フォト
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

カテゴリー「「裁判傍聴バカ一代」」の360件の記事

2018年6月23日 (土)

放火無罪のあの被告人がまた!

 月~金、毎日は絶対裁判所へ行かないようにしています!
Img_0118 常々そう言ってきた私なのに、今週は月~金ぜんぶ通ってしまった。しかも、月~木は朝一から! 消耗した~。

 私が悪いんじゃない。どうしても傍聴したい事件が毎日あったのだ。しょーがないでしょ、ねぇ。
 ところが、嗚呼、どうしても傍聴したい事件の多くを、裁判所の庁舎内にいながら傍聴しなかった。なぜ?
 もっと見逃せない事件に偶然遭遇したり、ちらっと入っただけの法廷でとんでもないことが行われていて出られなくなったり。体はひとつ、人生は1回限り、仕方ないとはいえ。

Img_0119 殺人に等しいというべき“あおり運転”も傍聴した。求刑どおり懲役14年。重い。しかし満期でも30歳代で社会へ出られる。被害者は18歳で死亡し、二度と戻らない。そんなのも傍聴した。

 マニア的に今週いちばんは、あの被告人の事件だ!
 侵入窃盗&放火で起訴 → 東京地裁(裁判員裁判)は放火無罪、侵入窃盗のみ有罪(実刑) → 東京高裁は破棄・差戻し → 最高裁は破棄したうえで東京高裁へ差戻し…。
 結局最終的に、放火は無罪、侵入窃盗は実刑だったが、未決勾留日数(※)の算入で刑期はぜんぶチャラ。 ※じつはマスコミタブー。

 その被告人が2014年、また東京地裁の法廷へ出てきた。下着ドロで、真っ向否認だった。
 あの被告人と同一人物であることを各方面から私は確認し、傍聴し続けた。たかが「窃盗」なのに傍聴席はほぼ毎回かなり埋まった。一般傍聴人は少なく、ほとんど警察官、検察官だった。私は熱中し、メルマガでレポートし続けた。

1804273 そうして今週、同姓同名の事件がまた東京地裁へ出てきたのである!
 まさか…。傍聴してみた。なんと同一人物だった。今回も下着ドロ。
 前回の弁護人は、6文字でまとめれば非常に個性的、だった。今回の弁護人は、私の古くさい表現でいえば、おぼこい娘さん、刑事弁護は初めてじゃないのかな、戸籍の写しまで不同意とした。福嶋一訓裁判官が優しくサポートした。私も暖かく見守りたい。本件はどう転んでもまた実刑、しかしあなたを大きく成長させてくれるはず。だから私のことも暖かく見守ってぇ~(泣)。

 二転三転の放火無罪といい、前回今回の弁護人といい、被告人は波瀾万丈の星の下にあるのかもっ。これは追っかけよう。
 警察、検察の方々は、わざわざ傍聴しなくても、私のメルマガをお読みいただければ。うんうん。

 そんなメルマガ「裁判傍聴バカ一代 」、6月は以下の8号を発行した。

第2115号 「刑事免責」初適用のシャブ密輸、傍聴した!
 これってもしや? と念のため確認に行ったらば、記者クラブ記者の行列だけで15人、ずばりその事件なのだった。若い中国人3人が登場する覚せい剤密輸。不可解なことに検察官が、無駄にダブる証拠説明を大幅に時間超過してまで続けようとした! 無能呼ばわりを覚悟で死守したかったものは…。

第2114号 鑑定は儀式の道具、刑事司法、無惨なり!
 万引き病の女性が続々と法廷へ出てくる。この被告人は、前刑の裁判時から眠るような無表情だった。ところが今回、最後の最後、魂の叫びとでもいう陳述を。しかし求刑は懲役5年。そんな刑事司法に不可欠なのが御用医師の鑑定で…。

第2113号 必ず捕まることを前提に成り立つ商売とは
 好きなときに働けてそれなりの稼ぎになるのが繁華街での客引きだという。だが続けていれば必ず捕まる。罰金前科を重ね、執行猶予付き懲役刑を食らったあたりで普通は去る。ところが本件被告人は、2犯を服役してもまだ続けた。なぜ?  そのあと、大がかりな危険ドラッグ製造の事件を傍聴。似たところがあった。
 
第2112号 弁護人も裁判官もバカ野郎なので仕方なく…
 事件名は「児童福祉法違反、売春防止法違反」、被告人は女性。傍聴人が押し寄せるに決まってる! ところが弁護人は、前回に続き今回も、被告人の父親のために特別傍聴席(取置席)を申請しなかった。今回も父親(高齢)は傍聴を許されず「ダメですか?」と寂しそうに出て行った。ちっきしょう…。こんなのをリアルレポートするのは、嗚呼、世界で私だけかも。

 以下の4号は6月11日にお知らせした

第2111号 槇原敬之さんの“パートナー”の覚せい剤
第2110号 駅ホームで男子学生が肩をぶつけてきた?
第2109号 6400ccのアメ車で235キロ、求刑は?
第2108号 前代未聞、弁護人が被告人質問を放棄っ!

