フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

カテゴリー「刑事/窃盗」の114件の記事

2017年9月15日 (金)

あえてクレプトマニアではないと主張し、再度の執行猶予!

 9月14日(木)。
 メルマガ「裁判傍聴バカ一代」の第1971号「万引き病、DSM-5の新たな犯罪的効果!」、第1972号「万引き病は刑務所の恐怖では止まらない」でレポートしてきた、万引きで執行中の万引き、東京高裁の部総括判事を定年退官して簡裁判事になった金谷暁裁判官は、なんと再度の執行猶予にっ!
 万引き病者に再度の執行猶予が付く、付かない、そこに何らかの法則性はあるのか。

Img_1510 午後、第1940号「芸能エンタメ系のコカイン事件が出てきた!」で勾留理由開示をレポートした事件の、今日は、司法統計の言葉を一部借りれば刑事通常第一審の、第1回公判を傍聴。
 それを途中で抜け、ものまねタレントさんの本名が開廷表にあるという民事を、マニア氏から教わって傍聴。あとでネット検索したところによると、「しのぶちゃん(SHINOBU)との訴訟について」の事件と思われる。
 原告代理人弁護士のやり方がまずいから終結します、とも聞こえかねない展開で…!

 最後は、第1910号「資産家76歳の殺害をその息子から依頼され」、第1911号「ターゲットから愛された殺し屋。しかし…」でレポートしたあの事件の、殺害を依頼したその息子を被告人とする事件(審理の期日)を傍聴。すでに実刑判決を受けている殺し屋が証人出廷し…。
 次回は論告、弁論。弁護人は何を言うのか、聴きたい!

 少し調べ物をし、地下の書店で以下の2冊を注文し…。

 なんと今週2回目の「昭和」(北区滝野川の究極の居酒屋)へ行ったのだった。 ※ほんとは毎日行きたいのだけれど、そんな時間は到底なく、週1回と決めてるのです強い心で!

 画像は、串カツと野菜カツの盛り合わせ、かぶ等の煮物、酢豚。いずれも1品、チケット1枚。チケットは10枚つづりで1100円。
 黒ホッピーのセットをまずもらい、ナカを4回おかわりし、さんま焼きとシメサバは芋焼酎、薩摩五代のダブルで。やっぱ魚介にホッピーやビールは合わないでしょ、ねぇ。
 だからこの日はチケットを、えぇっと、13枚使ったのかな。単純に計算すれば1430円。この金額で満腹満足、1時間半ほどですぱっと帰ったのでした。偉かったね(笑)。

 ←9月15日6時10分現在、週間INが150で2位~。happy01

2017年9月 9日 (土)

高齢女性に限っていえば万引きは激増傾向

 以下は9月5日付けAbemaTIMESの一部。

「万引きの実態、もっと知って」元フジテレビアナ・菊間千乃弁護士が訴え
 比較的“軽い“犯罪だと思われがちな「万引き」。ここ数年、認知件数、検挙件数は共に減少傾向にあるものの、被害額は推定で年間4,615億円にも上り、1日あたりに換算すると実に約12億円にもなる(2010年、万引防止官民合同会議発表推定値)。なんと、オレオレ詐欺など特殊詐欺の10倍という被害額だ。

 事件数で7300件ほど傍聴してきた裁判傍聴師としてコメントするなら、それは男の万引きの話だね。
 刑事裁判の法廷へ出てくる男の「窃盗」は、ひったくり、仮睡盗(たとえば駅等で泥酔して眠る会社員の財布を盗む)、そして上掲記事が問題としている換金目的の万引きが多い。
 換金目的の万引きをやる男は、だいたい無職だ。
 やむを得ない事情がないのに、そもそも働く気がなく、犯罪で得た金品で暮らすか、生活保護費を不正受給して暮らすか、刑務所で暮らすか、そういう層が確実に存在するように思われる。
 ちなみに事件名が「住居侵入、窃盗」だと、空き巣狙いか下着ドロだ。

