フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

カテゴリー「「裁判傍聴バカ一代」」の340件の記事

2017年11月30日 (木)

弁護が不十分でお婆ちゃんは刑務所行き?

 「強制わいせつ罪の成立要件 最高裁が47年前の判例を変更」と10月29日付けNHKニュース。その最高裁大法廷の判決を傍聴してきましたょ。大法廷の判決ってのはどんなふうか、メルマガ次号でレポートしよう。

Img_1722 そのレポートが、11月のメルマガ「裁判傍聴バカ一代」の最終号になる。いま購読登録すると、まずは以下の16号がどどどーっと送信される。
 1号を読むのに3~5分くらい要するかと。大変だ。でも、初月無料の決まりなので、いまなら全部無料で読める。12月になってしまうと、11月分はバックナンバーとなり、108円かかる。無料か108円か、あんまり変わらないと言われればそのとおりだが。

第2017号 残虐猫殺し、傍聴券抽選の行列に異変が!
 猫を残虐殺の事件は、傍聴券抽選になってしまった。くそっ。しかしその日は同時刻に「強姦致傷」とか大人気な事件名の裁判がなんと7件もある。抽選は定員割れかも。ところがびっくり、400人近く集まった! 行列のほとんどは普段見かけないタイプのご婦人たち。ははぁ…。  プラス、妻子持ちの男が女子中学生と約1年間にわたり淫行等々し、妊娠・出産で発覚した事件。純粋な恋愛感情だったと否認し…。
 
第2016号 人気モデルのストーカー犯、服役後に詐欺?
 もしや? と思って傍聴してみたらやっぱりそうだった。あの事件で服役した男が今度は「詐欺」で逮捕されたのだ。東京弁護士会を退会になった元弁護士がからんでいるらしい…。  プラス、民家の郵便受けを蹴り壊した事件。その民家の上品そうな奥さんを証人尋問。まだら金髪の被告人は薄く微笑み…。

第2015号 免許試験に数十回落ちて20歳の爆破予告
 「スカイツリーに爆弾10個仕掛けた。しぇしぇしぇのしぇー」とか自分の携帯電話からスカイツリーのホームページを通じて送信した事件。同様の送信を母校へも。まさか逮捕されるとは思わなかったんだという。運転免許を取りたい理由も含め、何をすればどうなるか、相手が何を求めているか、全く考えが回らない若者なのだった。私も同じ?

第2014号 勾留理由開示の法廷で珍しいシーンに遭遇
 刑事の国選と民事のシンプルな事件を多数引き受け、裁判所へ来るときはそれらを分刻みで片付けるらしく、しょっちゅう遅刻する弁護士がいる。今回も遅刻したが裁判官のほうが大幅遅刻。その間に弁護士(弁護人)は、今後の裁判について被告人と打合せを始めた。傍聴席にもはっきり聞き取れる声で。おぉ、興味深い内容を私は逐一メモし…。

第2013号 弁護が不十分でお婆ちゃんは刑務所行き?
 第2010号の万引きの判決。「これを言えば再度の執行猶予にしよう」と検察官も裁判官も思っていることがありありなのに、証人も被告人もどうしても言わず、弁護人は言わせようとしなかった。判決は案の定、実刑。でも大丈夫、控訴してあれをあれすれば逆転執行猶予と思いますょ。

第2012号 スカートに精液かけ、ADHDと診断され
 電車内痴漢で前科9犯、服役もした男が、今度は電車内で15歳女子の背後に密着し、自慰行為をしてスカートに精液をかけた。昔からうまく生きられなかった理由はADHAと分かり、犯行後、ある薬を毎日服用してから普通に働けるようになり前向きに生活していたが…。

第2011号 妖精少女、1人で自殺するのは寂しいので
 悲しそうでもあり、薄く微笑んでいるようでもあり、なんというかこの世のものではない、地上に堕ちた妖精、とも思える若い女性は、ある男性を呼び出して食事した後、突然包丁で突き刺したのだった。  プラス、松居一代さんがホリプロから訴えられた民事訴訟を傍聴…。

 以下の3号は11月19日にお知らせした

第2010号 再度の執行猶予とすべき事情を言ってくれ!
第2009号 加害者の動静に注意する義務はありません
第2008号 シングルマザーの見栄が総額1億円被害を?

 以下の4号は11月13日にお知らせした

第2007号 これを温情判決と感謝したらアウトですぞ!
第2006号 足利の検察官も裁判官もどうなってんだ!?
第2005号 女子マラソン選手の万引き、足利支部へ!
第2004号 不倫で覚せい剤の警部補を逮捕したのは

 以下の2号については11月7日にお知らせした。

第2003号 少女買春のみが生きる喜び、実感なのか
第2002号 ヤバイ人物が来るらしい法廷へ行ってみた件

 画像は最高裁の傍聴券。抽選でなくてもこれが交付され、記念品的な意味なのか、持ち帰れるのだ。
Img_1721 私は「ろ-20」。「大法廷傍聴席図」の3列目の20番が黄色くなってるでしょ。そこが私の席ってわけ。
 自由に座れず、「い-1」から順に埋まる形だ。はの19番まで埋まった。だから傍聴人は、私の計算に間違いがなければ全部で73人ってこと。はの16番か17番に座ったのは、新潟のあの弁護士さん。なぜ新潟から出てきたのか…。あっ、もうこんな時刻。委細はメルマガ次号(12月の最終号)で!

 ←11月30日16時10分現在、週間INが100で2位~。happy01

2017年11月19日 (日)

再度の執行猶予とすべき事情を言ってくれ!