 いま購読登録すると、以上8号がどどっと送信される。そして月末まであと5号が順次送信される。毎月そう思うけど、今月もまた、いちばん濃いかも。

※ 画像は皇居付近の案内板。これは現在の銀座側から見た図、というか図のずっと下のほうが東京湾だ。桜田門を左側へ出て、左上の角に、現在の警視庁の庁舎がある。

 ←6月23日0時20分現在、週間INが130で2位~。happy02

2018年6月11日 (月)

袴田事件、無罪の石橋は叩いて叩き割る

 ちょうど2カ月前の4月11日、東京高裁・第8刑事部の大島隆明裁判長が、典型的万引き病の控訴審について、泣きたくなるほど感動的な判決をやってのけた。
 私はメルマガ第2086号「罰金50万円は軽すぎて不当と検察控訴!」と第2087号「クレプトマニア感動判決は袴田事件ゆえ?」に分けてレポートした。
 第2087号の終わりにこう書いた。

 私は感動しつつ興奮した、大島隆明さん、どうしちゃったんだ!?
 近々定年なのか、あるいは定年を待たずに退官する腹を決めているのか、絶対マトモじゃない!
   (中略)
 袴田事件の記録を読み込み、あまりのひどさに良心が目覚めてしまったのか、あるいは、それでも立場上検察主張を認めざるを得ないことに良心が耐えかね、今回の判決理由につながったのか。
 前者であってほしいけれども…などと裁判傍聴師はそんな妄想に耽るのですょ。

 大島隆明さんは今日、袴田事件の再審開始決定を破棄した
 「石橋を叩いて渡る」とは慎重なことの喩えだが、刑事裁判は、無罪方向の石橋は叩いて叩いて叩き割る、有罪方向の石橋は使い慣れた木槌で上手に叩いて渡る、もともとがそういうものだ。刑事裁判は有罪に傾いたピサの斜塔とも言われる。傾いて傾いてほとんど倒れそうな斜塔だ。
 司法はぶっちゃけ国家の治安、秩序、維新を護る装置なのである。
 大島さんもまた意識せずそこにずっぽりはまり込み、しかし無意識の奥底の良心が悲鳴を上げた、その悲鳴があの万引き病の裁判だったのか。

 こんなこと言う傍聴マニアはいないでしょ(笑)。裁判が公開とされているのは司法を国民に監視させるため。そこを忘れず、私は裁判傍聴を続けていこう。
 メルマガ「裁判傍聴バカ一代 」は、6月は以下の4号を発行した。

第2111号 槇原敬之さんの“パートナー”の覚せい剤
 “男のシャブ”の審理なんて普段は超人気薄なのに、行列ができていた。これは芸能系事件なのだ。情状証人にも被告人本人にも、覚せい剤の依存性の怖さを徹底的に叩き込むのがこうした事件のお約束。ところが…。被告人の特異なキャラクターのせいか。

第2110号 駅ホームで男子学生が肩をぶつけてきた?
 駅の通路で通行女性に次々と肩をぶつけながら歩く若者の動画が話題になっている。そんななか、駅のホームでの“肩ぶつけ事件”が法廷へ出てきた。ぶつけた若者は、被害者にとがめられるや急に「助けてください」と周囲に言い出した。こうして加害者、被害者が逆転した、とは弁護人の主張。ぶつけた若者は有名私立大の学生だという。今後証人出廷することになるはず!

第2109号 6400ccのアメ車で235キロ、求刑は?
 中央自動車道でナンバーなしのダッジ・チャレンジャーを運転し、本邦初の高速度で捕まったと大報道された事件。公訴事実はなんと第6まであった。被告人はなかなかスジの通った人物と思えた。一方、試験に勝ち上がってきただけで人生経験が如何にもなさそうな若い検察官が、申し訳ないけど哀れに見えたス。

第2108号 前代未聞、弁護人が被告人質問を放棄っ!
 首都高速のオービスによる81キロ超過(測定値131キロ)。もう鉄板で懲役3月、執行猶予が2年か3年の事件だ。弁護人の立証は「ありません」。書証も人証ない、それは珍しくない。「被告人質問もやらないんですか?」と裁判官。意地悪な揚げ足取りだね(笑)と思ったらなんと弁護人が「はい」と答えた。にゃんだとぉ~っ! 前代未聞の裁判を傍聴したっ。

18061120172 いま購読登録すると、以上4号がどどっと送信される。そして月末まであと9号が順次送信される。そこまで無料。単なる裁判傍聴記じゃない。是非1カ月の試し読みを!

 上の画像は、最近警察庁から開示を受けた、2017年のオービスの都道府県別の取締り件数の一覧表。
1806112017 下の画像は、昨年開示を受けた2016年分と並べたもの。
 メルマガ次号の編集後記で解説するに当たり、やっぱ現物をお見せするのが良かろうとここにアップした次第。編集後記では、その号の本文の裁判には関係なくても、最新情報、びっくり情報を惜しむことなく出しているのです。

 ←6月11日17時20分現在、週間INが170で2位~。 

2018年5月27日 (日)

鬼畜虐待パパが強姦の始期を否認した理由

1805243 「昭和」での待合せにまだ時間が早かった。ので付近をぶらぶら歩いてみた。そしたら気になる看板が!

