フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

カテゴリー「駐車違反/民間委託後」の140件の記事

2018年7月 2日 (月)

駐車監視員制度、お祭りの初日!

 いま、『ラジオライフ』の原稿を書いている。ネタは自転車取締りと自転車講習の最新データだ。
 じつは警察庁は2006年4月、自転車取締りを強化するよう全国都道府県警察に通達を発出している。2006年といえば、その6月1日に警察庁は駐車取締りの民間委託をスタートさせている。興味深い。

 当時、警察庁は何と言っていたのか、私が過去に書いた原稿を探した。そしたら、なかなか面白い記事を発見した。
 以下は、2006年7月発売の『ドライバー』に書いた記事だ。一部加筆等する。12年前、そんなことがあったのだ。懐かしい。

 たぶん私の出番が増えるんだろう、とはぼんやり予想していた。4月ころから雑誌、新聞のインタビュー、原稿依頼が多くなった。5月に入ると、ラジオ、テレビからの出演依頼が増えてきた。それは日を追うにつれ激しくなった。

1703282 やがて、予想をはるかに超え、もうひっきりなしになった。スケジュールをやりくりするだけで精一杯。自分がいまどの番組のインタビューを受けているのか、ほとんどわからなくなる始末だった。

 でも、私のコメントの内容は、いつも同じだ。それは、本誌やブログなどに書いてきたことだ。奇をてらって事実や認識に反することを言うわけにはいかない。不安になり、いくつかの番組スタッフに尋ねてみた。
「あのう、私、すでにいろんな番組にお答えしてまして、同じことしか言えないんですけど、いいんでしょうか」
「ぜんぜんOKですよ。こういうことでコメントできるのは、今井さんしかないんですよ」
 そ、そうなのか? うむぅ…。

1703284_2 そしてついに6月1日。駐車違反取り締まりの民間委託の、いよいよ初日がきたのだよぉ!

 朝5時50分、お迎えのハイヤーに乗車。6時すぎ、道端に停まってもらい、車内からFM東京に携帯電話で生出演。赤坂に着き、TBSラジオに生出演。同じハイヤーで渋谷警察署前へ。早く着いたので、向かいの立ち食いそば屋で、きつねそば、350円。これが、夜帰宅するまでの唯一の食事になろうとは、そのときの私は知るよしもなかった…。

 8時をすぎ、マスコミ各社が集まり始めた。渋谷署の正面玄関前で、担当警察官が「お願い事」を伝えた。
「勤務中の監視員へのインタビュー取材はお断りします。車道には出ないでください。皆さんが轢かれてしまうとニュースになってしまう。歩行者、自転車にはご注意を」
 いよいよ始まるのだ!

1703285_2 集まったマスコミ陣のなかで、私がいちばんわくわく興奮していたと思う。
 だぁって、警察はこの種の制度にしたいと90年、93年、94年に大きく発表していたのだ。私は94年に『週刊金曜日』に記事を書いてからずっと、機会あるたびに批判してきた。それが、ようやくこんな形で華々しくスタートするのだ。かわいい子どもが小学校に入学するような、なんともいえない興奮を私は感じるのだった。

 8時36分ころ、おおう! 渋谷署の正面玄関からぞろぞろ出てきたよ、駐車監視員(以下「監視員」)が!
 緑を基調とした制服に、携帯端末と携帯プリンターなどを装備して。数は15ユニット、30人か。マスコミ各社が一斉に撮影。私も昨年買ったデジカメで撮りまくったよぅ。

 監視員たちはすぐに2手に分かれ、さらにまた分かれた。私は道玄坂方向のユニットを追った。歩く、歩く、すたすた歩いていく。あちこちに違法駐車があるが、目もくれない。取り締まり開始場所が決まってるんだろうか。

 109(マルキュー)の前で、3ユニットが止まった。携帯端末をなにやらいじっている。資格者証のデータを入力している。出発前にやっとけばよさそうなのに…。
 茶髪にサングラスのおじさんが通りかかり「こんなの愛国心じゃねえ!」と、しゃがれ声で監視員らに怒鳴った。

 道玄坂を上り、途中の信号のところでまた止まった。ここがスタート場所か?
 だが、なかなか出発しない。リーダーらしき若めの監視員が、携帯電話でしきりに連絡をとっている。「いま、監視員といっしょに××しておりまして」と聞こえた。目つきが冷酷そうで、他の監視員とは明かに感じが違う。元警察官? だとすれば、若いのになんで退職したのか。ヤバイことをやったのか。

 「1回落として…」とも聞こえた。電源を落とせということらしい。どうも携帯端末が不具合のようだ。若いカップル(ラブホテル帰り?)が「あっ、あれだ、駐車監視員だ」と通りすぎる。

  9時10分、1ユニットずつに分かれ、動き出した。私は、怖い目つきの監視員がいるユニットを追った。
 しかし、ぜんぜん確認事務(新しい取り締まり)を行わない。歩道上にでーんと置かれたジャマな大型スクータも素通り。そして結局、渋谷署へ戻ってしまった。他にも戻るユニットがあった。やっぱりどうも携帯端末が不具合らしい。なんだよ。

 他の記者らとともに玄関前でうろうろしてると、いつの間にか、そばに1台の乗用車が路上駐車していた。駐停車禁止の標識のすぐ下。路面は赤くペイントされている。取り締まってくださいと言わんばかり。ヤラセか? などと記者らと話すうち、1ユニット出てきた。おうっ、やっと確認事務を見られるよ!

