フォト
2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

カテゴリー「刑事/その他刑事」の486件の記事

2022年6月20日 (月)

訪問買取業者から電話あり!

 080で始まる番号から着信があった、ちょうど昼頃のことだ。

 拙宅にある不要品を何でも買い取るという。部品でもいいという。壊れたカメラがあることを想定しているらしい。
 非常に慣れた調子の、ベテラン風のおばさんだった。

 買い集めてどうするんですか? 売るんですか? それ買いに行きたいですねえ、と言ってみた。

 本店は名古屋。埼玉の大宮に買取専門の支店があり、買取担当が今日は拙宅の方面を回っているんだという。午後3時頃は如何でしょうか、と。

2201072-2_20220620173401  販売は名古屋だけですか、買取の人を派遣して、そんなので儲かるんですか?
 などと申し向けてみたところ、少しひるんだ感じはあった。が、しかし、とにかく買取担当を派遣したいらしい。
 派遣成立でいくら、の契約のアポ電バイトなんだろうか。

 ま、常識的に考えて、

 ・高価なものを二束三文で、またはただで、強引に持ち去る。
 ・逆に引取料金を数万円~数十万円とる。

 どっちかじゃないのかな。
 高齢者宅の情報を、特殊詐欺グループや特殊強盗グループに高く売ったりして。

 真っ当な業者もいる。
 そうかもしんないけど、訪問買取業の若者を被告人とする「強要、強盗未遂、窃盗」といった裁判をいくつか傍聴した身としては、警戒心が先に立ってしまう。許されたい。
 メルマガでは以下の2号でレポートしました。

第2602号 毎月150万円のノルマを課され盗みを。不要品買取業者、おそるべし!

第2639号 訪問買取業者の罠、厳しいノルマを課され、盗みを示唆され

 画像は、横浜地裁からの帰り、見かけた風景。珍しいので撮影しました。

 ←6月20日17時20分現在、週間INが50で4位。

2022年3月16日 (水)

詐欺メールで2千万円を稼いだ若者

20220313-2
 朝、パソコンに向かって最初の作業は、おそらく多くの方と同様、詐欺メール(俗称「迷惑メール」。私の定義では詐欺メール)をざくざく削除することだ。
 Amazonにメルカリに、あとなんだっけ、ちらっと見ただけでもうざくざく削除する、1秒に2件は削除する。

 「「これ詐欺だったの?」──「えきねっと」をかたるメール、手口の巧妙さが話題に “自動退会処理”に注意」と3月7日付けITmedisNEWS。こうある。

JR東日本が提供する、指定券予約サービス「えきねっと」をかたるフィッシングメールが出回り、その手口の巧妙さが話題になっている。プロレスラーの桐生真弥さん(@mahiro_tjpw)は3月5日、「詐欺にあいかけた話」として、フィッシングメールが届いたことをTwitterに投稿。「このメールはレベルちょっと高かった。近年で一番」と注意を促している。

 おっしゃるとおり、私も一瞬「あっ」となり手を止めた。
 詐欺師らもなかなかうまいところを突いたもんだ。ひっかかる人が多いのだろう。「えきねっと」をかたる複数タイプの詐欺メールが毎日大量に着信する。Amazonをかたる詐欺メールに匹敵する量かと。

 詐欺メールの送信で「楽してお金を稼いだ」若者、を被告人とする「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律違反」を傍聴したことがある。
 メルマガ第2455号「競馬と出会系のメールを約22億通、約2千万円を稼いだ若者」(2020年8月29日付け)でレポートした。
 あんな話、ほとんど誰も知らないだろう。雑誌『ドライバー』のWebサイトに書かせてもらおうかな。
 あそこには、交通以外の記事も書いているのだ、じつは。たとえば「オレオレ詐欺の“受け子”調達は…ニュース報道が支えている?」とか。

 そうこう言ってるうちに、もうこんな時刻。そろそろ裁判所へ出かける準備をせねば。じゃねっ。

 ←3月16日11時00分現在、週間INが50で2位。

2022年3月 9日 (水)

死刑を破棄、改めて死刑!?