弁護士 「弁護士は、ほかの弁護士が民事をどうやっているか、知っています。だって相手(=原告または被告の代理人)もたいてい弁護士なんですから(笑)。でも、刑事でほかの弁護士がどうやっているか、ほとんど知る機会がありません。今井さんのメルマガは参考になります」

171110 少々お世辞も混じっているのか、そう言われたことがある。
 なるほど、たとえば無免許運転の刑事裁判では、犯行車両である自家用車を売却等処分してその裏付けの書類を証拠として出す(=再犯可能性がないことの立証ひとつとする)のがお約束なのに、そこをスルーし、被告人が検察官から問われて売却したと述べ、裁判官は弁護人に裏付け書類を出せと言う、なんてシーンを私はリアルにレポートする。てか弁護人の不手際もお伝えするのがメルマガ「裁判傍聴バカ一代」の重要な役割、存在意義だと思っているので。

171110_2 先日、万引きで執行猶予中の万引き、の刑事裁判を傍聴した。
 それ自体はきわめてポピュラーで、普通は実刑となる。前刑の執行猶予は取り消され、ダブルで服役することになる。
 ただ、本件の被告人は87歳のお婆ちゃん。ダブルの服役は酷だ。「情状に特に酌量すべきもの」(刑法第25条第2項)としてお約束なことを裁判官が欲しがっていることが明らかだった。
 ところが! 証人(被告人の娘)も被告人も気にせず、逆のことばかり言い、新人らしい弁護人は全くスルーなのだった。私は傍聴ノートに書いたよ、「なんだこの裁判、うわ~」と。私よりも裁判官が困ったろうねぇ。

 そんな感じでメルマガ「裁判傍聴バカ一代」は、11月は以下の9号を発行した。第2010号は上記お婆ちゃんの事件だ。

第2010号 再度の執行猶予とすべき事情を言ってくれ!
 87歳のお婆ちゃんの、万引きで執行猶予中の万引き。普通は実刑とし、前刑の執行猶予は取消しでダブルの服役となる。だがそれは酷だ。裁判官は、再度の執行猶予とできる特別な事情を求めた。ところが被告人も証人(娘)も、なにより弁護人も…! こんな裁判ありか!

第2009号 加害者の動静に注意する義務はありません
 報道された除霊詐欺に続いて、報道されてない「過失運転致死」の控訴審判決。執行猶予判決を破棄して罰金刑にしてくれとの主張。被告人は国土交通省の職員なのだった。こういう事件を裁判所はどんな論法でどう裁くか、公務員諸氏は知っておくべきかと。

第2008号 シングルマザーの見栄が総額1億円被害を?
 お受験詐欺で1億円以上を騙し取ったとか大報道された事件。長期の実刑は間違いなし。ちょと個性的な女性弁護人が、被告人の生い立ち、どうしてこうなったか、「うわ~!」な内容を文学的美文調で長々と語るのだった…。

 以下の4号は11月13日にお知らせした

第2007号 これを温情判決と感謝したらアウトですぞ!
第2006号 足利の検察官も裁判官もどうなってんだ!?
第2005号 女子マラソン選手の万引き、足利支部へ!
第2004号 不倫で覚せい剤の警部補を逮捕したのは

 以下の2号については11月7日にお知らせした。

第2003号 少女買春のみが生きる喜び、実感なのか
第2002号 ヤバイ人物が来るらしい法廷へ行ってみた件

 いま購読登録すると、以上9号がどどっと送信される。そして月末まであと8号が順次送信される。そこまで無料。
171110_4 多彩な事件をレポートしているが、どうも万引き病の事件が多くなっている。司法自体が分かりやすく病的と思え、かつそこに日々注目しているのは私だけのようで、つい力が入ってしまうのだ。
 万引きをくり返してしまう方、またそのご家族には是非お読みいただきたいと思う。似たような癖(へき)を持つ女性(ときに男性)たちが、どう万引きし、司法はどう扱うのか、知ることはきっと役に立つと思う。

※ 画像は、1964年11月9日に起こった鶴見事故の慰霊碑と五輪塔。2017年11月9日に某氏が慰霊に訪れ撮影したもの。その犠牲者氏名の中に、嗚呼、合掌。

 ←11月19日1時20分現在、週間INが120で3位~。happy01

2017年11月13日 (月)

これを温情判決と感謝したらアウトですぞ!

 パブロフの犬に喩えれば…。
 エサを見て犬は唾液を出す、と一般に思われているが、ある条件付けが為されれば、ベルの音に反応して犬は唾液を出す。

 同様に、万引きは利得のために行う、ヤメようと思えばヤメられる、と一般に思われているが、平井愼二医師が言うところの「動物脳」に条件付けられているので、利得とは関係なく、また本人の意思には関係なく、ストレスやシチュエーションに反応して万引き病者は万引きをする。

 同様に、個別の事情等に沿って判決が決まる、と一般に思われているが、司法村においては、量刑相場にしたがって裁判官は判決を…。

 そんなことばっかり頭を駆け巡り、メルマガ「裁判傍聴バカ一代」は11月は以下の6号を発行した。

第2007号 これを温情判決と感謝したらアウトですぞ!
 前号からのつづき。被告人質問! 右上の監視カメラに気づき、店員と目が合ったのに、なぜ万引きをやったのか。一種のSOSだったのか。判決は執行猶予付きだったが、これは本件特有の事情や反省や誠意とは無関係なのだ。万引きが止まらない方、またそのご家族にぜひお読みいただきたい。

第2006号 足利の検察官も裁判官もどうなってんだ!?
 前号からのつづき。マラソンの過酷な体重制限から摂食障害になり、そこから発展した、やはり万引き病(窃盗症、窃盗病、クレプトマニア)なのだった。同種裁判を多数傍聴してきた私が驚いたのは、警察官も検察官も裁判官も万引き病のディープさをよく理解している風だったこと!

