フォト
2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
無料ブログはココログ

カテゴリー「「裁判傍聴バカ一代」」の392件の記事

2019年2月13日 (水)

僧衣で運転は違反か、国会議員の質問主意書

1902101 国会質問はテレビ向けのパフォーマンス。面白いのは質問主意書、と私は思っている。だいぶ以前、運転免許の更新手数料のことについて、社民党の北川れん子議員(当時)に質問主意書を打ってもらったことがある。あんときゃありがとうございました。

 パフォーマンス性が極めて乏しい質問主意書がマスコミ報道に出ることは希有だ。が、出た。以下は2月8日付け読売新聞。

僧衣での運転は違反か「個別に判断」…閣議決定
 福井県の40歳代の男性僧侶が僧衣での運転を理由に県警に交通反則切符を切られた問題で、政府は8日、僧衣での運転が道路交通法違反にあたるかどうかについて「個別に判断するべきで、一概に言えない」とする答弁書を閣議決定した。国民民主党の大西健介衆院議員の質問主意書に答えた。

 衣服といってもいろいろだから「個別に判断するべきで、一概に言えない」、なるほどおっしゃるとおり…。
 いやいや大西健介議員質問はこうなのだ。以下一部抜粋。

 福井県警は「和服が一律に違反ではない。着方によって違反になる」と説明している一方で、昨年一年間に、僧侶一件、着物の女性二件で青切符を切っています。
 以上を踏まえ、

一 僧衣、和装での運転が道路交通法違反となるかどうか、政府、警察庁の見解を伺います。
二 「状況によって現場の警察官が危険だと判断した場合は違反となる」というのでは曖昧で予見可能性がないのではないか、また、自治体によって違反になるかどうかが異なるのは不公平ではないかとの批判がありますが、政府が明確な基準を周知すべきではないですか。政府の見解を伺います。

 右質問する。

 「右質問する」となっているのは、質問主意書が今も縦書きだからだろう。
 それはともあれ、その質問に対し「個別に判断するべきで、一概に言えない」は、答える気がない。答えたくない、ということとばりばり解される(笑)。

1902102_2 長年の裁判傍聴をとおして官僚の気持ちが分かるような気になっている(あぶね~、笑)私としては、適切なるお答えだと思う。
 道路交通法には治安法としての側面がある。たとえば、仮にですょ、「韓国と戦端を開け、この野郎!」と国民を盛り上がらせたのに、力強く反対する宗教者がいたとしましょうょ。思想信条を理由に逮捕はできない。日本は民主主義の先進国ゆえに。しかし好き放題やらせておいちゃいかん。僧衣、法衣を理由に道交法違反で逮捕し、携帯電話を押さえ、家宅捜索して、戦争反対の勢力をすべて調べよう、つぶそう、そういうふうに利用できるのである。
 見通しが良くて交通量が少なく、基本的に誰も一時停止の標識に杓子定規には従わない場所、そういう場所の規制は国民の遵法意識をかえって損なう旨、元法制局長官の著書『法令作成の常識 (セミナー叢書) [ 林修三 ]』にはあったりするが、統治者からすれば、逮捕、家宅捜索をしたい者をひっかけるのに有用なわけだ。
 だからといって特段騒ぐほどのことはなく、みんなそういう地面の上に生活しているのだと、普通に認識すればいいのだと思う。国家とは、いつでもそんなものだろうから。

 さてメルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」は、2月は以下の5号を発行した。

第2215号 「ヤクザ弁護士」の担当事件、ビシッとした男らで傍聴席は埋まり
 「ヤクザ弁護士」という呼称は過去に検察官から聞いた。その担当事件を連続2件傍聴。うち「東京都暴力団排除条例違反」の被告人はだいぶ大物なのか、52席の傍聴席のほとんどを組員らしき男たちが埋めた。私はじろじろ見られ…。

第2214号 認知症の事実に一切触れず実刑、だってこれは裁判だから
 「前頭側頭型認知症」という特殊な認知症がある。82歳のお婆ちゃんは、前刑の犯行も今回の犯行も、また法廷での様子も、ばりばりその認知症をうかがわせる。しかし日本の刑事裁判は「病気のせいで万引き」を認めない。世間が知らない裁判の日常だ。

第2213号 元同僚の女性宅へ度々侵入、目的は下着で「自慰行為」
 前科なし。こんなの執行猶予に決まってる。なのに切れ者風の弁護人はあらゆることを被告人に有利に力強く主張するのだった。こういう弁護が被告人をして「あそうか、俺がやったことはそんなに悪くなかったんだ」と思わせ、再犯につながるってこと、あるのでは?

 以下の2号は2月8日にお知らせした

第2212号 道交法違反、犯人隠避等の裏に、まさかのとんでも事件が
第2211号 新型オービス、たぶん本邦初の裁判、探して狙って傍聴しました!

