17時30分現在、週間INが140で2位~。happy02

2018年3月20日 (火)

詐欺グループにとってありがたい逮捕報道とは

 超絶マニアックデータの入力作業に相変わらず時間を食っている。入力した被告人氏名でネット検索したら、広島ホームテレビというのかな、そのキャッシュにこんな記事を見つけた。

「鞄をなくした」 息子を装った男を逮捕 (2/09 18:48)
 「かばんをなくした」と言って高齢女性から金をだまし取ろうとした疑いです。
 ■■■■容疑者(23)は先月、東京・練馬区の75歳の女性に息子を装った電話を掛け、「会社の書類を入れたかばんをなくした」などと言って現金150万円をだまし取ろうとした疑いが持たれています。警視庁によりますと、■■容疑者は女性の家に現金を取りに来た際、近所の住人に「不審な男がいる」と110番通報され、近くのマンションに逃げ込んだところで警察官に逮捕されました。■■容疑者は「何回かやった」などと容疑を認めています。

 裁判傍聴師としては、この種の詐欺の裁判も多く傍聴してきた立場から、以下のようなコメントができる。

1、近所の住人に「不審な男がいる」と110番通報された、そこが珍しい。
 受け子は現金を、被害者宅の玄関先や、その近所の公園とかコンビニ前とかで受け取ることがある。かつ、受け子はだいたい、まぁいわゆるヤンキー系で、スーツを着用してビジネスバッグを持つよう指示される。スーツが似合わない若者が携帯電話を耳に当てて住宅街をうろうろしていたら、受け子の可能性が高い。
 そんな受け子を、私は有酸素散歩のとき探しているのだが、なかなか遭遇しない。
 本件における「近所の住人」が私(チョー変な奴。笑)と同じことを考えていた、とは考えにくい。本件被疑者がよっぽど怪しかったのか。あるいは、この種の詐欺に敏感な、何か事情があったのか。

2、この報道は詐欺グループにとってありがたいはず。
 この種の詐欺は、システマチックに分業化されている。本件被疑者は末端の使い捨ての受け子のはず。しかし刑事司法的には、受け子は犯罪の完遂に不可欠な役割を担ったとされ、共同正犯、150万円全部の(本件では未遂の)責任を取らされる。
1803162 ところが、そうとは知らない者がこの報道を見れば「自分で成りすましの電話したのか、悪いやっちゃな~」となるでしょ普通。そうして、「俺が頼まれたのは荷物の受取りだけだ。なんか詐欺っぽいけど俺はあんなニュースの悪い奴とは違う」となり、つまり刑事司法的に正しい報道が、受け子になりやすくさせているとはいえないか。
 報道が毎度、「詐欺の全体を露知らない末端の受け子でも共同正犯で重い罪になる。詐欺とは知らなかったなんて言い訳は通らない」と報じれば、受け子のなり手はめっきり減るんじゃないか。  ※広島ホームテレビを責めてるわけじゃない。報道は基本的にそうなのだ。

3、世の中でいちばん損なのは受け子。
 本件「容疑者」はとりあえず「詐欺未遂」で起訴されたようで、3月16日(金)に同姓同名のその第1回公判が東京地裁であった。私は傍聴してない。次回期日は「詐欺」の既遂で追起訴となる可能性がある。
 既遂が何件かあれば、てかだいたい1件あれば、前科なしの若年者でも、どんなに心底反省後悔しても、さくっと実刑判決を食らう。刑務所へ行く若い受け子は続々といる。しかし新たな受け子が続々とリクルートされ、いずれ捕まって刑務所へ行く。安全圏の上位者だけがいつまでも儲かる。

 とまぁそんなコメントを裁判傍聴師はソクできる。ただ、私の広く認知されている肩書きは「交通ジャーナリスト」であり、現在のところ交通以外でコメントを求められることはない。メルマガだけで書いている。
 今回このブログに書いたのは、ひとえに! メルマガの宣伝のためだっ。coldsweats01
 ここまで書いたからには、うむ、この事件の次回期日を調べて傍聴しよう。

