フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

カテゴリー「「裁判傍聴バカ一代」」の469件の記事

2020年9月15日 (火)

大麻は悪いとは裁判官は一切言わず

 俳優、伊勢谷友介さんの大麻事件で、芸能マスコミ、ワイドショーは賑(にぎ)わっている。水に落ちた犬は叩け、の原則に従ってか、大麻以外のいろんな話も出てきている。

 大麻は、「大麻取締法違反被告事件」として刑事裁判の法廷へ出てくると、世間の騒ぎとはまた違ったものが見えてくる、ことがある。

 私の本来の専門である交通違反、オービスについても、びっくりするようなデタラメ情報がネットには散見される。何も知らない人は信じてしまうのだろう。

 極端な話、“嘘の祭り”の上にこの社会はある、みたいな恐怖を感じたりなんかして。
 ま、私は自分が実際に見たこと、調べて分かったことを、淡々と書いていくだけだ。

 そんなわけでメルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」、9月はすでに以下の6号を発行した。

第2461号 小笠原村の自室で大麻栽培、報道とあまりに違う中身で…
 小笠原の離島で、営利目的で大麻を裁判、末端価格900万円、とか報じられた事件。傍聴してみたらば、話はぜんぜん違うのだった。よくあることだ。裁判官は、大麻が悪いものとは一切言わず、違法と承知でなぜ? そこだけを強く責め…。

第2460号 超珍しい「特別公務員暴行陵虐罪」は一種の変態的性犯罪で
 巡回連絡や職務質問や飲酒検知の際、DNA検査と称して若い女性の口腔内に綿棒や指を入れたという事件。指先をぴしっと伸ばして証言台のところに起立する、その指先の伸び方が私は哀しかった。

 以下の2号は9月11日にお知らせした

第2459号 カッときたら加減が分からなくなる、おっさんはまた刑務所へ
第2458号 特殊詐欺犯と色情犯、重い判決を食らってまたやった

 以下の2号は9月5日にお知らせした

第2457号 69歳、前科27犯、キャバクラで暴れ、留置場の風呂場で暴れ
第2456号 実母が築き上げた資産を食いつぶして万引き老人に

 いま購読登録すると以上6号がどどっと送信される。そして9月末まで7号が順次送信される。今月も濃いですょ~。

 ←9月15日0時10分現在、週間INが60で3位~!

2020年9月11日 (金)

大麻取締法と味噌醤油取締法

 9月10日(木)13時15分から「特別公務員暴行陵虐」の期日があるとマニア氏から教わった。
 「DNA採取偽り、女性の口に綿棒 「見たい性癖」巡査長免職―警視庁」と今年1月19日付け時事通信。この事件である。ま、当然といえば当然だけども、メディア報道(=警察の逮捕発表の一部)に出ない話が出てきた。

 偶然、隣の法廷にあの「大麻取締法違反」の新件を見つけた。14時30分からだった。傍聴した。
 「小笠原・母島で大麻栽培か、男2人を逮捕 島民情報で発覚」と今年6月19日付け産経新聞。この事件である。
 同記事には「乾燥大麻約1500グラム(末端価格約900万円)」とあるが、被告人を責めるのが仕事の検察官はそんなことぜんぜん言わなかった。どうも誤報だったらしい。

 んなことより、大麻の裁判ってのはほんと、くっだらない儀式だと思う。
 理由は? 最近見つけたものでは、武田邦彦さんの2016年5月20日付けYouTube「誰も読んでいないのでは無いか? 大麻」が分かりやすい。是非ご覧いただきたい。

 大麻がある程度解禁されれば、製薬産業には脅威となるはず。酒も煙草もだいぶ売り上げを落とすはず。イコール、天下りと政治献金がダメージを受ける。日本ではそれはダメ絶対だめ!!!
 全世界がほぼ解禁し、全世界から問題視されるまで、日本は医療大麻すら明文で禁止し続けるんだろうと、まぁ普通には予想できる。