 けれど、監視員が写真を撮ってデータを入力している間に、ドライバーが戻ってきた。新しい取り締まりは、その場でプリントアウトした確認標章(新しいステッカー)が貼りつけられる前にドライバーが戻ればセーフなのだ。

 それからそのユニットは、明治通りを広尾方向へ歩き始めた。やっとまともな巡回活動が始まるのか。テレビが2局に、紙媒体の記者、正体不明の男が2人と私、合計10人くらいがくっついて進む。

 銀行の前に、ハザードを点けたタクシーが駐車していた。運転手の姿は見えないがすぐ戻ってくるだろう。ところがそのタクシーに対し、監視員は確認事務を始めた。
 「運転者が車両を離れて直ちに運転できない状態の違法駐車」を「放置車両」といい、確認事務の対象になるのだが、それにしても、こんなタクシーを? とくに迷惑にはなってないのに。私は思った、「見境ねーな!」と。
 当然、運転手がすぐに戻ってきてタクシーは発車。確認事務はまた空振りだ。
 まあね、民間が取り締まるのだから、法が決めたとおり見境なくやるのが正しい、とはわかる。個々の業者、監視員の恣意が入っては困る。

 けど、そうであれば、そもそもの規制は、場所ごとの迷惑性を十分に考慮するなど、よほど合理的でなければならない。
 なのに今回の新制度は、一部の例外を除いて、従来の不合理な規制のまま「時間の長短に関係なく取り締まる。取り締まったらかならずカネ(反則金または放置違反金)を徴収する」という制度だ。それで見境なく取り締まったのでは、ドライバーたちの憎悪がたまるばかりではないのか。

 さらに歩いていくと、道端にタクシーが。あれ、さっきのタクシーでは? と思う間もなく運転手が降りてきて、監視員に食いついた。
「銀行の1分でもダメですか! ほんの1分でも!  やりすぎだよ!」
 殴りかからんばかりの勢いだった。
 監視員はみなし公務員とされ、殴れば公務執行妨害だ。初日にすごいシーンを撮れるぞ。テレビカメラが集まった。もちろん私もデジカメを向けた。
 タクシー運転手は気圧されたか、殴ることなく去った。

 そのあとも監視員は、宅配のトラック、納品の1BOX、工事車両、ダスキンの軽自動車など、運転者が乗ってないとわかると見境なく確認事務を始めた。が、みな運転者が数分で戻るため、ぜんぶ空振りのまま、渋谷署へ戻ってしまった。

 午後に1件だけ、高級そうなBMWに確認標章を取り付けるところを目撃できた。間もなく戻ってきた運転者は、子どもをピアノ教室へ送った若い奥さんだった。複数のテレビカメラの前でコメントを求められ、おどろいていた。

 私はその日、たしか6つのテレビ番組のインタビューに応じ、途中で少し渋谷を離れてニッポン放送のラジオに生出演。夜はNHKラジオに携帯電話でコメントした。
 気温は30度を超え、今年初めての夏日だという6月1日はこうして終わった。女房殿から言われた。
「あんた、痩せたわね」
 仕方ないよ。これを皮切りに交通社会は大きく変わる。その〝お祭り〟の初日なのだから。

 制度スタートの前に私は、駐車監視員資格者講習を受け考査に合格、所定の手続きを経て駐車監視員資格者証を取っていた。
 インタビューでスタジオで見せまくった。「えぇい、頭が高い、控えおろう、この資格者証が目に入らぬか!」という調子で、というのはウソですけど(笑)。
 自転車取締り、スピード取締りもいずれ民間委託されるだろう。その資格者証も取らねば。大変だっ。

※画像は、ナンバーを隠した駐車中のバイクの確認標章(黄色い駐禁ステッカー)を取り付けたという珍しい写真。読者氏からの頂き物だ。

 ←7月2日17時10分現在、週間INが160で2位~。happy02

2017年3月 7日 (火)

湾岸署の取締件数にびっくり!

 さてお待ちかね、マニア的びっくりデータのコーナーです~。

 画像は警視庁の「保管場所法違反取締状況(交通・地域)」、2016年の1~12月の累計だ。
 まず、11条1項、11条2項とは何か。以下は「自動車の保管場所の確保等に関する法律」(略称:保管場所法)。

(保管場所としての道路の使用の禁止等)
第十一条
   何人も、道路上の場所を自動車の保管場所として使用してはならない。
   何人も、次の各号に掲げる行為は、してはならない。
   自動車が道路上の同一の場所に引き続き十二時間以上駐車することとなるような行為
   自動車が夜間(日没時から日出時までの時間をいう。)に道路上の同一の場所に引き続き八時間以上駐車することとなるような行為
   前二項の規定は、政令で定める特別の用務を遂行するため必要がある場合その他政令で定める場合については、適用しない。

Img_1170 「第十一条」のあとにあるのが1項、「」が2項だ。
 2項は、ごく普通の、と言っちゃなんだが、夜間にあっては8時間以上の、夜昼問わず12時間以上の、長時間駐車のこと。
 昔から、保管場所法違反の取締りといえば、ほとんどが2項違反だった。