 この現場にどういう事情があるのか知らないが、一般論としていえば、たった1人のために、ごく一部の者のために、みんなが理不尽な迷惑をこうむる、ぜんぶが壊れてしまう、そういうことってあり得るのに、あり得ないことを前提に社会は成り立っているのではないか、などと考えつつさらにぶらぶら歩き、「昭和」へ。

 「昭和」でいっしょに飲食した方が、「賢者の食卓」というのを服用していた。数カ月か半年でだいぶ何kgか痩せたという。へぇ…。

 じつは私、最近太ってしまって。
 原因はたぶん明らかだ。裁判所へ行く日をなるべく減らしており、行かない日、昼食後に必ず1時間ほど寝てしまうのだ。夕方、柿の種の小袋を1袋食べれば──つまりたぶん血糖値が少し上がれば──もう眠くてたまらなくなり、30分ほど寝る。そのくり返しで太ったのだろう。どうにかしなければと何カ月思い続けてきたか。どうにもならない。 ※上掲バナーは私のアフィリエイト。

1805245 そこで今日、思い立って「賢者の食卓」を買うことにした。どうせならと歩いて出かけた。
 最初のドラッグストアで、6g×30包が1800円(税込み1944円)だった。出かける前にネットで調べたところによれば、最安値は1500円前後だった。しかし思い立ったが吉日、どうしても今日入手したい。もっと安いのはないか。

 結局、1時半ほど歩いてドラッグストアを8店まわった。見事にどこも税込み1944円だった。しょーがないので8店目で買った。だいぶカロリーを消費したという意味で私も賢者だ(笑)。
 すがりついた藁(わら)は溺れる者を助けてくれるのか、レポートを待て!

 下の画像は「昭和」の酒肴。左はハムカツと、豚肉を何か工夫したカツ。右はオムレツ。いずれも1皿チケット1枚。チケットは10枚綴りで1200円。やんなっちゃうよね~。

 さてメルマガ「裁判傍聴バカ一代」は、5月は以下の11号を発行した。

第2104号 鬼畜虐待パパが強姦の始期を否認した理由
 女子が13歳以上か未満かで強姦の構成要件が異なるから。ではあるが明らかに無理ムリ否認。弁護人は不愉快そうに見えた…。  もう1件、「知らないと損する!」の典型というべき交通事故。  編集後記はオービスの不可解入札調書。盛りだくさんすぎかしら(笑)。

第2103号 万引き病、吐くことを前提に食べています!
 前号からの続き。16歳頃から食べ吐き(過食嘔吐)が始まり、牛乳と飴以外は吐くためだけに食べてきたという女性。今回、しゃぶしゃぶ食べ放題で尋常じゃない量を食べ、吐きやすいデパートのトイレへ急ぐ途中、いつもの癖で飴3袋を万引きして現行犯逮捕され…。

 以下の5号は5月21日にお知らせした

第2102号 摂食障害、犯行時の体重は23kgって!
第2101号 警視庁の白バイ用ドラレコ、不可解な契約…
第2100号 謎のワンコールに導かれて女性ストーカー
第2099号 女性ストーカー犯、主質問に39分間って!
第2098号 オービス否認、警察の秘密が明かされた!

 以下の1号についてお知らせを忘れていた。

第2097号 渋谷スクランブル交差点突入犯は実刑だった
 テレビでくり返し大報道されたあの事件、の控訴審判決。詳しいことが分かった。道交法第126条により公訴は棄却されるべき、という主張を弁護人がしなかったらしいことに私は不思議な感じがして…。でもこういうこと一切、ネットのまとめサイトや何かには絶対に出てこないはず。

 以下の3号は5月7日にお知らせした

第2096号 無罪論告をされた被告人が4年後にまた!
第2095号 東京地裁は“知られざる超人気スポット”!
第2094号 自転車が85歳をひき逃げ、その判決は?

 いま購読登録すると、以上11号がどどっと送信される。そして月末まであと3号が順次送信される。そこまで無料だ。
 これまでどんな事件をどうポートしてきたか、バックナンバーの紹介ページをご覧いただければ。

 ←5月27日22時00分現在、週間INが140で2位~。happy01

2018年5月24日 (木)

東京地裁がはとバスのコースに!?

 5月23日(水)、朝から裁判所へ行った。
 通勤ラッシュの電車は面白いよね。ドアとドアの間の通路へ詰めればだいぶ入れるのに、その通路の入口付近に立ちふさがって動かない者(たいていスマホに夢中)がいて、おかげでドア付近は大混雑、ドアがなかなか閉まらなくて発車が遅れたり。

1703262 10時から東京地裁710号法廷(山下博司裁判長)で「児童福祉法違反等」の判決。メルマガで3回にわたりレポートしてきた鬼畜事件だ。
 被害女児は、少なくとも自分が性的虐待を受け続けたのと同じ10年間は刑務所へ行ってほしいと言っていた。求刑は懲役10年。酌むべき情状など何もないように思えた。しかし8掛け原則が適用されたか、判決は懲役8年。

 11時から東京簡裁826号法廷(山中喜代志裁判官)で、女性被告人の「窃盗」の新件があった。またクレプトマニア、万引き病か。
1703263 しかしそっちは、たまたまお会いした女性マニア氏にお任せし、私は同時刻、簡裁728号法廷(吉田要裁判官)、「過失運転致傷」の新件へ。
 なんとまぁ、可哀想に、「知らない者は損をする」の典型ともいうべき事件だった。

 それが早めに終わり、簡裁826号法廷へ行ってみた。本件万引きは鉄板で執行猶予だけど、うわ~、この若い女性被告人、猶予中にまたやるだろうなぁ! と思えた。国選に慣れた弁護人もそう思っているようだった。

