フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

カテゴリー「「裁判傍聴バカ一代」」の429件の記事

2019年11月14日 (木)

裁判傍聴師とは

 裁判傍聴師についてネット検索しても解説が出ない。ここに書いておこうと思う。

裁判傍聴師 さいばん・ぼうちょう・し

 裁判傍聴師の名称を用いて裁判傍聴の業務に従事することができる者として都道府県知事の免許を受けた者をいう。
 裁判員は、「裁判員の参加する刑事裁判に関する法律」第1条により、司法に対する理解を増進させ信頼を向上させる対象として位置づけられている一方、裁判傍聴師は、司法の監視者として裁判を傍聴し、必要があると認めるときは裁判所、検察庁、弁護士会に対し「勧告」または「提言」を行うことができる。
 1事件の傍聴につき1個、傍聴カードに書記官からハンコをもらい、30個たまると規定の報酬が支払われる。これをラジオ体操方式という。傍聴カードは、300事件までグリーン。以降はブルーとなり、3000事件からゴールドとなる。

191113-2  でもこれ、おかしいところがあるでしょ。
 そう、ご明察のとおり、権力者から選ばれてナニが監視者だよ(笑)である。以上は裁判員に関する部分を除き全部うそぴょんだよーん。
 監視者としての傍聴人は、傍聴無頼(ぶらい)、荒野の一匹傍聴人でなければならない。

※ 画像は夕べの酒肴。酢漬けのタマネギに赤と緑のピーマンをまぶしたの。最近毎日食べてるワカメの酢のもの。シャケ。家人手作りの煮物。山芋の海苔かけ。じつに鶏臭い鶏肉。焼酎を飲みながらだとこれで満腹。鶏肉は半分以上、翌日回しとした。

 ←11月14日11時10分現在、週間INが110で2位~!

2019年11月13日 (水)

センシスオービスの高性能ぶりをネットで初めて書いた!

 「クリッカー」というサイトがある。私もときどき記事を書かせてもらっている(もちろん原稿料あり)。
 現在、そのサイトの下のほうにある「デイリーランキング」で、なんとびっくり、私の記事2本が1位と2位になっている!

300キロまで測定&カラー写真をUSBに保存! スウェーデン製新型オービスの恐るべき高性能【新型オービス否認裁判・後編】
クルコンとオービス、どっちが正しい!? 新型オービス初の裁判は前代未聞の体制に【新型オービス否認裁判・前編】

 その裁判のことはメルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」で都度詳報してきた。

第2211号 新型オービス、たぶん本邦初の裁判、探して狙って傍聴しました!
第2228号 センシス社の新型オービス、本邦初の検察側証人尋問に大興奮!
第2229号 センシスの新型オービス、それって軍事技術じゃないのっ?
第2252号 センシス社の新型オービス、意外なことがいっぱい分かった!
第2271号 センシスの新型オービス裁判、証人はミニスカートの女性で!
第2299号 新型オービスのセンシス、世界シェアは2位か3位って!
第2300号 センシスの新型オービス、世界を股にかける装置の信頼性
第2316号 新型オービス、出版社がネットに写真を載せ刑訴法違反!

 リアル世界の雑誌『ラジオライフ』『ドライバー』でも書いてきた。
 しかし! ネットの無料で読める場所に詳細を書くのは初めてだ。
 ネットでしか情報を得ない人、得られない人は相当多いはず。センシス(Sensys Gatso Group。本社はスエーデン)のオービスの驚異の高性能ぶりが広く知られることとなる。

 今月下旬に発売となる『ラジオライフ』で明かすように新型オービス(※)は、センシスと、日本のオービスの老舗である東京航空計器(TKK)とが競合する形だ。が、警察庁はえげつなく“TKK推し”と思われるフシがある。
 そういうなかで、センシスの高性能ぶりを広く知らせた私は、“TKK推し”の勢力からすれば非常に目障りなはず。
 じゃあどうするか。行政の遂行に目障りな者はことある毎に徹底的に攻撃して評判を落とすという、えげつない手法があるそうだ。
 私は今年中に、遅くとも来年早々には単行本を出すことになっている。そのネット販売サイトのレビュー欄にぼろくそ書いて星をゼロにする、それはあるだろうと覚悟している。なんせ“TKK推し”ぶりはえげつないので。
 困ったときの呪文、「そんなこともあるよね~♪」を唱えて進むしかない。

1812274-2  今日は横浜地裁へ行ってきた。「虚偽の供述させた弁護士 初公判で起訴内容を否認 横浜地裁」(8月30日付け産経新聞)などと報じられた「犯人隠避教唆」の、江口大和弁護士に対する被告人質問があるとマニア氏から情報をいただき。
 こりゃ無罪かも! と思えた。
 ただ、私は途中で二度抜けたのだ。どうしても絶対見逃せない事件を他の法廷に見つけちゃって。メルマガでレポートしよう。

※警察庁の文書では「新たな速度違反自動取締装置」とされている。装置的にも運用的にも確かに「新たな」なので私は新型オービスと呼んでいる。ネットでは固定式も含めて「移動オービス」「移動式オービス」と呼ばれている。

 ←11月13日21時50分現在、週間INが110で2位~!