 ところが2016年のデータを見ると、警視庁の1項違反の取締り40件は、すべて東京湾岸署(以下湾岸署)の、それも地域課(つまり交番勤務の警察官)によるんである!
17030720164 かつ、2項違反の取締りについても湾岸署はぶっちぎりトップだ!
 いったいどうなってるのか。

 湾岸署といえば、その玄関からASKAさんが釈放されたことで有名だ。また、東京23区内で女子の留置場があるのは、西が丘分室のほかに湾岸署と原宿署だけと聞く。酒井法子さんが湾岸署の玄関から釈放されたこともある。
 しかし、ASKAさん、酒井法子さん、女子留置場と、保管場所法違反の取締り件数との間に、因果関係は見出し難い。 ←そりゃそだろっ(笑)。

17030720165 これは全くの憶測になるが、湾岸署の管内には、乗用車または貨物車を長時間置きたくなる道路、置ける道路があり、長時間置きたい事情のある人または事業所がある、つまり湾岸署に特有の事情がある、そういうことじゃないのかな。
 でなきゃこの突出状態は説明がつかないように思う。

 ところで、じつは保管場所法違反の取締りは、2006年に駐車監視員制度と放置違反金制度がスタートして以降、めっきり減った。駐禁レッカー移動ほどではないが、ほとんど壊滅状態だ。
 そのことも併せ見ると興味深いのだが、長くなる。またの機会に。  

 ←3月7日16時00分現在、週間INが190で1位~。happy01

2017年1月18日 (水)

放置違反金、10年間で2166億4520万1844円!

 メルマガ「裁判傍聴バカ一代」の第1836号「闇の組織からきた前代未聞のSM強姦魔」の、その編集後記に以下のようなことを書いた。
 裁判傍聴と関係ないじゃん? いやいやこういうことを背景に、駐車監視員に対する公務執行妨害とか、犯人隠避・隠避教唆(身代わり出頭)とか出てくるわけで。

      chick    chick    chick

 2006年6月1日から、駐車取締りの民間委託とあわせて「放置違反金」の制度がスタートした。
 放置駐車違反(運転者が車を離れて直ちに運転できない状態の違法駐車)と認められ、駐車監視員または警察官または交通巡視員により、確認標章(黄色い駐禁ステッカー)を取り付けられた場合、違反者が警察へ出頭して違反切符を切られることもできるが、出頭せず、車の持ち主が放置違反金を払って終わることもできるようになった。

 2015年のデータでいうと、8割強が放置違反金で決着してる。
 その放置違反金の、全国の収納額はこうだ。 ※警察庁のデータ。2006年は6月から7カ月間分。1円単位があるのは滞納処分で利息等が加算されたりするから。間違いがないよう慎重に書き写す。

 2006年 197億1518万9829円
 2007年 300億9512万7763円
 2008年 288億6449万8504円
 2009年 257億8751万5766円
 2010年 215億1912万6877円
 2011年 213億7293万3037円
 2012年 198億3191万2336円
 2013年 182億5582万9172円
 2014年 165億4138万4395円
 2015年 146億6168万4165円
 合計  2166億4520万1844円

 2007年=制度スタートの翌年、をピークにどんどん減ってる。
 「約束が違うよっ!」と泣いてる方々もおいでだろう。

 放置違反金は、反則金や罰金と違って、取締りをやった都道府県の収入になるのである。なぜそんなことになったのか。毎度引用するが、以下は2003年12月6日付け毎日新聞の一部。太字は俺。

 小泉純一郎首相が指示した国から地方への補助金一兆円の削減を実現するため、駐車違反の反則金(年三百億円程度)を国から地方に移管し、二〇〇四年度の補助金削減実績に算入することが六日分かった。政府は年明けの通常国会に道路交通法など関係法改正案を提出、成立を前提に補助金削減実績に計上する。制度として反則金が地方自治体の財源となるのは〇六年度からの見通しだ。

 この報道は、翌年の国会へ法案が提出される前であり、当時は放置違反金という名称がなかった。
 新制度の前の反則金が(もっと正しく言えば反則金の約8割が)放置違反金と名を変えて都道府県の財源になる、ということだ。

 年間300億円、その8割としても240億円。約束が違うじゃーん!
 ただ、都道府県によってどえらいばらつきがある。10年間の合計の、ベスト3はこうだ。

 東京都   618億7248万4590円
 大阪府   342億7683万0186円
 神奈川県 212億7314万2744円

 この3都府県で、全国の総収納額の半分を超えるのである。
 最下位は山梨県で、なんと5579万9000円。ひ~。

 補助金がそれぞれどれだけ削減されたのか知らないが、一見してあまりに不公平。
 ここはひとつ、速度違反についても、車の持ち主に「速度違反金」とか払わせて都道府県の収入とすべきではないか。