 画像は3月16日(金)の「昭和」の酒肴、上の皿は、5切れの卵焼きの残り2切れに、添えられた大根おろしを載せ醤油を少しかけたもの。細い明太子が入ってるのが見えるかな。中段の皿は、蓮根に手を加えたものとたぶん牛蒡の何かの盛り合わせ。下の皿は、オクラの煮浸しとでもいうか。唐辛子がじつに良い。こういうちょっと変わった酒肴もあるのが昭和の魅力だ。I love Showa、My love Showa。Do not say kekkou before you see Nikkou. Do not say senbero before you see Showa. 

 ←3月20日0時00分現在、週間INが140で2位~。happy02

2018年3月17日 (土)

あの愛人契約詐欺師、保釈中にまた!

1803161 16日(金)、裁判傍聴を終えて究極の居酒屋「昭和」へ直行。細い明太子が仕込まれた卵焼きとトンカツ(※画像)で黒ホッピーを飲みつつテレビのニュースを観ていたら「ぎょぎょっ!」となった。
 以下は同日付のサンスポの一部。この事件である。  ※いずれも1品チケット1枚。ホッピーセットは2枚。チケットは10枚綴りで1200円。合計480円相当ってことだ。

芸能事務所社長の息子装い、愛人契約持ち掛け 詐欺容疑で逮捕
 別の詐欺事件の判決を前に保釈中に芸能事務所「オスカープロモーション」の社長の息子を装い、女性に愛人契約を持ち掛け、現金をだまし取ったとして、警視庁渋谷署は16日までに詐欺の疑いで、住所不定、無職■■■容疑者(24)を逮捕した。逮捕は15日。■■容疑者は別の詐欺事件で懲役6年を求刑され、判決を前に保釈されていた。
 渋谷署によると、■■容疑者は「長期の懲役前に遊びたかった」と容疑を認めている。保釈後、少なくとも女性5人から現金数千万円をだまし取ったとみられる。
 同様の手口で、東京や福岡の女性3人から約2000万円をだまし取ったとして、2017年7月に起訴され、同年11月に保釈が認められた。翌12月の判決を前に所在不明になっていた。

 この「容疑者」を被告人とする「詐欺」の審理を昨年8月24日に私は傍聴している。
 被告人の見た目の印象は「偉ぶり悪ヤンキー」。もちろんシチュエーションのせいもあるのだろうが。
 その日は追起訴分の検察官立証だった。被害者の氏名は秘匿、「C」とされた。AとBについては検察立証が終わっているわけだ。被害金額はCの分だけで現金745万円だった。更に追起訴があるってことで続行となった。次回期日は10月11日と指定された。
 メルマガ第1962号「俺はJALの社長の息子、愛人契約月330万」でレポートした。

 10月11日は傍聴できなかった。
 その後、私の超絶マニアックデータその2によると、11月10日に判決の期日があった。被害弁償などできそうに見えないうえ、できたとしても、詐取金額がでかすぎるので実刑は確実だろうと思えた。が、傍聴できなかった。

 今年2月7日、また判決の期日があった。それなりに被害弁償できそうで判決が延びるってことはあるが、約3カ月も? なんか妙だ。傍聴してみた。そしたらっ!
 以下はメルマガ第2066号「哀れな女性の実刑判決を見届けに出かけた件」の、この「詐欺」についての一部だ。

検察官 「現在勾留中の事件…3月上旬頃までに追起訴予定…」
裁判官 「それで終わるんですか?」
検察官 「いえ、それで終わりの予定ではありません」
裁判官 「(弁護人に対し)否認かどうか…」
弁護人 「いえ、僕は(追起訴の事件は)弁護人に付いてないので分かりません…」