1902103 いま購読登録すると、以上5号がどどっと送信される。そして2月末まであと7号が順次送信される。とにかくいっぺん験し読みをしてほしいです。

 画像は、「えひめ丸事故」の慰霊碑。2001年2月10日、愛媛県立宇和島水産高校の実習船「えひめ丸」がアメリカの原子力潜水艦に衝突され、9人が亡くなったのだ。合掌。巡礼の旅に出た読者氏が画像を送ってくれた。

 ←2月13日23時10分現在、週間INが110で3位~。weep

2019年2月 8日 (金)

放置違反金、消滅時効、不納欠損、滞納処分

 こういうニュース報道が最近ぽつぽつあるでしょ。以下は2月4日付け東海テレビの一部。

3回駐車違反し違反金滞納中の40代女性 警察に車差し押さえられる「次の給料日までには払う」
 駐車違反を繰り返し違反金が支払われなかった車1台を、岐阜県警が差し押さえました。
 岐阜県警が差し押さえたのは市内に住む40代の女性が使用していた、1台のワンボックスカーです。
 この車では2015年から去年にかけ3回の駐車違反が繰り返されていましたが、違反金と延滞金など合わせておよそ6万円が納付されておらず、岐阜県警は使用者である女性に何度も督促していました。
 しかし女性が納付しなかったため、岐阜県警は1月31日、このワンボックスカー1台を差し押さえました。岐阜県警が交通違反の違反金滞納者を対象に、車を差し押さえたのはこれが初めてです。

1902082_3 こういうのを「滞納処分」という。家宅捜索による押収ならともかく、刑事手続きとは関係ない財産の差押えなんて警察官は苦手だ。私も苦手だ。 ←あんたは関係ないっつーの(笑)。

 だが、苦手と言っちゃいられない事情がある。
 放置違反金は5年で「消滅時効」、徴収できず「不納欠損」となる。滞納分はどんどん溜まる。どげんかせんといかん。
 そこで「放置違反金の滞納処分業務における警察庁指定広域技能指導官」というのを登場させた。最初の技能指導官は京都府警の警部補だ。この警部補を招いての「放置駐車違反に係る滞納処分実践塾」というのをあちこちでやっている。「捜索・差押は、難しいイメージがあったが、ハードルが下がり、やってみようという気持ちになれた」などと好評だそうだ。

 ただ、滞納分は膨大であり、なかなか追っつかない。
 そこで、こうして大きく報道してもらい、未納者たちがびびって自発的に納付するよう仕向けたい、そういうことなのだ。

1902081 2006年6月1日、「逃げ得を許さないために」「民間委託で浮いた警察力を重要犯罪の捜査へ」と放置違反金制度、駐車監視員制度がスタートしたが、逃げ回る者は相変わらずいるし、そのほか警察はかえってややこしい業務が増えた、いやいや大変なのだ、という話を、駐車違反にまつわる5件の「交通指導だより」を紹介しつつ2月下旬発売の『ラジオライフ』の原稿に書いた。
 画像はうち2件の表紙部分だ。

 上掲報道では「放置違反金」という正しい語が一度も使われていない。
 昔はこれを「反則金」とか報道していたこともあるので、その頃に比べれば「違反金」となっているだけ大いに進歩したといえる。
 また、これは東海テレビさんが特に意図したわけではなかろうと思うが…。
 ただ逃げたいだけの人は罰金、反則金、放置違反金の区別がつかない。とはいえ放置違反金では駐車違反限定感がある。「違反金」だと駐車違反限定のペナルティだという感じが薄れる。「交通違反の違反金」と念押しされている。反則金の未納者をもびびらせる効果が生じており秀逸、といえる。ディープな読みでしょ、ふふ。

 さてメルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」、2月は以下の2号を発行した。

第2212号 道交法違反、犯人隠避等の裏に、まさかのとんでも事件が
 オービスの身代わり出頭の事件はときどきあるが、本件は無免許運転者への車両提供罪、の隠避だった。珍しい。そうして、その裏にとんでもない事件が隠れていた! 閉廷後に起こったことは…!

第2211号 新型オービス、たぶん本邦初の裁判、探して狙って傍聴しました!
 苦労して見つけましたょ、新型オービスのうちセンシス社の固定式による速度違反の、否認事件を! たぶん本邦初の裁判だ。検察官の立証予定は気合い全開。2013年から新型オービスを追い続けてきた私は大興奮し…!

 いま購読登録すると以上2号がさっと送信される。そして2月末まであと10号が順次送信される。

 今回、珍しく2号続けて交通関係だった。次号は自慰行為関係の事件、次々号は悪質な性的虐待の事件になりそう。あるいは住吉会系の事件になるか。前頭側頭型認知症の症状のひとつとしての万引きを裁判官はどうしたか、という驚きの話もご報告しなければ。裁判員裁判で実質無罪とされた男の、その後の2度目の下着泥棒は…。
 レポートしたいことが多すぎて、ただただ時間がない。私も大変なのですょ。

 ←2月8日16時50分現在、週間INが130で3位~。weep

2019年1月29日 (火)

コンビニ強盗に拳銃が必要で交番襲撃、その男は10年前の法廷で…

 インフルエンザが大変だそうだ。1週間とか寝込むことになるのは困るっす。sweat01
 空気感染ものは、睡眠不足と喉の乾燥から侵入してくる、私はそう信じ込んでいる。お勧めは「ウエアラブル加湿器」だ。安い不燃布のマスクを、吸気を湿らせるために用いる、これを「ウエアラブル加湿器」という。就寝時の装着がよい。
 外出時には、ティッシュペーパーをたたんで「ウエアラブル加湿器」の上辺内側に当て、装着する。これで見事にメガネが曇らない。
 あとはガムを噛み、ゆずをたっぷり絞った焼酎を飲み、やたらネギを食べ、この冬を乗りきりたい。

 メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」、1月は以下の10号を発行した。

第2208号 右直事故、就職活動中の学生君は“ちゃちゃっと処理”の罠に落ちたか
 原付バイクの運転者は少なくとも2カ月入院。右折のスカイラインは損傷が激しくフレームの曲がりが心配される状態。原付はかなりのスピードで突っ込んだと思われる。ところが警察官は実況見分で「原付だから30キロ出す人はいないだろう」と…。