 そんな動機ばかりではなかろうけれども、「速度違反金」制度のスタートと、速度取締りの民間委託へ向け、警察庁は今年ゴゴゴと動き出すはず。
 マニア的には楽しみでもうっ(笑)。

      chick    chick    chick

 以上が編集後記の内容。ごく一部加筆等した。
 ちなみに間もなく、東京航空計器のLSM-300の、契約書と仕様書が手に入る。将来「速度監視員」が使うことになるだろう、三脚に載せるレーザー式の新型オービス、いわば「どこでもオービス」だ。
 マジ楽しみぃ~。happy02

    

 寒くなったね~。俺が昔オートバイ乗りだった頃、弟は夕焼けだった、じゃなくてぇ、ライダー用の高価な手袋を買えず、作業用品店の各種手袋を愛用してた。夏は皮クレスト、雨に備えてゴム引きの手袋を携行してた。皮クレストを常用してると手が黄色くなって…。

 ←1月18日11時10分現在、うわぉ、週間INが270で1位~。happy01

2016年12月17日 (土)

佐川が可哀想な気もするのだ

 この事件、メルマガ第1819号「夫のゴルフの鞄からコンドームがぽろり」の編集後記で書いたとおり、俺は佐川の人たちが可哀想な気もするのだ。
 以下は12月13日付け東京新聞の一部。

佐川急便社員ら6人再逮捕 身代わり出頭事件
 佐川急便東京営業所(江東区)の社員らによる駐車違反の身代わり出頭事件で、警視庁交通捜査課は13日、犯人隠避と同教唆容疑で、東京営業所係長の■■■■容疑者(35)=■■区=や同●●●●容疑者(41)=●●市●●区=ら計6人を再逮捕した。
 交通捜査課によると、身代わり出頭事件で13日までに、犯人隠避や同教唆容疑で逮捕や書類送検された佐川急便社員らは計34人となった。14日も別の運転手ら6人を書類送検する。

161217_1 2006年6月1日、駐禁取締りの民間委託とあわせて放置違反金制度がスタートした。黄色い駐禁ステッカーを貼られたうち、だいたい8割くらいが放置違反金で決着している。
 放置違反金は、車の持ち主へ納付書が送付される。誰が払ってもいい。違反者が誰であろうが関係ない。

 放置違反金は、罰金反則金のように国庫へ行かず、取締りを行った都道府県の収入になる。ダイレクトに稼げる。行財政改革により大幅な補助金カットの代わりに地方に与えられた収益事業なのである。財政難のおり、天恵だ! と報じられたこともある。
 したがって当然、都道府県は予算を立てて取り締まる。2015年度の東京都の放置違反金予算額は58億8978万3000円だ。

 だから、べつに危険も迷惑もない短時間の駐車でも取り締まる(=金を稼ぐ)んである。配達の車両とか、少し多めにみないと社会がまわらなくなる駐車も、見境なく取り締まる(金稼ぎの対象にする)んである。
 駐車監視員を恨んでも仕方ない。こういう制度なのである。駐車監視員からこんな話を聞いたことがある。

駐車監視員 「彼ら(宅配)は仕事でやってるわけだし、べつに迷惑になってない駐車なら、我々だって無闇に取りたくないわけですよ。しかし見逃しはできない。我々は恨まれてますからね、見逃せば『あいつら業者から金もらってんじゃねえか』とか警察に電話が入りかねない。たまに警察が私服で我々を尾行してますし」

 それでだ、あるトラックが何度も何度も放置違反金の納付命令を受けることになると、そのトラックが20日間とか30日間とか「使用禁止命令」を食らう。その命令を受けたことは前歴となり、次からの基準が厳しくなる。
 これは会社側としては困る。

 使用制限命令を心配しないためには、放置違反金で終わらせるんじゃなく、佐川男子(又は女子。以下同)が警察へあえて出頭すればいい。
 そうすると、佐川男子は違反切符を切られ、反則金の納付書を交付される。これも、誰が払ってもいい。とにかく反則金が納付されれば、駐車違反の処理は終了する。

161217 ここで大事な注意をしとかねば。「とくに迷惑のない短時間駐車でなぜ取り締まるんだ!」とか争って不起訴になっちゃダメですょ。
 なぜなら、違反者が不起訴になると、トラックの持ち主である会社へ放置違反金の納付命令がいくから。
 そんなバカな? 俺がバカなんじゃない。こういう制度なのだ。不起訴でも放置違反金の徴収はOKという判例もとっくにある。

 駐車の迷惑性とか正義とか、その方面はタテマエまたは幻想。とにかく「カネ取ったるどぉ~!」という制度なんであるこれは。

 違反切符を切られると、違反者(佐川男子)に違反点数が登録される。不起訴でも登録される。点数が累積すると、運転免許が停止になってしまう。
 これは佐川男子側としては、いや会社側としても困る。

 使用制限命令も受けず、佐川男子が点数登録されることもないためには?
 そう、ペーパードライバーとかを身代わり出頭させればいいんである。
 会社は困らない。佐川男子も困らない。ペーパードライバーは、少し謝礼をもらえばラッキー。

 取締りそのものを逃れるため“2人乗車”とかすれば経費がかさみ、宅配料が値上げになるかも。その意味では消費者も恩恵を受ける(※)
 都道府県は放置違反金の収入がそのぶん減るけれど、減収続きの反則金収入が増えるんで、ま、大きくはプラマイゼロだ。
 てゆっか、違反点数が登録されることで、詳細は省略するがいろいろ潤う者が国家の側にいる。