 そうして3月16日の上掲ニュースなのである。ぎょぎょっ! でしょ。
 保釈保証金は200万円程度では済まなかったはず。いったい誰が出したのか。保釈中に「所在不明」となり同種犯行を重ねたのでは、保釈保証金は当然にパーだ。被告人はどういうつもりなのか。
 4月の追起訴の公判、 必ずや傍聴し、またレポートしよう。4月は前橋地裁・太田支部へも傍聴に行かなきゃいけないし、嗚呼、忙しいっ。

 ←3月17日18時40分現在、週間INが140で2位~。happy02 

2018年2月16日 (金)

自動運転車の違反を自動運転パトカーが取り締まる未来

 「フォード、違反車を取り締まる自動運転パトカーの公開特許--追跡やナンバー撮影も」と1月30日付けCNET Japan。記事中にこうある。

 この特許は、自動運転で走行する自動車が何らかの法律違反をしているほかの自動車を発見し、追跡するなどの対応を自動実行する技術を説明したもの。つまり、パトカーが自動走行するだけでなく、違反車両の取り締まりまで実行するアイデアである。
 違反の内容は限定しておらず、速度超過や信号無視などが考えられる。違反の有無は、自動運転パトカーに搭載されているセンサからの情報に加え、信号機や道路に設けられる監視カメラなどのデータも判断材料とする。
 違反車両を見つけると、自動運転パトカーは追跡を始める。違反車両のナンバープレートを撮影するといった対応も自動実行する。
 さらに、自動運転パトカーは違反車両に対し、無線通信で違反の事実を通知する。違反車両は、この通知への応答として、自動運転モードであると答えたり、人間のドライバーが運転中であると返したりする。人間が運転している場合は、運転免許証の情報や画像を自動運転パトカーに送信するような対応もするという。

 将来、自動運転車の違反を自動運転パトカーが取り締まるってことなるらしい。罰金、反則金、違反金、制裁金はどうする? そりゃあ仮想通貨で払うんでしょ。
 そこだけで完結したシステム、素晴らしい、かもしんない。

 ちなみに法務省によれば、罰金刑の執行金額(2016年)はこうなっている。

  日銀納付 約299億円 ※銀行振込かな。
  現金収納 約151億円
  印紙収納 約3414万円
  労役場留置処分 約18億円

 ここに仮想通貨収納の項が新たに設けられるわけだ。

 そこだけで完結したシステムといえば、爆発的ヒット間違いなしの最強アプリを私は考えついた。すなわち、スマホに人間を吸い込んでしまうアプリ!
 現行の同種アプリは、人間の思考や人生といった無形のものしか吸い込めないが、有形の人体も吸い込んでしまえば最強である。歩きスマホで他人とぶつかったりホームから線路へ落ちたりする心配はなく、てかもはや衣食住を気にせず、24時間ずっとゲームでもLINEでもやり続けられる。水没にはご注意を。
 IT技術の進歩は凄まじい。私が思い描いているのとは若干違うものになるにしても、実現するんじゃないですかね。

 ところで、以下は2月8日付けモーターファンの一部。

SCOOP!! 最新型オービス放火事件とは?
 おっとビックリ! 当情報局が新型オービスの稼働チェックに出かけたところ、国道17号線(埼玉県北本市)に設置されている最新鋭のオービス、センシスSSSのカメラ部分が、何者かによって破壊されているのを発見!

 Sensys Gatso Group の固定式でレーダー式のオービスだ。過去に日本製オービスが破壊されたニュースはいくつかあった。でもこの固定式はまだ報道がないようだ。
 警察が記者クラブに発表しなかったのか。発表したのにテレビ・新聞が報じてないのか。前者かなぁ、という気がする…。

 さて裁判傍聴、昨日は、美人キャバ嬢の福岡県内での飲酒運転の否認を東京地裁で審理し、証人2人を福岡から呼ぶことに、という不思議な事件を傍聴した。なぜ東京へ移送したのか、現時点では謎だ。
180215 それが終わって隣の法廷へ入ったら、電車内の精液かけ依存症の事件だった。治療のひとつとしての集団ディスカッションへ行って恐怖を感じ、治療を中断してまたやった(精液をかけた)んだという。恐怖とは? 被告人は言うのだった。