2019年11月11日 (月)

私、29歳ですから

Img_0102  裁判所からの帰りの地下鉄内でのことだ。 ※画像は山口地裁・宇部支部へ行ったとき撮影したもの。福岡市内の電車かも。

 昼の仮眠をしておらずお疲れな私は優先席に座った。
 優先席は進行方向に向かって左右に8席ずつだったかな。2席空いていたうち1席に座った。もう1席もすぐ埋まった。ほとんどみんなスマホをいじっている。東京の地下鉄ではまぁ普通の光景だ。

 次の駅で、高齢の男女が乗ってきた。70歳代の後半か。
 私は禿げの初心高齢者。10歳ちょいしか違わないはず。ま、いいか、と座ったまま本を読み続けた。

 ふと見ると、ご婦人のほうが杖をついていた。
 あっ! 私は弾かれたように立ち上がり、背を向けていたご婦人の腕に軽く手を触れ「気づかず失礼しました。どうぞ(座席へ)」と言った。
 するとご婦人は、軽く眉をしかめて妙な身振りをした。若い人たちが座ってるのに…という身振りだった。

 げっ、弾かれたように立ったとき、そんなことを私は全く考えなかった。しまった、ヤバイことをやらかした。
 追い詰められた私は、にっこり言った、「私、29歳ですから」と。
 ご婦人は「まぁ!」という驚きの笑顔になり、座席に座ってくれた。ほっ、うまくいった(笑)。

 私はドアのほうへ行き、立った。どうせ次で降りるのだ。
 降り際、ご婦人が笑顔で「29歳さん、ありがとう!」と大きな声で言った。
 そんな反応は想像もしていなかった。私は複雑な笑顔でご婦人に会釈し、降車して雑踏に紛れ込んだのだった。

 しっかし、こういうのはヤバイよね~、とあとで思った。
 知らん顔していた若い人たちの中には、席を譲らなかったことを後ろめたく思う人もいるかも。そういう後ろめたさは攻撃に転じやすい。「クソ禿げジジイがいい格好しやがって!」とか。
 そのような人がもしも「今井亮一だ!」と気づけば、ネットで匿名で攻撃してくるかも。
 “悪い奴”を攻撃すれば自分は正義の立場に立てて気持ちいい、後ろめたさは忘れられる、人間にありがちな心理機制だろう。
 とはいえしかし、杖をついてるご婦人を立たせておくわけにもいかず。うーん。

 メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」、11月は以下の4号をすでに発行した。 

第2331号 芸能系のストーカー事件、弁護人のダメぶりについて少し
 タレントのふかわりょうさんに対するストーカー、けっこう報道された事件の判決。被告人は女性、でもってストーカーとなれば傍聴人が集まるに違いない、ということを多くの弁護人は全く顧慮しない。せっかく来た親御さんが傍聴席に入れなくても知らーん顔。それはひどいと常々言ってるのはまさか私だけ?

第2330号 髪の毛詐欺師の尿かけ事件、来年10月下旬には出所して…
 横浜地裁・相模原支部へ判決を傍聴に行った。東京地裁の傍聴マニアの間でちょっとしたトラブルが! 判決は相場通りの実刑。出所したらまたまっしぐらに東京地裁へ来るだろう。その理由は?

第2329号 外貨購入詐欺、岡山の高齢女性から600、600、800万円!
 外貨購入がネタの特殊詐欺。証券会社から顧客名簿が流れているのかな。被告人の“仕事”は現金入り宅配便の受取り。特殊詐欺は、1度成功すればカモ認定し、何度でも騙す。中国地方のお婆ちゃんは合計2千万円を短期間で失い…。

第2328号 ホテルのテレビに尿をかけた理由を被告人は頑として言わず
 前号からの続き。生活保護を受けて宿泊所にいながら、あちこちのビジネスを利用した。理由はゆっくり風呂に入りたかったからと被告人は言い張るのだった。ならばなぜ偽名で宿泊するのか裁判官から問われ…!

 いま購読登録すると以上4号がどどっと送信される。今月はちょっと手違いがあり、10月に発行した第2232号「児童買春等で10年前に捕まった元巡査長、懲りずにまた」がよけいに送信されるはず。そして11月末まであと9号が順次送信される。そこまで無料だ。
 面白くて購読解除できなくなると、翌12月は月額110円(税込み)が課金される。1号あたりではなく月額110円だ。

 ←11月11日11時11分、と言いたいところだが11時50分現在、週間INが100で2位~!

