フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

カテゴリー「駐車違反/公務執行妨害」の9件の記事

2014年2月26日 (水)

サムライの魂を持った女!

 以下は昨年12月6日付け時事ドットコム、の一部。■は今井。

元毎日記者を再逮捕=時事通信社長を脅迫容疑-神奈川県警
 神奈川県警は6日、時事通信社の西沢豊社長に対する脅迫容疑で、東京都杉並区■■■■、元毎日新聞記者の■■■■容疑者(42)=都迷惑防止条例違反罪で起訴=を再逮捕した。県警によると、容疑を認めているという。
 逮捕容疑は10月7~11日、時事通信社の本社(東京都中央区)に匿名で繰り返し電話をかけ、応対した社員に西沢社長の自宅住所を告げた上で「うちの若い者3、4人ぐらいを行かせた方がいいか」と話し、社長を脅した疑い。

 時事通信がそう報じた(=現時点でもネットにアップしてる)、「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例違反」、その第2回公判を今日、狙って傍聴した。 ※第1回はメルマガ1221号
 なんで「時事通信」のネットアップを強調するのか、それは…。

 この被告人は、ありきたりな言い方でお茶を濁せば、じつに個性的! 語録と言っていいようなことをぼろぼろ言うのだった。たとえば…。

被告人 「嗚呼、サムライの魂を持った女だと、妻を尊敬しています」

 なぜそのように言うのか、理由を聞いて、俺はマジ感動したねっ!

 続いて、「公務執行妨害」の第2回公判を、狙って傍聴。真っ向否認、被害者とされるのは駐車監視員なのだっ! ※第1回はメルマガ1232号

 今日はジェイ・エス・エスの駐車監視員の、証人尋問。
 重要な部分で、あれれ? と目が点になった。この人、駐車監視員の仲間からは、もしかして…。

 以上はメルマガ次々号か、さらにその次でのレポートになるかも。
 俺はねぇ、毎日が刺激的すぎてもう…。

 

2012年7月10日 (火)

違法駐車の駐車監視員を現行犯逮捕しようとした?

 またも違和感ある報道記事。以下、7月10日付け産経新聞。

駐車監視員に言いがかり タクシー運転手の男を逮捕
 埼玉県警熊谷署は9日、公務執行妨害と器物損壊の現行犯で、東京都北区豊島、タクシー運転手、吉田知司容疑者(59)を逮捕した。
 熊谷署の調べによると、吉田容疑者は9日午後1時25分ごろ、熊谷市筑波のJR熊谷駅東口ロータリーで、放置駐車監視員の男性2人に対し、2人が駐車していた軽乗用車も駐車違反だなどと言いがかりをつけ、素手で軽乗用車をたたいた上、2人が乗り込んだ車の前に立ちふさがり、職務を妨害した疑い。
 熊谷署の調べに対し、「以前に成田空港で違反切符を切られ、頭に来ていた」と供述、容疑を認めているという。

 「放置駐車監視員」というのはない。「駐車監視員」である。
 「器物損壊」というが、何をどう損壊したのか明らかでない。

 なにより、駐禁取締りを行う駐車監視員自身や警察官自身は、よぉく駐車違反をやるところ、本件駐車監視員らの駐車が違法でなかったとの言及がない、という違和感。
 世間的には、駐車監視員自身が駐車違反になる場合があるとは毛ほども思っておらず、だから言及しなくてもいいのかな。

 じつは本件駐車監視員らの駐車はバッチリ違法で、しかし駐車監視員も警察官も違法とは露知らず、まずそのタクシーの運転手さんを逮捕してしまい、のちに実況見分をやり、違法と気づき、ヤバイので駐車位置を若干変えて合法とし…ということは、“業界”から漏れ聞こえてくる話からは、十分あり得ることのように思える。

 まぁね、タクシーの運転手さんのほうが、指定禁止場所なら駐車監視員は駐車しても合法と知らなかった、という線も十二分にあり得るけれども。
 え、なに言ってんのか分からない? 拙著『最新版 なんでこれが交通違反なの!?』をお読みください、Question55です~。拙著『交通取締りアウトorセーフ』だと30-31ページです~。happy01