被告人 「目が…死んでる目のように見えて…」

 自分が同病の1人である現実を突きつけられて恐怖を覚えた。自分はまだ大丈夫、独りで立ち直れる、そう思ったのか。K・A(クレプトマニア・アノニマス)のミーティングでも、同種のまたは似たことを感じた女性はいるのかも…。メルマガで詳報しよう。
 今日はAKBがらみのあの事件を傍聴予定。じゃねっ。

※ 画像は昨日の昭和。手前は絶品のキムチ3種盛り。奥は、カメラの関係で小さく見えるが、鱈(たら)の何とかあんかけ。旨かった~。どれも1皿チケット1枚(120円相当)。左側の小皿は、マニア氏からお裾分けいただいた、卵焼きのなんとかだっけ。

 ←2月16日11時10分現在、うわ、週間INが170で1位~。happy01 

2018年2月12日 (月)

刑罰の感銘力の不公平

 スピード違反は金で済むと思ったら大間違い。超過速度がでかいと人生が暗転することもあり得る! 旨を私は長年にわたりさんざん書いてきた、言ってきた。
 以下は1月17日付け朝日新聞。

東北道で時速192キロ、有罪確定した市職員が失職
 東京都府中市は17日、東北道を時速192キロで走り、警察に道路交通法違反(速度超過)で摘発され、懲役4カ月執行猶予3年の判決が確定した50代の男性職員が失職したと発表した。
 市職員課の説明では、職員は2016年9月25日午前3時15分ごろ、自家用車で埼玉県内の東北道下り線(制限速度100キロ)を走行、速度違反自動監視装置(オービス)に192キロが記録された。この日は休日だったという。翌年1月に道交法違反罪で起訴され、東京地裁立川支部で懲役4カ月執行猶予3年の判決を受けた。「刑が重すぎる」として最高裁まで争ったが、1月16日に確定したため、地方公務員法により失職した。失職は16日付。
 職員は速度違反による摘発を職場に自己申告。刑の確定まで勤務していた。退職金などは今後、検討するという。同課は「92キロの速度オーバーは驚くべきスピード。法令を守るべき職員が、このような不祥事を起こし、深くおわび申しあげる。信頼回復に努めたい」と話した。

 超絶マニアックデータを当たってみたが、この控訴審を私は傍聴してないようだ。が、同種の裁判は一審も二審もさんざん傍聴してきた。

 それでだ、地方の一般道の事件の判決はまた異なるようだが、東京地裁・簡裁で長年定点観測してきたところによれば、首都高速、また高速道路におけるスピード違反の判決は、

  超過速度が80キロ未満は罰金刑(上限10万円)
  超過速度が80キロ台は懲役3月、執行猶予が2年か3年
  超過速度が90キロ台は懲役4月、執行猶予がだいたい3年

 それが鉄板相場といえる。
 超過40キロ(一般道だと30キロ)未満は「反則金」といって軽い行政罰で終わらせることができる。反則金を払わなければほぼすべて不起訴になっていると思われ、超過40キロ(同)未満が法廷へ出てくることは極めてまれだ。ちなみ懲役刑の上限は6月(ろくげつ、期間でいえば6カ月)。

 私なんぞからすれば、現実に1万円札が何枚も出ていく罰金刑より、執行猶予付き懲役刑のほうがありがたい。
Img_1834 しかしっ! 公務員や医師や不動産業者などは、執行猶予付きでも懲役刑を食らうと、失職や医業停止や資格の消除等などになり得る。家族が路頭に迷うことになりかねない。
 同じスピード違反でも、立場や資格によって大変な差があるのである。刑罰の感銘力、破壊力が雲泥の差なのである。

 そもそも罰金刑だって、ヘリコプターでゴルフへ行く御大尽様と、ときどき財布に紙幣が1枚もないことがある私(でも昭和のチケットの残りは常にあるょ。笑)みたいな者とでは、金額の重みが、したがって刑罰の感銘力、破壊力は雲泥の差だ。