 午後一は、13時30分から東京地裁429号法廷(警備法廷、前田厳裁判官)で「関税法違反、消費税法違反、地方税法違反」の新件を傍聴。「高垣麗子「夫逮捕」でパニック 妻も知らなかった森田容疑者の“裏の顔”」とも報じられた、香港からの金塊密輸事件だ。
 その傍聴券抽選(13時00分締切り)が終わって庁舎内へ戻るとき、正面玄関の行列が歩道のほうまで延びていた。いちばん後ろの人が法廷に入るまでに少なくとも20分はかかるだろう。
1703264 行列の中心は、夏服の男女生徒諸君だった。はとバスで来たんだそうだ。うわぁ、はとバスさんよ、東京地裁をもしもコースに入れるなら、傍聴アドバイザーの私に言ってくださいよ。

 それを途中で抜け、14時から東京高裁410号法廷(秋葉康弘裁判長)で「過失運転致傷、過失運転致死傷」の控訴審判決。「過失運転致死傷」の部分は、2014に世田谷区内で61歳の軽トラックが女子小学生3人に突っ込み…と報じられている。「過失運転致傷」とは何なのか、分かった。主文、原判決を破棄する…。

1703265 これで帰る予定だったのに、ついふらふらと15時から東京地裁713号法廷(佐々木一夫裁判長)へ。「公務執行妨害、傷害致死、覚せい剤取締法違反」(裁判員裁判)の判決。「職務質問中に車急発進、男性ひかれて死亡 歌舞伎町」などと報じられた事件だ。
 求刑は懲役10年とマニア諸氏から聞いていた。これも8掛けか。いや、なんと判決は懲役10年だった。

 続いて15時30分から東京地裁528号法廷(任介辰哉裁判長)で「強盗殺人、窃盗」(裁判員裁判)の判決。「公園で男性を殺害容疑 無職の男逮捕、東京・墨田」などと報じられた事件だ。
 判決は無期懲役、未決200日算入。「死ぬとは思わなかった」という弁解を裁判長はどう退けたか、あんな論法を私は初めて聞いた!

 それからお向かいの警察庁さんへ寄り、自転車のあれについて開示請求。ついでにお宝文書を2件ゲット。帰りの電車内で、駐禁取締りのばらつきぶり、“知らずに損する者”のばらつきぶりに「ほ~!」という顔をし続け(笑)。

 以上、メルマガ次号でどれをまず書こう。しかしその前に、これからまた裁判所へゆかねばならぬ。あの極悪事件の追起訴と、あの不可解事件の証人尋問があるので、仕方ないよね。

 画像は本文とは関係ない。1899年の大惨事、ほうき川転落事故の現場。マニア氏の撮影による。

 ←5月24日10時40分現在、週間INが140で2位~。happy01

2018年5月21日 (月)

私のメルマガは不当廉売か

 私がいちばん心血を注いでいるメルマガ「裁判傍聴バカ一代 」は、5月は以下の8号を発行した。

第2102号 摂食障害、犯行時の体重は23kgって!
 飢餓や虐殺のドキュメンタリーでしか見ることのない異様な激痩せ体型が、現代日本の刑事裁判の法廷には普通にぽつぽつ出てくる。本件もそれだった。ぜんぜん小柄ではない成人女性なのに、犯行時の体重は7歳女子の平均より少なくて…。だが供述の声も口調もしっかりしている。しゃぶしゃぶ食べ放題へ行った理由は…。

第2101号 警視庁の白バイ用ドラレコ、不可解な契約…
 東京地裁で極めて珍しい「道路交通法違反」の審理を傍聴。謎の事件だった。追っかけねば! 編集後記は、白バイ用ドライブレコーダー、「ウエアラブルカメラ」の契約書、仕様書について。この単価、高すぎない?

第2100号 謎のワンコールに導かれて女性ストーカー
 前号からのつづき。警察署長から「警告」を受けても公安委員会から「禁止命令」を受けても裁判所から罰金の略式命令を受けてもストーカー行為を続けた。その理由は──誰もそうは指摘しないが──ほとんどオカルトなのだった! 執行猶予中にまたやるかも?

第2099号 女性ストーカー犯、主質問に39分間って!
 女性のストーカーは大人気、傍聴席は早々とぎっしり満席。そんなの分かりきっているのに、弁護人は被告人の身内女性を2人連れてのんびりやってきた。身内女性の席はもうなく…。被告人は子持ちの既婚女性、被害者は若い医師。何がきっかけで?

第2098号 オービス否認、警察の秘密が明かされた!
 東京簡裁に久々のオービス事件が出てきた。制限50キロだが実際には80キロで流れている。だから測定値107キロは超過27キロ超過に相当する、という主張を封じるために検察官が意外な主張、立証をした! こういうことがぽろっと出てくるから裁判傍聴はヤメられない(笑)。

 以下の3号は5月7日にお知らせした

第2096号 無罪論告をされた被告人が4年後にまた!
第2095号 東京地裁は“知られざる超人気スポット”!
第2094号 自転車が85歳をひき逃げ、その判決は?