20220309  「川崎老人ホーム転落死事件 二審も元職員の男に死刑判決 東京高裁」と3月9日付けTBSNEWS。右はそのキャプチャー画像。

 そこかよっ、と言われそうだが、こんなことを書くのは私しかいないだろうと、ちゃちゃっと書く。
 ニュースにこうある。

川崎市の老人ホームで入所者3人が相次いでベランダから転落し、死亡した事件で、東京高裁は元職員の男に一審と同じく、死刑を言い渡しました。

 もしそうならびっくり判決だ!
 というのも、高裁の判決は以下の2つのうちどっちかなのだ。

主文。本件控訴を棄却する
主文。原判決を破棄する…

 前者が圧倒的に多い。後者の場合、破棄したうえで、地裁へ差し戻すとか、被告人を××に処するとか、被告人は無罪とか、続く。

主文。被告人を死刑に処する

 とは高裁は言い渡さない、言い渡せない、刑事の高裁は事後審なので。
 しかし報道は、高裁が死刑を言い渡した、となっている。であれば、こういう主文だったはず。

主文。原判決を破棄する。被告人を死刑に処する

 そんなバカな? いやいや、一審判決を破棄し、一審と同じ刑を改めて言い渡すことは、たまにある。
 結論は変わらないんだけども、適用法令に誤りがある、という場合なんかに、そうなる。
 そういうのを私は1件か2件、死刑の事件じゃないが傍聴したことがある。メルマガに書いた。第何号か忘れた。

 だから今回のケースは、一審の死刑判決に何か誤りがあり、でも結論は変わらないんで、いったん破棄して、改めて死刑判決を言い渡しのだな、誤りって何だろ! なのである。

 東京高裁にはまだ確認してない。が、過去のこの種の報道を見てきたところから推測するに、こういうことだったのではないかと。

「高裁は被告人側の控訴を棄却、一審の死刑が維持されました、それだと一般視聴者は分からない。無知な人たちにインパクト強く伝えるには、高裁も死刑判決! とやるほうがいいんだ」

 TBSだけじゃなく、どこのニュースもほぼそうじゃないかと。

 民事は【原告vs被告】、刑事は【検察官vs被告人】なのに、メディアは必ず刑事の被告人を「被告」とするし。
 なんと! 報道に毒されたか、被告人を「被告」と呼ぶ刑事裁判官までいる、びっくりだ。

 新型コロナの新規感染者数について、陽性者数(分子)にばっかりめっちゃこだわり、検査数(分母)は基本スルーとかあるし、ウクライナについての報道も、どこまで信じていいの? という気がしてしまう。
 こういうところに陰謀論が入り込んでがつんと稼ぐんだなあ。私も頑張ろう。 ←あんたは無理っ(笑)

 ←3月9日20時20分現在、週間INが80で2位。 

2022年3月 3日 (木)

報奨金ハンター養成塾!

20220303-1

 「全国初…特殊詐欺の容疑者検挙に向け『報奨金』制度導入 「だまされたフリ作戦」への協力等で 愛知県警」と2021年7月1日付け東海テレビ。このニュースを、いま知った! 右の画像はそのスクリーンショットだ。

 だいぶ前から私はメルマガ等で言ってきた。
 いまや一大産業となった特殊詐欺について、通報すれば×万円、受け子等々の逮捕に至れば被疑者1人につき×万円、懸賞金、報奨金を出したらどうかという趣旨を。

 そのためには、詐欺の手口の詳細、受け子や出し子の服装、行動の特徴等をよく知らねばならない。
 各地の公民館、コミュニティセンターで警察が「特殊詐欺、手口講座」を開く。
 民間の「報奨金ハンター養成塾」が続々設立され、「当塾塾生による報奨金、総額1億円!」などとTVCMが…。

 お年寄りたちは、架け子からの架電を待ち、わくわくどきどき電話に張り付く。
 受け子等を探して住宅街を歩き回る。駅の番号式コインロッカーやコンビニATM、銀行ATMを回って歩く、眼光鋭くきびきびと。

 生き甲斐と健康を同時にゲット、素晴らしいではないか。

 もちろん、受傷事故はヤバイ。
 行き過ぎちゃって、反戦デモに参加した住人、原発に反対の住民を警察に通報するようになっても困る。
 そこらは十二分に注意しなければならない。