 女の「窃盗」は、ひったくりも仮睡盗も、俺は記憶にない。忘れるくらい少ないか、まったく傍聴してないか。換金目的の万引きは、あったような気もする。
 刑事裁判の法廷へ出てくる女の「窃盗」は、ほとんど、経済的利得を動機とする万引きと、経済的利得が動機じゃない万引き、病的万引きだ。いわゆるクレプトマニア、俺が言うところの万引き病である。

 そうして、女の万引きの検挙件数には、じつはびっくりな特徴がある。
 メルマガ「裁判傍聴バカ一代」でとっくに書き、今年1月22日の当ブログ記事に一部転載したことを、また少しここで書いとこう。

 警察庁の犯罪統計には、万引きについて、女性だけのデータ「女表(めひょう)」がある。2015年と、俺が傍聴マニアになった2003年の、年齢層別の検挙人員をご覧いただきたい。

           2015年  2003年
 14歳~19歳  2693人  1万8049人
 20歳~29歳  2753人    5305人
 30歳~39歳  3115人    3950人
 40歳~49歳  3854人    3351人
 50歳~59歳  3380人    5263人
 60歳~69歳  5033人    2776人
 70歳以上  1万0212人   5209人

 未成年の万引きは激減。20~29歳も半減。少子化の影響、だけでは説明のつかない激減ぶりだ。
 一方、60~69歳は約1.8倍に、70歳以上は約2倍に増えてる! 40~49歳も少し増えてる。
 大きくいえば高齢社会だから?
 いや、そうじゃない。総務省統計局のデータだっけ、2014年と2003年の女性の人口を比べてみると、こうなのである。カッコ内は俺の計算による。危ね~(笑)。

          2014年         2003年
60~64歳  4,574人(約7%増)   4,275人
65~74歳  8.980人(約18%増)  7,354人
75歳以上  9,793人(約32%増)  6,697人

 万引きが約80~100%も増えている、その年齢層の女性人口は、じつは約7~32%しか増えていないのである。これはびっくりだ。

 そうしたデータも引きつつ、俺は万引き病の刑事裁判に注目している。先日、またまた凄いのを傍聴してしまった。万引きがくり返される原因は、うわぁ、そんなところにもあったのか! と。
 メルマガ「裁判傍聴バカ一代」の次号と次々号でレポートする予定。次号分をほぼ書き上げて、気分転換にネットのニュースを見たらAbemaTIMESに当たり、この記事をささっと書いた次第。さぁメルマガに戻ろう。じゃねっ。

 万引きが止まらない女性で、「それは病気だ。病院へ行きなさい」と言われた方がおいでかと。普通の精神神経科へ行ってもダメと、刑事裁判の傍聴席から思える。条件反射制御法は、大きな助けになるんじゃないか。

 ←9月9日16時20分現在、週間INが130で2位~。happy01

2017年6月30日 (金)

ハイエース盗、ヤードへ運んで1台8~15万円

 以下は1月26日付け東京新聞の一部。

「愛着ある車、楽器盗まれた」 肩落とす「川崎吹奏楽団」
 川崎市を拠点とするアマチュア楽団「川崎吹奏楽団」の楽器を積んだワゴン車が盗まれたことが、中原署や同楽団への取材で分かった。鶴田孝団長(56)は「団員から集めた団費をこつこつためて買った、愛着のある車と楽器を盗まれ、怒りのぶつけようがない」と肩を落としており、事件を知った市民や音楽家らから、励ましや支援の申し出が寄せられている。 (小形佳奈)
 署によると、楽器を積んだワゴン車は中原区内の駐車場にとめられていたが、十三日夜から十五日朝にかけて盗まれた。署は窃盗事件とみて調べているが、周辺ではワゴン車が盗まれる事件が他にも三件あったという。