 さてメルマガ、次号のレポートは「強盗致傷等」の控訴審第1回にしようかと。「」の部分は、女性警察官の下着を盗もうとした事件かと思われ、“警察つながり”で傍聴したの。
 被告人(身柄、拘置所)は、最初からどうも様子がおかしく、結審して裁判官らが退廷してから、うわぁっsign03 という事態に…。

 先日、スーパーの見切り品のコーナーに烏龍茶の1リットルパックが59円というのを発見sign01 大喜びで2本買った(笑)。閉店間際のスーパーで4割引や半額のお総菜を漁ることに無上の喜びを感じるのは、私だけじゃないだろう。
 言っときますけど、私のメルマガ「裁判傍聴バカ一代」はそういうののお得感を遙かに超えてますよっ。初月は無料なんで、ぜひお試しを。
 いま購読登録をすると、まずは以下がどどっと送信されてきます。

第803号 検察官の机に真っ二つに折れたバットが!
第802号 居酒屋でケンカ、目蓋を咬みちぎった!
第801号 3年前の空き巣、遺留した吸い殻から…
第800号 悪いように悪いように組み立てられ
第799号 暴力団幹部から拳銃を取り上げた理由
第798号 大麻発覚を怖れ100キロで赤信号無視!

 そして日曜を除く毎日1本送信され、月末までに登録解除すると無料。スーパーの試食コーナーにトンカツが山盛りみたいなもんですな。あぁ、腹へった。coldsweats01

2007年1月 2日 (火)

駐車監視員が外国人にヘルメットを叩かれた?

 事実かどうか確認できていないが、新年早々こんなご報告(目撃談)をいただいた。

 名古屋市中区栄三丁目で、駐車監視員が外国人(黒人)にヘルメットを叩かれ、助けを呼んでいる女性監視員が携帯電話を奪い取られたのを見た。
 やがて警察官が現れたが、その時には黒人はすでに逃亡していた。
 その後、この事件が新聞で取り上げられたのを見ていないし、ネットでもニュースになっていないようだ。

 昨年10月か11月か、その頃のことらしい。
 ご報告者は、暴行したのが車の持ち主でなかったり、監視員が確認標章(ニュー駐禁ステッカー)を取付けてる最中でなかったりすると、公務執行妨害にならないのか、だからニュースにならないのか? もしそうなら監視員は不安だろうに…との疑問をお持ちのようだ。

 いや、それはないと思いますよ。
 確認機関に委託されてる業務は、巡回活動。
 制服を着て徽章をつけ、資器材の貸与を受けて、巡回計画にしたがって巡回活動をする駐車監視員は、それだけでもう十二分に「確認事務に従事する放置車両確認機関の」「職員」であり、「法令により公務に従事する職員とみな」されるはず(道路交通法第51条の12第7項)。

 ヘルメットを叩いたのが公妨に当たるとすれば、

・警察は捜査を遂げ、犯人を検挙する
・捜査が及ばす、時効となる
・検挙できない(監視員への公妨の検挙率が下がる)ことをおそれ、立件しない

 やがてそのいずれかになる(すでになってる)んじゃないでしょうか。
 携帯電話を奪い去ったなら、窃盗か強盗でもあるだろうし。

 Banner_02_2 人気blogランキング ← 2日4時5分現在、11位だ~♪

2006年12月20日 (水)

駐禁レッカー 前年同期比-65.3%!

 先週各紙で報じられた、ニュー駐禁取締り制度の半年間のまとめ、の文書「新たな駐車対策法制の施行状況について」(12月14日警察庁交通局作成)をコピーさせてもらった。
 記者クラブの人たちゃ、こんな文書をいつも普通にもらえるんだろうな、いいなぁ~。

 なのに、こんなショッキングなことは、報じられてないのでは?
 新制度施行後5カ月間のレッカー移動、全国で4万5037台。前年同期比 -65.3%。
 どえぇ~っ!! -65.3%ってアンタ!! ←この言い方、石川県風?

 あと、「全国で発生した駐車監視員に対する公務執行妨害事案 12月10日現在」のほうも、面白いねぇ。
 これも、面白い部分は報じられてないのでは?

