フォト
2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

カテゴリー「その他刑事・民事」の6件の記事

2022年1月13日 (木)

ノーマスク集団に裁判所はどう対処するか!

20220112  右は東京地裁のWebサイト、のスクリーンショットだ。

 傍聴券抽選の締切が9時30分、開廷は11時30分。なぜ2時間も前に?
 もう間違いなく、傍聴希望者というか支援者の入庁を減らすためだろう。
 世間には知られていないと思うが、傍聴券抽選やその時間設定は、そういうことのためにも利用されるのだ。

 しかしっ、この事件の前回の期日(10月12日)に遭遇した私は、入庁は減らせないと読む。前回と同様、たいへんなことになるだろう。
 前回のことはメルマガ第2580号「東京地裁でノーマスク集団に遭遇! 7階の中央廊下に少なくとも2百人!」に書いた。以下はその一部だ。

 7階北側でエレベータのドアが開いた途端、ぎょわわわっ!!! となった。人、人、人、人で埋め尽くされ、喧噪というか非常に賑やかというか!
 なぜか40歳前後の女性たちがやたら多い! 全員(と思う)ノーマスク!
 うち1人の女性が、エレベータの箱内で立ち尽くす私を見て、にっこり笑った。ノーマスクの熟女の笑顔!
 私はもう必死に、エレベータの閉扉ボタンを連打した。

 エレベータは下降した。私は5階で降り、中央廊下を南側へ歩き、南側のエレベータへ。
 7階南側で降りて、また仰天した! 北側ほどぎっしりではないが、南側エレベータ前までノーマスク集団がいたのだ。中央廊下だけで200人を優に超えてたんじゃないか。

 傍聴のために集まったというより、示威行動として集まったと思われる。
 だから、11月13日の期日も、きっと、というのが私の読みだ。

 同じく200人or moreが集まるとして、私の歩測で約100mの中央廊下にはオミクロン株がけっこう濃厚に漂う可能性あり。
 裁判所は、11時~12時の7階の703号以外の法廷、つまり701号、702号、704号乃至728号法廷に、期日を入れなかったりして。エレベーターはどうするんだろ。
 マニアとしては、そこを目撃したい!

 だがっ、13日は私は休むことにした。
 11日、12日、朝から夕方まで裁判所にいて、濃ゅいのを傍聴しまくって消耗、休息が欲しいので。
 かつ、じつは痛風発作を得ており、ひょこひょこなら歩けるけれども、長く歩くのは身体全体の負担が大きくて。痛いし。
 加えて、マニアな確認のために明らかな感染のリスクを冒すのは如何なものか、というのも少しあって。

 13日は原稿書きに充てさせてもらいます!

※13日18時10分頃追記  以上を書いたのは13日午前3時頃だ。12日は疲れてめちゃめちゃ早く寝て、深夜に起きたわけ。再び数時間寝て起きたら、痛風が悪化! 痛いのなんの! 前日に宣言するまでもなく、でした。

 13日の様子は阿曽山大噴火さんがTwitterで速報し、弁護士ドットコムが記事を出してる。いやいや裁判所がそんな対応をするとは、私は予想しなかった。
 でもね、裁判所の警備ってのは「蟻が1匹出そうなら像を百頭連れてくる」ってとこがある。だから、なるほどォ、とは思う。

 ←1月13日18時20分現在、週間INが40で4位。

2021年10月 7日 (木)

著名アーティストの発信者情報開示請求

 裁判所(東京高地簡裁合同庁舎)内をうろうろするうち、東京地裁民事の法廷に「発信者情報開示請求」というおなじみの事件名を見つけた。

 原告の氏名でスマホ検索してみた。
 ヒットあり。たぶん間違いなく著名なアーティストだ。誹謗中傷、名誉毀損の食いつき魔の被害をこうむったのかな?

 ネットで話題になってるかも。別のワードとあわせてさらに検索してみた。
 ヒットあり。その氏名を仮に今井亮一とするなら「今井亮一×裁判の噂って!?」と題するサイトがあった。

 ネットの人たちはネットから一歩も出ず噂に右往左往し、結局何もつかめない、ということがよくあると、裁判所内から思える。傍聴してみようかな。
 しかし同時刻に刑事のほうで重要事件があり、パスした。

 帰宅して、パソコンでも検索、上記「今井亮一×裁判の噂って!?」のサイトをよく見てみた。
 ずがーん! なんだこれっ!
 ずらずら長々あれこれ書き連ねているが、中身はなんもナシ。「噂」の「う」の字もないどころか、「う」の字の1画目のあの部分すらない。
 まったく完全に、著名人の氏名に「×裁判の噂って!?」を組み合わせただけなのだ。
 検索ヒット、pageview、広告費を稼ぐだけのサイト、かと思われる。
 そんな商売、てか内職もあるんやねえ!