 裁判傍聴ジャーナリストからすれば、この事件のポイントは、車両がハイエースだったことかと。
 ハイエース窃盗団の事件は、東京地裁の法廷へもときどき出てくる。何か大事なものが積まれたまま盗まれることが多い。
 以下、2013年11月19日付けのメルマガ第1188号「刑務所は犯罪者たちの「ハッテン場」か」の一部に若干加筆等して。

  11時~12時、東京地裁716号法廷(20席)で「窃盗」の新件。
 被告人は身柄(留置場)、やや大柄。かぱっと股を開いて被告人席に座り、首をかしげてのけ反り、左手の指3本にタトゥーが見える。

 11月7日付けの毎日新聞がこう報じてる。本件はその■■■■被告人の裁判だ。

トラック盗:被害は100台? 警視庁が男女4人逮捕
 建設会社からトラックを盗んだとして警視庁捜査3課は7日、埼玉県川口市■■■、■■■■容疑者(34)らいずれも無職の男女4人を窃盗容疑で逮捕したと発表した。全員が容疑を認めているという。
 同課は4人が6月以降、東京都内や埼玉、千葉両県でトラックやハイエースばかりを狙い約100件(約100台)、被害総額約2億円の窃盗を繰り返したとみて裏付けを進める。
 他に逮捕されたのは、埼玉県川口市、●●●●(37)▽同、◆◆◆◆◆(26)▽千葉県八街市、▲▲▲(48)の3容疑者。
 逮捕容疑は8月20日午前3時ごろ、東京都練馬区高松の建設会社駐車場から4トントラック5台(計約1700万円相当)を盗んだとしている。防犯カメラの映像などから4人を割り出した

 11月の7日に逮捕して19日にもう第1回公判ってこたぁない。
 すでに別件で逮捕しており報道のは再逮捕、そんで今回の裁判は、その別件のほうかと。

 検察官が起訴状を読み上げた。
 公訴事実は、7月23日、練馬区内のデイサービスセンターの駐車場から、車椅子等12万円相当が積載された普通乗用自動車1台、400万円相当を窃取し、続けて別の駐車場から、釣り道具など70万円相当が積載された普通乗用自動車1台、300万円相当を窃取、の2件。

 その「普通乗用車」の車名がハイエースなのだった。

 被告人は前科7犯。遅くとも2006年から、車を盗んで売却して生活するようになり…。
 前刑(シャブで懲役1年6月)を5月30日に仮出所、金がないので、以前に車を売却した「ボスコこと氏名不詳の外国人」に連絡を取り、ハイエースを盗んでくるよう言われ、1台8万円~15万円で…。

 その後、刑務所で知り合った●●、▲▲に連絡を取り、3人でやったのが本件公訴事実の犯行なのだ。 ※だから◆◆は不参加。
 刑務所=犯罪のハッテン場、そういう側面は確かにあるらしい。

 甲2号証は、デイケアセンター側の調書。

甲2号 「7時47分頃、従業員が出勤すると、ハイエースがなく…キーシリンダーの部分が落ちており…」

 甲11号証は、首都高速・大泉料金所のカメラ画像。ナンバーと、運転車の顔貌がはっきり写ってるんだそうだ。
 甲23号証は、犯行手口の再現。

甲23号 「マイナスドライバーでドアを…エンジンスターターを使い…約2分10秒で…」

 プロフェッショナルな素早い手口なんだね~。
 フィットに3人で乗って犯行現場へ行き、フィットと2台のハイエースを1人ずつ運転して、ボスコに指定された千葉の「ヤード」へ。
 2台を合計30万円で売り、●●には6万円、現場までフィットを運転した▲▲には6万5千円を渡したんだという。

 11時17分、検察書証の要旨告知が終わり…。

裁判官 「えっと、追起訴があるんですか」
検察官 「え~、いくつか…次の予定が今月末頃…」

 その後、俺は傍聴してないが、事件名に「覚せい剤取締法違反」も加わり、だいぶ何回も期日を重ねてた。

 ハイエースを盗んでヤードへ運べば、ソク現金を手にできる、そういうシステムが出来上がっているのだ。被告人のような、まともに働く気がおそらくない者が、複数人で乗用車に乗って深夜に駐車場をまわり、ハイエースを探しているのだ。
 ハイエースをお持ちの方はご注意を。

 ←6月30日20時20現在、週間INが180で1位~。happy01 

2017年3月 4日 (土)

万引きでダブルの執行猶予中の万引き、罰金刑に!