第2207号 コンビニ強盗に拳銃が必要で交番襲撃、その男は10年前の法廷で…
 生い立ちに同乗すべき点があり、でらためさと乱暴な実行力を兼ね備えた男。何度刑務所へ行っても出ればすぐまたやる。刑務所を「徹底した矯正教育を行う矯正施設」と言ってはばからない検察、裁判所。似たもの同士ですか。

第2206号 介護付き老人ホームで現金窃盗、発達障害の若者君に裁判官は優しくて
 入所老人から、ボランティアスタッフから現金を盗み続けた若者。今回の件で初めて病院へ行き、窃盗症と発達障害の疑いありと言われたそうだ。家令和典裁判官はとっても優しくて…。

 以下の3号は1月20日にお知らせした

第2205号 一時不停止の待ち伏せ取締り、ラウンドテーブルの法廷で警察官を尋問
第2204号 コンビニの事務所へすたすた入り、アルバイト外国人の現金を盗んだ女性
第2203号 気帯び運転(0.45mg)が懲役2月、免許証不提示罪が罰金1万円って!

 以下の2号は1月14日にお知らせした。2221号とあるのは2201号の誤り。

第2202号 被害女性との関係が生きがいでした、すべてでしたと71歳の脅迫犯
第2221号 動体検知カメラでトイレ盗撮1年、ロシアのサイトに売って878万円!

 以下は1月10日にお知らせした。1496号とあるのは2200号の誤り。

第1496号 人気AV女優に対するストーカー等、最強で甘美な被害者意識の果てか
第2199号 元旦の浅草寺で偽1万円札、6千円を差し引いた額が取り分

 今購読登録すると以上10号がどどっと送信される。そして月末まであと2号が順次送信される。
 次号は、前頭側頭型認知症、いわゆるピック病のお婆ちゃん(82歳)の万引きだ。ピック病の症状のひとつとして、万引き等の逸脱行動があるのだが、検察、裁判所は認めない。認めず、いつもの型にはめ込もうとする。そういうシーンを見るのが裁判傍聴の醍醐味と思う私も病んでますか?
 1月の最終号は、珍しいレーダー式ネズミ捕りの裁判をレポートできるかと。2月の初号は、おっとそれはまだ内緒。その事件に今井が気づいていると、まだ知られたくないから。うふふ。

 ←1月29日15時00分現在、週間INが140で3位~。weep

2019年1月20日 (日)

裁判員裁判、全期日取消、いったい何が!?

190119 じつに不可解なことが起こった!
 画像は、現在ネットにある「裁判員裁判開廷期日情報(東京地方裁判所本庁)」をスマホで撮影したものだ。

 期日の取り方からして、被告人か証人に午前の都合が付きにくい人がいたのかな、と思わせる。
 426号は傍聴席38席の警備法廷だ。被告人はヤクザか、活動家か。あるいはYouTuberが隠し撮影したがる事件なのか。
 事件番号は「平成30年合(わ)第7号等」。公判前整理手続き(素人裁判員の負担を軽くするためあらかじめ密室で主張も立証も削り整える手続き)に1年ほどかかったわけだ。
 いったい何だろ。

 なにより、第1回公判の日付けで第1~第5回公判の期日が全部取消ってどゆこった!?
 ここでいったんCMで~す。coldsweats01

 メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代」、1月は以下の7号を発行した。

第2205号 一時不停止の待ち伏せ取締り、ラウンドテーブルの法廷で警察官を尋問
 要するにインチキ取締りで累積された2点を抹消してゴールド免許を交付せよ、という行政訴訟。原告は痩せた年配男性。超早口で何を言っているのかよく分からない。だが、「最初に停止した場所から、取調べをした場所までの距離」を取締りの警察官は約50mと書き、本当は約200mなんだとか。単なる誤記とは警察官は言わず「それほど大事な距離ではない」と突っぱね続けた。ええっ!?

第2204号 コンビニの事務所へすたすた入り、アルバイト外国人の現金を盗んだ女性
 公務執行妨害等で懲役2年、執行猶予3年。間もなく、ある資格を取得するための研修員に。寮へ行く途中、また帰る途中、コンビニに入店。コンビニは監視カメラだらけなのに、すたすた事務所へ入って現金窃取。当然、カメラ映像から逮捕。どこかおかしい…。 

第2203号 気帯び運転(0.45mg)が懲役2月、免許証不提示罪が罰金1万円って!
 酒気帯びの「酒」が抜けてしまった、うぅ。量刑不当の控訴だったが、そもそも一審判決が軽すぎる! あとで超絶マニアックデータを調べたら、執行猶予中などの酒気帯びで懲役2月(実刑)の裁判を私は過去に傍聴していた。にしても免許証不提示罪が1万円とは! その理由はどうやら…。

 以下の2号は1月14日にお知らせした。2221号とあるのは2201号の誤り。

第2202号 被害女性との関係が生きがいでした、すべてでしたと71歳の脅迫犯
第2221号 動体検知カメラでトイレ盗撮1年、ロシアのサイトに売って878万円!