20211007-1  そのサイトに、怪しいバナーがあった。右の画像はその部分のスクリーンショットだ。
 クリックするとどこかへ飛ぶようになっている。リンク先を調べてみた。
 リンク先URLの一部は「ThFgXdnt5dhUCWxm1」だ。もろ詐欺サイトでしょ! と私は思う。

 売れないお笑い芸人さんとか、地下アイドルを目指してくすぶってるお嬢さんとか、「5万円おいしいかもっ」とクリックしたが最後、なんだかんだで金を払わされ、「あなたからの裏話で訴えられた。大変だ。裁判を取り下げてもらうにはとりあえず100万円が必要だ」とかなんとか…私の妄想は止まらないっ(笑)。

 私が文部科学省大臣に就任した暁には、遅くとも中学1年生から、「ネットは犯罪者らと誹謗中傷の匿名者らの巣窟だぁ!」という授業を少なくとも毎週1時限やらせてもらいたい。
 社会はだいぶ変わるんじゃないかと思うんだけど、ダメっすかね~。💦

 ←10月7日20時20分現在、週間INが40で2位。

2021年7月12日 (月)

白石麻衣さん、新垣結衣さんのフェイクポルノ裁判

210712-2  今日も東京地裁へ行っていっぱい傍聴した。

 オリンピック方面の某スポーツの、埋もれている事件。無罪主張である。けど、もし無罪なら、あれの理由は何なんだ、被害者(と称する女性)は大うそで被告人を嵌めたことになるが、その理由に思い当たることはないのか、という部分を弁護人はすっかりスルーした。ふうん?

 東京地裁は傍聴人が多い。COVID-19で半分に制限された傍聴席を、傍聴人が早々埋めてしまい、被告人の家族が座れない(=傍聴できない)ってことがよくある。東京地裁のあるあるだ。

 しかしほとんどの弁護人はそこに興味を示さない。開廷ぎりぎりまで、つまり傍聴席が埋まるまで、そばの待合室で家族らとしゃべってる。

 今日、幸運にも家族3人がぎりぎり座れた、めっちゃラッキー、というケースと、やっぱり座れなかったよ、あ~ぁ、というケースがあった。
 そういうところも見張ってレポートするのは、言っとくけどメルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」だけだからねっ、たぶん。

 「AIで偽わいせつ動画 芸能人被害「ディープフェイク」 男2人逮捕、全国初摘発」と2020年10月2日付け千葉日報。「白石麻衣や新垣結衣の“フェイクポルノ”配信……“職人”たちの素性とウソの経歴」と週刊文春2020年10月15日号。
 その「名誉毀損、著作権法違反」を傍聴した。

 被告人は公訴事実を認めているようなんだが、若い弁護人が、まぁ私からすれば不可解な理屈を立てて無罪主張だった。弁護人と私、どっちが正しくても、判決は有罪だろう。

 ←7月12日22時40分現在、週間INが90で位。

2021年7月 9日 (金)