2019年11月 8日 (金)

裁判も刑務所も無力と田代まさしさんは身を捨てて証明した

191029-2_20191108000101  田代まさしさんがまた覚せい剤で逮捕された。
 田代はバカだアホだ、バカは死んでも治らない、そう罵って世間は、自分らは正義の側にいることを確認して満足するのだろう。

 だが、たとえば「田代まさし容疑者、また逮捕。「クスリの前じゃ無力」と語っていた」と11月7日付け日刊SPA!。
 田代さんは過去にこう語っていたという。

「(ダルクの近藤恒夫代表の本を読んで)薬物依存は病気で、だから俺、何回も捕まったんだってことをやっと理解できた。自分の力じゃクスリの前では無力なんだよ。だからこんなに再犯率が高いし、クスリを止められない人が多いわけで。だって、強い意志だけでやめられるんだったら、みんなやめてるわけだから」(日刊SPA!2015年3月19日配信)

 「もう絶対ヤメる」という強い意志や誓いは○○の前では無力。それは少なからぬ犯罪において真実であると、裁判傍聴を重ねてきて素直に同感できる。
 条件反射制御法の考え方を私なりに言えばこうだ。
 人間には2つの脳がある。動物脳と人間脳だ。動物脳は何十億年も前からの生物としての脳だ。動物は動物脳だけで何の問題もなく生きている。
 一方、人間は何十年か先を考えて今を我慢したりする。理性がある。それが人間脳だ。
 覚せい剤の魔力は動物脳を動かす。人間脳でどんなにヤメようと思っても勝てない。
 そこを勘違いして、動物脳に対する働きかけ(それが条件反射制御法)をせず、人間脳で固く誓えば大丈夫と思う者は必ず再犯する。

 そうしてだ! 刑事裁判は“病気による犯罪”を嫌う。
 「あれほど固く固く誓ったのにまたやってしまった。自分はおかしい。病気(動物脳の過作動)かも」と気づき始めた被告人に、検察官は言う。

検察官 「病気のせいにするんですか! 結局はあなたの意思の問題でしょ?」

 そうでないと、いつものテンプレートの有罪にできないのだ。
 検察官も裁判官も、とにかく被告人が「もう二度としません」と誓えば満足する。「嗚呼、この被告人はきっとまたやる!」と私は傍聴席で思う。
 そしてまたやって法廷へ出てきた被告人を私はどんだけ見てきたか。
 検察官は論告で言う。

検察官 「規範意識の鈍麻は著しく、もはや矯正施設(=刑務所)に収容して徹底した矯正教育を施すしか…!」

 刑務所は矯正施設なので、そこへ送れば矯正される、検察官は責任を果たしたことになる、それが試験エリートの国家公務員の考え方なのだなぁ、と私は傍聴席でいつも思う。

 じゃあ、どうすりゃいいのか。
 昨年だったか私は成城大学へ平井愼二医師の講演を聴きに行った。平井医師はこんなふうな提案をしていた。以下は私がものすごく大雑把に拾ったものだ。

  病者にはまずは治療を義務づける。
  治療を受けない者に刑事罰を科す。

 その方向へいけば、再犯は今よりぐっと減るだろう。イコール、被害者が減るだろう。
 しかし検察官、裁判官は前例を踏襲しテンプレートを護るのみ。国民はこんなことに興味を持たない。
 結果、田代まさしさんはまた逮捕された。薬物犯罪に裁判も刑務所も無力、権威ぶってるけどうそっぱちであることを、身を捨てて証明している、ように私には見える。

 さて、メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」は、11月は以下の2号を発行した。

第2329号 外貨購入詐欺、岡山の高齢女性から600、600、800万円!
 証券会社から外貨購入者の名簿が流出したか、詐欺グループは1人の高齢女性から合計2千万円を詐取。宅配便の若い受取子だけが逮捕され、通るはずのない否認を。若いけれどもだいぶ何年も刑務所へ行くのだ。

第2328号 ホテルのテレビに尿をかけた理由を被告人は頑として言わず
 被告人は裁判傍聴マニア。前号、全前号からの続き。検察官、裁判官からの被告人質問に対し…!

 いま購読登録すると、以上2号がどっと送信される。そして11月末まであと11号が順次送信される。
 次号は、某芸能人にストーカーをした女性お笑い芸人の事件、次々号は、んまぁ空前絶後な事件(※)、の予定なのだが、もっととんでもない事件にするかも。どうしてもレポートしたい事件が多すぎて困るっす。 ※ちなみにその被告人は中学生時代よりシンナーと覚せい剤を常用していたそうで薬物性精神病。しかし裁判的には完全責任能力ありとされるだろう。

※ 画像は、頂き物のシークヮーサー。なんと種無しだ。こいつをグラスにぎゅぎゅっと絞り、焼酎甲類25度を200cc注ぎ、ちびちび飲んだ。旨かった~!