 だが、日本の裁判はそこを考慮しない。無視する。
 裁判官は、「公務員には高い規範意識が求められるのであり…」なんてたまに言うこともあるが、そんなの空しい言い訳にすぎない。じゃあ、大金持ちより貧乏人にこそ高い規範意識が求められるのか?
 このような不公平は誰の身にも起こり得る。本件被告人を狙い撃ちしたのではない。よって公平なのである、旨を裁判官が言ったこともある。
 不公平は公平である。ジョージ・オーウェル著『1984年』のニュースピークを思い出す。戦争は平和である。自由は屈従(屈服、隷属)である。無知は力である…。

 ただ、世の中なにが起こるか分からない。
 超過84キロで懲役3月を求刑された医師に対し判決は罰金10万円!!! というのを2017年10月に私は傍聴したことがある。東京地裁においては前代未聞だ。メルマガ第1997号「過疎地の医師、スピード違反で医業停止か」、第1998号「84キロオーバーの医師、なんと罰金刑に!」でレポートした。
 検察は控訴したか? あっ、調べるのを忘れてた。

 一審の裁判官は、控訴されて破棄され相場どおりの刑にされたら自分の失点に…とか考えるようだが、本件をもし検察が控訴してないなら、場合によってはこの種の事件、鉄板相場に背いて罰金判決もありってことになる。全国の裁判官諸氏は気になるだろう。
 よし、今週中に私めがお調べしときましょう。そういう重要な情報も載る私のメルマガ「裁判傍聴バカ一代」、どなたが購読しているか私には分からない仕組みなので、裁判官諸氏もどうぞ安心してご購読ください~。偶然にもうまく宣伝できたぞ、ふふ。

 ←2月12日14時20分現在、週間INが130で2位~。happy01 

2018年1月27日 (土)

トップリード新妻悠太氏の逮捕について

 事件数で約7600件の裁判を深く、ときに居眠りしながら(いや申し訳ないっ!)傍聴してきた立場から、少しコメントさせてもらいたい。
 以下は1月25日12時59分付けの日刊スポーツの一部だ。
 新妻氏のTwitter を見ると「AKBグループ愛」がだいぶ強かったようで、ネットではだいぶ盛り上がっているようだ。

トップリード新妻悠太容疑者逮捕マンション侵入疑い
 マンションの一室に侵入したとして、警視庁新宿署が住居侵入と窃盗未遂の疑いで、お笑いコンビ「トップリード」の新妻悠太容疑者(35=埼玉県新座市)を現行犯逮捕していたことが25日、新宿署への取材で分かった。
 逮捕容疑は22日早朝、東京都新宿区内のマンションの一室に侵入した疑い。新宿署によると、部屋に入ったことは認めているが、窃盗目的ではなかったとの趣旨の説明をしている。
 住人の男性が室内で手提げバッグを物色していた新妻容疑者を発見。マンションの外まで追い掛けて取り押さえ、通報した。無施錠の玄関から侵入したとみられる。

 Twitter を見ると、新妻氏は酒好きでもあるようだ。
 酒は、限度を超えると怖い。急性アルコール中毒で死亡に至る場合もある。人格が壊れるというのか、普段のその人からは想像もつかない、突拍子もないことをやらかしてしまうことがある。
1801232 やらかして、被告人として法廷に立たされる者がよくいる。何が悪かったのか、一重に、酒の怖さを、酒の飲み方を知らなかった、そこなのだ。しかしっ、法廷へ出てきた以上、んなこた関係ない。テンプレートの糾問をされ、テンプレートの判決を言い渡され、懲役前科持ちになって去る。そんな裁判を私はさんざん傍聴してきた。本当に可哀想な若者もいた。