 以下は1月10日にお知らせした。1496号とあるのは2200号の誤り。

第1496号 人気AV女優に対するストーカー等、最強で甘美な被害者意識の果てか
第2199号 元旦の浅草寺で偽1万円札、6千円を差し引いた額が取り分

 いま購読登録すると以上7号がどどっと送信される。そして1月末まであと5号が送信される。そこまで無料。面白くて購読解除できなくなると、2月分から月額108円が課金される。
 1月は濃いのを12号も発行して、2月は1号か2号にするつもり? いいえ、毎週火木土の発行ですって。はいCM終わりま~す。

   beer  bottle  wine  japanesetea 

 第1~第5回公判の期日が全部取消ってどゆこった!?
 もともと嫌々だった裁判員が複数人、ケツをまくり、その人数が補充裁判員の人数を超えた? 被告人の関係者が裁判員を脅すか脅す以上のことをして、裁判員裁判ができなくなった? 公判前整理手続きで決まった主張を、被告人が突然ひっくり返した?  あるいは真犯人が自首した? 有罪のために有力な証人が「あれはウソだった」と激白した?

 やたら興奮せず(笑)、普通に考えれば、裁判官か裁判員か被告人あたりがインフルエンザに罹患したって可能性が高いかな。学級閉鎖ならぬ法廷閉鎖。
 回復を待って、新たに期日を決めるのか。「いやぁ、この日程を逃したら私はもう無理です」とかいう裁判員がいて、また裁判員候補者を集めて選任手続きをすることになるのか。裁判員裁判はめんどくせ~! と裁判官、書記官、事務官は思っているだろう。

 司法記者クラブの記者氏は当然に取材し、記事をデスクへ送っているはず。もう報道されているのかな。「東京地裁 裁判員裁判 インフルエンザ」で検索してもヒットがない。どうなってんだろ…。

※同日22時45分追記: 「裁判員裁判開廷期日情報(東京地方裁判所本庁)」には現在、「※既に指定されている期日のみを表示しています」とある。だがこれは大いに誤解を招くというか、正しくない。「残念。色情系の事件はないのかぁ」という誤解をだ。
 裁判所は、被害者側の心情を慮ってか、またネットで情報が拡散され傍聴人が現状に倍して押し寄せ大混乱になることを恐れてか、色情系の裁判員裁判の期日は明かさないのである。裁判所がフェアな官庁だと言うつもりはないが、それにしても、「※刑法第181条(強制わいせつ等致死傷)については表示しません」程度のことはアップすべきと私は思う。

 ←1月20日17時00分現在、週間INが130で3位~。happy02

2019年1月17日 (木)

もしや女子の盗撮ハンターもいたりして?

 この手口というか“稼ぎ口”は、たとえば働かずにキャバクラで遊びたい男たちの間でかなり流行しているはず。でもあんまり報道がないなぁ…。
 と思っていたら久しぶりに報道された。以下は1月17日付けTBSニュース、の一部。■は私。

盗撮ハンターの男「誠意を」 加害者に示談金脅し取ろうと
 盗撮の加害者に示談金を要求する「盗撮ハンター」と呼ばれる手口で現金を脅し取ろうとしたとして、28歳の男が警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは東京・新宿区の職業不詳、■■■■容疑者(28)です。■■容疑者は去年5月、豊島区の池袋駅構内で女性のスカートの中を盗撮したとみられる30代の男性に「女の子がパニックになっている。150万円を支払って誠意を見せてほしい」などと言い、現金を脅し取ろうとした疑いがもたれています。
 ■■容疑者はすでに逮捕・起訴されている24歳の男と2人で男性を脅し、駅の券売所や百貨店などに男性を連れ回して、換金できる新幹線の切符や商品券を買わせようとしたということです。

 盗撮ハンターの事件はメルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代」で度々レポートしてきた。今すぐ拾えるところでは…。
 第734号「盗撮前科4犯、盗撮する男の心理が読める
 第796号「盗撮犯を狩って今年中に1億円達成!?
 第1179号「簡単に稼げる、盗撮犯狙いの恐喝犯、続々!
 第1189号「盗撮ハンター2人はエグザイル似と爬虫類似

 過去に週刊誌のデータ原稿として書いたのかな、簡単にまとめたものが一太郎のファイルに発見された。若干加筆等して以下に。

 盗撮犯を狙う恐喝犯もいる。ある盗撮ハンターの調書はこうだった。

調書 「盗撮している男の心理が読める。盗撮している男の動きがわかり、すぐ見つけられる。盗撮しているところをケータイで撮影し、最初は注意して楽しんでいたが、見逃してと現金をもらったことから味をしめ、これまで14、15人から300~400万円くらいを…」

 なぜ盗撮犯の心理が読めるのか。被告人自身、盗撮の前科4犯。2犯については服役しているのだった。
 被害女性の彼氏と称して、

「ナニ盗撮してんだよ、俺の親戚に産経新聞の記者がいる、大変なことになるぞ、俺の彼女が××で60万円かかるぞ、30万円、サラ金で借りてこい」
「俺の彼女を盗撮しただろ、初犯なら30~50万円だな、彼女は相当怒ってるから50万円だな、奥さんいるんだろ…」

 などと脅すのが得意の手口なのだという。
 この被告人は仲間と2人でハントを競っており、仲間へ送ったメールにこうあるのだという。

メール 「今回は見逃してと言ってたけど狩りました…エスカレーターで鞄の中にカメラ…バカ野郎です…昨日は新宿アルタで…今年中に1億達成…あと4000万…月300万貯金…夏なら700万くらいイキますよ…今年は本業犠牲にしても…でかいイベントには魚が集まりますので…来月もガンガン攻めますよ…」