 近江商人は売り手よし・買い手よし・世間よしという「三方よし」の精神だという。今回の佐川がやったことは、その意味では、三方どころか四方も五方もヨシなのである。
 ところが! 法律的には犯人隠避、犯人隠避教唆の罪になる。
 なんとバカバカしい事件、と俺はとらえてる。この裁判、絶対傍聴しようっ。

 駐禁取締り対策で集配の効率が悪くなった業者、との関係で佐川はズルイ、という見方もあると思う。そこを検察官は突くか、突くことを予想して弁護人が何か準備しているか、そこがこの裁判の見所の1つかな。

 画像は新型パーメ! 某氏のスクープ撮だ。俺もあとで撮りに行こう。happy01

    

 今年も俺は左の手帳を買った、新宿の紀伊國屋書店で。ネットじゃロープライス758円だと? ちっきしょ~。
 『反差別と暴力の正体』は、ヘイトスピーチがどうとか方面の本で、取材が深くて衝撃の内容らしい。読もうかな。

 ←12月17日18時30分現在、週間INが240で1位~。happy01

2015年10月23日 (金)

駐車監視員の車両に初心者マーク、高齢者マークはあるか

1510221 究極の居酒屋「昭和」へ近づき、底知れぬ不安に襲われた!
 わりと最近、水曜か木曜に突然休みってことがあったのだ。そんときは、裁判所を出て間もない時点でマニア氏から連絡をいただき、助かった。今回、念のため「昭和」へ電話して確認を、と思いつつ、呼吸や運動などに制約がある高齢者が、歩行が不自由な61歳女性を強姦した事件(否認)、に続けて交通事故の差戻審の被告人質問などを次々傍聴し、ころっと忘れたの。

151022 裁判所を出てから徒歩と電車で約40分、板橋区内の路地を、不安のうちに歩き、「昭和」の灯りが見えた瞬間、俺は心で叫んだね。
 翼よ、あれが「昭和」の灯だ!
 世界で初めてニューヨーク・パリ間の無着陸飛行に成功したチャールズ・A・リンドバーグ氏、の歓喜に、俺的には勝るとも劣らぬ…。

 22日(木)は「昭和」はかなり空いてた。聞けば、金曜と木曜は混み、火曜~木曜はばらばらなんだそうだ。
 そういえば俺はいつも金曜に行ってた気がする…。
 「昭和」は22日(木)も旨かった。オリンピックへ向け増えるであろう外国人の、誰か1人のSNSで「昭和」が紹介されたら、大変なことになる! 俺はそれを最も怖れる…。

※ 画像上は、鱧(はも)の蒲焼き風とハムカツ。画像中はチキンソテー。画像下はお好み焼き。真ん中に焼きそばが挟まれてる。これらが1品110円。俺のメルマガは週4号発行で1カ月108円。どっちもしょんなバカな!

 ところで…。
 普通はブログなんて以上で終わるんだろうけど、俺はもっと書くのだ。忙しくって2つに分ける余裕がないのだ。 ←なんだそれ(笑)。

 駐車監視員の車両に、いわゆる初心者マーク、高齢者マークが貼られてるのを見たことある? 俺はない。

 初心者マークの違反は罰則がある。一方、高齢者マークは、ちょとややこしい規定なんだね。以下は道路交通法。太字は俺。

第七十一条の五  第八十四条第三項の普通自動車免許を受けた者で、当該普通自動車免許を受けていた期間(当該免許の効力が停止されていた期間を除く。)が通算して一年に達しないもの(当該免許を受けた日前六月以内に普通自動車免許を受けていたことがある者その他の者で政令で定めるものを除く。)は、内閣府令で定めるところにより普通自動車の前面及び後面に内閣府令で定める様式の標識を付けないで普通自動車を運転してはならない。
 第八十五条第一項若しくは第二項又は第八十六条第一項若しくは第二項の規定により普通自動車を運転することができる免許(以下この条及び次条において「普通自動車対応免許」という。)を受けた者で七十五歳以上のものは、内閣府令で定めるところにより普通自動車の前面及び後面に内閣府令で定める様式の標識を付けないで普通自動車を運転してはならない。
 普通自動車対応免許を受けた者で七十歳以上七十五歳未満のものは、加齢に伴つて生ずる身体の機能の低下が自動車の運転に影響を及ぼすおそれがあるときは、内閣府令で定めるところにより普通自動車の前面及び後面に内閣府令で定める様式の標識を付けて普通自動車を運転するように努めなければならない。
   (罰則 第一項及び第二項については第百二十一条第一項第九号の三、同条第二項)

 70歳以上75歳未満については、「加齢に伴つて生ずる身体の機能の低下が自動車の運転に影響を及ぼすおそれがあるとき」のみ、高齢者マークを付ける“努力義務”がある。75歳以上については、そんな条件なしに罰則付きの義務がある…。

 ここで、「なんじゃそりゃ?」という方がおいでだろう。
 「加齢に伴つて生ずる身体の機能の低下が自動車の運転に影響を及ぼすおそれがあるときは」って、誰がどう判断するのか。
 『執務資料道路交通法解説16訂版』は、「高齢者自らの判断によるべきものとし…」と解説してる。てかさ、マーク(標識)がどうこう以前に、そんなお年寄りが運転しちゃマズイんではっ? 妙な規定のように思える。