 ←11月8日00時00分現在、週間INが90で3位~!

2019年10月23日 (水)

児童買春等で10年前に捕まった元巡査長が

1910237  10月23日(水)久しぶりに裁判所(東京高地簡裁合同庁舎)へ行った!
 ぴったり2週間ぶりだ。先週は傍聴予定が一杯あったのだが、単行本原稿が最終段階でどうしても行けなかったのだ。申し訳ない。

 今日の狙いは13時30分から。その前に13時20分~13時30分、別の法廷で「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例違反、器物損壊」というのを傍聴した。「器物損壊」は精液かけ、かな。
 被告人は若く、ちょと学生風。ところが証言台の前に立つとき、手指の先をぴしっと伸ばした。あれっ? 若いのにまさか服役経験あり?
 ずばりそのまさかだった! 病的と思えるが、病者は刑務所へ送って再犯させまた刑務所へ送り、再犯させてまた…というのが日本の司法のあり方といえる。この若者君は…。というか国家の不作為により被害を受けることになる女性たちは…。
 13時30分からの事件は非常に濃く、長引き、警察庁へ寄れなくなってしまった。お詫びの電話をした。

 メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」、10月は以下の10号をすでに発行した。第2322号と第2323号の順序が逆になっているのは、ちょと事情があるのだ。第2324号で説明しよう。

第2322号 児童買春等で10年前に捕まった元巡査長、懲りずにまた
 やっぱり元巡査長だった。女子中学生に現金を渡し、わいせつ行為をして「児童ポルノ」を製造、保管。傍聴席に長年いると、少女たちにとって売春は普通のアルバイト。買春男はそのときは捕まらないのだが、少女は売春を続けていずれ捕まり、買春男が芋づる式に掘り出され…。

第2323号 「年少リング」の若者、背後から臀部を触り膣に指を入れ
 成人してからの前科はないのに、罪名自体が重いうえ不合理な弁解に終始してイッパツ実刑。ネット検索では同姓同名の警部補の逮捕報道がヒットする。同じく飲酒酩酊での犯行だ。姓名判断には一定の信頼性があるのか。いやぁ…。

 以下の5号は10月19日にお知らせした

第2321号 駐車監視員への公務執行妨害、全国で3件目ゆえ大報道され
第2320号 大人がすることをしました、大人がすることとは、と女子児童
第2319号 看護学校生が同級生の財布を窃盗、その弁護はどうなの?
第2318号 スカイツリーで外国人観光客の財布を盗んだお婆ちゃん
第2317号 留学試験の問題を盗撮、バイト先の塾から指示された?

 以下の3号は10月8日にお知らせした

第2316号 新型オービス、出版社がネットに写真を載せ刑訴法違反!
第2315号 どっちもどっちなら被害者になったもん勝ちというルール
第2314号 結婚を確信、謝罪して関係を修復したかったとストーカー

 いま購読登録すると以上10号がどどっと送信される。そして10月末まであと4号が順次送信される。
 次号は上記若者君の事件をご報告したいと思う。
 帰り、1カ月ぶりでマニア諸氏と銀座の晩杯屋で飲んだ。日比谷公園に警備車両がたくさん駐車していた。奈良ナンバーの大型バス2台の後ろに神戸ナンバーの大型バス2台があった。警察官の隊列をあちこちで見かけ、付近はだいぶ交通規制されていた。あんなの見たことない。だぶん何か大変なことがあるのだろう。

 ←10月23日21時50分現在、週間INが70で2位~!

2019年10月19日 (土)

大人がすることをしました、大人がすることとは、と女子児童

1910047-2  3年前ほど前に書き始めた単行本、艱難辛苦の末やっと書き上がった! これからざっと推敲して出版社へ送る!
 そしたら、ためて我慢していたあれこれをやりたいっ。
  ・裁判傍聴&マニア諸氏と立ち飲み屋で歓談
  ・仕事場中に散らかった書類の整理
  ・全国の警察へ新型オービス関係の開示請求
  ・Webサイトに記事を書いて現金稼ぎ
  ・超絶マニアックデータへの打ち込み、傍聴ノートの整理

 そうだ有酸素散歩も、って体はひとつ、1日は24時間、そんなには無理だよね~。
 とりあえず急ぎやらねばならぬこととして、メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」のお知らせをしておこう。10月は以下の8号を、遅れ気味になりながら発行した。