第2005号 女子マラソン選手の万引き、足利支部へ!
 女子マラソンの元日本代表選手が万引きで逮捕された、起訴されたと大報道された事件。裁判傍聴師としては万引き病の臭いを感じ、頑張って宇都宮地裁・足利支部へ出かけた。傍聴券抽選、当たり券は34枚のところ並んだのは15人ぽっち。被告人の認否と弁護人の意見までをレポート。つづくっ!

第2004号 不倫で覚せい剤の警部補を逮捕したのは
 覚せい剤で執行猶予前科がある女が、また覚せい剤を使用し始め、しかし断ち切りたいと警視庁に自首。そして2カ月ほどのち、その女と千葉県警の警部補が千葉県内で覚せい剤所持により逮捕された。警部補は女と不倫しつつ覚せい剤を使用していた。別の法廷で別の日に言い渡された2人の判決を傍聴してしまった。

 以下の2号については11月7日にお知らせした。

第2003号 少女買春のみが生きる喜び、実感なのか
第2002号 ヤバイ人物が来るらしい法廷へ行ってみた件

 いま購読登録すると、以上6号がどどっと送信される。そして月末まであと11号が順次送信される。そこまで無料。特に興味深い事件のみレポートしようと思っているのだが、特に興味深い事件が多すぎて…。

 ←11月13日9時20分現在、週間INが130で2位~。happy01

2017年11月 7日 (火)

座ってるだけで時給1200円、運送業者の脱法バイト

 「<座っているダケで時給1200円!?>横に乗って、駐禁対策!」 という、今年11月2日付けのアルバイト募集がある。
 「勤務時間」は9時~18時。昼休みを抜いて8時間勤務とすれば、日給9600円。忙しく時給950円とかで働くのが馬鹿馬鹿しくなるアルバイトだ。
 「仕事内容」としてこんなことが掲載されている。

<車の助手席に座って、駐禁対策!>

ドライバーさんが配達をしている間、
助手席に座って待機しているだけ!

人が乗っていれば、駐禁にならないので、
簡単だけど、とっても大切なお仕事なんです!

 人が乗っていれば駐禁にならない? ななっナニを言っとるんですか!
Img_1476 人が乗っていてもいなくても、駐車禁止場所に駐車すれば駐車違反だ。ただし人が乗っていなければ乗っていれば、駐車監視員は取締り(正しくは確認事務)を行えない。
 だから、このアルバイト募集は、違法駐車をしてしかし駐車監視員の取締りを逃れるための要員を募集していることになるんじゃないか。このアルバイトを雇う配送業者は、違法駐車することを前提に配送業務を請け負っていることになるんじゃないか。

 それとは別に、ドライバーが忙しく走り回って配達している間、助手席に座ってスマホでゲームとかやって日給9600円。たとえ8400円でも、ドライバーは気持ち的に腐る、嫌になってしまうと、これは誰からだっけ聞いたことがある。
 この話、突っ込めば深い。もすこし取材して『ドライバー』の連載ページで詳述しようか。

※画像は、東京の都心部にある、駐車禁止は9時から19時までですよ、という標識。こんなの滅多にあるもんじゃない。私が撮影したんだ、ひひ。 ←んなこと得意がってるようじゃ人間としてダメっしょ(笑)。

 そうこう言いつつ、メルマガ「裁判傍聴バカ一代」は着実に、その時々のいちばん興味深い事件をレポートし続けている。
 11月は以下の2号を発行した。

第2003号 少女買春のみが生きる喜び、実感なのか
 かなり珍しい「刑の執行猶予言渡取消しの請求」の口頭弁論。4年前にLINEで知り合った少女の乳房露出写真を撮る等して懲役2年6月、保護観察付き執行猶予4年の判決を受け、今年また同種の犯行で捕まり懲役1年…。そのへんの法律も踏まえて。

第2002号 ヤバイ人物が来るらしい法廷へ行ってみた件
 「核兵器技術横流しの為の国際犯罪荷担による損害賠償請求」というすごい事件名の民事裁判があった。その法廷を見失ってうろうろするうち、警備の職員多数が遠巻きにしている法廷があった。なんだろ。傍聴してみた。原告と被告はなんと…!

 いま購読登録すると、以上2号がどっと送信される。そして月末まであと15号が順次送信される(2日遅れになることが多い。申し訳ない)。そこまで無料。ぜひ試し読みを。バックナバーのタイトルと説明文により、どういう感じか少しお分かりいただけるかと。

 本日、てか前日の23時50分頃、風呂の湯船で『火星年代記』を読み終えた。だいぶ前に古書店の3冊200円のコーナーで買ったやつだ。
 アメリカでの初版は1950年だという! 今回読んだハヤカワ文庫は1976年発行、2001年37刷りだ。読み継がれるだけある、すごい作品だ。よっくもこれだけのものを書けたもんだ。世界小説遺産ってのがあれば間違いなく入るでしょ。

 ←11月7日2時00分現在、週間INが160で1位~。happy01

2017年10月29日 (日)

過疎地の医師、スピード違反で医業停止か

 私のメルマガ「裁判傍聴バカ一代」は、2009年12月創刊。そろそろ創刊9年目に突入する。その前に、第2000号に到達する。読み支えてくれた読者諸兄には、ほんと感謝感激だ。
 いま唐突に思いついた。10月31日(火)17時10分、北区滝野川の究極の居酒屋「昭和」を中心地として、全国一斉乾杯を執り行おうじゃないの。
 全国一斉乾杯とは、居場所は問わず、日時を定め、まぁおおむね同じ気持ちの者が一斉に乾杯することだ。2時間や3時間ずれてもぜんぜん問題ない。心は時空を超える、うむっ。
 早い話、飲酒の理由をまた見つけただろ? 図星かもっ(笑)。 ※「昭和」が急に休みの場合は、JR埼京線の板橋駅の東側、サイゼリアかガストか、あそこにしよう。