 以上2つの事件、近々メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」でレポートしよう。9月はすでに以下の4号を発行した。

第2459号 カッときたら加減が分からなくなる、おっさんはまた刑務所へ
 包丁で相手の体の枢要部を深々と何度も刺しておいて「殺すつもりはなかった」と言う殺人犯がいるが、あれはあれで本心なのかも。ということを今回の傍聴から思った次第。

第2458号 特殊詐欺犯と色情犯、重い判決を食らってまたやった
 特殊詐欺、詐取金を奪って逃げた者を捕まえ監禁して…という事件。もう1件、路上で若い女性を背後から襲って胸をもんだ事件。どっちも数年前に重い判決を受けているのだった。なんでまたやったのか。

 以下の2号は9月5日にお知らせした

第2457号 69歳、前科27犯、キャバクラで暴れ、留置場の風呂場で暴れ
第2456号 実母が築き上げた資産を食いつぶして万引き老人に

 いま購読登録すると以上4号がどどっと送信される。そして9月末まで9号が順次送信される。初月無料だ。

 

 ところで、私が漫画原作者を目指していた頃なら「味噌醤油取締法」をネタに話をつくるね。
1801123  たいていの法律は第1条に目的が掲げられているが、「味噌醤油取締法」は「大麻取締法」と同様、目的がない。どんな法益を守ろうとするのか、ない。
 味噌と醤油の定義や禁止事項、罰則があるだけ。禁止して捕まえて刑罰を食らわすための法律なのだ。

 でもって…。
 味噌も醤油も高度な依存性がある。一度使うとまた使いたくなってしまう。
 (毎日大量に窃取した場合は)健康を害する場合がある。(醤油1升を一気飲みすると)死に至る場合さえある。
 禁止調味料であり闇組織が密売している。「暴力団」の資金源になっている。
 闇組織にすれば味噌や醤油は嵩張(かさば)るし、自家製造する一般人もいて、利益が薄い。じつは依存性もない。
 そこで、密売ついでに覚醒罪へ誘う。味噌醤油はゲートウエイドラッグである!
 味噌醤油、ダメ絶対だめ!

「くだらない。普通に使うぶんには何ら問題ない。やっぱシメサバは醤油でしょ」

 そんな人がぽつぽついて、たまに芸能人が逮捕されるとみんなで大騒ぎ…。どうですかね(笑)。
 画像は懐かしい究極の居酒屋「昭和」の酒肴だ。シメサバとマグロ、この1皿は240円だっけ。

 ←9月11日18時40分現在、週間INが70で3位~!

2020年9月 5日 (土)

実母が築き上げた資産を食いつぶして万引き老人に

2009045c  9月3日(木)も、じつに濃いのをいくつも傍聴した。9月4日(金)は、昭和のあの有名歌手氏、の息子さんの事件を傍聴した。マスク着用だが、お父さんに全く似ない、すっごい男前と見えた。

 雑誌の連載原稿はぜんぶ出したが、おかげさまで別の原稿依頼もいただいており、新型オービス(ネットで移動、移動式と呼ばれてるやつ)について調べるべきことが山積みになっており、3日連続裁判所へ行くと消耗する、禿げるっ。💦

 しかし、我ながらよく続くもんだと思う、メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」、8月は以下の2号を発行した。

第2457号 69歳、前科27犯、キャバクラで暴れ、留置場の風呂場で暴れ
 性犯罪者処遇プログラムが無能なことの責任を、性犯罪をまたやった被告人に負わせる。これもまた「自己責任」か。それを傍聴して次の狙いの事件を傍聴するため大廊下を急ぎ歩いていたら、途中の法廷前に警備の職員がいて「なんだっ?」となり…。

第2456号 実母が築き上げた資産を食いつぶして万引き老人に
 皇居に近い“一流地”に暮らし、大学から大学院へ、そのことを「ございます」口調でやたら言うお年寄りなのだった。実母が亡くなり、住まいはどんどん「ダウングレード」、ついには「定住地がない」状態に…。