 上掲報道を見てまず思うのは、酒でやらかしてしまったのかなぁ、ということだ。
 どこまで飲めば、人格は壊れるのか。一概には言えない。もともとのアルコール耐性に加え、体の調子、心の調子が少なからず影響するように思われる。

 ともあれ、この段階で弁護士または親族が、被害男性に対し誠意をもって慰謝を尽くせば、不起訴(起訴猶予)で終わることは十分あるだろうと思う。
 報道に現れていない事情により不起訴が無理な場合でも、略式による罰金刑で終わるだろう。
 もしも公判請求(正式な裁判への起訴)をされて法廷へ出てくるなら、それはもう同種事件で執行猶予中だとかいう場合だろう。過去に執行猶予判決を受けていながら事務所に言ってなかった芸人さんの事件、を傍聴したこともある。

 ついついたくさん飲んでしまう人には──あくまで私の経験に基づく意見だが──ミヤフローラEXの服用をお勧めしたい。ミヤフローラEXを知らない酒飲みは大損している、と私は言いたい。
 芸能事務所は、芸人さん、タレントさんに酒のヤバさを伝え、ミヤフローラEXを支給したらいいと思う。

 画像は1月23日の昭和の酒肴。シメサバ以外は食べかけ。あじフライは相席者のもので、昆布巻き半分と交換した。1皿チケット1枚。チケットは10枚つづりで今年から1200円。この日のシメサバは至福の旨さだった。そばのグラスは清酒。しめ鯖は清酒じゃなきゃ、ねぇ。

 ←1月27日1時00分現在、週間INが130で3位~。happy01 

2018年1月17日 (水)

スマホ運転厳罰化、ウソでしょ?

 以下は1月14日付け産経新聞の一部。太字は私。
 私が探した限りでは、現時点でこれは産経新聞だけのニュースらしい。発表ものなら、このネタを他社が報じないはずがない。
 てことは、警察庁の誰かが産経の懇意な誰かに話した、そういうことかも。

スマホ「ながら運転」厳罰化へ 事故なくても懲役6月以下
■道交法改正案、今国会にも 高齢者・家族ら指導規定新設
 携帯電話などを注視・操作しながら車を運転する危険行為に対し、政府が道路交通法改正で罰則を強化する方針であることが13日、分かった。改正法案は高齢運転者による事故割合が増加している現状を踏まえ、都道府県公安委員会が本人や家族らからの相談に対し情報提供や助言、指導を行う「安全運転相談」に関する規定も新設する。早ければ22日召集の通常国会に改正法案を提出する。
◆取り締まり年100万件
 改正法案は、携帯電話などを操作して交通の危険を生じさせた場合の罰則について、現状の「3月以下の懲役または5万円以下の罰金」から「1年以下の懲役または30万円以下の罰金」に引き上げる。また、軽微な交通違反を犯した際に、反則金を納付すれば刑事訴追されない交通反則通告制度の対象から除外する
 さらに、直接交通の危険を生じない場合でも、現状の「5万円以下の罰金」から「6月以下の懲役または10万円以下の罰金」に厳罰化する方向だ。

 そして以下、メルマガ第2043号の編集後記に詳しく書いたことから、一部抜き出す。
 「安全運転相談」については省略。厳罰化について。

 携帯電話使用の取締りは、よって交通の危険を生じさせた危険違反と、生じさせなくても使用しただけで違反とされる使用違反に別れる。
 2016年の取締り件数はこうだ。

  危険違反 176件
  使用違反 96万6366件

 使用違反のこの取締り件数は、速度違反、一時不停止、放置駐停車違反(放置違反金納付命令件数)に続いて第4位だ。
 それを反則手続から外す(=反則金の対象から外す)ってどゆこと? 私は首をひねらざるを得ない。

Img_1624 反則金は、総務省を通じて「交通安全対策特別交付金」として、ま、要するに警察の縄張りへ落ちる形になっている。
 使用違反の反則金は、普通車で6千円と安い。安いとはいえ件数で第4位。縄張りへ落ちる金が少なからず減ってしまう。

 一方、罰金は国家の一般財源となる。懲役刑は、実刑でも執行猶予でも国家の手間がかかるだけ。
 反則金の対象から外せば、警察としては書類作成の手間が(反則金で済む場合より)かかるばかり、何の得もない。
 そんな愚かなことをなぜするのか。 画像は警察庁のデータ。「反則告知件数B」が約100万件もごそっと減ることになる。大変だ!