同種前科2犯の産廃不法投棄

20210709-4
 静岡県熱海市の土石流被害、あの背景には産廃の不法投棄があった、という話が出てきている。画像は7月8日付けTBSニュースより。

 「廃棄物の処理及び清掃に関する法律違反」の裁判も私は少し傍聴してきた。基本、東京23区内で起こった事件か、警視庁が検挙した事件だ。
 
超絶マニアックデータの備考欄の記載を拾ってみよう。

■同種前科2犯の産廃不法投棄、悪ヤンキー、とうとう刑務所へ。

■知人の亡母の荷物処理を頼まれ、冷蔵庫とタンスを神社そばに廃棄。

■京成線の敷地内にポンコツ車を放置。

■手放す予定の山林に古畳1718枚を投棄。

■処理を頼まれた家電製品、書籍などを他人の空き地に「置いた」。

■いつもツケで飲ませてもらうので断りにくく、頼まれて80kg廃棄を手伝った。

■神社の境内に、猫の死骸入りのビニール袋を捨てた。供養のためとは認められない。

■会社の廃棄物493.8kgを、処分費用を惜しんで違法廃棄。

■隣人宅前にゴミ袋1個。酔って覚えてないが置いてないと否認。なんと同居人が自分が捨てたと明白に証言。

■アパート敷地内で段ボールを焼却。そこに居なかったと犯人性を否認。

■酔って暴れて吉野屋で釣銭トレー(3500円)を怖し、引越で疲れて冷蔵庫等3点92.9kgを捨てた。

■9年前に巨額脱税の元医師、向いのマンション住人が自分のマンションへゴミを投棄したので戻したら検挙され。

■風俗のワンマン社長に命令され事務用品320kgを廃棄。罰金80万円は無理。

■青山の美容整形外科で、医師免許がないのに陰茎にシリコンボール埋め込み手術。引っ越し荷物を畑に投棄。

 最後の事件はメルマガ第979号 で書いた。猫の死骸の事件は『実話ナックルズ』だったか雑誌に書かせてもらった。ほかは、まだ書いてないかと。

 ←7月9日8時50分現在、週間INが60で位。

2020年10月 4日 (日)

「光電管式」の「移動式オービス」?

 メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」は順調に発行し続けている。10月は以下の2号を発行した。

第2470号 傘で目を突き眼球破裂、視神経断裂、頭蓋底骨折、脳挫傷!
 都心の駅前で、傘で目を突き刺したという事件だ。今日は、被害者の治療に当たった女性医師を尋問。「眼球がぼろっと外へ」とか恐ろしいことをハキハキと明るく述べるのだった。

第2469号 見た感じ上品なセレブおばさまは、刑務所を出てまた寸借詐欺を
 2007年に関西のほうで寸借詐欺により逮捕。同姓同名の高齢女性が2020年、東京地裁の法廷へ出てきた。本当かどうか、読み書きがあまりできないのだという。どんな人生を生きてきたのだろう。

201003-jem380  いま購読登録するとこの2号がすぐ送信される。そして10月末まであと12号が順次送信される。今月は合計14号。いつもより1号多い。大変だ。💦

 第2470号の編集後記で少し書き、次号第2471号の編集後記でも書く予定なんだが、いまネットで話題らしい「光電管式の移動式オービス」問題、これである。

 当該の元記事がいう撮影の角度からして、首都高のあの付近にある従来のオービス(東京航空計器、ループコイル式)に捕まったものと推察される。
 違反切符を交付されなかったこと、身上調書らしきものを取られているところからして、超過速度が80キロ以上だったのかな、と読める。

 「380」という数字は、この業界(笑)では日本無線の光電式のたぶん最新装置を思わせるが、「新たな速度違反自動取締装置」(私は新型オービスと呼ぶ)であれ従来のオービスであれ、日本無線の光電式と組み合わせる、組み合わせたとはちょっと考えられない。
 当該の元記事を読んでも、組み合わせたと認めるに足るものはない。

 じゃあ何なのか。
 もしかして! という話を第2471号の編集後記に書く予定。つかもう書いた。本文はあとで書く。「もしかして」のマニアックな話なので、あんまり気にしなくていいです~(笑)。

※追記: 「光電管式の移動式オービス」について『ドライバー』のWebサイトで記事を書きました。→ https://driver-web.jp/articles/detail/38278

 ←10月4日23時10分現在、週間INが100で3位~!

2013年2月28日 (木)

宇都宮簡裁、スピード違反の再審続々!

 あれから復旧作業は全く進んでおらず、まだブログにアクセスできない。この記事もまた、信頼できる高橋ユキさんに原稿を送信し、パスワード等をお伝えし、アップしてもらってる次第。

 2月28日(木)、俺は宇都宮簡裁へ行ってきたっ!
 「4136件処分取り消しへ 速度誤測定問題で県警と地検」と昨年12月22日付け下野新聞。
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20121221/946502

 これの再審裁判が28日から始まったのだ! 行かずにおられよかっ!
 再審裁判はまだまだ続く。今後のスケジュールも含め、メルマガ第1002号にレポートをっ!

 26日(火)は、例のネットなりすまし事件、江ノ島の名物猫に首輪を付けて逮捕されたという被疑者の、勾留理由開示の手続きがあった。傍聴券抽選。俺は珍しく当たり、傍聴席最前列で傍聴してきた!
 弁護人は3人。1人は、足利事件で名をはせた佐藤博史弁護士、もう1人は俺が知らない若手。そして3人目(法廷での並び順は2番目)は、なんと元裁判官のあの人! いつもの勾留理由開示とは違う、びっくりな展開だった。
 そのレポートはメルマガ第1000号に書いたっ!

 メルマガ「裁判傍聴バカ一代」は、年末年始と日曜を除く毎日発行で月105円、1号当たり約4円。スマホでも読める。途中からの購読登録でも、その月の発行号はぜんぶ読める。
 俺はネット上ではこのメルマガに最高に熱中してる。初月は無料なんで、どうかいっぺん見てみてほしいっ!