 2014年7月24日に万引きで、懲役1年、執行猶予3年。
 2015年6月11日に万引きで、懲役6月、保護観察付き執行猶予3年。
 本件は2015年11月20日の万引き。裁縫糸11個、販売価格合計1188円。求刑は懲役1年6月

Img_1166 検察官と御用医師は真っ向否定するれども、クレプトマニア、完全に病的万引きだ。ちなみに被告人はかなりの美女。弁護人はアミティ林大悟弁護士
 相場的には120%懲役実刑といえる。実刑なら前刑の執行猶予は必要的取消しとなる。
 治療を絶ち切って再犯の可能性を高め、被告人およびその家族の人生を破壊しても、「やったことの責任は取ってもらう」というところで思考を停止、量刑相場を固守するのが裁判だ。それを法律用語で「行為責任主義」という。メルマガでさんざんレポートしてきた。
 3月3日(金)、東京地裁の平手健太郎裁判官が判決を言い渡した。

裁判官 「主文、被告人を罰金50万円に処する。その罰金を完納できないときは…」

 うっわ! 俺は泣きそうになったね!
 罰金刑なら執行猶予は裁量的取消し。たぶん取消しはない。林大悟弁護人の弁護もよかったとはいえ、平手健太郎裁判官、あんたやるときゃやるねっ。

Img_1167 そのあと、東京高裁で「危険運転致死、道路交通法違反」の控訴審第1回を傍聴した。
 弁護人の弁論を聞いた限りでは、なんだそれ! と呆れる事件だった。
 一審を傍聴したマニア氏によれば、被告人は格闘家でミュージシャン? 帰宅後ネット検索したら、なるほどけっこう有名人なのだった。この被告人氏名を出せば、当ブログのアクセス数がどっと増え、俺は少し儲かるかもしれない。しかし、俺の実名公開基準にぎりぎり達しないというか。

 以上、メルマガ次号でまとめてレポートするか悩み中。「危険運転致死、道路交通法違反」のほうは次々号になるかもしれない。

 3月3日(金)、前日に続いてまた「昭和」へ行った。
 前出のマニア氏が、どうしても「昭和」へ行きたい、今井さん連れてってくださいと泣いて頼むもんだから、仕方なくて。 ←うそつけっ(笑)。
 んで、デジカメの画像を“軽く”するという設定変更を彼にやってもらった。ありがとね~。そうして撮影したのが今回の画像だ。

 画像上の左側は、コハダ入りもずく酢。右側は、別のマニア氏からいただいたピザ1切れと、もうだいぶ食べてしまったオムレツ。
 画像下に大きく写ってるのは、生野菜。ドレッシングがかかってる。
 どれも1品110円、正しくはチケット1枚。チケットは1冊10枚1100円。やんなっちゃうょね~。大満足し、帰宅後は酒を飲まなかった。寝るときはもう腹ぺこ。痩せたかな。

  ←3月4日14時30分現在、週間INが210で1位~。happy01

2017年1月22日 (日)

高齢女性の万引きが激増!