 さて同メルマガ、10月は以下の15号を発行した。

第1998号 84キロオーバーの医師、なんと罰金刑に!
 前号の事件の判決。医師がどんなに困ろうが自業自得、医療過疎地のお年寄りがどんな困ろうが裁判所の知ったこっちゃない。そうした裁判をさんざん傍聴してきた私は今回、びっくりたまげた。なんと懲役求刑を退けまさかの罰金刑! 他の事件との違いはどこか、それまたびっくりで…。

第1997号 過疎地の医師、スピード違反で医業停止か
 スピード違反は金で済む、と思ったら大間違い。超過速度が大きいと(首都高速なら原則超過80キロ以上は)正式裁判の法廷に被告人として立たされ懲役刑を食らう。もちろん執行猶予が付くが、それでも懲役刑は懲役刑。いろんな国家資格等がヤバくなる。今回の被告人は医師で…!

第1996号 可愛い子を触りたい、分からないじゃないが
 電車内痴漢。くり返してしまう理由をとうとう述べた。混雑した電車内で好みの女性、おとなしそうで触っても抵抗しない女性がいるとつい…。カウンセリングへ行くと約束して執行猶予付き判決で終わったが3年前。同姓同名の痴漢事件がまた東京地裁へ出てきた! タイトルは裁判官の言葉。

第1995号 前科8犯の元組員、オバケが怖い理由とは
 いわゆる隣人トラブルの事件はぽつぽつある。今回のは、上の部屋の高齢女性が深夜にどーん、ばーんと床(被告人の天井)を踏んだことがきっかけ。被告人は元組員で前科8犯なのに、聖書の勉強をしており「オバケ」が怖いんだという。その理由が…!

第1994号 今日から生まれ変わるんだぞ、なぁ、と泣き
 被告人は摂食障害(食べ吐き)の若い女性。万引きをくり返し、罰金刑を受けて間もなくまた万引き、その件で起訴状の送達を受けて間もなくまた万引き。2件の万引きの裁判なのである。衰弱がひどいそうで車椅子だった。裁判官はどう裁き、被告人とその父親はどう受け止めたか、嗚呼…!

 以下の4号は10月21日にお知らせした

第1993号 14歳女子に痴漢、13歳女子に性交類似行為
第1992号 あの震撼事件、原判決破棄で無期懲役か!?
第1991号 前を見て、横を確認して、次の瞬間死んでいた 
第1990号 飲酒運転でパトに追われ時速160キロで!

 以下の2号は10月14日にお知らせした

第1989号 東名夫婦死亡、無理やり止めた男の賠償責任
第1988号 万引き女子、入籍記念日は懲役判決記念日

 以下の4号は10月8日にお知らせした

第1987号 低級動物霊が憑依したかの如き万引き女子! 
第1986号 プロデューサーも写真家もイチロクサンネン
第1985号 食べると体が汚れた気持ちになり吐く、吐く

第1984号 鼻毛が鼻の穴をとおるより簡単な再審無罪

1710272 じつは私自身もこのメルマガの読者だ。自分で書いたものが読者諸氏にどんな形で届くのか、見ておかねばならぬと購読登録したの。どうせ月額108円だし(笑)。

 購読登録するに当たり、1日(ついたち)に登録しなければ損する、と思った。が、月半ばの登録でもその月の号は全部送信されると分かり、安心して登録した。ケチくせぇ話や~。weep

1710273 なことより、医師、公務員、不動産業者などは「たかがスピード違反」で職を失いかねない。そんなこと誰も知らない。受任した弁護士さんは苦慮するらしい。私は過去に相談を受けたこともある。
 第1997号、第1998号は、あれは滅多にあるケースじゃないけども、弁護人と裁判官の目の付け所の違いという点では若干の参考になるかも。

 さて10月は残り3号だ。逮捕、勾留されて実名報道され、頑張って手に入れた念願の仕事を失ったが、しかしっ、かえって幸せをつかんだんじゃないかという感動の事件(普通想像もつかないはず)とか、未レポートの事件がいっぱい溜まっている。週4号もの発行なのに、到底全部はレポートできない。とりあえず次号を何にするか、悩む。

1710274 27日(金)、4時間睡眠で朝から裁判傍聴。濃い事件が多くてあまり居眠りできなかった(こらっ。笑)。なのに17時過ぎ、「今週はよく頑張りましたね」ということで、究極の居酒屋「昭和」へ。ミヤフローラEXをかみ砕いて服用し、黒ホッピー、ナカ4杯、つまみ4皿、きっかりチケット10枚(1100円)を飲食し、1時間ちょいで切り上げて帰宅。もう堪らず20時頃にベッドへ。
 ところが22時頃、すっきり気持ちよく目が覚めた。吐く息に酒臭さは全く感じられない。風呂に入り、新たにまた焼酎を飲み始めた、1合ちょい、ね。
 前夜に飲んだ酒が朝まで残り、自家用車やバスやパトカーを運転し、という報道がよくあるが──私個人の実感でいえば──ミヤフローラEXを飲んでおけば楽々セーフだったのに、「知らない者は損をする」はこういう場面でも真実なのだな、と思う。

※画像はそのつまみ4皿。うずらの卵のカツとハムカツ、根菜の煮物(チョー旨い!)、豚肉を焼いたの、サラダ。これら4皿を、ホッピーのナカを4回おかわりしながら食べ、1100円ぽっきり。何年か前に初めて来たとき「そんな馬鹿な! あり得ない!」と何度叫んだか(笑)。

 ←10月28日0時20分現在、週間INが170で1位~。happy01

2017年10月21日 (土)