 一部ここで出すと、全国で46件(人員はたぶん47人)検挙したうち、刑事処分の結果がわかってるのが27件。
 懲役(執行猶予付)……7件
 罰金……20件。
 へえ、そーなんだぁ。

 その7件の懲役のうち1件を、私はたまたま偶然、東京地裁で傍聴してる。
 文書作成後間もない12月14日に判決だった事件(傷害つきで懲役1年6月執行猶予3年)も、偶然たまたま傍聴した。
 被告人には申し訳ないが、すっごいラッキー。

 9月、10月、11月中の、確認標章(ニュー駐禁ステッカー)の都道府県別の取付件数も提供してもらった。
 こんなの1人で調べようと思ったらタイヘンだ。
 や~、警察庁さん、ありがとございますぅ。

 Banner_02_2 人気blogランキング ← このページに当ブログが載ってますぅ♪

2006年11月 2日 (木)

駐車監視員への公務執行妨害で逮捕第1号を偶然傍聴!

11月2日(木) その2

 締切りが押してる。もう帰ろう。
 いやしかし、10時から公務執行妨害が、地裁の2つの法廷である。
 万々が一、駐車監視員への公妨だったら…。
 んなわけあるはずないけど、念のためちらっと確認して帰ろう。
 2件の公妨、どっちにする?
 1件は、被告人が2人。うーん、1人のほうにしとこうか…。

 東京地裁・第6刑事部(河田泰常裁判官。体は大きめだが、なーんとなくオカマみたいで萌え!)416号法廷へ、10時40分頃に入ると、弁護人からの被告人質問の最中だった。
 被告人は、だいぶ若い男性(在宅)だった。
「バイクが…」
 と聞こえてきた。
 車両がからむってことは、駐車監視員への公妨?
 いやいや、そんな都合のいい偶然はなかろう。
 ネズミ捕りか何かで、警察官とモメたんだろうか。
 だが…。
「コアズのツカモトさん…」
 と聞こえてきた。
 コアズ!?
 それっちゃ、警視庁管内の契約をいくつも取った警備業者じゃん!
 当ブログで、契約書の分析モドキをやった業者じゃん!

 そうなのだ。
 駐車監視員への公務執行妨害で逮捕、全国第1号と報じられた事件だったのだ!
 ななっ、なんという偶然! 途中からとはいえ、たまたま傍聴できるとは!

 06年6月5日、事件。
 6月6日、逮捕。
 6月7日、弁護士をつける(当番弁護士だろうか)。
 6月8日、勾留するかどうかの裁判があり、釈放。

 サンケイスポーツの報道だと、

5日午後4時半ごろ、東京・六本木の都道にミニバイクを停車しようとしたところ、男性監視員(36)に「この場所は駐車できませんよ」と注意を受けた。これに腹を立て、「うるさい」と言いながら左ひざで右脚を1回蹴り、公務を妨害した疑い。監視員にけがはなかった。

 となっているのだが、「左ひざで右脚を1回蹴り、公務を妨害した疑い」の部分、公判では、「コアズのツカモトさん」のほうが被告人の通行を妨害し、ま、被告人のほうもカッとなってるところがあって、歩み出した被告人の左ひざが当たったの? とも聴き取れた。
 警察はもう、おそらく全国発表する予定で逮捕し、暴行の事実があったという自白調書を取っちゃってるんで、裁判所としては、「自白は証拠の王」という日本の刑事司法の大鉄則に従い、警察の見解どおり認めざるを得ないんだろうか…。
 そんなことを、ちらっと思ったよ。

 次回、検察官は、まだ出してない弁解録取書を出し(※)、論告・弁論までやる予定だそうだ。
 あ~、最初から傍聴してればよかった。
 いや、でも、この公妨があの事件とは露思わないし、私の目標は「東京簡裁の道路交通法違反を全件傍聴!」だし、ねぇ。

 ※ 日本では、検察官は法廷に出す証拠を選べる。検察の仕事は、起訴した事件を必ず有罪にすること。有罪にできる範囲で、証拠を選んで出すのだ。本件ではどうか知らないが、無罪を示す証拠を隠すのは、まったく合法。検察が隠していた証拠が、再審で明らかになり、死刑を免れた人も複数いるという。

 Banner_02_2 人気blogランキング ← ぽちっとお願いしま~す♪

2006年9月 6日 (水)