 金額については強がりだったと述べたが。
 なぜ捕まったのか。
 端緒は、被告人自身が盗撮で警察に捕まったことだった。盗撮で捕まれば当然、携帯電話の中を調べられる。そしたら、盗撮画像に混じって男性の身分証明書が撮影されていた。不審に思った警察官がその証明書の主に電話し、恐喝がバレたのだという。

 仕事は「キャバ嬢などのスカウト」という盗撮ハンターもいた。街でいい女を捜していると、女の後ろをくっついていく怪しい男がよく見つかるのだという。なっ、なんちゅう世界だ。

Img_1063_2 たしかキャバクラの遊び仲間から手口を教わり自分もやった、という被告人もいたっけ。
 そんなことになっているとは露知らず、ドキドキ手に汗をかいて盗撮をやる男たちがわらわらいるわけだ。

 考えてみれば、盗撮ハンターが男とは限らない。
 駅の構内で、まじめそうなサラリーマンを女子2人(1人はミニスカート)が囲み、「ちょっとあんたナニやってんのよ! 警察行く? 示談する?」とか追い込んでいるシーンが、注意すれば目撃できたりして。

※画像は本文と関係なし。2017年1月にたぶん銀座で飲んだ帰りに撮影したものだと思う。「オカマ始めました」、キャッチーなコピーだと思う。
 銀座で飲んだといっても“せんべろ”ですよ。ただし、さすが銀座である。千円ではべろべろになれない。もうちょいかかる。もちろん個人差あり。

 ←1月17日19時50分現在、週間INが160で2位~。happy02

2019年1月14日 (月)

動体検知カメラでトイレ盗撮1年、ロシアのサイトに売って878万円!

 「日本の65歳以上の高齢者人口は3500万人。総人口の28%の割合になり、"超高齢社会"に突入」と1月7日付けのハーバー・ビジネス・オンラインの記事「孤独という病。2019年、下流老人の孤独死が激増する」はいう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

孤独死大国予備軍1000万人時代のリアル [ 菅野久美子 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2019/1/14時点)

 高橋ユキさんが『暴走老人・犯罪劇場』で書いているとおり、高齢者(65歳以上)の被告人が続々と法廷へ出てくる。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

暴走老人・犯罪劇場 (新書y)[本/雑誌] / 高橋ユキ/著
価格:972円(税込、送料別) (2019/1/14時点)

 テレビの視聴者も、かなりの割合が高齢者(65歳以上)らしい。そしたらさ、名画『ヘッドライト(Des gens sans importance 』のようなドラマは大ヒットするんじゃないかと、第2202号の事件を傍聴して強く思ったのでした。

 メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代」、1月は以下の4号を発行した。ヘッダ部分をリニュールしたことのあたふた等で、第2200号が第1496号に、第2201号が第2221号になっている。非常に申し訳ないです。

第2202号 被害女性との関係が生きがいでした、すべてでしたと71歳の脅迫犯
 「本当に惚れてました」と法廷で激白。相手女性との関係が生きがい、すべてだったが、とうとうその夫から縁切りを言い渡され、えげつない脅迫の電話をかけまくったのだった。逮捕され3カ月半以上も勾留され抜け殻のようになった爺ちゃんに、裁判官がかけた言葉は…。

第2221号 動体検知カメラでトイレ盗撮1年、ロシアのサイトに売って878万円!
 年収約500万円なのにルーズな生活で借金をつくり、民泊に手を出したが法規制で将来が見えず、稼ぐために始めたのはトイレ盗撮&販売。多いときで週5回、出勤時にカフェの男女共用トイレに小型カメラを仕掛け…。

 以下は1月10日にお知らせした。

第1496号 人気AV女優に対するストーカー等、最強で甘美な被害者意識の果てか
第2199号 元旦の浅草寺で偽1万円札、6千円を差し引いた額が取り分

 いま購読登録すると以上4号がどどっと送信される。そして1月末まであと8号が順次送信される。
190111 以上4号でお分かりのように、私の肩書きは交通ジャーナリストでありながら、交通違反・事故の裁判はあまり取り上げていない。ジャンルに関係なく、そのときいちばん印象的な、見所のある事件を取り上げているのだ。でも次号は交通事件の予定。普通信じ難い、びっくりな事件なのだ!

※ 画像は、先日自転車で農家の直売所をまわって買い集めた野菜等。ブロッコリだけが1個150円。ネギとチンゲン菜とほうれん草とゆずは各100円。合計900円(妙な税金なし)だ。
 ここ2カ月ほどか、毎日ブロッコリをたくさん食べてる。2分半ほど蒸して、流水でさっと冷やしてよく水切りする、これが旨いよ。あと、ゆずを3~4個絞って焼酎甲類を注いだのが旨くてうまくて。健康的でしょ。ただ頭髪は生えない、なんでだ!pout

 ←1月14日1時40分現在、週間INが110で3位~。happy02

2019年1月10日 (木)

人気AV女優に対するストーカー等、最強で甘美な被害者意識の果てか

 ゴーン氏の件で、日本の刑事手続きについて欧米はいろいろ批判している、らしいけれども、欧米の方々はご存じなのかな、たとえば日本では、検察が無罪の証拠を隠して有罪にするのはぜんぜん合法だってことを。
190109 あるいは、東電OL殺人事件で被告人とされたゴビンダさんは、一審で無罪だったのに、検察は勾留を求め、その勾留を認めた裁判官が控訴審を担当して逆転有罪、無期懲役としたってことを。