バカなことをしでかす者は、その行為以前に本人がバカなので

 ブログ更新を怠ってしまった。あおり運転、交通トラブルのことで、新聞、週刊誌、テレビの方から電話とメールを続々といただき、大変だったのだ。
 画像は、あるスタジオ収録の控え室にあったお弁当。ちらっと見てみたら旨そうで、私は糖質制限食だしこれだけ食べたら血糖値が上がって急激に眠くなりそう、なのだが、ちらっと箸をつけたら止まらず、一気に全部食べちゃった。旨かった~。
 大満足して廊下へ出たら杉村太蔵さんがいて、少しお話しした。テレビで見るより何倍も格好良かった、という話は第1993号の編集後記に書いた。

 さて、「「ぶっ殺すぞ」と脅迫か あおり運転し注意され逆上」と10月20日付けテレ朝ニュース。同種の事件が続々と報道される。
 もしや模倣犯なのか。そうじゃないと思う。

Img_1598 私は15年近く、事件数で7400件以上の裁判を傍聴をしてきた。交通トラブルが発端の「傷害」「暴行」「器物損壊」は普通にぽつぽつ法廷へ出てくる。死亡に至る事件もあった。交通トラブルがらみの無罪もあった。トラブルの発端は、主に追い越し(追い抜き)とクラクションだ。
 今回は、東名高速でのあのご夫婦死亡の事件があまりにショッキングで、今までいちいち報道されなかった似たような事件が出てきているんだろう、私はそう推測する。

 一般論として、バカなことをしでかす者は、その行為以前に本人がバカなのである。バカに常識、良識、正義、法律は通用しない。たとえば常識を説けば逆上するだけ…。数々の事件の傍聴席からはそう思える。
 私だけでなく裁判官、検察官も当然に分かっている可能性がある。彼ら彼女らは、法廷へ出てきた事件を相場通り有罪にするのが本来の仕事とはいえ、多くの事件から教訓じみたものを得ることはあるはず。それを社会へ向け発表すれば、どれだけ有益か!
 しかしそんなことには絶対ならない。大きな社会的損失かと思う。

 その損失を少しはカバーする役割も負う、メルマガ「裁判傍聴バカ一代 」は、10月は以下の10号を発行した。
 追記: 第1989号「東名夫婦死亡、無理やり止めた男の賠償責任」が、22日オンエアの『ビートたけしのTVタックル』で話した東北道での同種事件のレポートだ。弁当はそのときのもの。

第1993号 14歳女子に痴漢、13歳女子に性交類似行為
 地道に働いているらしい中年男性なのに、ローティーン狙いで罰金前科3犯。性嗜好障害の治療を行うと約束していたが…。  プラス、万引きで執行猶予中にまた万引きをやって実刑判決を受け、高裁へ控訴して、その控訴審が始まる前にまた万引きをやった事件と、79歳の男性クレプトマニアの事件…。

第1992号 あの震撼事件、原判決破棄で無期懲役か!?
 「保護責任者遺棄致傷、強制わいせつ、児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律違反、強制わいせつ(変更後の訴因 わいせつ誘拐、強制わいせつ)、殺人、強制わいせつ致傷」の控訴審第1回。どんなやり取りがあったか…。

第1991号 前を見て、横を確認して、次の瞬間死んでいた
 前号の続き、被告人のBMWを追跡するパトカー、160キロで激突されたタクシー等々の、6つのドライブレコーダーの録画映像が法廷で再生された。恐ろしいほどリアル! ただ、誰1人言わないんだけれども、これは警察が招いた事件だったのでは? というものを私は感じて…。
 
第1990号 飲酒運転でパトに追われ時速160キロで!

 前年3月に全ニュースがくり返し大々的に報じたとんでもない交通事件が、とうとう裁判員裁判の法廷へ出てきた。弁護人は危険運転について、解説書的にも判例的にもとおるはずのない無罪主張を、芝居がかって本気っぽくやるのだった。どういうつもりなのか。弁護人って何なのか。 

 以下の2号は10月14日にお知らせした

第1989号 東名夫婦死亡、無理やり止めた男の賠償責任
第1988号 万引き女子、入籍記念日は懲役判決記念日

 以下の4号は10月8日にお知らせした

第1987号 低級動物霊が憑依したかの如き万引き女子! 
第1986号 プロデューサーも写真家もイチロクサンネン
第1985号 食べると体が汚れた気持ちになり吐く、吐く

第1984号 鼻毛が鼻の穴をとおるより簡単な再審無罪

 いま購読登録すると、以上10号がどどっと送信される。そして月末まであと8号が順次送信される。そこまで無料。購読解除しなければ翌月から課金されるわけだが、その額は月108円。無料とあまり変わらない、今井はバカ? だから「裁判傍聴バカ一代」なのだ、ふふ。

 急に寒くなり、もうシャワーはダメ、風呂をわかした。3冊200円の1冊として買ったこの本を湯船で読んだ。人物が多数出てくるともう誰が誰だか分からなくなり、読み進める意欲が失せてしまう私だが、この本は、各人物に対する著者の思いが強いのか、リアルにぐいぐい読み進められた。体が温かいうちに寝よう。

 ←10月21日0時50分現在、週間INが190で1位~。happy01

2017年10月14日 (土)

東名夫婦死亡、無理やり止めた男の賠償責任

171013 「世田谷暴走事故 危険運転は否定」と10月11日付けNHKニュース。 ←私の禿げ頭を探さないでね。sweat01
 この「道路交通法違反、危険運転致死傷、詐欺」を傍聴するため3日連続朝から裁判所へ通ってたうえ、東名高速でのあの重大事件のことで複数のテレビ、新聞から電話やメールをもらったりしてたもんだから、どうにもこうにもブログ更新の時間を取れなかった。朝から夕方まで裁判所にいると、帰宅後のデータ整理にもだいぶ時間を食うのだ。