 いま購読登録すると、以上8号がどどっと送信される。そして月末まであと6号が順次送信される。そこまで無料。購読解除しなければ翌月から月額108円。念のため説明しておくと、1号108円ではなく月額108円だ。誤解のないようお願いします~。

 ところで、「私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律」の第2条第9項が「正当な理由がないのに、商品又は役務をその供給に要する費用を著しく下回る対価で継続して供給することであつて、他の事業者の事業活動を困難にさせるおそれがあるもの」(同項第3号)を「不公正な取引方法」と定義している。これを「不当廉売(れんばい)」というのだそうだ。

 文字面からは、私のメルマガはこれに該当するように見える。現時点において108円は「その供給に要する費用を著しく下回る対価」にずばり該当する。
 しかしっ!
 メルマガってやつは、供給に要する費用を上回るか下回るか、部数によるのである。
 私は発行部数1万部を狙っている。108円のうち私の取り分は6割。8円の部分がどう扱われるのか定かじゃないのだが、1万部なら少なくとも月収60万円だ。公正な取引といえる。

 ただ、1万部は無理かも、とは認識し始めている。私のメルマガは、他では絶対に読めない、つまり同業他社のいない、ディープかつ分かりやすい内容とはいえ、一般世間を喜ばすことを最優先したものとはいえない。楽しめる人は限られると思う。かつ、ネットにおいて有料のハードルは超高い。
 だから、1万部はそもそも無理かも、とは認識し始めているのだ。世間一般は相手にせず、思う存分書いてやろうと思っている。ま、とりあえずそんなことで。

 ←5月21日21時20分現在、週間INが160で2位~。happy01

2018年5月 7日 (月)

東京地裁は“知られざる超人気スポット”!

 以下は5月5日付け毎日新聞の一部。

<強盗容疑>群馬県警警部補を指名手配 現金奪い逃走
 群馬県嬬恋村の酒店で2日未明に発生した事後強盗事件で、同県警捜査2課に所属する30代の警部補の男が関与した疑いが強まったとして、県警は強盗容疑で逮捕状を取り指名手配した。捜査関係者が取材に明かした。事件後、警部補とは連絡が取れなくなっていた。

 群馬県、警部補といえば直ちに大河原宗平さんが思い浮かぶ。大河原さんは群馬県警の元警部補。私が昔、『ビッグコミック・スピリッツ』で交通違反漫画の連載を(その原作を)やっていた頃、お世話になりました。
 今、大河原さんは上掲事件についていろいろTwitterに書いている

 「飲酒運転容疑で警部補逮捕 信号無視追跡され約1キロ逃走」と5月7日付けサンスポ。これも警部補だ。

1805062016 右の画像は、警視庁(いわば東京都警察本部)にあった2016年の資料からコピーしたもの。
 階級別の職員数は、昔はピラミッド型だったが、いつからだっけ、太い円柱の上に細い尖塔が乗っかるような形になったのだ。
 「管理職ばっかりで兵隊がいなくなった」という嘆きの声が聞かれたもんだ。
 ちなみに「巡査長」は階級的には巡査だ。

 「地方警務官」についての注書きが読めるかな。都道府県警察というけれども、尖塔の突端にいる高級幹部はみな国家公務員。だから都道府県警察を国家が動かしているとも言える。

1805022 当ブログ、丸々1週間も更新を怠ってしまった。
 その間、メルマガを3本書き、雑誌原稿を2本書き、裁判所へ1日だけ行き、その帰りに究極の居酒屋「昭和」へ寄り…。どうにも忙しかったのだ。

 右の画像は「昭和」にて。ニシンのだっけ南蛮風と、豚肉のステーキと、タコとワカメときうりの酢の物の食べかけと、こんにゃくの味噌でんがくの食べかけと、黒ホッピーと旨い清酒(シングル)の飲みかけ。これでチケット7枚、840円相当だ。赤ワインは、マニア氏があるお祝いでとったボトルからいただいた。この日はチケットを10数枚使って満腹満足~。

 さて、3本書いたというメルマガは以下だ。

第2096号 無罪論告をされた被告人が4年後にまた!
 車両盗などで起訴された男が、じつは保険金詐欺で車を持ち去ったのだと公判中に言い出し、裁判は長引き、検察官は「窃盗」について無罪の論告を。その男が今度は「傷害」の被告人として法廷へ出てきた! 興味深い要素の詰まった事件で…。 

第2095号 東京地裁は“知られざる超人気スポット”!
 ゴールデンウィークの合間の東京地裁。当然に開廷は激減なのに、なぜか学生さんたちが押し寄せた! すでにぎっしり満席の法廷の外に、空き待ちの行列が数十人。結局1件も傍聴できずに帰った人が多数いたのではないか。とんでもない状況をリアルレポート。

第2094号 自転車が85歳をひき逃げ、その判決は?
 「過失傷害、道路交通法違反」は、やっぱり自転車のひき逃げだった。判決は懲役6月、罰金15万円、懲役刑について執行猶予3年。罰金15万円は何の分か、逃げなければどうなったか、法令を引いて解説。

 いま購読登録すると、以上3号がどどっと送信される。そして月末まであと11号が順次送信される。そこまで無料。購読解除しなければ翌月から月額108円。信じられないでしょうが、1号108円ではなく月額108円だ。どうか信じてください(笑)。

 あそうそう、以下の書籍が出た。奥付では5月20日の発行だが、もっと早く書店に出るはず。

 窃盗症、クレプトマニア、万引き病の裁判を狙って傍聴し続けてきた私は、傍聴席から見た病的万引き事件について13ページ書かせてもらった。

 ←5月7日19時10分現在、週間INが90で2位~。happy01 

2018年4月30日 (月)

夜、夫が娘の陰部をなめていた

 TOKIOの山口達也さんの事件について、世間とは全く異なるだろうことを、裁判傍聴師である私は思う。

1804279 大脳の、いわゆる理性をつかさどる新皮質の活動を、アルコールは低下させるのだという。
 体質(脳質?)や体調などにも関係するのだろうけど、かなり酒を飲んで、理性が低下どころかぶっ飛んでしまい、それやったらアウト! ということをやってしまい、「強制わいせつ」を含むいろんな犯罪で起訴され被告人として法廷へ出てくる人はよくいる。
 被害者にとってよりも、本人自身にとって取り返しのつかないことになることが多いかな。
 そうなりかねないことは本人も承知で、酒を控えていたのに、ほんの少しと思って飲んだら止まらなくなり…という被告人もいたっけ。