 ゴーン氏のケースは、検察が日産への天下りポストを狙って無理くりな逮捕、勾留をしちゃったとかいうのでない限り、他の多くの事件と同様、逮捕=有罪、検察は何がなんでも有罪にしようと七転八倒、頑張るでしょ。そうして裁判所は、基本的に検察を信頼しきっている。というか日々日本の治安、秩序、威信を護る同僚だし。
 普通に考えれば、ゴーン氏は有罪、金額的に実刑、何年か日本の刑務所へ行くことになる。欧米の方々はそのへんどう思っているのか、心配だ。

 なんてことも思いつつメルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代」、1月は以下の2号を発行した。

第1496号 人気AV女優に対するストーカー等、最強で甘美な被害者意識の果てか
 1496号は間違い! 2200号です! なんでそんな恥ずかしい間違いをやらかしてしまうのか、申し訳ない。マジ恐怖な話を編集後記で書き、取り乱してしまったのかも。本文は大阪でトラブルを起こしたと報道された事件。私事と共通点がありまして…。

第2199号 元旦の浅草寺で偽1万円札、6千円を差し引いた額が取り分
 新年第1号にちなんで、犯行日が1月1日午前0時25分頃の事件を。当時大報道された偽札事件、年末年始に“使い子”を集め、うわお、そんなふうにやったのかと。

 新年からちょっとリニューアル。その関係でタイトルが以前より長くなりました。
 いま購読登録すると以上2号がどっと送信される。そして1月末まであと10号が順次送信される。
 このメルマガの特徴のひとつは、善悪の観点は忘れ、というか、裁判=正義という根拠なき幻想から遠く離れていること、かな。司法の役割は、真実の発見とか正義の実現とか、そんなものでは断じてない、ということを普通の前提として、裁判官を、その訴訟指揮を、検察官を弁護人を被告人を、事件を人間を見るというか。うーん、うまく言えた気がしない(笑)。サンプル号か、バックナンバーのタイトルおよび紹介文をちらっとご覧いただければ。

※画像は今夜の酒肴。白菜とネギと豚肉の八宝菜。白菜だけで29センチのフライパンに山盛りだったのに、これっぽっちになってしまった。私は白菜みたいな人間にならないようにしよう。意味分かんないしそもそも白菜に失礼? ごめんなさい~。

 ←1月10日1時40分現在、週間INが110で3位~。happy02

2019年1月 1日 (火)

謹賀新年

181230_2 謹賀新年。
 旧年中はひとかたならぬご厚情を賜り誠に…というのが定型文だけども、私は特に、誠にありがたかった。「読者氏から情報をいただき」「マニア氏から教わり」とメルマガに何度書いたか。何よりメルマガを読み支えていただき、感謝感激であります。もちろん、裁判情報の提供やメルマガ購読とは別の幅広いご厚情のおかげで私は在るのだと、よく承知しております。ありがとうございます。

 この大晦日の夜、信じがたいことが起こった。
 なんと、年末最後の見切り品をあさりにスーパー数店を駆け巡ることを、できたのにしなかったのである! こんなこと何十年ぶりだろう。
 この異変は、始まりの一部に違いない。今年、私の立場、収入に劇的な変化が…。いや語るのは早い。その変化を招来するには1月、2月、死に物狂いで頑張らねばならぬのだ。

1812303 12月30日、傍聴マニア氏から忘年会をやろうとお誘いいただき、外酒とご無沙汰でうずうずしていたこともあり、都営新宿線大島駅近くの「番外地」へ初めて行ってきた。
 究極の居酒屋「昭和」に比べれば飲食費は2倍以上かかるが――って「昭和」は別格であり比較すること自体無意味とはいえ――素晴らしい! 刺身の安さと旨さにびっくり。菜の花の酢味噌和えが100円だっけ? いいねっ。

 なこと言いつつ着々とメルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代」、12月は以下の13号を発行し終えた。

第2198号 和服美人の大麻裁判、私も泣きそうになり…
 大麻取締法違反の被告人は、ただ者じゃない感ばりばりの和服美人なのだった。大麻の所持は認め、法律の違憲性を主張。裁判的には無意味な主張ではあるが、しかしおっしゃるとおり、そのとおり! 感動的だった。

第2197号 レーダー式のネズミ捕り、メーカー尋問!
 横浜地裁でネズミ捕りの否認事件があるとマニア氏から情報あり。今日はメーカー社員氏の尋問だろうと踏み、行ってみたらビンゴ! 装置はレーダー式、JMA-230。警察への取材では得られない情報が出てきて私は大喜び。ただ、えっ、そこをなぜ誰も突っ込まないの? という部分があり…。

 以下の3号は12月26日にお知らせした

第2196号 結婚詐欺的な投資用マンション販売の判決
第2195号 特別公務員暴行陵虐致傷、無罪の警部補は!
第2194号 日本が我が国に来て沢山の人を殺しました

 以下の2号は12月21日にお知らせした

第2193号 靖国神社で逮捕、中国人の勾留理由開示!
第2192号 フジテレビへ高級外車で突っ込んだ男は…

 以下の4号は12月16日にお知らせした

第2191号 弁護人は無理ムリあらゆる屁理屈をこね?
第2191号 ニヤニヤと、あからさまに見下す裁判官!
第2189号 東京にあこがれた女子が万引き病に至るまで
第2188号 犯行はムチャクチャだけども正直な若者君

 以下の2号は12月7日にお知らせした

第2187号 特殊詐欺の若者、身内らに囲まれ懲役7年
第2186号 謎の厳重警備事件に遭遇、その正体とは?