 「危険運転は否定」について。
171013_2 「赤信号をことさらに無視」は、信号灯火を意に介さず突っ込んだものも含むと、解説書、国会答弁、判例等から明らかなのに、本件弁護人は、赤色灯火を認識して無視するもののみがことさら無視であり、よって被告人は無罪だと熱弁した。
 どうしてああいう熱弁をするのか、かなり興味深い。あとでメルマガで。ちなみに被告人の兄弟と思しき人物の「窃盗、恐喝」の判決が9月下旬に言い渡されており…。

 12日(木)は14時から、東京高裁のほうで「殺人ベビーシッター控訴審でも嘘泣き?小児性愛の話が出ると星柄ハンカチで…」(10月13日付け東京スポーツ)も傍聴した。検察官、弁護人の双方控訴。一審判決は懲役26年で、検察官は無期懲役を求めている。
 同日16時10分、同じ東京高裁第6刑事部(大熊一之裁判長)は、オイルマッサージ店の「準強制わいせつ」で、一審の無罪をガツンと破棄して懲役3年を言い渡し…。

 メルマガ「裁判傍聴バカ一代」は、10月は以下の6号を発行した。

第1989号 東名夫婦死亡、無理やり止めた男の賠償責任
 いま大報道されている事件とよく似た裁判を私は傍聴していた。大型バスの車線変更に「抗議」するため、前方に回り込んで徐々に減速、バスを行車線上に停止させ、バス運転手に対し降りてくるよう執拗に求め、そこへトラックが突っ込み…! その裁判で「納得いかねぇ!」という話が出てきた。今回の大報道の事件もそうなるのか。

第1988号 万引き女子、入籍記念日は懲役判決記念日
 前号からの続き。今回の万引き女子(セクシー美人)には5年前に罰金20万円の前科があるのみ。検察官は懲役刑を求刑。弁護人は段階的処罰の観点から罰金30万円が適当と主張した。そのせいで、あらら…という展開に。こういうシーンをレポートするのが当メルマガの社会的役割かと。

 以下の4号は10月8日にお知らせした

第1987号 低級動物霊が憑依したかの如き万引き女子! 
第1986号 プロデューサーも写真家もイチロクサンネン
第1985号 食べると体が汚れた気持ちになり吐く、吐く

第1984号 鼻毛が鼻の穴をとおるより簡単な再審無罪

 いま購読登録すると、以上6号がどどっと送信される。そして月末まであと12号が順次送信される。そこまで無料。
 じつは12日(木)と13日(金)の号をまだ発行してないのです。申し訳ない、急がねば!

※画像はいずれもマニア氏より。愛媛県松山市のかな、路面電車(streetcar)。画像上のお年寄り、どこを歩いてんのっ。画像下はダイヤモンドクロスというんだそうだ。

 ←10月14日4時050分現在、週間INが180で2位~。happy01

2017年10月 8日 (日)

万引き病の裁判に異変が?

 たまたま最近遭遇してないだけ、かもしれないが、そういえば最近、「クレプトマニア」という語をぱたりと聞かなくなった、ような気がする。

「重度のクレプトマニアであり、再犯防止のためには、刑罰よりも、保釈後に開始して効果を上げている治療を継続させることが必要です」

 と主張すれば、検察官は必ず、もう喜々としてアメリカの診断基準、DSM-5の、5つの項目のうち1つ、これを持ち出す。

「個人的に用いるのでもなく、またはその金銭的価値のためでもなく、物を盗もうとする衝動に抵抗できなくなることが繰り返される」 ※榎本クリニックのサイトより。

070420350 この中の「個人的に用いるのでもなく、またはその金銭的価値のためでもなく」に厳密に該当するクレプトマニア、万引き病の裁判を私は見たことがない。
 摂食障害(食べ吐き)の患者は普通、食べ物(もっぱらジャンクなフード)を万引きするし、衣類だって化粧品だって乾電池だって…。
 専門医師はみな、あの基準は間違っていると証言する。※御用医師は除く。
 たぶんアメリカでも問題になってるんじゃないのかな。

 そもそも刑事裁判の裁判官は、普通に有罪にするための理由を探しているということができる。検察官がDSM-5を持ち出せば、喜々として乗っかり、弁護人の主張を退ける。
 そこを分かっているので、犯行時の所持金がたっぷりあり、資産もあるご婦人が数百円のものを万引きすれば、有能な警察官、検察官は必ず、「老後が不安で少しでも節約したかった」という調書を取っておく。

 「クレプトマニア」と言えば直ちにDSM-5で退けられる、それがパターン化してきたので、弁護人たちは「クレプトマニア」という語を使わなくなった…。
 この仮説が当たりなら、今どき「クレプトマニア」と発する弁護人は、間違いなく、私のメルマガを読んでないね(笑)。

 さてそんなわけで弁護士さんたちにもけっこうお読みいただいてる私のメルマガ「裁判傍聴バカ一代」、10月は以下の4号を発行した。

第1987号 低級動物霊が憑依したかの如き万引き女子!
 20代の車椅子の女子は、明らかな万引き病。大量の食べ物を部屋にため込み、腐って虫がわき、カビが生え。家族が捨てるとゴミ箱から拾ってきて、食べ吐きをやるのだという。表情が乏しく、今にも「ケーン!」とか叫び啼いて天井へ飛び上がるんじゃないかと、そんな妄想さえ…。
 
第1986号 プロデューサーも写真家もイチロクサンネン
 数々の超有名アーティストを世に送り出してきた大物大楽プロデューサーも、中南米へ麻薬組織を取材に行ったとき初めて薬物を使ったという有名、有能そうな写真家も、みなイチロクサンネン、すなわち覚せい剤の初犯の決まりの判決に。

第1985号 食べると体が汚れた気持ちになり吐く、吐く
 江川紹子さんがレポートしている重度の万引き病者(30代女性)の、ややこしい経過をたどった万引き事件の判決。万引き病も凄まじいが、それを認めない鑑定医、裁判官の論法もまた凄まじいというか。江川さんのレポート時より症状は悪くなっているようで、この女性、服役中に死ぬかも…。

第1984号 鼻毛が鼻の穴をとおるより簡単な再審無罪
 東京簡裁の法廷へ「道路交通法違反再審被告事件」が出てきた。オービスによる57キロ超過で罰金8万円を払った若者が、じつは身代わりだったと判明、無罪にするための裁判だ。身代わりを頼んだキャバクラ店長の氏名が分かってびっくり。そっちの「犯人隠避教唆」の裁判を私は傍聴していた!