 先輩諸氏(お年寄りら)を餌食とする特殊詐欺、の裁判をたくさん傍聴して思うのは、いくら報道され注意喚起されても結局「他人事」ってことだ。
 他人事、これは人間の大事な心理機制のひとつではないかと思う。
 しかし上記のようなことになれば、特殊詐欺は「自分事」になるだろう。

 そういうことをいつも夢想してきたが、なんと愛知県警がリアルで始めていたとは。
 ただ、1万円はしょぼいと思う。逮捕1人につき、せめて5万円はほしいよね。

 このモデル、日本から世界へ広がるかも。てか世界ではすでに行われてるかも?
 「他社がやらないニュース専門チャンネル」で報じてほしい。

 ←3月3日12時40分現在、週間INが60で3位。

2022年1月 4日 (火)

悪いのはうさぎのピョンちゃんです

 2015年、山口地裁宇部支部へ私は3回通った。2回は高速バス、1回は格安航空券で福岡を経由した。
 狙いの裁判は「詐欺」。中身的には「裁判所は裸の王様か事件」、だから宇部まで通ったのである。司法を国民に見張らせるため裁判は公開なので、国民の義務的に。

 ある期日の帰途、山口地裁(本庁)へ寄った。ご当地の傍聴マニア諸氏と勾留もとえ交流させていただいた。そのときのことを私はメルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」の第1505号に書いた。
 以下は第1505号からの抜粋だ。若干の加除訂正をする。

 そんなことをメモして廊下へ出ると、さっきの年配男性2人が廊下の椅子に座っていた。
 たまらず私は声をかけてみた。あの、失礼ですが、いわゆる傍聴マニアに相当する方ですか?
 ずばりそうだった!

 次の刑事の開廷は、14時30分、2号法廷で「ストーカー行為等の規制等に関する法律違反」。東京地裁なら、遅くとも30分前には張り付かなきゃいけないとこだが、山口地裁はそんな心配はぜんぜんないらしい。
 約1時間、た~っぷり話を聞いた。いや~、面白かった。サイコーにありがとうございますっ!
 直ちにメモしておらず、もうだいぶ日数が経って具体的なことはかなり忘れたんだが、一部思い出すと…。

 万引きの女性被告人が、保釈後、うさぎの着ぐるみのようなのを着て出廷、こんなことを言ったんだそうだ。

被告人「悪いのはうさぎのピョンちゃんです。中の○○ちゃん(被告人自身)は悪くないんですぅ」

 最後に何か言いたいことはないか尋ねられ(つまり最終陳述で)、こんなこと言ったオッサン被告人もいたんだとか。

被告人「煙草を吸わせてくれ」

 あるいは…。

被告人「広島刑務所へ行かせてくれ。あそこは飯が旨いけん」

 蛍光ランプ式白色LEDを発明した学者氏が研究費を詐取したとされた事件は、学者氏の発言が圧巻だったという。
 マニア氏らはマスコミ記者とも情報交換してるらしい。お互いにとってお得だものねぇ。

 そうこうするうち、14時30分~15時30分、山口地裁2号法廷(24席)で「ストーカー行為等の規制等に関する法律違反」の新件が…。

 高速バスを私は湯田温泉で乗降した。バス待ちで入浴するならお勧めの湯があるとマニア諸氏から聞いた。
 湯田温泉、ホテル「かめ福」の、「白狐の湯」。850円。
 お高いけど、素人はマニアに従え、行ってみた。

 石灰系の泥が溶け出している、かのように広い深い湯船の中心付近が白濁しているのだが、泥じゃなく、超微細な気泡なのだという。温度設定も絶妙で、すんごく気持ち良かった、至福! ありがとうございます!

 これ的な感じかな。このシャワーヘッドを私も買った。これを顔に数秒かけると、おおぅ、小鼻の脂っぽさがほぼなくなる。驚いた。
 このバナーは私のアフィリエイト。ここから楽天へ入って何か買い物すると、1~数%の手数料が私に入る仕組みだ。 

 遥か東京地裁を離れて(※)、自家用車で地方の裁判所を巡って傍聴し、温泉宿に泊まる、そんな身分に、嗚呼、なりたい。

 ←1月4日22時20分現在、週間INが40で2位。 ※私が中三か高校生のとき劇場で観たのは1967年のほう。思春期にそんなんばっかり観てるから、こんなんなっちゃうんだわ。

2021年12月22日 (水)

不要品の訪問買取業者って!