 以上13号はバックナンバーの扱いとなる。なので無料じゃない。読むには108円が必要となる。1号108円ではない。1カ月分108円だ。おせち料理に飽きたら是非どうぞ。fuji

※ 画像は番外地。刺身の盛り合わせが1皿500円? そんなはずないよね。これはマニア氏が取ってくれたので私は知らないのだ。

 ←1月1日00時20分現在、週間INが150で3位~。happy02

2018年12月26日 (水)

反則金値上げは携帯電話使用だけ?

 連休明けの12月25日(火)、警察庁が「「道路交通法改正試案」に対する意見の募集について」をネットにアップした。読んだ。
 なんと、12月21日(金)の私の読み(先読みというかニュース報道の読み方というか)は大外れ。反則金の値上げは携帯電話使用についてだけだった、申し訳ないっ!
 なぜ大外しをやっちまったのか。報道はこうなっていた。

 反則金の限度額は、大型自動車が1万円から5万円、普通自動車が8000円から4万円、小型特殊自動車は6000円から3万円にそれぞれ引き上げる。

1812241 携帯電話使用の違反は、危険違反と使用違反に分かれる。2017年の取締件数は、危険違反が174件。使用違反が91万5623件。ほぼ全部が使用違反といえる。
 報道にある引き上げ前の限度額、「大型自動車が1万円」とかいうのは、使用違反についてだ。道路交通法の「別表第二(第百二十五条、第百三十条の二関係)」というところにある。
 その限度額のなかで、使用違反の反則金額は現在、大型車が7千円、普通車と二輪車が6千円、原付車が5千円だ。

 それでだ、要するに私は、いっくら「限度額」だといっても一気に5倍は凄すぎるだろ! と思ったわけ。
 たとえば現在の普通車の使用違反の反則金額は、限度額の75%。引き上げ後も同じ割合にするなら、4万円の75%は3万円。3万円ってのは、スピード違反と過積載を除いては破格の、飛び抜けた金額だ。危険きわまりない赤信号無視だって、普通車の反則金は9千円なのだ。一時不停止は7千円なのだ。
 はは~、反則金収入が近年激減していることもあり、こりゃあ他の違反の反則金額も引き上げるんだな! 私はそう読んでしまったのだ。

 警察庁の「道路交通法改正試案」にはしかし、他の違反についての限度額の引き上げについて言及がない。たしかに「ながらスマホ」の運転は超ヤバイけど、バランスというものがあるでしょ。「ながらスマホ」だけ突出して引き上げたら、他の違反がやたらしょぼく見えてしまう。私が警察庁だったら…。とにかく今後注目だ。

 さて、今日の私の手帳に、15時から東京地裁で「大麻取締法違反」の審理の期日があった。マニア氏から教わってメモった記憶なのだが、なぜわざわざメモったのか思い出せない。
 しかし、警察庁へ行ける日が今日しかないので、ついでにと警察庁のお向かいの裁判所へ行き、傍聴してみた。そしたらびっくり、マニア氏ょありがとう! 被告人は和装の素敵なご婦人で、その最終陳述、おっしゃるとおり! なんか涙が出そうになった。検察に殺されたというべき山本正光さんが思い出された。
 「大麻取締法」は、第1条に目的が明記されていない。また、医療用大麻をわざわざ明文で禁止している。なるほどね~、と。

 そのレポートは次号として、メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代」、12月は以下の11号を発行した。

第2196号 結婚詐欺的な投資用マンション販売の判決
 たまたま通りかかった法廷の前に、黄色い腕章をつけた裁判所職員がいた。テレビカメラの撮影が入るという。開廷表の原告名は「閲覧制限」、被告名は某株式会社。なんだっ? 傍聴してみたら…!

第2195号 特別公務員暴行陵虐致傷、無罪の警部補は!
 法務省のデータによれば、この事件が法廷へ出てくるのはチョーの三乗くらい珍しい。かつ、不起訴の理由が尋常じゃない。そんな事件が出てきた。私はもう飛びついて傍聴したよ(笑)。

第2194号 日本が我が国に来て沢山の人を殺しました
 前号からの続きだ。南京大虐殺81周年の前日を選んでなぜ抗議行動をしたか、被疑者(中国人男性)は淡々と語るのだった。こんな勾留理由開示の裁判を詳細にレポートするのは世界で私1人だろう(笑)。自嘲の意味ですょ。

 以下の2号は12月21日にお知らせした

第2193号 靖国神社で逮捕、中国人の勾留理由開示!
第2192号 フジテレビへ高級外車で突っ込んだ男は…

 以下の4号は12月16日にお知らせした

第2191号 弁護人は無理ムリあらゆる屁理屈をこね?
第2191号 ニヤニヤと、あからさまに見下す裁判官!
第2189号 東京にあこがれた女子が万引き病に至るまで
第2188号 犯行はムチャクチャだけども正直な若者君

 以下の2号は12月7日にお知らせした

第2187号 特殊詐欺の若者、身内らに囲まれ懲役7年
第2186号 謎の厳重警備事件に遭遇、その正体とは?