 いま購読登録すると、以上4号がどどっと送信される。そして月末まであと14号が順次送信される。そこまで無料。
 今月は合計18号、きついっす。sweat01

※ 画像は2007年4月20日撮影。農林水産省、懐かしの第5食堂の牛めし、半食(はんしょく、ご飯半分)、350円。酢の物の酢がきつくて良かった。あの狭さも良かった。しかし撤退を余儀なくされたのだ。

 ←10月8日18時50分現在、週間INが240で1位~。happy01

2017年9月24日 (日)

自閉症スペクトラム、自分が何者か初めて!

被告人 「もう絶対しません、したくありません!」

 どんなに本気で誓っても、またやってしまう。どうもおかしいと気づき、専門の医療機関へ。病気と診断され、治療を始める。しかし、そういうことには関係なく、執行猶予中の同種犯行なら実刑を食らわせ、治療を絶ちきって刑務所へ落とす。それが日本国の太い背骨といえる。C.W.ニコル氏の娘さんも実刑判決を食らった。
 とはいえたまに、再度の執行猶予とされることもある。そこに法則性はあるのか。俺はメルマガ「裁判傍聴バカ一代」でレポートし続けてきた。
 ところが、以下は9月21日付け毎日新聞の一部。

<再犯防止計画>薬物犯罪者、社会で更生 懲役より治療重視
 昨年12月に成立した「再犯防止推進法」に基づき、政府が策定を進めている「犯防止推進計画」の中間案に、薬物犯罪対策として、法務省と厚生労働省が薬物依存者を刑務所に収容せず、社会内での更生(立ち直り)を目指す施策の検討を盛り込むことが分かった。米国などで実施されている「ドラッグコート」(薬物法廷)も研究や検討の対象になるとみられる。政府は中間案を近く公表し、パブリックコメント(意見公募)を実施する。【鈴木一生】
 中間案は、来年度から2022年度までの5年間を計画の実施期間に設定。原則として単独の省庁で行う施策は1年以内、複数の省庁が関わる場合は2年以内に実施方法などを決め、実行に移すとしている。
 薬物犯罪は再犯率が高く、14年の刑務所出所者でみると、覚せい剤取締法違反で検挙された人の20.7%が2年以内に再入所している。中間案は「海外において薬物依存症からの効果的な回復措置として実施されている各種拘禁刑に代わる措置を参考にしつつ、効果的な方策の検討を行う」などとしている。
 検討されることになるとみられる「ドラッグコート」は、薬物犯罪者に刑罰ではなく、薬物離脱プログラムを提供する「治療」を施すもので、仮に現実化すれば刑務所を中心とした日本の刑事政策の転換につながる。
 このほか、行政や福祉関係機関などが連携するネットワークを地域ごとに創設する施策も提唱。刑務所出所者らの就労支援などを円滑にできるようにする狙いがある。保護観察対象者が公営住宅に入居する際の要件を緩和する方策も検討するとしている。再犯防止推進法は、刑務所出所者らの再犯を防ぐための取り組みを国と地方の責務と明記している。

1709212 おかしい。それは俺がさんざん見てきた日本国のやり方と違う。誰か利発な官僚氏が思いつき、ポストと天下り先を増やしたいという官僚国家のベクトルに合致したので、こんな発表をしたものの、利発な官僚氏が思い描いた理念はぐずぐずになり、ポストと天下り先だけが増え…。そうなるんでないの?
 裁判員制度だって、「司法に国民の常識を」とか思わせといて、じつは裁判員に重い守秘義務を課して裁判の検証を厳禁し、もともと正しい司法に対し理解と信頼を深めさせるための制度(※)なわけだし。 ※制度の目的は裁判員法第1条にしらっと明記されている。 ※画像は在る木曜日の17時02分頃の「昭和」。左端の中央付近に並んでいるのが釜飯。チケット1枚。10分だっけ過熱して蒸らして食べる。

 さてメルマガ「裁判傍聴バカ一代」は、9月は以下の12号を発行した。

第1978号 カラオケ代が足りないのでちょっと強盗に
 交際相手とカラオケへ行き、金が足りないので交際相手を残して外出、棒を拾って近くの酒類量販店へ行き…。なんちゅう奴だ。じつは俺はこの被告人の前刑の裁判(強盗等)を傍聴している。心に残る悪質な事件で、そっちは懲役5年6月。出所後2カ月ちょいで本件をやったのである。

第1977号 自閉症スペクトラム、自分が何者か初めて!
 専門店でフィギュアを万引き。男性は万引きが止まらず、執行猶予中にまたやったのだった。今回、自閉症スペクトラム障害との診断を受け、ずっと苦しんできた男性は「自分がどういう人間か初めて分かりました」と泣き…。

第1976号 タブレット開廷表、量販店がマケてくれた?
 今年8月15日、東京地裁(東京高地簡裁合同庁舎)に全国で初めて設置された、18台のタブレット端末の開廷表。あれの契約書、仕様書をゲットした。1台7万5千円(税別)、インストールするソフトが1式1万5千円(税別)。それらの型式は、そして売主はなんと…。

 以下の4号は9月18日にお知らせした

第1975号 ものまねタレントの民事訴訟「終結します」と
第1974号 しかし誰も「わー」とも「きゃー」とも叫ばず
第1973号 全服役囚にアンケート調査したらどうなのさ
第1972号 万引き病は刑務所の恐怖では止まらない

 以下の3号は9月10日にお知らせした

第1971号 万引き病、DSM-5の新たな犯罪的効果!
第1970号 傷害致死、3歳男児にガンをつけられ暴行?
第1969号 月30万円くらいで気持ちよくセックスしたいな

 以下の2号は9月6日にお知らせした

第1968号 がん患者から主治医への謝礼金を騙し取り
第1967号 弁護士の資格ねーじゃねぇか、バカ野郎っ!