Dsc_0188-2  これはどうしても傍聴しなければ!
 そう思って頑張って朝一から裁判所へ。ところが期日取消、バッキャロー。ということが続いてる。

 しかし、捨てる神あれば拾う神あり。すごい事件に当たるのですよ。それもたくさん当たるのですよ。

 「窃盗」の新件。被告人氏名は珍しいタイプ。スマホ検索したら、あるスポーツの有名(らしい)選手がヒットした。
 傍聴した。手錠・腰縄で現れた被告人の体型が、ああ、そのスポーツなのだ、という…。

 で、訪問販売ならぬ不要品の訪問買取ってのがあるでしょ、あの商売、へ~、そんなことになってたのっ! もしかして被告人が可哀想といえる面がだいぶあるんでは?

 今日はメルマガ第2553号「平成と令和をまたいだせいか、びっくり、裁判官が判決を間違えた!」、第2558号「万引き窃盗、まさかの主文後回し! 被告人(74歳女性)は崩れ落ちた」でレポートしたあのとんでも裁判の控訴審判決があった。

裁判官 「主文。原判決を破棄する。被告人を…」

 レポートしなけれならない事件が多すぎる!
 しかも、今年はまだもう少し裁判所へ通わねば。大変な事件がたくさんあるのですよぅ。じゃねっ。 ※画像は京都の浅野日本酒店。サイコー!

 ←12月22日21時10分現在、週間INが70で2位。

2021年9月14日 (火)

津田大介さん、香山リカさんらの書類送検、たぶん世間が知らない話

20210910  「起訴求める意見付けず…津田大介さん,香山リカさんら書類送検 リコール署名巡り高須院長が告発」と9月9日付け東海テレビ。画像はそのスクリーンショットだ。

 別の報道では「書類送付」となっていた。刑事犯罪関係で初めて目にする4文字かと。
 身柄なしで検察へ事件を送致するのを、メディアは普通「書類送検」という。今回のは犯罪とは到底いえない送検なので、という趣旨か。

 犯罪とは到底いえない、起訴を求めない検察送致を行う、そんなことってあるの?
 じつはあるのだ。

 以下は2020年の検察統計の、全犯罪のデータだ。公判請求とは正式な裁判への起訴。略式命令請求とはつまり罰金処理。法廷は開かない。丸カッコ内は不起訴の理由の一部だ。

 公判請求  6万8351人
 略式命令請求  3万8239人
 不起訴  15万2569人
  (起訴猶予) 10万5986人
  (嫌疑不十分) 3万1798人
  (嫌疑なし)  1741人

 嫌疑なしの不起訴は極めて少ない。そこんとこ頭において、「殺人」のデータを見てみよう。殺人には罰金刑の選択肢がない。

 公判請求  242人
 略式命令請求  0人
 不起訴  722人
  (起訴猶予) 22人
  (嫌疑不十分) 255人
  (嫌疑なし)  214人

 嫌疑なしがめっちゃ多い。「死人に口なし」じゃ説明がつかないぐらい、めっちゃ多い。どうなってんの?
 私は昔、びっくりして検察か警察の職員に尋ねたことがある。こんな話を聞いた。

 「殺人」の統計には未遂も含まれる…。
 世の中にはいろんな人がいて、「俺は殺されそうになった!」と騒いで殺人未遂で告訴する人もいる…。
 んで、全部なのか一部なのか、警察は受理し、受理したからには検察送致する。そういうのは、もともと殺人未遂に相当する事実などないので、さくっと嫌疑なしの不起訴になる…。

210911  警察が検察に事件を送致するとき、どこそこ検察庁の検事正検察官殿、と「送致書」を作成する。
 うちの書棚には、ややこしい本がいっぱいある。画像はその一部だ。もっと高価でぶ厚い本もたーくさんある。
 たとえば『新版 交通事件捜査書類作成要領』(立花書房)を見ると、無免許運転の送致書の「犯罪の情状等に関する意見」として「…その行為は極めて悪質と認められるので厳重処分を願いたい」とある。