1804278 その種の被告人はみな、法廷ではおとなしい。こんなまともな人が、普通よりずっとまともな人が、どうしてそんなこをやってしまったの! と思わされることが多い。

 酒という薬物はじつは非常に怖い(場合がある)のですよ、たとえばこんなふうに、と検察官、裁判官が社会に対し発信したらいいのに、と私なんかは思うが、彼らは絶対そんなことしない。被告人として法廷へ出てきた者を粛々と相場どおりの有罪にして終わるだけだ。
 裁判的には、泥酔しており記憶がないとかぜんぜん許されない。

 山口達也さん、酒の怖さを知る者が本気でサポートしなければ、さらに飲んで次の犯罪をやるか、体を壊して早死にするか、テレビ報道を見ているとそんな感じがしないでもない。

 とにかくね、酒飲み諸氏にはとりあえずミヤフローラEXをお勧めしたい。山口達也さんがもっと早くにミヤフローラEX(ミヤリサンU錠)を知っていたら、展開はまた違っていたのではないか、と思う。

 メルマガ「裁判傍聴バカ一代」、4月は以下の12号を発行し終えた。

第2093号 ドリフト族の107キロ超過、意外な判決!
 ドリフト族がナンバーを外して一般道を167キロで走ったと大報道された事件。被告人はバカな子どもかと思いきや、私なんかよりずっと立派な男子なのだった。どうせ執行猶予の事件ゆえ手抜き弁護はいいとして、わざわざ別期日をとったうえでの異例な判決に私は驚いた! ゲシュタポ判事として今後注目か。

第2092号 夜、夫は娘(女子高生)の陰部をなめていた
 また出てきた“強姦パパ”の事件。どんな理由で娘に口淫、性交をさせ、何を言ったか、そしてなぜ発覚したか、嗚呼、そんなことがあっていいものか!

第2091号 マラソンの原裕美子さん、摂食障害は重そう
 昨年11月に万引きで執行猶予判決を受け、3カ月でまた万引き。悪質と世間は責めるが、同種の裁判を多く傍聴してきた私は言いたい、万引き病者にはごく普通のことなのだと。見届けるべく前橋地裁・太田支部へ通うことになりそう。

第2090号 息子の彼女に売春させた母親と注目検事!
 被告人の印象はお洒落な美熟女…。そんなことより検察官が超個性的というか、刑事弁護に慣れてないらしい弁護人とのやり取りにびっくり! 東京地裁にすごい立会(りっかい)検察官が現れた!

 以下の2号は4月20日にお知らせした

第2089号 「どぶろっく」のネタが現実化した強姦事件
第2088号 判決を前に保釈され同種犯行を重ねた男!

 以下の3号は4月16日にお知らせした

第2087号 クレプトマニア感動判決は袴田事件のせい?
第2086号 罰金50万円は軽すぎて不当と検察控訴!
第2085号 あんな判決、あんな弁護をしなければ…!

 以下の3号は4月8日にお知らせした

第2084号 崖の上のポニョ、刑事裁判は紙の上の正義
第2083号 直ちに看破された詐欺、受け子は不能犯か
第2082号 まぁどうなってもいいや、死ぬか犯罪やるか

 4月中に購読登録すると、以上12号が全部無料でどどっと送信されるはず。
 5月になると、以上12号はバックナンバーの扱いとなり、月額108円(12号全部で108円)となる。無料か108円か、あんまり違わないかもしれない。ソク購読解除をしなければ、5月分について月額108円が課金されることになる。、

※ 画像は4月27日(金)の昭和。上の画像の左側は、ネギとか茄子とか野菜を豚肉で巻いて焼いたやつ。旨いのだよぅ。右側は茄子の煮浸し、最高! 黒ホッピーセットとこの2皿でチケット4枚、480円相当。幸せだ~。heart04
 下の画像は、最近登場したカレーライス。チケット1枚、120円相当。マニア氏が食べた。旨かったそうだ。確かに旨そうな香りが漂っていた。てか酒飲みながらそんなの食べるかね、信じられないっ。

 ←4月30日2時50分現在、週間INが120で2位~。happy01 

2018年4月20日 (金)

「どぶろっく」のネタが現実化した強姦事件

 「駐車禁止の対象から自動二輪車を除外、道路状況に応じて 警察庁が通達」と4月18日付けRseponse。
 その記事中にこんな部分がある。

自動二輪車に配意した駐車規制の見直しも推進する。規制を行っている路線のうち、自動二輪車の駐車需要が高いにもかかわらず、周辺に駐車場が十分に整備されていない場所では、自動二輪車が四輪車より小さいことを踏まえ、規制の対象から自動二輪車を除外することが可能かの検討するよう求める。

また、路線の交通実態に応じて駐車禁止規制の廃止、自動二輪車を対象とする駐車可規制と駐車方法の指定、自動二輪車を対象とする時間制限駐車区間規制の実施による見直しについても検討するよう、求めている。