 以下は1月22日付け河北新報。

<刑法犯>15年連続減 1万6467件
 2016年に県警が認知した刑法犯は、前年より1275件減の1万6467件(暫定値)だったことが分かった。過去最悪を記録した01年を最後に15年連続で減少した。
 全体の7割を占める窃盗犯は1万1945件で前年比で769件減少した。万引や自転車盗が大幅に減った。詐欺などの知能犯は81件減の908件、暴行などの粗暴犯は18件減の904件だった。
 刑法犯の摘発率は前年比1.0ポイント増の34.0%。3年連続で前年を上回った。
 一方で、重要犯罪は殺人17件(1件増)、強盗31件(8件増)、放火19件(3件増)と軒並み増加している。県警刑事総務課の担当者は「殺人などの凶悪犯罪が増えたため、県民の体感治安は改善されていない。安心して暮らせるように引き続き努力したい」と述べた。
 刑法犯の認知件数は01年の4万9887件を境に減少に転じた。12年に2万件を下回り、16年はピーク時の約3割となった。

 2015年と、俺が傍聴マニアになった2003年、の警察庁の犯罪統計を見ても、全体に3割から3割ちょい減ってる。
 ところがっ! このこと、昨年10月のメルマガ「裁判傍聴バカ一代」に書いたきり、このブログのほうには書いてなかったような。この際、一部抜き出し、少しコメントしとこう。

 万引きについては、女表(めひょう。女性だけのデータ)がある。その年齢層別の検挙人員を見てびっくり、俺は腰を抜かしたね。

           2015年  2003年
 14歳~19歳  2693人  1万8049人
 20歳~29歳  2753人    5305人
 30歳~39歳  3115人    3950人
 40歳~49歳  3854人    3351人
 50歳~59歳  3380人    5263人
 60歳~69歳  5033人    2776人
 70歳以上  1万0212人   5209人

 未成年の万引きが激減してる。20~29歳も半減。少子化の影響、だけでは説明のつかない激減ぶりだ。

 一方、60~69歳は約1.8倍に、70歳以上は約2倍に増えてる! 40~49歳も少し増えてる。
 大きくいえば高齢社会だから?
 いや、そうじゃない。総務省統計局のデータだっけ、2014年と2003年の女性の人口を比べてみると、こうなのである。カッコ内は俺の計算による。危ね~(笑)。

          2014年         2003年
60~64歳  4,574人(約7%増)   4,275人
65~74歳  8.980人(約18%増)  7,354人
75歳以上  9,793人(約32%増)  6,697人

 女性人口は約7~32%増え、女性の万引きは約80~100%増え…。万引きの増えっぷりは、やっぱ異様というほかない。
 これをどう読むか。
 検挙人員は、1人が年に2回やれば2人として計上される。クレプトマニア(俺が言うところの万引き病)、また前頭側頭型認知症(いわゆるピック病)の女性、による万引きが増えてることが、ひとつ確かに影響してるんじゃないかと思える。

 金は十分にある。何ら不自由してない。次にやったら刑務所行きと分かってる。万引きなどやりたくない。もう絶対やらないと固く固く固~く誓ってる。しかしっ、万引きできるシチュエーションになると、すべてが吹っ飛び、真っ直ぐに万引きしてしまうんである。完全に病気だと思う。

 これに対し、警察はどうするか。微罪処分で終わらせることもあるけども、有能な警察官は「金は十分にあるが将来が不安で、なるべく持ち金を減らしたくなかった」などと病気の臭いを消した調書をとる、裁判官が有罪にしやすいように。
 検察はどうするか。検察は基本、最初は不起訴(起訴猶予)、不起訴が1回乃至数回あれば罰金刑とし、罰金刑が数回乃至1回あれば公判請求する、つまり正式な裁判の法廷に被告人として立たせる。

 裁判官はどうするか。裁判官は、1回目は執行猶予とする。病的な女性はたいてい執行猶予中にまたやる。そうすると、ごくまれに再度の執行猶予とすることもあるが、基本は実刑だ。量刑相場の階段をのぼらせ、刑務所へ落とすのである。
 病気だと分かり、保釈中に専門病院へ入院し、治療の最中であっても、かまわず刑務所へ落とす。「治療はともかく、やったことの責任はとってもらいます」と。