Img_1625 私だったら、反則金を2倍か3倍に値上げするね。
 でもって現在は1点(使用違反)の違反点数を6点に、つまりイッパツで30日免許停止の点数にするね。
 そうすれば、縄張りへ落ちる金は増え、停止処分者講習の受講者が増えて必然的に講習委託費が増える。

 しかも、懲役がどうとか、一般には理解しがたいことを言うより、身近な反則金が大幅値上げ(金額を明示)、イッパツ免停! こっちのほうがインパクトが強いでしょ。使用違反の抑止に少しは貢献できるでしょ。
 私が警察庁なら絶対そうするです。私じゃなくたって、マトモな警察官僚なら当然そう考えるはず。

 とすれば、産経新聞のその記事は何なのか。
 何か腹に一物(いちもつ)ある警察官僚が、産経新聞を利用してアドバルーンを上げたのか等々いろいろ推測できる。

 早ければ次の国会に法案を提出予定とか1社だけが報じ、結局出ないってことが、道交法について過去にもあった。
 過去も現在も、警察庁のアドバルーンにすぐ食いつくのは私だけだったりして。なんか笑っちゃう…てか泣けてきちゃう? いや笑おう。笑うと健康に良いのだそうだ。happy01

※2018年2月3日追記: ごめん、産経記事をよく読むと、反則手続きから外すのは危険違反だけのように読める。危険違反の取締りはもともと極めて少ない。そのほとんどは軽い物損事故を起こしたケースかと想像される。それを反則手続きから外しても、全体への影響はあまりなかろう。また、人身事故を起こした場合の危険違反は現在、「過失運転致死傷」のほうにいわば吸収されているはず。それを反則手続きから外せば、事件名は「道路交通法違反、過失運転致死傷」ということに、もしかしてなるかもしれない。なんにしても上述のような大きな影響はない。そうだとしても、使用違反はもちろん危険違反も、反則手続きから外すことはなかろうと私は予想する。ただし「安全運転相談」については、社会的な役割は別として、確実に天下り先を増やす、または現在の天下り先に新たな仕事を与えることになる。この法案は出てくる可能性が高い。「交通反則通告制度の対象から除外する」という部分にめっちゃ興奮してしまい、変なことを書いてしまった。申し訳ないです~。sweat01

 さてメルマガ「裁判傍聴バカ一代」、1月は以下の9号を発行した。

第2043号 広瀬すずさんの兄、ありふれた酒気帯び事故
 飲酒運転で罰金50万円→2年間の免許取消処分→その取消中に無免許&飲酒運転でタクシーに衝突。あり得ないバカ野郎と世間は言うかもしれないが、似たような事件をさんざん傍聴してきた私からすると…。広瀬すずさんの兄の事件も同様に…。  編集後記は、スマホ違反厳罰化の報道はウソっぽいという話。

第2042号 ゲホゴホと激しかった咳は執行猶予で止んだ
 「遺失物横領」の被告人は苦しそうに両松葉杖で入廷し、のべつ幕なし激しく咳き込み続けた。しかし刑務官はしらーと無視、マスクも付けさせない。検察官はムカついてしょうがない感じ。その理由がだんだんと分かってきた。傍聴席の妻は、マスクで顔を隠しているが目元が女優美人。夫の供述を聞いて何を思ったろう…。

第2041号 韓国からの逃亡犯罪人、日本で夢みた5年間
 珍しい「逃亡犯罪人引渡審査請求」の審問(逃亡犯罪人引渡法第9条)を傍聴。5年前に日本に入国した夫婦と子どもたちは、苦労に耐えて頑張り抜き、生活は安定。特に息子は日本での夢を間もなく叶えるはずだった。しかしパパは韓国へ引き渡されることになり…。