 いま購読登録すると以上12号がどどっと送信される。そして月末まであと5号が順次送信される。そこまで無料。
 次号は、妻に熱湯をかけた「傷害」と、少女としか見えない男性による「殺人未遂」をレポートしようかと。
 以下は第1978号で紹介した新書3冊。

 ←9月24日9時40分現在、週間INが160で1位~。happy01

2017年9月18日 (月)

桜吹雪に「延命無用」の刺青が!

 以下は9月17日付け共同通信。

90歳以上、初の200万人突破
 敬老の日(18日)を前に総務省が17日発表した人口推計によると、9月15日時点で国内の90歳以上人口が初めて200万人を突破し、前年より14万人多い206万人となった。2016年に仕事に就いていた65歳以上の高齢者は、同省の労働力調査で過去最多の770万人に達し、1年間で38万人増えた。
 90歳以上の人口は1980年の12万人から年々増加し2004年に102万人となった。その後は13年間で倍増した。
 全就業者に占める65歳以上の人の割合は11・9%となり、高齢者が社会の中で一定の役割を果たしている実態が明らかになった。

 超高齢社会におけるニュービジネス、俺は考えついたよ。
Img_1511 鮮やかに舞い散る桜吹雪の中に、墨書四文字、「延命無用」、そんな刺青を高齢者に彫る商売だ。
 瀕死で救急搬送された高齢者が、最後の力を振り絞り、ばっと諸肌を脱ぐ、そこには延命無用と…!

 ほかに「諸行無常」「業雲流水」「光陰如矢」「明鏡止水」などいろいろある。変わり種としては「無病息災」もありか。「恐縮至極」なんてのもいいね。生前に戒名をつくってそれを彫る手もある。
 彫り師は、男性高齢者に対しては若い女子。女性高齢者に対しては若いイケメン君がいいでしょ。

 高齢者を主人公とする人気テレビドラマで、主人公が格好良く諸肌を脱ぎ、見事な見得を切る…。エンディング曲のダンスで、高齢者たちが踊りながら次々と刺青を見せていく…。
 2020年は東京オリンピック。外国人が大勢来る。タトゥーのある外国人が多い。温泉も「入れ墨、タトゥーお断り」とばかりは言ってられないはず。ちょうどいいじゃないか、ねぇ。

 そんなことも夢想しながら、俺のメルマガ「裁判傍聴バカ一代」、9月は以下の9号を発行した。

第1975号 ものまねタレントの民事訴訟「終結します」と
 女性ものまねタレントが被告、事務所が原告の民事訴訟。原告が請求した証人が出頭せず、かつ、原告は「請求の原因」を変える主張立証をしたいと…。2度休廷して合議し、裁判長は言った、著しく訴訟を遅延させることになるのでこれで結審、次回判決すると。俺は帰宅後ネット検索してみた。うわぁ…。

第1974号 しかし誰も「わー」とも「きゃー」とも叫ばず
 若い女性による、万引きで執行猶予中の万引き。明らかに病気なのに、「クレプトマニア」であることを被告人も弁護人も否定した。裁判官がなんと30分間も被告人質問をやった。判決はどうなるのか! 相場どおり実刑かと思いきや、なんと…!

第1973号 全服役囚にアンケート調査したらどうなのさ
 4年前に渋谷のヒカリエでマネキンの衣服に放火、コンビニで文庫本を万引きして実刑を食らった被告人が、また東京地裁の法廷へ出てきた。万引きを重ね、今回の事件名は「常習累犯窃盗」。前科16犯。こういう人をただ刑務所へ送り込んでどうなるのか。  プラス、C.Wニコル氏の娘さんの事件の判決。

第1972号 万引き病は刑務所の恐怖では止まらない
 前号からの続き。商店の前を通らずに歩くのは難しく、盗りたいと思ったら商店へ足が向かってしまう、盗りたいと思って入る、入っちゃうのだと、若い女性は告白するのだった。専門医師の治療により内省を深め、自分を見つめることができるようになったわけだが、裁判的には…。

 以下の3号は9月10日にお知らせした

第1971号 万引き病、DSM-5の新たな犯罪的効果!
第1970号 傷害致死、3歳男児にガンをつけられ暴行?
第1969号 月30万円くらいで気持ちよくセックスしたいな

 以下の2号は9月6日にお知らせした

第1968号 がん患者から主治医への謝礼金を騙し取り
第1967号 弁護士の資格ねーじゃねぇか、バカ野郎っ!

 いま購読登録すると以上9号がどどっと送信される。そして月末まであと8号が順次送信される。そこまで無料。

 ところで、15日(金)からか拙宅の玄関の床に放り置かれていた、東京高裁からの郵便、いま開けた。
 なんと、先日開示申出をしたタブレット開廷表の契約書だった。うひょ~、ありがとございます~! 内容についてはメルマガ次号で。

 ←9月18日1時20分現在、週間INが170で1位~。happy01

より以前の記事一覧