 通達とはこれだ。
 https://www.npa.go.jp/laws/notification/koutuu/kisei/kisei20180416.pdf

 警察庁の過去のやり方をふり返れば、今後どうなるか明らかと思う。
 二輪専用の駐車スペースが一部に少し設けられ、そして二輪の駐禁取締りがガツンと厳しくなる…。

 2006年6月1日に駐禁取締りの民間委託と駐車監視員の制度がスタートしたとき、取締りは従来の倍に、つまり300万件くらいに増やすと言われた。
 2007年は、新しい放置違反金の納付命令が約235万件、従来と同様の切符処理が約65万件、合計ほぼ300万件だった。
 放置違反金は、取締りを行った都道府県の財源になる。財源不足の折、天恵だと報じられたこともある。

 ところがその後、取締り件数はぐんぐん減り続けた。
 2017年は、放置違反金の納付命令が約106万件。切符処理が約24万件
 放置違反金は都道府県の財源になる一方で、都道府県は取締りの民間委託費を支出しなければならない。
 そんな中で放置違反金が半分以下に減ったのである。放置違反金が大して入らず民間委託費だけ出ていき赤字だ! というまでいっちゃった地方があるか私は未調査だが、駐車監視員による稼ぎが少なくて警察官が頑張っている地方はあるようだ。

 近い将来、速度違反の取締りも民間委託するに当たり、都道府県に受け入れてもらえるよう、放置違反金の収入を増やそう、民間委託は儲かるのだという形を示そう、そのために、これまで控える地域もあった二輪の取締りを、がつんと増やそうとした。二輪をがんがん取り締まることを正当化するために、二輪の駐車スペースを整備するポーズをとっておこうとした、そういうことと私は読む。
 深読みすぎますかね(笑)。

 そんなことも考えつつメルマガ「裁判傍聴バカ一代」、4月は以下の8号を発行した。

第2089号 「どぶろっく」のネタが現実化した強姦事件
 2010年と2013年に傍聴した万引きのご婦人が、また万引きで法廷へ出てきた。盗むつもりはなかったと無理ムリ否認…。  プラス、驚きの侵入強姦を傍聴。「セックスしたくなったらいつでも言ってくれていいんだよ」と、自分の名前を告げて去り…。

第2088号 判決を前に保釈され同種犯行を重ねた男!
 突拍子もない高額の愛人契約を持ちかけ、デリヘル嬢などから大金を巻き上げる詐欺師。判決期日が何回か流れたと思ったら、なんと判決前に保釈されて姿をくらまし、同じ詐欺を重ねたのだった。その舞台装置が…。

 以下の3号は4月16日にお知らせした

第2087号 クレプトマニア感動判決は袴田事件のせい?
第2086号 罰金50万円は軽すぎて不当と検察控訴!
第2085号 あんな判決、あんな弁護をしなければ…!

 以下の3号は4月8日にお知らせした

第2084号 崖の上のポニョ、刑事裁判は紙の上の正義
第2083号 直ちに看破された詐欺、受け子は不能犯か
第2082号 まぁどうなってもいいや、死ぬか犯罪やるか

 いま購読登録すると以上8号がどどっと送信される。そして月末まであと4号が順次送信される。
1804171 4号のうち2号は、一般道で170キロ近く出した「ドリフト族」のスピード違反と、マラソンの原裕美子さんの万引きの、私にしか書けないレポートになる予定。
 ほか、2013年に一部無罪を受けた男の再犯の判決に、大報道された交通事件の控訴審判決等々4月は傍聴予定が詰まっている。嗚呼忙しいっ。sweat01

 スマホに替えて2週間。「昭和」の酒肴をスマホ撮影・保存し、メールに添付して自分のパソコンに送信する、ということに成功した! けどすっげめんどくさい(泣)。
 画像左は、見て明らかなとおりトンカツ。右は煮物。いずれも1皿チケット1枚、チケットは10枚で1200円。どうです、インスタ映えしますかね(笑)。

 ←4月20日3時10分現在、週間INが80で2位~。happy01 

2018年4月16日 (月)

あんな判決、あんな弁護をしなければ…!

 私が単行本を初めて上梓したのは1990年。そのメインは、反則金の納付は任意であり、払わなければ不起訴で終わる可能性が極めて高いこと、だった。
 そういう事実はもとから普通にあったのに誰も、かどうか少なくとも世間一般の方々は知らず、たぶん私が初めて大っぴらにしたのだ。

P1020390 その後、何かの占いで、私は新たに何かつくるより、すでにあることを分かりやすく伝えることのほうに向くのだと聞いた。嗚呼なるほど、と納得したっけ。

 そしてここ数年、クレプトマニア、窃盗症、いわば万引き病の裁判に私は熱中している。
 万引き病なんてあるのか? 長く傍聴していると分かってくる、確かにある! そうしてその万引き病を悪化させているのが、じつは検察官、裁判官なのだという驚きの事実。世間の誰もが知らない“裏側”へ大興奮で突っ込んでいく、1990年頃と似た感慨を私は覚えて…。

 メルマガ「裁判傍聴バカ一代」はここ3号、重度の摂食障害、万引き病の事件が続いているが、それ専門のメルマガじゃない。スピード違反で失職とか、相変わらず決まりきったパターンの交通死傷事故とか、オレオレ詐欺の使い捨ての受け子とか、下着ドロ、チンコ出し、精液かけ等々の法廷で、裁判官を検察官を弁護人を被告人を証人を傍聴人を、私は見張っているのだ。メルマガの読者諸兄に私自身も見張られながら。そういえば4月19日(木)、テレビ朝日の「※注芸人調べ 」という番組で見張られるかもしれない。ええっ!?