第2321号 駐車監視員への公務執行妨害、全国で3件目ゆえ大報道され
 公務執行妨害に罰金刑の選択肢が設けられて数日後、駐車監視員の制度がスタートした。みなし公務員とはいえ民間人。ナメられては困る。どんどん逮捕して罰金で処理するつもりだな、私はそう読んだ。ところが…! ※2006年の事件

第2320号 大人がすることをしました、大人がすることとは、と女子児童
 被告人は24歳。2年前に子連れの女性宅に同居し始め、女性と交際関係になり、かつ女性の子ども(小4女児)とも性交したのだという。こういう男はぽろぽろいる。若いけど実刑まちがいなしだろう。

第2319号 看護学校生が同級生の財布を窃盗、その弁護はどうなの?
 被告人は若い女性。またクレプトマニア(窃盗症)かと傍聴してみたら、そうじゃなかった。可哀想な事情もあり、情状に絞って弁護すればいいのに、なんと弁護人は窃盗ではなく占有離脱物横領だと、とおるはずもない主張を高らかに述べるのだった。

第2318号 スカイツリーで外国人観光客の財布を盗んだお婆ちゃん
 執行猶予付きの判決を言い渡され「ありがとうございます」と婆ちゃんは泣きに泣いた。量刑相場的に執行猶予に決まってるのに。本件はスリだが万引きの罰金前科2犯。前歴多数あり。きっとまたやると思ったか家令和典裁判官は…。

第2317号 留学試験の問題を盗撮、バイト先の塾から指示された?
 被告人はたぶん中国人の若者。日本学生支援機構が某大学の教室でおこなった「日本留学試験」において「メガネ型レコーダー」で試験問題を撮影し…。その時点で報道は不見当。メルマガ発行から間もなく、塾側が逮捕されたと大きく報道された。

 以下の3号は10月8日にお知らせした

第2316号 新型オービス、出版社がネットに写真を載せ刑訴法違反!
第2315号 どっちもどっちなら被害者になったもん勝ちというルール
第2314号 結婚を確信、謝罪して関係を修復したかったとストーカー

 いま購読登録すると以上8号がどどっと送信される。そして10月末まであと6号が順次送信される。そこまで無料。購読解除しなければ11月分から月額110円が課金されることとなっております。1号につきじゃなく月額が110円です。そんなバカな!

※画像は、ある地検の公告掲示板より。「公然わいせつ」の押収品がブラジャー2枚とパンティ3枚、「窃盗」の押収品がサドル1個というのが気になり。

 ←10月19日14時30分現在、週間INが90で3位~!

2019年10月 8日 (火)

国民クイズ、100円玉を拾ったらどうする!?

 さてここでクイズです!
 駅前を歩いていたら、あっ、100玉が落ちているのを見つけたとしましょう。あなたはどうしますか?

  (1)拾ってポケットに入れる
  (2)拾わず通り過ぎる
  (3)拾って交番に届ける

 1番は遺失物横領罪だ。犯罪である。以下は刑法。

第二百五十四条 遺失物、漂流物その他占有を離れた他人の物を横領した者は、一年以下の懲役又は十万円以下の罰金若しくは科料に処する。

 2番が無難なようにも思えるが…。
 小中学生は迷わず拾うだろう。ラッキー、と喜ぶだろう。
 でも、ネコババして喜ぶ子どもを育てるのは社会的に良くないでしょ。
 間違った達成感を与えないために、大人が先に拾うべきでしょ。

 1910041 そう、正解は3番である、と私は思う、思いたい。
 私は100円玉を拾って交番へ届けたことが確か2度ある。現金ではなく、女性下着(非セクシー系)とか入った小さな可愛い巾着袋を拾って届けたこともある。金歯(金の歯冠)を届けたこともある。もちろん千円以上の現金を届けたことも。

 100円玉でも交番へ届ければ、警察官は拾得物なんちゃらの書類を作成する。時給換算で優に100円以上の手間をかけさせることになる。申し訳ない。
 しかしっ、人間社会に大切なのは良心である。良心は金銭換算できない。
 私が総理大臣になったら、議員にも官僚にも国民各位にも良心を義務づけよう。良心が欠けた者は牢屋に隔離しよう。
 っておいおい、国家が義務づける良心が、良心を義務づける国家が、そして国家が良心を義務づける時代が、いちばんヤバイんでね!?

 なーんてことも編集後記に書いたりするメルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」、10月は以下の3号を発行した。

第2316号 新型オービス、出版社がネットに写真を載せ刑訴法違反!
 埼玉県の国道17号でSensys Gatso Group(本社はスエーデン)の新型オービスにより45キロ超過で取締りを受け、測定値を否認している裁判。今日の法廷にはすごいものが出てきた。長年オービス裁判を追いかけてきた私は大興奮、大感動!