 いま購読登録すると以上2号がさっと送信される。そして9月末まで11号が順次送信される。月額(1号当たりではなく月額)110円、初月無料だ。

 ここでちょっと、ぶっちゃけ話を。
 どう説明していいのだろう、私のメルマガのうち耳目をひきそうな号を無料公開のサイトに転載することを、以前はオッケーしていた。宣伝になればいいかなと。
 しかし考え直し、転載不可とさせてもらった。

 ネットにおいて、たかが月額110円とはいえ、支払いの手続きを取って金を支払うことは非常に高いハードルだ。
 物品の購入やゲームの課金ではなく、情報、読み物に金を支払うことは、まったくメジャーじゃない。
 だからつまり、私のメルマガはなかなか人目に触れない情報、読み物といえる。
 ゆえにこそ書けること、無料公開のサイトには出せない、出さないほうがいいだろうことがある、、、。
 うまく説明できませんが、とりあえずそんなことで。

 画像は9月4日、東京地裁前。「建設アスベスト訴訟、国と5社に13億円賠償命令 一人親方も勝訴 東京地裁」と弁護士ドットコム。この事件の判決が出たあとの様子だ。

 ←9月5日23時20分現在、週間INが30で4位~!

2020年8月30日 (日)

いわゆる迷惑メール22億通を送信、稼ぎは2千万円

2008301c  メルマガ第2455号「競馬と出会系のメールを約22億通、約2千万円を稼いだ若者」の最後をこう結んだ。

「どうですか、コロナで仕事がなくなれば、詐欺メールや特殊詐欺の受け子、出し子で稼ごうとする者がわんさか出てくる、それは自然、当然、必然、なように思えて…」

 その号を発行した直後、左のような詐欺メールを受信した。
 そもそも日本語が微妙におかしい。外国人なのだろう。そういう詐欺メールはよくあるが、この詐欺メールはあまりにも(笑)、と私は感じた。

 念のため発信者のメールアドレスを見て、ん? ちょっと首をひねり、吹き出しそうになった。楽天を詐称した詐欺メールなのに、発信者のアドレスがAmazonなのだ(笑)。新型コロナで仕事がなくなり、本件被告人のような“仕事”に、だいぶ間抜けな者も入り込んだのだろう、そう思えた。

2008302c  「高額バイト」「闇バイト」につられて特殊詐欺の末端の使い捨ての受け子、出し子等々になる者も、ぐっと増えているかも。
 襲撃先、襲撃相手を指定されての、末端者による強盗、その死傷者も増えているかも。
 通行女性を襲って車に監禁、強姦して金品を奪い、殺して捨てる、という犯罪も起こってくるかも。

 刑事裁判の傍聴席から見ていると、そうした犯罪を止める方策について、検察、裁判所、テレビ新聞、国会議員はたぶん興味がないのだろうと思えてくる。
 国民も含めて日本国全体としては、たまに逮捕できたとき全国報道させて国民の怒り、憎悪をあおるのみ、そんなところかと。

 だから何を言いたいかっていうと、知識を身につけ自衛しよう! それしかないと、とりあえず現時点では思います。

 ←8月30日22時10分現在、週間INが90で3位~!

2020年8月29日 (土)

初めてPCR検査を受けて思ったこと

2008251c  いっぺん体験すると世界が違って見えてくる、そういうことってあるよね。

 今回私は、感染者との濃厚接触者とされ、噂のPCR検査を無料で受け、陰性となることを体験した。
 画像は、唾液による検査における唾液採取のとき撮影したもの。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、感染しているけれども無症状の者がたくさんいるそうな。
 私はずっと完全無症状だ。そしてPCR検査の結果、陰性だった。

 陰性でも3割程度の“見逃し”があるという。
 逆にいえば私は、7割オッケー、3割ヤバイ人なわけだ。
 そういう立場から見渡せば、ほとんどの人は10割ヤバイってことになる!