 せっかく治療が功を奏し始めてるらしいのに、その治療を絶たれ、服役中に病気は悪化するだろうなぁ、この女性の人生はもうオシマイかも…そういう裁判を俺はさんざん見てきた。
 刑法犯が減ったという報道を見て、俺は暗澹たる気持ちになる、そゆ話。

 殺人については拙稿「【データで見えてくる犯罪】「殺人」の被害者はほとんど「犯人の身近な人物」をどうぞ。

 いま、某女性から電話あり。昼間話したアメリカ人が要旨こんなことを言ってたんだそうだ。
 アメリカは州によって教員の給料が違う。給料の安いダメ教員が多い。アメリカ人はバカばっかり。大統領選挙のとき、トランプの話を聞いて初めて、大統領候補が言ってることが分かったという、そういう奴らがトランプを大統領にしたのだ…。へぇ。

 ←1月22日18時10分現在、週間INが220で1位~。happy01

2016年12月22日 (木)

クレプトマニアの万引き、再度の執行猶予!

 メルマガ発行であっぷあっぷのところに、雑誌の連載原稿は年内にと言われ、眠くてもう大変。なんだけど、この判決は行かざるを得ないっ!
 被告人は若い女性で、摂食障害のクレプトマニア(万引き病)、執行猶予中の万引きだ。弁護人は、このタイプの事件を熱心に真剣によくやってる弁護士。いったいどうなるのか。

 万引きの原因が分かって治療を開始し効果が出てきたケースでも、量刑相場の階段を上らせて刑務所に突き落とし、治療を台無しにする、病気を悪化させる、それが日本の司法の当たり前の、てか普通の日常だ。
 このこと知ってるのは、しょぼい「窃盗」をよく傍聴してるマニア諸氏だけでしょ。テレビも新聞もネットメディアもそんなこと──俺が知る限り──言わないもの。俺はメルマガでレポートし続けてきた。

 だから今日、またも無惨に刑務所へ突き落とすところを見届けてやる、というつもりで行ったわけ、東京簡裁、9時45分からの「窃盗」の判決を傍聴に。
 そしたら、がーん、再度の執行猶予だった! 良かったねぇ!

161209 それで帰ればいいのに、“傍聴病”の俺は結局、15時スタートの「ストーカー行為等の規制等に関する法律違反」まで傍聴しちゃった。被告人が同姓の女性2人、非常に珍しいので。 ←バカですかっ。

 ただ、言い訳させてもらうなら、そのストーカーが終わってたまたま偶然、別の法廷で、男性被告人の執行猶予中の「窃盗」が再度の執行猶予になるのをちらっと目撃した。
 再度の執行猶予を1日に2度も、こんなこと滅多にあるもんじゃない。

 あそうそう、21日(水)の傍聴マニアのプチ忘年会。参加8人、濃ゅい話で盛り上がりました~。
 新年会は銀座の晩杯屋にしようかと。それまでに単行本を1冊仕上げてしまおう、という野望もあり…。

 画像は、或日の「昭和」(究極の居酒屋)。黒ホッピーの中、外、料理3品、合計550円だ。俺のメルマガは週4号発行で月額108円。550円だと5カ月読めてお釣りがくる。なんかものすごい話やね(笑)。

    

 「へそきゅう」、なんか知らないけど良いネーミングだと思う。

 ←12月22日22時10分現在、週間INが200で1位~。happy01

2016年8月27日 (土)