 たとえば『記載要領 捜査書類基本書式事例(改訂版)』(立花書房)を見ると、「処分に関する意見」として「厳重な処分を願いたい」のほかに「起訴相当と思料する」「軽く処罰願いたい」などがある。起訴猶予が相当と目されるときは「寛大な処分を願いたい」と書くんだそうだ。

 嫌疑なしが相当と目されるときはどう書くのか、そこは分からない。他の本をぜんぶ当たる余裕はない。
 本件の「処分に関する意見」はどう書かれたのか、知りたいよね~。

 以上、メルマガ第2571号「盗撮常習の元教員、監視カメラの録画をもとに3カ月後に逮捕って」の編集後記より。
 ネット記事1本に軽くなりそうなことを、たかが月額110円、1本当たり13円程度のメルマガの編集後記に書いている、私はほんとバカだと思う。なんとかしなければ。💢

 ←9月14日22時30分現在、週間INが50で2位。

2021年8月30日 (月)

侮辱罪の厳罰化、ほんとに厳罰化?

20210830-1  「ネットの中傷に対応「侮辱罪」厳罰化の方針」と8月30日付け日テレNEWS24。画像はそのスクリーンショットだ。
 そして以下は刑法。

(侮辱)
第二百三十一条 事実を摘示しなくても、公然と人を侮辱した者は、拘留又は科料に処する

 法務省の2019年(それが最新)のデータによれば、「侮辱」の既済(きさい)はこうなっている。

公判請求 2人
略式命令請求 30人
不起訴 60人
 (起訴猶予 21人)
 (嫌疑不十分 26人)

 私は過去に「侮辱」の刑事裁判を2件、傍聴したことがある。

 1件はメルマガ第2241号「極めて珍しい「侮辱」裁判、女性駅員に対しぶつけた言葉は」でレポートした。ぶつけた言葉は「デブ、ブタ、ブス、キモい、口臭えんだよ」などだった。

 もう1件は未レポート。区役所前での街頭演説がうるさいからと侮辱した、という事件だった。
 2件とも判決は科料9千円だった。
 以下は刑法。

(拘留)
第十六条 拘留は、一日以上三十日未満とし、刑事施設に拘置する。
(科料)
第十七条 科料は、千円以上一万円未満とする

 これを、こう変えようというのだ。

30日未満の拘留 → 1年以下の懲役
1万円未満の科料 → 30万円以下の罰金

 この法改定が実現したとき、たぶん罰金は“標準”が20万円になるのだろう。

 お金持ちには屁でもないかも。けど、「いててっ」となる人が多いんじゃなかろうか。
 払えない場合、財産刑を自由刑に換える、換刑処分とされる。
 20万円程度だと換刑は1日5千円が基本だ。20万円なら40日間の労役場留置となる。途中で外から誰かにたとえば10万円(20日分)を払ってもらい、出ることもできる。

 そして、だ。1年以下の懲役は、同種で執行猶予中だとかない限り、必ず執行猶予がつくはず。
 執行猶予付きでも懲役刑は懲役刑。公務員は失職したり、医師や不動産業者はヤバイことになったりするが、一般人にはどうってことない。

 一方、拘留も自由刑であり、しかし執行猶予がつかない。
 刑法第25条により、執行猶予がつくのは「三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金」だけ。拘留は含まれない。拘留はかならず「実刑」だ。まとればこうか。

現行の自由刑=拘留=必ず実刑
厳罰化後の自由刑=懲役刑=原則執行猶予

 今回の厳罰化は、財産刑を格段に重くし、自由刑を実質軽くする、そう言えるんじゃないか。

 まぁね、ネットでの侮辱者の個人情報を開示させるとき、法定刑が重いほうがいいって面もあるのかもしれない。
 でも、侮辱者たちにいちばんダメージとなるのは、侮辱でも名誉毀損でも、犯罪に当たる匿名投稿をしたとき、すぐに身元を特定されてしまうことだろう。

 表現の自由、ゆえに身元特定のハードルは高いのだ?
 いやぁ、自民党がそれほど表現の自由を重んじるとは、私はちょっと考えにくい。
 侮辱や名誉毀損、誹謗中傷の匿名投稿って、どっちかと言えば、だいたい国家寄り、政権寄り、嫌韓嫌中的なベクトルのもとにあることが多いような気がする。そこが関係してるのかなぁとぼんやり思ってみたりなんかしたりしなかったり、、、😵