 今回、私とファミレスで1時間弱お会いした某番組のディレクター氏(私を濃厚接触者として保健所に通報してくれた方。ありがとうございます!)は、その時点では症状はなかったらしく、だから10割ヤバイ人だったといえる。
 しかし彼は、ほぼずっとマスクを着けており、あまりしゃべらなかった。

 その程度の「濃厚接触」は、いくらでもあるんじゃないか。

 もしも彼が、マスクを着けず「ぎゃはは」とか大声でしゃべっていたら、私が感染していた可能性は高いように思う。
 私はAHOの基準では29歳だが、WHOの基準では高齢者だ。少々喫煙もする。もしも感染したら、死なないまでも重い後遺障害を引きずることになったかも。 ※AHO=阿呆(笑)。

 「コロナは風邪といっしょだ」「熱中症の死亡者のほうが多い」等々を言ってマスク着用を拒む人は、「ぎゃはは」としゃべりがちで、かつ、いわゆる3密の場所へ平気で行きがちで、したがって無症状の感染者である可能性が高いといえるんじゃないか。
 そうだとすれば、マスク不着用者には近寄らないようにしたい、逃げよう!
 初めてのPCR検査を体験してそんなことを思った次第。

 

 メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」はリモートワークで地道に続けている。8月は以下の12号を発行した。

第2454号 濃厚接触者となり、異形の世界で噂のPCR検査を受けた件
 近ごろ最もポピュラーな特殊詐欺の、末端の若者君。ぴしっと起立することができず、判決言渡しの途中、右ももを右手でもぞもぞ掻いた…。  編集後記は、私が濃厚接触者とされPCR検査を受け、結果が出るまでの経過。得がたい体験だった。

第2453号 消えた年金のあのお年寄り、釈放の翌日にまた同じ犯行を!
 第2297号でレポートした、「拘留」という珍しい刑を受けたあの大変なお年寄りが、同じことをまた! 「再犯防止カウンセラー」のようなものが必要とつくづく思う。

  以下の5号は8月24日にお知らせした

第2452号 映画館で女性としゃべりスマホをいじる者に注意したら
第2451号 女性下着の匂いを嗅ぎたくて、証人の漢(おとこ)ぶりに感動!
第2450号 前頭側頭型認知症の女性、一審の裁判中にまた万引きを!

第2449号 東京地裁で加藤浩次さんとゆきぽよさんのロケに遭遇した件
第2448号 女性下着を盗んで自慰行為、検察官も裁判官も見当違いでは?

 以下の3号は8月13日にお知らせした。

第2447号 思わせぶりなキャバ嬢に怒り、異常な内容の誓約書を書かせ  
第2446号 弁護人が辞任、また辞任、もうすぐ700万円が入ると被告人
第2445号 コロナで仕事をなくした53歳が、コロナで休校中の13歳を!

 以下の2号は8月7日にお知らせした

第2444号 医学部合格から8年目の研修医、“泥酔させ強姦”で全て失い
第2443号 前田敦子さんらを装いネット詐欺あの事件の「社長」の判決

 いま購読登録すると以上12号がどどっと送信される。じつは第2453号を誤って2回発行した。うざいことになって申し訳ない。
 8月の最終号は、いわゆる迷惑メールを大量送信して稼いだ若者君の「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律違反」にしようかと。

 ←8月29日9時10分現在、週間INが100で3位~!

2020年8月24日 (月)

女性下着の匂いを嗅ぎたくて

Kc3n0002  新型オービス(ネットで移動式、移動オービスと呼ばれるやつ)について、マニア的びっくりスクープを発見したり、そんなを超えるぶっとび情報が入ってきたり。
 日本の根幹は官僚利権、国家の根幹をナメてはいけない、私はだいぶ目障りかも、ちょと恐怖を感じたり…。

 とかいろいろありつつメルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」の発行は地道に続いている。8月は以下の10号を発行した。