 そんなわけで4月は以下の6号を発行した。

第2087号 クレプトマニア感動判決は袴田事件のせい?
 前号からの続き。控訴審の大島隆明裁判長は検察官の控訴を棄却=原審の罰金刑を維持。その理由がもう、検察官のいつものバカげたテンプレートをことごとく否定するものだった。あり得ない! じつは大島裁判長はあの袴田事件の再審の、検察がした即時抗告を担当している。そのことが影響したとすれば…!

第2086号 罰金50万円は軽すぎて不当と検察控訴!
 これも重度の摂食障害。体型がもう尋常じゃない。万引きで保護観察付き執行猶予中にまた万引きをやり、普通は当然に懲役の実刑なのだが、原審の裁判官はなんと罰金刑に。罰金刑だと執行猶予は通常取り消されない。罰金刑は量刑不当だと検察が控訴し…。

第2085号 あんな判決、あんな弁護をしなければ…!
 万引きの被告人は、もとは美人だろうにガリガリに痩せて骸骨顔、重度の摂食障害なのだ。公判請求(正式な裁判への起訴)は初めてゆえ鉄板で執行猶予なのに、弁護人は専門病院での治療を約束させ、裁判官は無知な善意からなのだろう、執行猶予に保護観察を付けた。そのために、嗚呼、なんてこった!

 以下の3号は4月8日にお知らせした

第2084号 崖の上のポニョ、刑事裁判は紙の上の正義
第2083号 直ちに看破された詐欺、受け子は不能犯か
第2082号 まぁどうなってもいいや、死ぬか犯罪やるか

 いま購読登録すると以上6号がどどっと送信される。そして月末まであと6号が順次送信される。初月無料なので試しに読んでみてください。面白すぎてヤメられなくなると、翌月から月額108円が課金されます。1号108円じゃなく月額108円、そんなバカな!

  ←4月16日0時30分現在、週間INが100で3位~。happy01 

2018年4月 8日 (日)

まぁどうなってもいいや、死ぬか犯罪やるか

180329_2 政府は自衛隊をイラクへ派遣した。派遣できるのは「非戦闘地域」だけだった。政府は国会で、自衛隊を派遣したのは「非戦闘地域」であると答弁した。
 しかし実際は戦闘地域だった。そこで自衛隊は、政府に忖度(そんたく)して、戦闘地域であることが記された日報を隠した。見事なシビリアンコントロールだ。

 ところが今になって自衛隊は、日報はじつはありましたと出してきた。どういうつもりだ、バカですか。「今自分が何をなすべきか強く自問してほしい」との防衛大臣の訓示は、隠すべきものはきちんと廃棄し、自民党政権への信頼を揺るがすことは二度とないように! という意味以外にとりようがない。
 だってさ、自衛隊をイラクへ派遣したあのとき、じつは戦闘地域だと分かる日報を出したら自民党政権はどうなってたと思うの。忖度で隠してくれた自衛隊に大いに感謝しなければならない。

 てか本当に忖度か? 自衛隊だってバカじゃない。自民党の大ボスに対し「こんな日報がござぇやすんですが、如何いたしやしょう、いひひ」とかあったんじゃないの? 黒ホッピーのセットが2万円くらいの高級料亭で。
 とすれば、日報を今頃出してきた防衛省の意図は!  
 全く専門外なので頓珍漢かもしれないが、私だってたまにはそんなこともちらり思ってみたりなんかするのである、えっへん。

※ 画像は宅飲みの酒肴というか夕食。ほうれんそうのおひたしと、ネギたっぷり麻婆豆腐と、半額だった赤魚の何か。最高だね。

 メルマガ「裁判傍聴バカ一代」は、4月は以下の3号を発行した。

第2084号 崖の上のポニョ、刑事裁判は紙の上の正義
 「傷害」の被告人は若い女性だった。仲間複数人が学生君に対し「(その女性を)強姦しました」と書かせ、パンツを脱がせて撮影するにあたり、殴る蹴る等したという事件らしい。ただ、部総括判事を裁判長とする合議で、検察官も3人。おかしい。もしかしてこれは…!

第2083号 直ちに看破された詐欺、受け子は不能犯か
 高齢者に対し息子を装って電話をかけ現金を要求する、典型的なオレオレ詐欺。ところが本件では、高齢者はすでに死去、電話を受けたのは息子自身だった。最初から見破られていた詐欺の受け子は…。

第2082号 まぁどうなってもいいや、死ぬか犯罪やるか
 裁判員裁判ではない「強盗致傷」。すべて投げやり、ニヒルに微笑む被告人だったが「どうすればよかったと思います? 思うことないの?」と尋ねられ、しばし沈黙ののち「はー!」と絞るように息を吐き出し、泣いた! 泣いて何か叫んだ!

 いま購読登録すると、以上3号がどどっと送信される。そして月末まであと9号が順次送信される。初月無料だ。
 4月は、追起訴続々、最悪の愛人契約詐欺師の事件と、一般道を167キロで走って逮捕されたドリフト族の事件と、マラソンの原裕美子さんの再犯の事件などを傍聴予定だ。

 スマラーになって4日目。スマホにメールが着信し、返信した。Cメールかと思われるが、Twitterの direct message のようなスタイルだ。見やすい。これ便利じゃないの。
 夏までには、世間で話題のLINEができるようになれるか。いやべつにならなくてもいいかな。

 ←4月8日12時30分現在、週間INが100で2位~。happy02

より以前の記事一覧