 ←8月30日19時30分現在、週間INが30で2位。

2021年8月12日 (木)

狙いの事件は傍聴券抽選で

 「エリート大阪大院生が「爆破予告」で逮捕されるまで」と2020年11月23日付けFRIDAY。
 その「強要未遂、威力業務妨害、強要」の判決が2021年8月12日(木)10時10分、東京地裁430号法廷である。

 私はこれを傍聴に出かけ、9時40分頃に東京地裁の敷地内に入った。
 正面玄関の遠く左方向で傍聴券抽選が行われており、ちょうど締切時刻になったようだった。へえ、なんだろ、と私は通りすぎた。

P1000485-2_20210814180101  ところが! それこそが「強要未遂、威力業務妨害、強要」の傍聴券抽選だったのだね。
 まさかそんなことになるとは私は想像せず、東京地裁の傍聴件抽選のページをチェックしなかった。ちっきしょぉ。

 いや、430号法廷の傍聴席は本来20席。コロナディスタンスで10席に制限されているはず。記者席(特別傍聴席)が何席かあるはず。
 だから抽選の当たり券は、430号法廷を使うなら、1桁枚数だったろう。そんなのに並ぶのは馬鹿らしい。

 傍聴券抽選と分かっていれば、今日は裁判所へ来なかった。原稿を書いてた。
 しかし傍聴件抽選と知らず、出てきた。
 出てきたおかげで、芸能方面の事件を傍聴してしまったようだ。

 被告人氏名でネット検索すると、株式会社ソニー・ミュージックレーベルズが、CD等の出荷は停止、デジタル配信も停止する等の告知があった。
 さらに検索すると、超話題のアニメの音楽も担当しているとか? いずれ社会問題になる可能性あり。傍聴した。
 さすが東京地裁、いろんな事件がありますね。

 ←8月12日20時40分現在、週間INが70で2位。

2021年7月21日 (水)

航空機内でキャビンアテンダント(女性)の臀部をわしづかみ

 7月20日(火)午前9時43分頃、昨年新型コロナがわーっと問題になってから私としては初めて、東京地裁(東京高地簡裁合同庁舎)の正面玄関に行列を見た!

 20数人だったか。X線手荷物検査に1人で30秒、1分かける来庁者はおらず、私は2分ちょいで通過できた。手荷物検査の担当者の手際もよかったのか。いいね!

 タブレット開廷表は、全部が埋まるほどではないが、だいぶ混雑していた。
 学生さんの2人連れ、3人連れが、だいぶ増えたのかな。

 この日、私は1日で大変な事件をたくさん傍聴してしまった。

 「公務執行妨害」3件、いずれも警察官に対する暴行で、ムッチャ悪質そうな2人、年配男性のほうは罰金30万円、中年男性のほうは求刑が罰金30万円。ところが、3件目、前科なしで暴行の程度も軽い若者君だけが求刑懲役8月。なんで? ※8月=はちげつ

210717-2  町議会議員のおじさんが飲酒事故で逮捕されたと報道あり。その2年後、まだ執行猶予中に「無免許過失運転致傷、道路交通法違反」、つまり無免許ひき逃げ事故をやらかし、懲役8月。

 殺人未遂で逮捕と報道された事件が「傷害」として法廷へ出てきた。いやはやなんとも、メディアは絶対に取り上げられない中身なのだった。被害者は現在も意識不明で、回復の見込みはないという。

 「強制わいせつ」は、なんと航空機内でキャビンアテンダント(女性)の臀部をわしづかみにして数回揺さぶる等した、という事件。そういう事件だと分かっているから、私は25分前に行ったのである。いやはや興味深い話が出てきた。
 ちなみにネットでは、公訴事実とはかけ離れた、ぶっ飛んで悪質な犯行だったとするWebサイトがある。あれはどうなっているのか、調べてみようか。

 画像は、例によって酒肴自慢。いいでしょ。おくらの色が薄いのは、赤おくら、だから。熱を加えると色が抜けるのですよ。茄子焼きにかかってる緑色のは、刻み大葉だ。

 ←いま何位かクリックしてみてください。クリックすると10ポイントか入る罠になってます~。

より以前の記事一覧