駐車監視員への公務執行妨害で逮捕 15人目

 これで15人目か。
 駐車監視員への公務執行妨害で逮捕(検挙)と報じられたのは。

公務執行妨害:駐車監視員に暴行容疑、自営業者逮捕--静岡中央署/静岡

 静岡中央署は3日、静岡市駿河区登呂の自営業、■■■■■容疑者(45)を公務執行妨害容疑で現行犯逮捕した。調べでは、■■容疑者は同日午前1時10分ごろ、静岡市葵区両替町でパトロール中の駐車監視員3人に対し、駐車違反の取り締まりについて因縁をつけ、男性監視員2人の顔を殴った。さらに、もう1人の女性監視員の通報で駆けつけた警察官の頭を殴った疑い。男性監視員2人と警察官が軽いけがを負った。■■容疑者は酒に酔っていたという。駐車監視員への暴行で逮捕されたのは県内初。   毎日新聞 2006年9月5日

 この事件、被疑者本人が確認標章(新しい駐禁ステッカー)を取り付けられたとも、取り付けられそうになったとも、書かれていない。
 まぁ、酒に酔っていたというのだから、自分の車はないんだろう…とも思えるが、車で来て酒を飲み、運転できる者(代行業者とか)が来るのを待っていたのかもしれないし…。わからんね。
 なぜ「因縁をつけ」たのか。自身過去に取り締まられたことがあったのか、なくて社会的憤怒のようなものが腹にあったのか、それとも…。記事からは、まったくわからない。
※ ■部分は元記事では実名。

 ところで、

 駐車違反取り締まりの民間委託などを盛り込み六月に施行された改正道交法で、施行後三カ月間の県内の放置車両確認ステッカー(標章)取り付け件数は二千六百四十三件で、昨年同期(五百四十一件)の約五倍に上ったことが四日、県警交通指導課のまとめで分かった。同課は「法改正による取り締まり強化で件数が大幅に増えた。放置車両自体がなくなるよう、引き続き取り締まりを徹底したい」としている。

 と下野新聞(上掲はその一部)。
 たぶん栃木県警のことをいうんだろう。

 栃木はもともと、駐停車違反の取り締まりがものすごく少なかった。
 「交通事故統計年報」によれば、05年は2668件。構成率は2.0%にすぎなかった。

 警視庁(東京)は46万8918件。構成率は31.4%。
 構成率の全国平均は17.8%。
 だから、栃木は増やしやすいってことがあるんだろうね。

 ちなみに、件数も構成率も全国最少は、佐賀県。
 674件で1.2%。
 佐賀も、そうとう増えたんだろうか。

 6月から3カ月間の、全国のデータをまた開示請求しなきゃ。
 警察庁の電子申請は、紙の場合より100円安いけど、やっぱアナログなオヤジには面倒だよぅ。
 100円泣いて、紙で開示請求しよっか…。

 Banner_02_2 人気blogランキング ← ぽちっとね♪

2006年9月 4日 (月)

監視員への公務執行妨害 罰金20万円

 これで、駐車監視員への公務執行妨害で…、と報じられたのは14件(14人)になった。

公務執行妨害:駐車監視員に暴行、男に罰金命令--府内初の刑事訴追 /京都
 ◇「どける言うとるやんけ」怒鳴って体当たり

 京都地検は1日までに、駐車監視員に暴行した公務執行妨害罪で左京区の風俗店案内所従業員(20)を京都簡裁に略式起訴し、同簡裁は罰金20万円の略式命令を出した。地検によると、民間委託の駐車違反取り締まりをめぐる刑事訴追は府内で初めて。
 起訴状によると、従業員は8月18日午後8時10分ごろ、中京区の歩道で、駐車車両について警告した監視員に「すぐどける言うとるやんけ」と怒鳴って体当たりをした。【太田裕之】  毎日新聞 2006年9月2日

 18日には大阪で1人逮捕されたと報じられているが、京都のこれは、検挙時には報じられてないのかな。
 これだけの情報から勝手に推測すると、
「逮捕はせず、在宅で略式起訴した。逮捕がなかったので、検挙時はマスコミ発表しなかった」
 のかな…とも考えられるのだが、マスコミ発表(監視員に逆らうなとのアピール)を、しないかなぁ…。