第2452号 映画館で女性としゃべりスマホをいじる者に注意したら
 被告人は、格好いい上衣を着てヘアスタイルも決まったヤンキー風。一方、被害者は、年齢はそう変わらないだろうにだいぶ若禿げでやや小柄でマジメ風。「対照的~!」と私は傍聴ノートに書いた。映画館での事件。上映中の映画とは…。

第2451号 女性下着の匂いを嗅ぎたくて、証人の漢(おとこ)ぶりに感動!
 簡裁の「住居侵入」、やっぱり色情事件だった。 夜に突然保健所から電話あり。私は「濃厚接触者」になった! という話を編集後記で。

第2450号 前頭側頭型認知症の女性、一審の裁判中にまた万引きを!
 女子を自殺へ追い込みもするネットの誹謗中傷、そんな事件だったら大変だ! と「名誉毀損」の新件を傍聴してみた。それが追起訴ですぐ終わり、隣の法廷の「窃盗」へ。今日は医師の尋問のはずだったのに、えーっ、マジですか!

第2449号 東京地裁で加藤浩次さんとゆきぽよさんのロケに遭遇した
 女子を自殺へ追い込みもするネットの誹謗中傷、そんな事件だったら大変だ! と「名誉毀損」の新件を傍聴してみた。それが追起訴ですぐ終わり、隣の法廷の「窃盗」へ。今日は医師の尋問のはずだったのに、えーっ、マジですか! ※申し訳ない、たぶん池田美優さんです。

第2448号 女性下着を盗んで自慰行為、検察官も裁判官も見当違いでは?
 女性下着を盗んで自慰行為、それ自体は刑事裁判的にはよくある。ただ、そのあとが本件はちょっと珍しかった。検察官、裁判官は性嗜好障害を疑い「カウンセリングを受けます」と被告人に言わせたがった。私は大いに違和感を覚え…。

 以下の3号は8月13日にお知らせした。

第2447号 思わせぶりなキャバ嬢に怒り、異常な内容の誓約書を書かせ  
第2446号 弁護人が辞任、また辞任、もうすぐ700万円が入ると被告人
第2445号 コロナで仕事をなくした53歳が、コロナで休校中の13歳を!

 以下の2号は8月7日にお知らせした

第2444号 医学部合格から8年目の研修医、“泥酔させ強姦”で全て失い
第2443号 前田敦子さんらを装いネット詐欺あの事件の「社長」の判決

 いま購読登録すると以上10号がどどっと送信される。そして8月末まであと3号が順次送信される。月半ばで購読登録してもその月の分は全部読める。初月無料。バックナンバーは月額110円。1号当たりではなく月額です!

 ←8月24日0時20分現在、週間INが70で3位~!

2020年8月13日 (木)

コロナで仕事をなくした53歳が、コロナで休校中の13歳を!

「き、期日がないっ! ないと分かってれば今日は裁判所へ来なかったのにぃ!」

2008134  という日だった、また今日も。仕方ないよねぇ。💦
 でも、たまたま、久しぶりに下着泥棒を傍聴してしまった。その発覚の理由がいやはやなんともで…。

 政治的、主義主張的にヤバイ被告人なのか、警備法廷を使って傍聴券抽選という「暴行」があった。
 抽選に並び、外れたらそのまま帰ろうか、と裁判所の玄関を出て敷地内の抽選場所へ…。
 そしたら、すぐ外の歩道で撮影をやっているからここは歩かないでほしいと職員が。
 うわ、被告人の関係者が裁判前で気勢を上げているのかっ!?
 見に行った。

 なんと違った。加藤浩次さんと、あれはみちょぱさんかな、裁判所へ取材に来たのだった(裁判所が裁判員裁判の人集めのため広報目的で呼んだのかも)。 追記申し訳ない、ゆきぽよさんかも! 若い女性や芸能人に対する私の興味はオービスの百分の一程度なのだ。ほんと申し訳ないです! さらに追記 8月23日(日)、「サンデージャポン」というTV番組をみた。たぶん間違いなく池田美優さんだと思う。