 以下の6号は1月15日にお知らせした。

第2040号 上野のハプニングバー事件、司法の空虚さよ
第2039号 常習スリの婆ちゃん、お金持ちになりたくて
第2038号 被告人が大うそつきか検察の冤罪づくりか
第2037号 無職30代、ネット掲示板に惑溺、耽溺して
第2036号 神社の賽銭箱にうんことおしっこを入れた件

 いま購読登録すると、以上9号がどどっと送信される。そして月末まであと7号が順次送信される。そこまで無料。よろしくね~。ってほんとお願いします!

 ←1月17日2時30分現在、週間INが100で2位~。happy01 

2017年12月14日 (木)

運転免許試験に32回落ちた理由

 これも読者氏から教わった。以下は12月13日付けJ-CASTニュースの一部。

運転免許試験「32回落ちた」19歳アイドル なぜ連敗?教官との「苦闘」本人に聞く
 私、運転免許の試験に「32回」落ちました——。アイドルユニット「ナナランド」メンバーの小泉留菜さん(19)が2017年12月12日、運転免許を取得したことをツイッターで報告した。
 小泉さんが教習所に通い始めたのは17年4月下旬。運転の技能試験はスムーズにクリアできたが、学科試験で大きくつまずいた。教習所を卒業するまでの試験で計31回、本試験でも1回落ちたという。J-CASTニュースは、約8か月にわたる苦闘について、小泉さん本人に聞いた。

 思い出すのがメルマガ第2015号「免許試験に数十回落ちて20歳の爆破予告」だ。
 まぁ要するに、東京の重要な観光スポット(メルマガでは実名称)などに「爆弾10個仕掛けた。×時×分に爆発する」とかネット送信した事件だった。
 被告人質問で、被告人君が抱えていたストレスに関してこんな部分があった。

弁護人 「(自動車運転)免許の試験、何回も落ちたのは…心当たりは?」
被告人 「数十回落ちてますけども、両親もキレてまして」
弁護人 「なぜ何十回も?」
被告人 「自分の努力が足りないからです」

 努力が足りない程度で数十回も落ちるはずがない!
 被告人君の表情等も含め、被告人質問全体を通じて、私はこう感じた。相手が何を望んでいるのか、自分がどういう立場に置かれているのか、把握が困難なタイプの人間なのかな?

 そして冒頭のJ-CASTニュース。小泉留菜さんのコメントにこんな部分がある。

「私、テストとかの『ひっかけ問題』がすごく苦手で…。運転免許の試験って、そういう問題が多いじゃないですか。だから、本当に苦労しました」

 小泉留菜さんは真っ直ぐ素直な人柄で、出題者は自分を騙そうとしていると裏を読む、流行の言葉を頑張って用いれば忖度(そんたく)する、そういうことが非常に苦手なのかも。裏のある人間と接することなく、接しても気づくことなく、育ってきたのかも。

Img_1475 メルマガ第2015号を読み返すと、確かにあの被告人君は、検察官、裁判官が何を求めてその質問をしているのか、全く忖度できていなかった、可笑しくなるほどに。
 ま、我々裁判傍聴師は芸能ニュースを見てそんなことを思うって話。我々って誰だよ(笑)。

 ちなみに小泉留菜さんの今後の運転はどういうことになるか。
 自動車学校(教習所)で教わるのは、頭の固いお役人が机上でつくったタテマエ、実際の運転は違う、などと裏を読んだりせず、真っ直ぐ素直に教わったとおりの運転をするかも。制限速度以下で走るはず。万が一事故っても被害が小さくすむ。であれば、けっこうじゃないか。ベテランドライバーは「邪魔だぁ!」とかイライラするかもしれないが。

 ←12月14日11時00分現在、週間INが90で2位~。happy01

より以前の記事一覧