 ところでこの報道、地検が簡裁に略式起訴した、となっている。

 簡裁に対応するのは区検。
 「道路交通法等違反」の法務省資料を見ると、略式起訴(略式命令請求)はぜんぶ区検がやってる。地検の扱いはゼロだ。
 「自動車等による業務上(重)過失致死傷」についても同様だ。

 それ以外の刑法犯の資料は今、手元にない(と思う)が、地検が簡裁に略式起訴するなんて、あるのか。
 地検の検察官が、簡裁の公判に立ち会うことはあるけれども…。
 区検の検察官が、地裁の公判に立ち会うこともあるそうだけれども…。
「京都地検(の管内の京都区検)が略式起訴した」
「京都地検が略式起訴(が為されたと発表)した」
 つーことだろうか。
 しょーもないことにこだわっちゃう私(笑)。

 ともあれ、罰金20万円かぁ。

  第五章 公務の執行を妨害する罪

第九十五条  公務員が職務を執行するに当たり、これに対して暴行又は脅迫を加えた者は、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。
 公務員に、ある処分をさせ、若しくはさせないため、又はその職を辞させるために、暴行又は脅迫を加えた者も、前項と同様とする。
 上限50万円。
 どう運用するのかと思っていたが、20万円かぁ。
 酒気帯び運転は、上限30万円で、普通車の初犯の相場は20万円
 ふぅむ。そうなのかぁ。
 ま、京都のこの金額が相場といえるのかどうか、まだわかんないけども。
 さ、締切り原稿を書かねば!
 Banner_02_2 人気blogランキング ← 9月4日7時50分現在、週間INが540で28位。なんかもう、25位までの枠、の外が定位置になっちゃったね♪

2006年8月25日 (金)

駐車監視員への公務執行妨害で逮捕13人

 今週発売中の『FLASH』で、駐車監視員のマニュアルの想定問答集について書いた。
 これは面白いよ!

 その記事中、これまで駐車監視員への公妨で逮捕と報道されたのはもう9人、と書いた。
 私はレスポンスZAKZAKを基本に、ほか大手新聞のサイトを数日おきに、という感じで見ており、逮捕報道は9人だった。

 …が、書いて雑誌ができてから、「待てよ? ほんとに9人か?」と、「駐車 監視員 公務執行妨害 逮捕」などの文言で念入りに検索したら、締切り後も含め、あらま、あと4人が逮捕されてましたねぇ。
 すみません、だから、9人ではなく13人です、現時点で確認できてる報道は。
 それもあわせ、また表をつくっとくです。

- 犯行日 逮捕日 職業(年齢) 報道発表の内容 備考
①東京・六本木 6月5日午後4時半頃 6月6日 アルバイト(25) 路上にミニバイクを停めようとしたところ、監視員から「ここは停められません」と注意され、「うるさい」と言って監視員の右脚を左ひざで1回蹴った -
②岡山 6月13日午後4時すぎ 6月13日(現行犯逮捕) 自称行政書士(55)

「移動してください」と声を掛けた監視員に「おまえの車はええんか」と怒鳴り、監視員に携帯電話のカメラを向けた。監視員が顔の前に左手を上げると窓越しに引っ張ってかみついた。「注意されて腹が立った。母親を迎えに行くところで約束の時間に遅れイライラしていた」と供述しているという。(サンスポより)

公妨と傷害で公判請求
③東京・新宿 6月16日午後1時頃 6月16日 無職(46) 近くの店で文房具を買って車に戻ったところ、ステッカーが張られているのに腹を立て、「1分間しか止めていない。違反を取り消せ」と殴った。監視員が「痛い」と言うと「痛くないだろう。気合だ」と言い残して立ち去ったという。(毎日新聞より) 公妨で公判請求
④広島 6月9日午後3時頃 6月18日 電気工事業(45) 監視員2人が違反処理しようとしたところ、大谷容疑者が駆け寄り、「何しとるんや、痛めつけるぞ」などと脅して、取り締まりを妨害した疑い。(読売新聞) -
⑤神奈川・横浜 6月24日午後1時半頃 6月30日までに 会社員(36)

監視員から警告を受け立腹。車にあった長さ約1メートルの棒状の健康器具で監視員の巡回車をたたいた疑い。男は、車内で地図を見て駐車場を探していたところを警告されたと主張。「注意されたストレスを解消しようと健康器具を取り出した時に巡回車に当たったのではないか」と故意を否認している。(ZAKZAK)