151022_2 それでだ、75歳以上の駐車監視員は、俺は特段の根拠なしに言うんだけど、たぶんいないんじゃないか。ま、これからぽつぽつ出てくるかもしんないけど。
 70歳以上75歳未満の駐車監視員は、これはそこそこいるように聞いてる(あくまで伝聞)。駐車監視員がらみのトラブルについて開示請求すると、「加齢に伴つて生ずる身体の機能の低下が自動車の運転に影響を及ぼすおそれ」があったというべきなんじゃないの? とも思える事故がまぁまぁ起こってる。
 加えて、50歳代とかで初めて運転免許を取得したって人も、中にはいるだろう。

 取り締まられる側が、駐車監視員の車両にそんなマークが付いてるのを見たら、「なんだこいつらは!」とかムカついて、よけいなトラブルが生じかねない。
 しかも、注目すべきは、駐車監視員に限らず警察官も、杓子定規に「違反は違反だ」と取り締まるくせに、自分たちの交通違反には無頓着だってこと。

 そんなことで、初心者マーク、高齢者マークを、ほんとは取り付けなきゃいけないのに、取り付けずに運転してるケースもあるんじゃないか。どうなんでしょね。

 ちなみに、駐車監視員の不祥事が発覚すると、確認事務(=駐車監視員による駐禁取締りを請け負う業者。主に大手警備会社)の失点になり、その失点は次の入札で、何百万円分不利だ! とかいう形で影響するんだそうだ。
 駐車監視員にムカついてる人は、駐車監視員が立ち小便してるのを目撃したらスマホで撮影して通報すれば、ざまぁみろってことになる。ま、立ち小便はさすがにしないと思うけど(笑)。

    

 これからまた寒くなる。ココアパウダーを牛乳に溶いて暖めたのを飲むと、ぐっすり眠れるからと、ガスコンロの前で小鍋をしゃかしゃかやる、嗚呼、そんな季節がまた来るのだ。俺は冬は正直苦手です~。

 ←これを1回クリックいただくと「週間IN」が10ポイント増え、1週間にわたり順位に影響する、そういうシステムらしい。順位は刻々と変わり、10月24日10時00分現在、「週間IN」の合計が270ポイントで5位~!

2015年9月30日 (水)

駐禁取締りの女性警察官はなぜクズなのか

Img_0391 9月30日(水)も朝から夕方まで裁判所に居続けた。
 痛風は、前日に比べればだいぶ良くなった。いま、大盛り複数野菜の米酢と黒胡麻とマヨネーズまぶし、能登のにんにくで焼いた豚肉のせ、を肴に、薬草を溶かした焼酎甲類をレモン果汁と炭酸で割って飲みながらこれを書いてる。旨いな~。
 食べ終わってから、いろんなエキスが混じったたっぷりの米酢をじゅじゅ~っとすするのが、また旨いのですょ。
※画像は、奈良地裁へ行ったとき、商店街の「御茶乃子」で喫茶したもの。大和紅茶に、なんだっけ漢方にも使う木の実をトッピングしたやつ。小さい菓子付き。お洒落でしょ? 俺はお洒落なおじさまなのさ、ふふ。shock

 今日は東京地裁で、俺的に重要事件がいっぱいあった。
 1件は、被告人の承諾なしには、なぜ重要か公開の場所では言えない。のだけれども、その被告人質問、俺は感心したねっ!
 当時何があったのか供述するとき、被告人も証人も「こういうふうに…」と身振りで伝えようとする。それはダメなのだ。裁判の舞台は“紙の上”なのだ。『紙の上の有罪書き』って演劇、映画があったでしょ。 ←わけ分かんねーこと言ってんじゃねーよっ(笑)。

 ところが今回の被告人は、身振りではなく、紙に書ける言い方をするのだった。一般社会的には奇妙な言い方なのだが、裁判的にはバッチリ。これには俺は驚いたょ~。

 あと、「築地署と検察の「偽造公務執行妨害事件」 築地市場で仕入れ後、暴行・傷害でっちあげで逮捕、19日間勾留」と林克明さんが報じてる国賠(国家賠償訴訟)、その本人尋問も一部傍聴した。
 俺はすっかり忘れており、しかし裁判所内で、国賠ネットの方々とか、なんと大河原宗平さんにまでお会いし、今日それがあると教えてもらったのだ。

 関連して思うのだけど、駐禁取締りの女性警察官って──我が身を棚にあげてこんなことを言うのも心苦しいが──ほんとクズな奴がよくいると思う。
 もともとクズな奴が駐禁取締りにあてがわれるのか、駐禁取締りばっかやってるうちにクズになっていくのか。うーん、俺は後者が強いように思うけど、どうだろう。
※ 参照:ミニパトの悲しき駐車違反

 10月1日(木)は、申し訳ないけど裁判所行きを休む。ご家庭の御用もありまして。
 休んで、メルマガ 「裁判傍聴バカ一代」の、遅れてる9月の最終号を書く。例の、ZOOの元メンバー氏の「覚せい剤取締法違反、麻薬及び向精神薬取締法違反」をレポート予定。
 メルマガの発行部数は、おかげさまでどんどん伸びてる。ありがとございます~!