第2315号 どっちもどっちなら被害者になったもん勝ちというルール
 ありがちな粗暴犯。しかし1件は、虐待母に対する「積年の不満」が爆発した事件だった。もう1件は、おそらくは吹きだまりの宿泊施設、被害者とされた男のほうも相当悪いだろ! と思える事件なのだった。

第2314号 結婚を確信、謝罪して関係を修復したかったとストーカー
 被害女性からすれば恐怖で許されないが、身勝手で強固な思い込みに支配され抜けられないのは、人間として普通のことなのかもねぇ。その判決はなんと…!  もう1件、犯行時少年の、やたら長い事件名の控訴審第1回。「強盗致傷」もあり原判決はかなり重い。これは見届けなければ。

 いま購読登録すると以上3号がどっと送信される。そして10月末まであと11号が順次送信される。
 初月は無料だ。じゃあ翌月からいくら? 110円なのである。1号につき、ではなく1カ月分全部で110円だ。冷静に考えてみると、薄利多売とか価格破壊とか飛び越えているような気が。どうせ毎号短いんだろ? いっぺん無料の試し読みをしていただければと思う。してください~。

※ 画像は、わりと最近の家のみの酒肴。左側は、タマネギの酢漬けに家人が食べないレタスの外葉と赤青ピーマンを刻んでのせ、さらに100g70円くらいの国産豚肉を塩胡椒等で焼いてのせたもの。右上は自作の酢の物。いただきものの高級(たぶん)ワカメと私がどこかで安く買ったきうりに米酢と純玄米黒酢をだばだばかけ、市販の濃縮出し汁となんか茶色い砂糖を少々加え、かき回したもの。これがめちゃくちゃ旨くて! 画像右下は定番のナス焼き。薬味は生姜とミョウガ。最高! こういうので焼酎を飲むのが私の幸せだ。あなたの幸せ時間はなんですか?

 ←10月8日0時20分現在、週間INが110でまだ1位~!

2019年10月 1日 (火)

お漏らし新時代!?

 Img_1271メルマガ第2312号「11カ月の女児がズボンの裾をつかんだからと腹を立て」は、いわゆる児童虐待、ちょっと考えられない暴力により女児を死なせた(殺した)事件だ。
 メルマガの編集後記は、傍聴しての余談や関連データ等を書くこともあるが、まったく関係ないこともよく書く。以下は第2312号より。若干の加除訂正をする。 ※画像は警視庁。奥に見えるのが合同庁舎2号館、警察庁などが入っている。警視庁はいわば東京都警察本部、警察庁はいわば全国警察の総元締め。

 いや~、凄い話を聞いた。ネットじゃなくリアルで。
 ある女子が電車に乗車中、座席に座ったら、おしっこでぐっしょり濡れており…!
 女子は外出をあきらめ、帰宅してシャワーを浴び、衣服をぜんぶ洗濯したという。

 その話を家人にしたら、怒られてしまった。なに言ってんの、あんたほんとに何も知らないのね、と。
 家人は、東京の高級デパートのエスカレーターそばで、休憩用の椅子に座っている男性がじゃーっとお漏らしするのを見たという。床はたちまち水びたし、というか尿びたしになったという。
 また、駅のエスカレーターを降りたところに大量に脱糞があり、通行人(女性)が気づかずに滑って転んだという。
 駅等の雑踏の通行人の中に、お漏らししている高齢者は珍しくないんだという。へーっ!!!

 惚けると、女性は雲古をもてあそび、男性はちんちんといじるのだという。
 女性と男性のその違い、何かあるはずだ。心理学者、脳科学者は学術誌に論文を書いてたりするんだろうか。

 私は駅等の雑踏で、「警察官が職務質問したくなるのはこういうタイプかな?」「通り魔殺人とかしそうな奴はいるか?」とは注意して見ているけれども、お漏らしには全く考えが及ばなかった。不覚だ!
  
 そのうち、裁判所の傍聴席が尿でぐっしょりってことが起こるのかもねぇ。気づかず座ることのないよう、気をつけましょう。って今井が漏らすな? えーっ、いやいや漏らさないよう頑張ります!

 メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」は、以下をすでに発行登録した。

第2314号 結婚を確信、謝罪して関係を修復したかったとストーカー
 被害女性からすれば恐怖で許されないが、身勝手で強固な思い込みに支配され抜けられないのは、人間として普通のことなのかもねぇ。その判決はなんと…!  もう1件、犯行時少年の、やたら長い事件名の控訴審第1回。「強盗致傷」もあり原判決はかなり重い。これは見届けなければ。

 次号はたぶん間違いなく、新型オービス(ネットでは特に根拠なく移動式オービス、移動オービスと呼ばれている)の否認裁判のレポートになる。この本邦初の重要裁判を私は追っかけているのだ。
 詐欺と生活保護の不正受給(詐取金を申告しなければ不正受給になる)で稼ぎ、毎日裁判傍聴に通っていた男、その男が自らまた被告人となる裁判が、間もなく始まる可能性がある。
 裁判所は裸の王様か! というべきその事件と新型オービスの事件、期日がダブったらどうしよう。
 悩むまでもない。新型オービスの事件は、くり返すが本邦初の重要裁判。これを見逃しては裁判傍聴マニアも交通違反マニアもやってられない。全国の警察官諸氏が許してくれない!
 通風発作を起こさないよう、また腐ったものを食べて腹を壊さないよう、万全の注意を払いたい。

 ←10月1日22時40分現在、週間INが120で2位~。

2019年9月28日 (土)

最高裁事務官の盗撮事件

 消費税増税というのは、大企業や富裕層(=官僚の天下り先で自民党の献金元で、かつ官僚自身と身内、自民党議員自身と身内、およびお友だち)の減税分を下等国民に負担させる、そういう面もあるらしい。
 ま、そんなこととは関係なく、各スーパーが一世一代の刺激的なチラシを打ち、大賑わいだ。
 私も4リットルの業務用焼酎とか買いまわった。いやめっちゃ忙しいのだけど、閉じこもっているとかえって能率が悪い。自転車で急ぎ複数のスーパーをまわるのは運動になるのだ。
 そうしてたまたまこれを買った。5袋198円(税抜き)で。 


 

 私は糖質制限食。午後3時以降は炭水化物を食べないお約束なのだが、パッケージが小さかったので、つい夕方に食べてしまった。
 パッケージは小さいのにけっこうな量があった。えーっ。しかし捨てるわけにもいかないので全部食った。
 なんと、旨かった! 見た目も味もこんなの初めて。小麦じゃなく米の麺なのだね。衝撃的な旨さで、インスタント麺はもうこれしか食べない! と固く決意した。 ←あんたの決意は(笑)。

 さてメルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」、9月は以下の11号をすでに発行した。

第2312号 11カ月の女児がズボンの裾をつかんだからと腹を立て
 犯行後5年間、行方をくらまし、12年後にようやく自白したとされる「傷害致死」。「捜査一課特命捜査対策室」が関わったのだという。これはあくまで私の印象妄想だが、被告人は幼少期に愛されたことがなく、虐待といじめと暴力の中で育ったのか…。  編集後記は驚愕の“お漏らし新時代”!

第2311号 被告人は最高裁の事務官、棒の先に小型カメラをつけて…
 大きく報道された事件。私は初めて聞く手口だった。30代、独身、そっち方面の匿名掲示板に耽溺してしまったのか…。

第2310号 少年時に何度か少年院へ、成人してすぐ今度は刑務所へ
 少年の顔面を殴り、倒して顔面等を蹴り、全治まで約45日間を要する顔面多発骨折の傷害を負わせた、とはいえそれは少年時の犯行。なのにさくっと実刑! この若者は刑務所でどんなワルと交流し何を学ぶんだろうか…。

 以下の4号は9月21日にお知らせした

第2309号 芸能系でDV系で酒乱系の事件、前夜までの自白をひるがえし
第2308号 オレオレ詐欺の若い受け子、ぎりぎり執行猶予の理由は?
第2307号 生活保護の74歳が酒を万引き、かすれ声で発した名言とは
第2306号 部活の女性コーチによる体罰事件、罰金15万円とは

 以下の4号は9月14日にお知らせした

第2305号 信号無視の自転車事故、1時間まったく話が噛み合わず
第2304号 摂食障害で窃盗症の若い女性、再犯しないと誓えば誓うほど…
第2303号 不法残留約6年の韓国人、東京の片隅でつましい愛の暮らし
第2302号 あの「円天」の元営業課長、無免許運転で実刑判決の理由

 いま購読登録すると、以上11号がどどっと送信される。そして9月末までもう1号が送信される。それは29日(日)になるかと。
 消費税の増税に伴い、このメルマガも値上げになる。108円から110円に。1号につき、ではなく1カ月全部で110円になるのだ、10月から。この内容でこの本数で2円ぽっち上がったってぜんぜんオッケーかもしれないけれども。

 ←9月28日22時00分現在、週間INが100で3位~。

2019年9月21日 (土)