-
⑥東京・日本橋 6月29日夕方 6月30日までに 会社社長(70) 内装工事用ワゴン車の男性運転手が取り締まりを受けたのを目撃して立腹。「勘弁してやれ」と怒鳴り、監視員の胸を突くなどした疑い。社長は「運転手と面識はなかったが、仕事なのに罰金を取られるのはかわいそうだと思った」と供述している。(ZAKZAK) -
⑦東京・新宿 - 6月30日 アルバイト(62) 自分の車に対する取り締まりを妨げるため、民間の駐車監視員の男性(40)の腕をたたいた(ZAKZAK) -
⑧大阪 6月30日午後1時35分頃 7月2日 貨物取扱業(41) 飲食のために止めた乗用車に駐車違反の標章を張られたことに立腹。近くにいた監視員に「どついたら公務執行妨害になるから」と、止めてあった自転車を投げたりけったりしたうえ、「邪魔や」と言って押しのけて車に乗り込み、逃げた疑い。(読売新聞) -
⑨埼玉 7月8日午後3時15分頃 7月8日 タクシー運転手(59) 自宅近くの三郷団地内の市道で取り締まり活動をしていた監視員に対し、「こんな場所での取り締まり活動は必要ないだろう」などと言いがかりをつけ、監視員の背中を手で突き飛ばした疑い。(毎日新聞) -
⑩千葉 8月6日午後8時30分頃 8月6日(現行犯) 職業不詳(36) 監視員が現場に止めてあった同容疑者の軽乗用車に駐車違反の手続きをしていたところ、監視員の胸ぐらをつかむなどの暴行を加えた。同容疑者は酒を飲んでいたという。(北陸中日新聞) -
⑪徳島 8月7日午後2時50分頃 8月7日 無職(26) 違法駐車した自分の乗用車が駐車違反取り締まりを受けたことに立腹。取り締まりを終えた直後の男性監視員(50)に、違法駐車の入力情報を取り消し、放置駐車違反のステッカー(確認標章)を外せなどと怒鳴りながら殴ったりけったりして、男性に二週間のけがを負わせた疑い。(徳島新聞) -
⑫大阪 8月8日午前10時30分頃 8月8日(現行犯) サンダル加工業(38) 区役所に立ち寄るため離れたワンボックス車に違反確認ステッカーを張られたことに腹を立て、駐車監視員の男性(55)の顔につばを吐き、胸を両手で突くなどの暴行を加えた疑い。(毎日新聞) -
⑬大阪 8月18日午後2時40分頃 8月18日 不明(29) 駐車違反の取り締まりをしていた監視員に対して、違反ステッカーを外すのを断られると、突然、足蹴りなどをしたうえ、監視活動用のカメラを取り上げ、地面に投げ捨てたなどの疑いが持たれています。監視員は、腕などに軽いけがをした。暴行を受けた監視員は、「頭を10回小突かれた」「足蹴り5回ですね、太ももを蹴られました」「相手が逃走する時に(ドアで)私の左手をはさまれた」と話している。調べに対して北村容疑者は、容疑を認めているということだ。(朝日放送) -
※神奈川(第51条の4第2項) 8月22日午後1時50分頃 8月22日 専門学校生(19) 警察官が見張っているとは知らず、盗難バイクから駐車違反ステッカーをはがした。学生は窃盗犯と疑われたが、約30メートル離れた所に自分のオートバイを止めていたことなどから、疑いが晴れたという。「警察を困らせたかった」などと供述したという。(朝日新聞) -

 最後の※は、公務執行妨害ではない。
 道路交通法51条の4(新制度についてのメインの条項)の2項、の違反だ。
 罰則は、2万円以下の罰金又は科料(121条1項9号)。
 この若者くんに対して、何らかの処分があるとすれば(あるとすれば、だよ)、家庭裁判所の審判を経てのごく軽い保護処分か、略式による罰金だろう。罰金額は、1万円か2万円か、推測できる情報がない。51条の4、2項違反の検挙は、全国第一号のようだしね。

 ところで、新しい駐禁ステッカーを、他人により勝手に取り外されてしまった場合、どうなるのか。
 どうなるも何も、「持ち主または違反者がステッカーを確認しなければ、その後の手続きは進行しない」なんて定めはない。
 ステッカー取付けから、早ければ4日ほどで、その車両の持ち主(車検証上の使用者)に対し、放置違反金の仮納付の納付書と、弁明通知書が郵送される。