    

 『屋根の上の赤ちゃん』は、俺は中学か高校のとき劇場で観た。てか当時ホームビデオとかDVDとか存在しなかったし。
 ま、俺は『屋根の上のバイオリン弾き』のパロディとして『紙の上の有罪書き』と言ったんだが、「机上の空論」ならぬ「紙上の有罪」のほうが良かったか。どっちもダメ? あーん。

 ←これを1回クリックいただくと「週間IN」が10ポイント増え、1週間にわたり順位に影響する、そういうシステムらしい。順位は刻々と変わり、9月30日21時10分現在、「週間IN」の合計が350ポイントで6位~!

2015年6月13日 (土)

新東名の最高速度が120キロになるとき…!

 俺的には非常に興味深い報道だ。以下は6月11日付け日経新聞の電子版、の一部。

最高速度120キロ検討 「新東名」で地元の意見割れる  
 静岡県内を走る新東名高速道路の最高速度を現在の100キロから120キロに引き上げるか否かの検討が続いている。地元自治体では、首都圏から所要時間が短縮することによる観光客増加に期待する声の一方、事故が増える懸念や経済効果を疑問視する声もある。警察庁は今年度、引き上げの是非を判断するため調査を始める方針だ。

 理由等は省いてごく簡単に言えば、120キロなんて一蹴するはずの警察庁が、今回は120キロへの引き上げをやっちゃいそうな雰囲気だ。普通、そんな調査、始めないでしょ。
 はは~! と俺は思う。

  ・新型の可搬式オービス導入
  ・青キップの取締りもオービスでやる
  ・新しいペナルティ「速度違反金」(俺の仮称)を導入
  ・違反者を出頭させず、車両の持ち主から「速度違反金」を徴収
  ・その取締りを民間委託、「速度監視員」(俺の仮称)が登場
  ・巨大な市場が新たに誕生!

 その“大改革”にあわせ、警察庁は速度規制について是々非々で真剣に取り組んでます、という趣旨で、新東名の120キロ引き上げを持ち出すんだな?
 「立入禁止のリアルなニュースサイト RZONE」に俺が書いた「自転車違反金」も、同時期に打ち出すつもりなのかも。
 とすれば、来年度、テレビ・新聞はたいへなお祭りになるぞっ。時代の変わり目にナマで立ち会えることに、んもぉ、わくわくどきどきっ(笑)。 ←困ったやつだ。shock

 「RZONE」には、駐禁ステッカーの都道府県別貼り付け件数についての面白い記事も書いてるです。今、オチを読んで、我ながら吹き出しちゃった。バカだね~と。

    

 ←これをクリックいただくと「週間IN」が10ポイント増え、1週間にわたり順位に影響するらしい。6月13日0時40分現在、「週間IN」の合計が320ポイントで5位~!happy02

2015年5月15日 (金)

免停も車両使用制限命令も避ければ犯人隠避

 以下は5月13日付け産経新聞。

駐車違反、会社ぐるみで身代わり出頭 元役員ら21人送検
 駐車違反した従業員の免停処分やトラックの使用制限処分を免れるため、会社ぐるみで身代わり出頭を繰り返したとして、大阪府警西淀川署は13日、犯人隠避教唆容疑で、兵庫県宝塚市の配送会社「エスエスサービス」の元役員の男(46)=同県西宮市=を逮捕し、犯人隠避容疑などで身代わり出頭した従業員ら20人を最終送検したと発表した。
 同署によると、元役員は「車の使用制限や従業員の免許停止処分を免れるためにやった」と供述し、起訴後に保釈された。従業員ら20人も容疑を認めているという。会社ぐるみで駐車違反を身代わり出頭したケースは極めて珍しいという。
 元役員の逮捕・送検容疑は、平成24年2月から26年12月、会社名義のトラックで駐車違反した従業員の身代わりとして、計26回にわたり、別の従業員を同署へ出頭させたとしている。
 この会社では複数の従業員による駐車違反が繰り返され、行政処分でトラックの使用を制限される恐れがあった。また違反した従業員が正直に出頭すれば、免停処分を受ける可能性があったため、組織ぐるみで身代わり出頭を繰り返していたという。

 このニュース、お茶の間の方には意味分かんないんじゃないか。
 よろしい、産経新聞と大阪府警から謝礼金が振り込まれることを期待して(うきゃっhappy02)、でも忙しいので、ほんとごくごく簡単に俺が解説しよう。

 違法駐車して黄色い駐禁ステッカー(正しくは放置車両確認標章)を貼られた場合、違反者が警察へ出頭すれば、原則、違反キップを切られる。違反点数が登録され、重なれば免許停止・取消の処分を食らう。

 一方、出頭せずに放っておけば、後日、ナンバーから判明した車両の持ち主へ、「放置違反金」についての郵便がいく。

 誰であれ放置違反金を払えば、その駐車違反の処理は終了する。つまり、誰にも違反キップは切られずに終わる。それがいいよね、普通は。

 ただし、である。同じ車両の駐車違反を、何回も放置違反金で決着してると、その車両に対し「使用禁止命令」というのが出る。
 基準は通達があり、警察庁のサイトに新しいのが載ってる。