 いま購読登録すると、以上11号がどどっと送信される。そして月末まであと2号が順次送信される。
 ごめん、次号は、上記大麻の事件じゃなくて、マニア的に大注目のネズミ捕りの事件(27日傍聴予定)になるかも。AV女優に対するストーカーの事件は来年送りになりそうだ。
 メルマガに追われつつ雑誌原稿もあるし、おかげさまでいろんな媒体からコメント依頼をいただくし、たまにテレビのお仕事もあるし、何より渾身の単行本を書かねば! 健康のため有酸素散歩もしなければならず、毎晩酒も飲まねばならず…ってどさくさ紛れに何いうとんねん(笑)。

※ 画像は農家の野菜直売所、庭先販売。こういう自販機タイプのところが多い。対面販売のところもあるし、台に並んだ野菜を手に取り貯金箱みたいな投入口へ100円玉を入れるところもある。農家によって値段や野菜の種類や量に違いがある。たとえばブロッコリーならどこがお得だとか頭に入れ、ポケットに100円玉をたっぷり入れ、10数カ所を自転車でまわる。いつも買いすぎ、傷ませないようじゃんじゃん食べる。これが健康の秘訣ですよ。

 ←12月26日22時40分現在、週間INが130で3位~。happy02

2018年12月18日 (火)

そんな間抜けなことで重過失失火、重過失致死

 「札幌爆発事故「スプレー缶120本ガス抜き」で引火か」と、これは12月18日付けテレ朝ニュース。
 今朝、遅めの朝食を摂りながらワイドショーを、リモコンでチャンネルをぷちぷちやりながら見た。日テレ、テレ朝、TBS、フジテレビ、どこもそろって札幌のスプレー缶を取り上げていた。

 ぷちぷちやるうち気づいた。テレ朝の「羽鳥慎一モーニングショー」だけが、爆発元の不動産業者が使っていたのと同じスプレー缶を入手していたようだった。

 これは私のアフィリエイト。これとはちょっと異なるようだが、まぁこんなようなスプレー缶だ。
 4つの局が、同じ事件をほぼ同じやり方で扱うわけで、現物があるとないとではぜんぜん違う。他局は「ちっきしょう!」だったのではないか。にしてもテレ朝、どうやって入手したのだろう。

 札幌のその事件の刑事処分がどうなるか分からないが、事件名に「失火」の2文字がある刑事裁判は、滅多に法廷へ出てこない。私が8100事件ほど傍聴してきたなかで、たった5件だ。
 うち1件、メルマガ第192号でレポートした部分を、一部加筆等して以下に。

 2010年7月12日(月)13時30分~15時30分、東京地裁718号法廷(鹿野伸二裁判長)で「重過失失火、重過失致死」の新件。

 傍聴席は52席。男子高校生らしき若者が20人ほどいて、なんと最前列から埋めていた!
 この裁判所へ私が通いつめるようになって7年ちょい。52席の法廷で、最前列から埋める団体を、初めて見たょ。

 被告人は非身柄、62歳。濃いグレーのスーツがけっこうキマっている。
 会社役員か? と思ったらタクシー運転者だという。大卒後、新聞社に勤務してたのだという。へ~。

 おおむねこういう事件だった。
 2007年1月、板橋区の●●荘(1階に2部屋、2階に2部屋)の1階に、被告人は内妻と暮らしていた。
 21時半頃、就寝するに当たり、ネズミを追い払うためにと、常用の軟膏のプラスチックケースにロウソクを立てた。
 内妻は消すよう言ったが被告人は消さず、燃え尽きれば自然に消えるだろうと、寝てしまった。
 ロウソクは短くなり、軟膏のプラスチックケースを溶かし、石油製品である白色ワセリン80%の軟膏が、燃えて溶けながら木製テーブルに…。
 重大な過失より、延べ床面積104平米の●●荘を全焼させ、2階に住んでいた81歳男性を焼死させた…。

 これは公判前整理手続きを経た否認事件で、
  7月12日、このあと消防署の職員を尋問
  7月26日、ロウソクの燃焼実験を行った者など3人を尋問
  7月28日、被告人質問
  9月1日、論告と弁論
  9月27日、判決
 という予定だそうだ。いずれも午後の期日。

 同意書証の要旨告知をして14時06分、証人尋問が始まった。
 私は、公判前整理手続きの事件と分かると急激に興味が薄れる。決められたスケジュールを埋めていくだけの裁判になってしまうから。裁判員裁判もそうだ。

 ま、時間があれば7月28日の被告人質問だけ傍聴しようかな…。ということで14時10分、そっと退廷。
 この選択が大正解だった。次に傍聴した事件が…!

 この「重過失失火、重過失致死」は、求刑が禁錮2年、判決は禁錮1年6月だった。最初から勾留されてないのか、されたけれども早くに保釈されたのか、未決算入はナシ。

170706 そんなことをしたらそうなるに決まってるだろ! 決まってるとまでは言えなくても、そうなる可能性は高いだろ! どぉしてそんな間抜けな、いい加減なことをやっちまったんだ! となる事件はときどきある。
 しかし…。
 私も含め人間は、多かれ少なかれ間抜けでいい加減なことを日々やってるんじゃないか。他人を責めてバカにして偉ぶるより、自戒したい。

 ちなみに「次に傍聴した事件」とは、東京簡裁で虎井寧夫裁判官(当時)が、世にも珍しい執行猶予付きの罰金刑とし、検察官が控訴した事件。その控訴審にたまたま遭遇したのである! 弁護人が、申し訳ないけど爆笑の弁護をし、東京高裁の矢村宏裁判長(当時)はどうさばいたか、んまぁ強烈だった。
 どうです私のメルマガ、面白そうでしょ。面白いのだよぅ。よしうまく宣伝できたな(笑)。

※ 画像は奥尻島の珍しい標識。マニア氏の撮影による。

 ←12月18日10時20分現在、週間INが180で2位~。happy02

より以前の記事一覧