単に自己の性的欲望を満足させるための対象として扱つている としか認められない性行為

1608272 8月26日(金)14時~15時の、女性被告人の「窃盗」は、やっぱり万引きで執行猶予中の万引きだった。
 息子の所有かな、マンションの管理をやってるそうで、清楚で素敵な夏のワンピースを着て、大きなパールのネックレス…。金に不自由してないのに、前刑の被害店であるスーパーで春雨の総菜、おにぎり、らっきょう漬け、販売価格合計411円を万引きしたんだという。
 赤城高原クリニックの名は出ず、「ぜんとうそくとうようへんせいしょう」と出てきた。「前頭側頭型認知症」の万引きは傍聴したことあるけど…。あとでネット検索したら「前頭側頭葉変性症」なのだった。
 当然これも、起訴が為された以上は、検察&裁判所のチームは相場通り刑務所へブチ込むのか。
 法廷で主張・立証するだろうすべてのことを、捜査段階でぶつけ、不起訴を勝ち取るしかない、起訴されたらもう何をやっても無駄、そう思える事件がときどきある。
 この事件も俺が最後まで見届けねば。

 14時59分、出ようとして「ぎょわっ!」となった。ドアの外に大行列が出来ていたのだ。
 この法廷、次は15時~16時、「千葉県青少年健全育成条例違反、児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律違反」の新件なのだ。そっかぁ!
 俺は、なんか弾かれたように元の傍聴席へ戻ってしまったのだった(笑)。

1608271 傍聴席は20席。10人弱が出たかな。たちまち満席に。それから俺は、また後ろのドアを開けてみた。すでに満席なのに、外にはまだ20人弱が。
 この時刻の新件はこれだけだったのかもしれないが、にしてもエロ裁判の人気ぶりは飛び抜けてる。

 15時からのそれは、濃いイケメン系の28歳(単身)が千葉県内の自宅で、ネットの「ライン」で知り合ったA子(14歳)と、単に自己の性的欲望を満足させるための対象として扱つている としか認められない性行為等をし、翌日、今度はB子(16歳)と同様の行為をし、約1カ月後にA子とまた同様の行為をし、それらの際に、性行為、口淫、自己の陰茎を握らせる場面の動画をスマホで撮影、記録、保存したというものだった。正直、くっだらねぇ、どぉでもいいょ、戻るんじゃなかった、失敗したと思った。
 ただ、千葉県内の事件をなんで東京地裁でやってるのか。発覚の経緯が「なんだそれ!」なのだった。

 さぁ、来週は月曜から傍聴予定がけっこう詰まってる。急ぎメルマガを書かねば。

 画像は、埃まみれの資料の山から発見された古いテレビ台本。俺が初めてテレビ出演したときのものだ。「プレ・ステージ」は「朝まで生放送」の前身だ。メインの司会者は蓮舫さん。お~!

    

 ←8月27日17時40分現在、週間INが230で~。happy02

2016年7月11日 (月)

クレプトマニア、こんな感動の展開、見たことないよっ!

 今日は東京地裁で2件、東京高裁で1件、刑事裁判の傍聴券抽選があった。
 地裁の1件は、プロ野球巨人軍の元選手と元飲食店飲食店経営者の「賭博開帳図利、賭博開帳図利幇助、常習賭博」の新件。
 高裁の1件は、元オウム真理教、高橋克也被告人の「殺人、殺人未遂、爆発物取締罰則、逮捕監禁致死、死体損壊」の控訴審第1回。
 地裁のもう1件は、東大生と東京大学院生が被告人の「強制わいせつ、暴行」の新件。

 いや俺だってそういうの見たくないってわけじゃない。けど、やっぱ俺の役割は、他の傍聴人諸氏もマスコミも報じない、おいおい何だそれ! な裁判をレポートすることにあると思うのね。そして今日、その意味で絶対どうしても外せない、全力で傍聴しなきゃいけない事件があったのだ!
 前回の期日をメルマガで、大興奮で3号にわたってレポートした事件である。

第1677号 クレプトマニアの過食嘔吐は脳内麻薬!?
 摂食障害&万引き病の裁判は、うんざりするほど傍聴してきたが、こんなの初めて! 食べ吐き(過食嘔吐)の知られざる真実へと、お洒落で誠実そうな女性弁護人が静かに突っ込んでいき…。