 業者としては、会社の車両が「使用制限命令」を食らっては困る。
 かといって、違反者(=運転従業員)を出頭させ、違反キップを切られさせれば(※変な日本語?)、免停を食らうかも。それはそれで困る。

 両方を避けるためにはどうすればいいか。答えは簡単。たとえば、運転の業務に携わらない、ペーパードライバーの従業員とかを出頭させればいいんである。

 ただし、違反してない者が違反したと出頭すれば、隠れ家を提供する以外の方法でほんとの犯人(違反者)を検挙(違反キップ)から逃れさせたとして、「犯人隠避」の罪になる。指示した者は「犯人隠避教唆」だ。

 取り急ぎそういうことで。
 俺は今、ムチャクチャ忙しいのだ。名著『警察の盗撮・監視術―日本的管理国家と技術 』の著者、筆名:浜島望さんのもとへ2日連続行かねばならぬ事情もあり。
 当ブログ、次の更新は5月19日(火)午前10時頃になるかと。

    

 ←これをクリックいただくと「週間IN」が10ポイント増え、1週間にわたり順位に影響するらしい。5月15日22時05分現在、「週間IN」の合計が200ポイントで12位~。sweat01

2015年5月11日 (月)

神奈川の駐車監視員、どうなってんの!?

 最近、神奈川県内で、例の黄色い駐禁ステッカー(放置車両確認標章)を貼られ、その後、警察から放置違反金についての郵便がぜんぜんこない…そんな方が複数いるのでは?

 というのは、じつは先日、神奈川県警から、駐車監視員のトラブルを報告する文書の開示を受けたのね。
 そしたら──忙しくてまだ全部は読んでないのだが──警視庁から以前開示を受けた同種文書では見たことがない、ええっ? ナニそれ? というトラブルが次々起こってるのだ。
 神奈川の駐車監視員、どうなってんの?

 ほかにも面白文書をたくさんもらった。情報公開は楽しいな~。ま、県警や委託業者からすれば楽しくないだろうけど(汗)。

 愛知県や大阪府警へも同種文書を開示請求してみると、びっくりなことが出てくるかもしれない。期待をふくらませて次号へ。 ←次号って何だよっ。

    

 俺は基本、髪も顔も体も無添加せっけんで、かつ手を使って洗ってる。結局はそれが一番いいんじゃないかと。特に頭髪には。頭髪を気にするなら早く寝ろ? うぅ。

 ←これをクリックいただくと「週間IN」が10ポイント増え、1週間にわたり順位に影響するらしい。5月11日1時15分現在、「週間IN」の合計が170ポイントで10位~。happy02

2015年2月 1日 (日)

パーキングメータの料金未納を駐車監視員は…

 2008年から使ってたデスクトップパソコンは、どうやらもうダメみたい、メールソフトにあった大量の大事なメールが、ずぇんぶ消失した。お返事を先延ばしにしていたメールも消失。たいへん申し訳ないです。

 新しく買ったノートパソコンは、使い方がよく分からず、きーっ、バカ野郎っ! となってたんだが、現在のお師匠である高橋ユキさんのご協力をいただき(ありがとございます!)、まぁなんとか、新しいほうで日々のことはできるようになった。

P1050812 新しいノートパソコンで当ブログを見ると、タイトル文字等が白色でその部分の背景も大部分が白色。タイトルも紹介の単文も視認不能。
 そこで、引っかかり引っかかり自力で作業して、テンプレートっていうのか、それを替えた。ま、当分はこれでいこうかと。

 ところで、パーメ(パーキングメータが設置された時間制限駐車区間)のことで、60分間なら60分間、料金未納の駐車はセーフ、ということがネットで話題になってるらしい。

https://www.facebook.com/yoshidamian/posts/838176919578511
http://minkara.carview.co.jp/userid/854169/blog/34968489/

 それはですね、60分(実際にはもう少し長い時間)以内の駐車を、駐車監視員は取り締まらないと、駐車監視員のマニュアルにしっかり書かれてるのです。
 俺は2007年初版の拙著『交通違反でつかまっても困らない本』(ワニ文庫)で書いたし、雑誌でもどこかに書いたはず。書籍や雑誌は読まれてないんだなと、哀しく感じる。
 マニュアルには具体的にどう書かれてるのか、あとでメルマガの編集後記に載せとこう。

 同メルマガの、1月29日にご紹介して以降の既発行号は、現在のところ以下の1本のみ。

第1431号 危険ドラッグ、歌舞伎町KING、その末路は
 散弾銃の実包の管理に関する「銃砲刀剣類所持等取締法違反、火薬類取締法違反」、なんと原判決破棄、罰金刑の逆転執行猶予! プラス、新宿歌舞伎町の“ハーブ店”経営者と従業員の「薬事法違反」。 編集後記は、埼玉県警の誤検挙2400件のうち1件についての「道路交通法違反再審被告事件」。

150115mag2year_pay_0001035825

 第1432号(1月の最終号)は、今日中に必ず発行します。これ以上遅れると強制廃刊になるらしいのでっ。sweat01

 ←クリック先の画面の右下に当ブログの順位表示あり。2月1日13時00分現在25位~。

  

より以前の記事一覧