 抽選には当たり、「暴行」を傍聴した。
 さらに1件、うわ、アメリカと日本が組んで詐欺をやるのか、詐欺はグローバル産業なのだな! というのを傍聴してしまった。

 そんな感じで、メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」の発行は続いている。8月は以下の5号を発行した。

第2447号 思わせぶりなキャバ嬢に怒り、異常な内容の誓約書を書かせ
 「強要」が法廷へ出てくることはあまりない。出てくるものの多くは交際強要の未遂だ。そんななか、強要の既遂をレポートしよう。「ストーカー規制法違反」との違い、「執行猶予4年」の意味合いについても。
 
第2446号 弁護人が辞任、また辞任、もうすぐ700万円が入ると被告人
 被告人氏名でネット検索すると、被告人を悪い詐欺師とする匿名投稿が多数ヒットする。傍聴してみた。約半年前に地裁で実刑判決を受け、この日が控訴審の第1回。控訴後に新型コロナが大変なことになったわけだが…。

第2445号 コロナで仕事をなくした53歳が、コロナで休校中の13歳を!
 新型コロナウイルスが、その非常事態宣言がなければ、この死亡事故は起こらなかった。息子さんを亡くされた親御さんの気持ちを思うと本当に…!

 以下の2号は8月7日にお知らせした

第2444号 医学部合格から8年目の研修医、“泥酔させ強姦”で全て失い
第2443号 前田敦子さんらを装いネット詐欺あの事件の「社長」の判決

 いま購読登録すると以上5号がどっと送信される。そして8月末まであと8号が順次送信される。月半ばで購読登録してもその月の分は全部読める読める仕掛けになっております。かつ初月無料。バックナンバーは月額110円です。

 ←8月13日20時00分現在、週間INが110で久々の3位~!

 

2020年8月 7日 (金)

偉ぶる魂!

Dsc_0119_horizon_0001  メルマガ第2440号「傘で目を突き失明させた事件、タクシーのドラレコ映像を再生」の編集後記で書いたことに少し加筆等して…。

 聞いたことがおありだろうか、「荒ぶる魂」。
 『宮廷画家ゴヤ 荒ぶる魂のさけび』とか『ラグビー 荒ぶる魂 (岩波新書) [ 大西鉄之祐 ]』とかある。 ←リンク先はいずれも私のアフィリエイト。
 『荒ぶる魂たち』というヤクザ映画もある。アリスさんの楽曲に『荒ぶる魂 ─Soul on Burning Ice─』というのがある。
 「荒魂」と書いて「あらみたま」と読むそうだ。

 でも今どきは、むき出しの魂を見せることは恥ずかしい、格好悪い時代だ?

 いやいや、もうムキムキの出し出しの魂が、ネット上にあふれていると言えないか。
 すなわち「偉ぶる魂」である。

 事実がどうであるかには全く関係なく、相手は自分より数段下の者であるとの前提で、大上段から見下し嘲笑する、蔑(さげす)む、蔑み言葉の苛烈さを競う、“蔑み大喜利”かよ、みたいな。
 明らかに見えるのは、今どきの表現でいえば「マウントをとる」、それが至上の歓びである、みたいな。
 前提となる事実が間違っていることを指摘されても絶対に認めないどころか、攻撃をエスカレートさせる…。

 幼少期から虐待を受け続け、現在も会社で家庭で虐げられている、そんな人物像がいちばんに想像される。

 そうした匿名攻撃による自殺がときどき起こる今、『偉ぶる魂』というメインタイトルに何か洒落た副題をつけて新書を出したら、だいぶ売れるんじゃないか。「週刊Spa!」さんなんか、センセーショナルな企画をうまくやるんじゃないか。

 あっ、と思ってネット検索。「ソラさんララさんのブログ」の2010年6月22日付けの記事のタイトルが「偉ぶる魂」だった…。

 なーんてことも編集後記に書きつつ、メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」の発行は続いている。8月は以下の2号を発行した。