芸能系でDV系で酒乱系の

 末期がんの男性。あらゆる治療をやったがダメ。苦痛のなか死を待つばかり。しかし大麻を使用して苦痛は緩和され気分がよくなり食欲が出て、なんとがん細胞の縮小が見られた。主治医が驚いたという。
 ところが日本では大麻は違法薬物とされる。男性は逮捕され大麻を絶たれ、苦痛に耐えて刑事裁判を争った。
 普通、具合が悪い悪いと言う被告人は、審理が終わって廊下へ出るとしゃっきりニコニコしているものだが、この男性は逆だった。法廷では普通にしているのに、廊下へ出ると苦痛に悶えた。
 そして男性は、判決を待たずに亡くなった。
 唯一の救いは、無罪を勝ち取り再び大麻を使用できる、他の末期がん患者にも福音になると信じていただろうことだ。
 判決は間違いなく有罪、相場どおり執行猶予付きの懲役刑だったはず。絶望を知らず、希望のうちに亡くなったのだ。
 予定されていた期日は取消しになったが、私は法廷前へ行った。期日取消しを知らず漂っているだろう男性の魂魄に合掌するために。何年も前のことだ。

 「GREEN ZONE JAPAN」というサイトに「安倍総理とCBDオイル」という2018年1月7日付けの記事を見つけた。こんな部分がある。

週刊アサヒ芸能の1.4-11号に「安倍晋三、大麻サプリ使用の禁断生活!」と題された特集記事が掲載されました。記事によると、安倍総理は持病の潰瘍性大腸炎の治療目的に、カンナビス由来の CBDオイルを内服しているとのことです。記事の論調としては、「CBD自体は特に問題がない」としつつも、海外から輸入された製品には THC が微量に含まれている可能性があり、法的にグレーな製品を日本の総理大臣が服用するのはいかがなものか、という内容でした。

相変わらず、大麻=違法=悪、という思考放棄の方程式は残念ですが、本邦の総理が大麻製剤を利用している可能性を知らしめたという点では有意義な報道であったように思います。

 CBDとはカンナビジオール。日本は医療大麻を明文規定で禁止しているのに、CBDオイルはいいのっ!?
 調べたらあった。販売されていた!


 

 もし本当に総理大臣が使用しているとして、そのことが広く知られれば、救いを得られる人がいるかもしれないのに!
 医療大麻はもちろん嗜好大麻をも解禁する方向へ世界は向かっている。禁止する合理的理由がないことが明らかになってきたようだ。
 しかし日本は解禁するつもりがない。巨大製薬企業の利益、官僚の天下り先、政権党への献金を守るために? そこで総理大臣はこっそり使用し、テレビは知らん顔、というか相変わらず「大麻=悪」でいく。不幸だと思う。
 東京オリンピックで、医療大麻を所持した外国人が逮捕され、世界からごうごうたる非難を浴びたときどうするか、厚労省は対策を考えているのだろうか。

 メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」、9月は現時点で以下の8号を発行した。

第2309号 芸能系でDV系で酒乱系の事件、前夜までの自白をひるがえし
 往年の有名俳優の娘さんで自らも芸能活動をしている女性の、内縁の夫(歌手)の事件。かなりのイケメンで、グレーのダブルのスーツで法廷へ現れ…。

第2308号 オレオレ詐欺の若い受け子、ぎりぎり執行猶予の理由は?
 例によって末端の使い捨ての受け子だけが捕まった事件。既遂1件、未遂1件。既遂があれば若年者でもさくっと実刑、刑務所行きが普通なのに、本件は執行猶予とされた。その理由は…。

第2307号 生活保護の74歳が酒を万引き、かすれ声で発した名言とは
 被告人が法廷で名言、迷言をいうことはよくある。今回の名言には私は感動したね。おっしゃるとおりそのとおり! しかし官僚制度はそんなこと気にしないのだ。

第2306号 部活の女性コーチによる体罰事件、罰金15万円とは
 興味深い事件の判決のみ3件。最高裁、検察庁の庁名碑にペンキをかけて服役したおじさんが出所後、内閣府の庁名碑にまた…。普通は不起訴だったろう体罰事件…。そして超珍しい侮辱罪…。

 以下の4号は9月14日にお知らせした

第2305号 信号無視の自転車事故、1時間まったく話が噛み合わず
第2304号 摂食障害で窃盗症の若い女性、再犯しないと誓えば誓うほど…
第2303号 不法残留約6年の韓国人、東京の片隅でつましい愛の暮らし
第2302号 あの「円天」の元営業課長、無免許運転で実刑判決の理由

 いま購読登録すると以上8号がどどっと送信される。そして月末まであと4号が順次送信される。
 初月は全部無料だが、おもしろくて購読解除できずに月が過ぎると、翌月分は有料となる。これまで108円だったが、10月から消費税増税で110円となる。1号が110円ではない。火木土発行の1カ月分全部が110円だ。
 10月は、ある有名傍聴人が自らまた被告人になる裁判をレポートできるかと思う。

 ←9月21日15時10分現在、週間INが100で3位

より以前の記事一覧