 Banner_02_2 人気blogランキング ← 25日16時40分現在、週間INが590で24位。また25位までの枠内に戻りました~。忙しいですネどうも♪

 昨日、9時台からアクセス数がやたら増え、12時台には1時間で110アクセスと(当ブログにしては)すごいことになった。
 なんで? とアクセス元ランキングを見たら、2位に霞っ子クラブのブログがあった。
 たーさんの傍聴記で当ブログが紹介されていたのだ。
 霞っ子クラブ、人気沸騰!?

霞っ子クラブ 娘たちの裁判傍聴記 Book 霞っ子クラブ 娘たちの裁判傍聴記

著者:長谷川 雫,加賀美 はる子,高橋 ユキ,多岐川 美伎
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 この本、今少しずつ読んでるんだけど、確かに面白いわ。
 良い味が出てる。彼女らのイラストも良い。
 新潮社のほうも、売ろうと思って気合い入ってるみたいな、そんなものも感じられて。

2006年3月21日 (火)

公務執行妨害に罰金刑を設ける理由

公判請求 略式命令請求 不起訴
道路交通法違反 11,943 598,757 124,876
業務上過失致死傷 8,960 88,250 754,801
窃盗 41,959 - 48,281
公務執行妨害 871 - 1,016

※「検察統計年報」の2004年のデータより抜粋。

 いろんな犯罪があるなかで、窃盗は、公判請求がいちばん多い。つまり正式な裁判になる数が多い、ということ。
 2位は、覚せい剤取締り法違反で、17,071人。
 3位は(交通関係業過と道路交通法違反を除いた表でいえば)、出入国管理及び難民認定法違反で、8,468人。
 なんにしても、窃盗がダントツトップだ。「ダントツ」の語源は「断然突出」?
 窃盗は、裁判所にとって、かなりの負担になっている。

 刑法235条 他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、十年以下の懲役に処する。

 懲役刑の選択肢しかないから、処罰するときは、正式な裁判を開いて懲役刑を科すほかない。
 ここに罰金刑の選択肢を加え、略式で罰金を払わせてオシマイにできるようにする、という動きがある。
 それは、まあ、わからないじゃない。
 たとえば万引など、わざわざ公判請求して懲役刑を科すのも如何なものか、といって、不起訴で終わらすのも如何なものか、両者の中間の罰金刑があっていいんじゃないか、とね。

 しかし、同時に公務執行妨害も罰金刑に、ってどーゆーこと?

 これから“貧富の差”が広がり、“戦争できる国”へどんどん進んでいくと、国家と国民がぶつかりあう場面は増えてくるはず。裁判所に負担をかけることなく処罰して前科者にするには、略式で終えられる罰金刑があるほうがいいってことかなあ…と、ぼんやり私は考えていた。

 だが、ちょっと待てぇよ。
 駐禁取締りの民間委託について、
「民間がやるんじゃ、違反者とのトラブルが増えるのでは?」
 という声がよく聞かれる。
 取り締まりを行う「駐車監視員」は、それなりの帽子や制服を着用するものの、警察官とは迫力がちがう。「ざけんな、この野郎っ!」と監視員の肩を押す、なんてことが多発するおそれがある。
 駐禁取締りは年間300万件を超えると予想される…。
 
 私は「駐車監視員資格者講習」で教わったよ。
 監視員は「見なし公務員」とされ、監視員に対する暴行等は公務執行妨害の対象になると。これ、修了考査の問題に出たかな。
 そうするとだよ、これから路上でトラブルが頻発するだろうことを見越して、窃盗とセットで公妨にも罰金刑をという、そういう側面も、どうもあるんじゃないか。 

 そしてじつは警察は、この民間委託を他の違反へも広げようとしている。
 違反だけでなく、軽微な(つまりほとんどすべての)交通事故(上の表のとおり不起訴がめちゃ多い)へも広げようとしている。
 そのためには、公務執行妨害の処罰を迅速・簡便に行える法手続きが、不可欠だろう。
 しっかり先を読み、必要な法律を準備していく…。私も少しは見習わねば?