第2444号 医学部合格から8年目の研修医、“泥酔させ強姦”で全て失い
 性犯罪者は女性を「人格のある人間」とは見ない。どんなに後悔しても遅い。驚くほど高額の示談金を払っても、真っ直ぐに刑務所へ墜ちるのだ。このこと義務教育で教えるべきでは。

第2443号 前田敦子さんらを装いネット詐欺あの事件の「社長」の判決
 事件報道は基本的に警察の逮捕発表で終わるところ、本件はいつどんな判決が出たか、控訴審はどうなったか、書かせてもらった。「芸能人からメールがあり、相談を持ちかけられ、金銭の給付が為される…常識的に考えてありえず…」との言及が弁護人主張にあり…。

 いま購読登録すると以上2号がどっと送信される。そして8月末まであと11号が順次送信される。なので、月半ばで購読登録してもその月の分は全部読める。月半ばで購読解除しても、その月の分は最後まで送信されるはずだ。

 ←8月7日20時40分現在、週間INが40で5位~!

2020年8月 3日 (月)

「忙しい」がうそじゃない件

 忙しい忙しいと言い続けてきた。「そうは見えないなぁ(笑)」という方もおいでかも。本当なのです、7月は…。

 紙媒体では『ドライバー』に、いわゆる「あおり運転」について1ページ書かせてもらった。『ラジオライフ』に、可搬式、固定式、半固定式オービスについて3ページ、駐車監視員と放置違反金制度について4ページ書かせてもらった。2誌とも現在発売中。

 ネットでは、「driver@web」で以下の5本を書かせてもらった。
 ・なぜ岩手だけが多い?超過速度15キロ未満の取り締まり、340件中、岩手が239件の不思議
 ・「高速120キロ」は1台800万円の超高性能・可搬式オービスの活躍と「速度違反金」導入の前振りか!?
 ・自身のドラレコが「あおり運転」を裏付けた…初の「あおり運転厳罰化」適用、どんな運転で罰金はいくらになる!?
 ・厳罰化で「あおり運転(妨害運転)」は減るのか減らないのか
 ・高速道路上でも神出鬼没!? 新たなオービス「半固定式」の存在が明らかになった

 「Business Journal」に少なくとも1本書かせてもらったが、まだ掲載されていないようだ。

 そしてメルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」である。以下の13本を発行した。

 第2442号 「覚醒罪」と「覚せい剤」、違いがダイレクトに分かる事件
 第2441号 中央省庁の官僚の事件? 「準強制性交等未遂」を傍聴してみた
 第2440号 傘で目を突き失明させた事件、タクシーのドラレコ映像を再生
 第2439号 マッチングアプリ、睡眠剤混入、そんな強姦魔がうようよと
 第2438号 タイ王国拠点の特殊詐欺、収益アップの頑張りが半端じゃない
 第2437号 受け子22歳は詳細指示に従い、まさに「リモート詐欺」!
 第2436号 暴力男が箱入り娘の高校生と結婚、生まれた被告人は虐待で育ち
 第2435号 中1から父親に犯され続けた娘、「妊娠の相手は言えません」
 第2434号 勾留停止中の逃走犯! メディアに出ない逃走理由に驚いた
 第2433号 あおり運転厳罰化の日、まさにそのあおり運転の裁判が!
 第2432号 大報道された非道「殺人」、原審は懲役17年、まさか無実?
 第2431号 無免許初犯で罰金50万円、その理由がどうやら分かった!
 第2430号 元東京地検特捜部長の重大事件、超厳重警備で第3回公判!

190505-3-c  そのほか、裁判所へ行ったり警察庁へ寄ったり、地方の警察へ主にオービス関連の文書の開示請求をしたり。
 有酸素散歩もやらねばならず、農家の野菜直売所を自転車で巡り大量の野菜を買い、買ったからにはどんどん食べねばならず(笑)、嗚呼忙しい。
 でも、疲れたらソク30分ほど仮眠、これが効いてなんとか回ってるのかも。あとミツカンの純玄米黒酢は血圧と食後血糖値を下げるのに利くみたい。

 さぁ、今日中に『ドライバー』の次の原稿を仕上げねば。今回のお題は、コロナ下の交通取締りはどうなった、だ。

 ←8月3日11時40分現在、週間INが80で4位~! 

2020年7月25日 (土)

マッチングアプリ、睡眠剤混入、そんな強姦魔がうようよと

200725c  じつは7月20日(月)、裁判所をちらっと抜けて警察庁へ行き、マニア的にはすんげぇ文書をゲットしてきた。

 画像は、毎年公開されている違反別取締り件数、の一部。これをもとに私は、スピード違反は超過20キロ前後がいちばん取締りを受けやすいんだよと、もう何十年書いてきたか。

 超過15キロ未満は毎年、多くても50件に届かなかった。なぜそんなに極端に少ないのか。理由についても言及してきた。
 その超過15キロ未満が、2019年は突然、どかんと増えて340件に。ほ~。

 そして7月20日(月)、その340件の都道府県別の内訳が分かる文書をゲットしてきたのである。
 というか、2008年~2012年のその文書はすでに手元にある。今回、2013年~2019年分をゲットしたわけ。

 2019年の超過15キロ未満は、340件中なんと239件を1つの都道府県が占めている。どこだと思う? すぐにネット記事でご報告しようと思いつつ、もう25日(土)だ。
 この間、別のネット記事を2本書いて送信、ほか2本は書きかけのまま、メルマガを3号書いた。24日(金)にはまた通風発作を得たし。書きたいことが多すぎ、時間が少なすぎ。

 そんなわけでメルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」、7月は現時点までに以下の10号を発行した。

第2439号 マッチングアプリ、睡眠剤混入、そんな強姦魔がうようよと
 「準強制性交等、準強制性交等未遂」を傍聴した。「準」は抗拒不能の相手に対する犯行をいう。今回の被告人は某大手都市銀行の社員(後に解雇)、銀座のお洒落カフェダイニング等で初めて会い…。

第2438号 タイ王国拠点の特殊詐欺、収益アップの頑張りが半端じゃない
 詐欺産業の営業マンたちは、真っ当な営業マンたちに負けず劣らぬ努力をし、1度だまされた者からはとことんむしり取る、剥ぎ取る。稼ぎの大半は氏名不詳の上位者にわたり、末端グループがひとつ捕まってみな刑務所へ行っても、詐欺産業的には平気…。

第2437号 受け子22歳は詳細指示に従い、まさに「リモート詐欺」!
 「あなたの口座、キャッシュカードが不正に利用されている」との電話からスタートする、典型的な特殊詐欺。末端の使い捨ての受け子が続々と法廷へ出てくる。今回、指示役からの指示の内容が明かされた。うわぁ、受け子は遠隔操作されるだけ、リモート詐欺じゃん。

 以下の3号は7月18日にお知らせした

第2436号 暴力男が箱入り娘の高校生と結婚、生まれた被告人は虐待で育ち
第2435号 中1から父親に犯され続けた娘、「妊娠の相手は言えません
第2434号 勾留停止中の逃走犯! メディアに出ない逃走理由に驚いた

 以下の4号は7月12日にお知らせした

第2433号 あおり運転厳罰化の日、まさにそのあおり運転の裁判が!
第2432号 大報道された非道「殺人」、原審は懲役17年、まさか無実?
第2431号 無免許初犯で罰金50万円、その理由がどうやら分かった!
第2430号 元東京地検特捜部長の重大事件、超厳重警備で第3回公判

 いま購読登録すると、以上10号がどどっと送信される。そして月末まであと3号が順次送信される、そこまで無料。初月無料なのだ。
 バックナンバーのタイトル群をちらっとご覧いただくと、なんというか驚かれるかも。💦

 ←7月25日18時00分現在、週間INが80で4位~!

より以前の記事一覧