第1678号 サタンが万引きをさせるのだと母は言い…
 前号からの続き。万引き病者の、人格崩壊しての万引きは、はは~、そういうふうに行われるのかと! この事件、いわゆるカルト宗教が背景にあり…。

第1679号 万引き病、食べ吐きが心の支えだったと
 前号、前々号からの続き。俺はこの種の裁判を狙ってだいぶ傍聴してきたが、こんなの初めて! 資料的価値が大きいと思われ3号にわたって詳細レポートした次第。クレプトマニア、窃盗癖者、万引き病のご本人、ご家族、弁護人は是非ご一読を。

 今日は被告人質問の続きと、情状証人3人と、少し休廷して論告・論告弁論まで。
 ま~、すごかった! 前回から5カ月近く経っての今回の期日。被告人が、なんか別人のようになってるんである。こんな展開、見たことないよっ! 途中で俺が一瞬抜けたのは、あんまり感動的で傍聴ノートに鼻水が垂れ落ちそうになったから。
 これ、2時間ドラマにぴったり。ラストシーン(判決)に世間は震撼するでしょ。絶対、賞をとれるでしょ。俺が企画書を書こうかな。

 しかしメルマガ次号は、「なにぃ?」と思えるシャブ密輸の控訴審判決等について、すでに半分以上書いており、どぉしよう。
 今週は例の医療用大麻の被告人質問があるし、雑誌原稿を1本書かなきゃだし、横浜地裁も行かなきゃだし、内視鏡検査もあるし、もう…。sweat01

 ここで緊急告知、15日(金)は俺は「昭和」へ行きません!
 その日はどうしてもな傍聴予定がないので。そもそも金曜日は「昭和」、と決めるのは、ティファニーで朝食を、みたいなもんでムリがあるのだ。少しムリして通ったが、もう限界。だからたぶん今週は昭和へは行けない。寂しい、哀しい。

    

 また『ラジオライフ』に載ってた面白商品。傘も防犯グッズなんだそうだ。こういうの、“詐欺犯狙いの強盗を警戒する詐欺犯”がよく買ってたりして。
 架空の「公共事業債」をネタにあの手この手で高齢女性を翻弄し、とことんむしり取る詐欺、被害総額1億2350万円、うち2500万円は「第三者」の手にわたり、検察はその部分は「詐欺未遂」で起訴したが…というのを最近傍聴したょ。

 ←7月11日22時40分現在、週間INが210で2位~。てかJazzyさん、週間INが576、すごいっ!

2016年5月 8日 (日)

3歳児を刑務所へ送る日は近い…と思う

 以下は5月8日付け朝日新聞。

3歳児、おなかすいて盗んだ 両親は借金背負い不在
 万引きで補導されたのは3歳の保育園児だった。2012年春、西日本のスーパーマーケット。ズボンとシャツのポケットにあめとチョコを詰め込み、背中にロールパンの袋を隠していた。
    (中略)
 数カ月前から児童相談所(児相)が「経済困窮によるネグレクト(育児放棄)」の疑いで見守っていた家庭の次男。「一度にたくさん盗んでいるからこの子は初犯じゃない。食べさせて、きつく叱ってください」。警察官は母親(43)に言った。
 5歳上の長男、4歳上の長女も万引きでの補導歴が複数あったが、次男が補導されたのは初めてだった。
 トラック運転手の父親(50)は仕事で深夜まで帰らず、泊まる日も。母親は家政婦として住み込みで働き、ほぼ子どもだけでアパートで暮らしていた。
 料金滞納でガスは年中不通。水道、電気もよく止まった。子どもたちの食事は1日15分ほど戻る母親らが用意したカップ麺やそうめん。空腹を満たすため万引きした。小学校を休みがちになり、午前1時ごろまで遊ぶ日もあった。

 あめとチョコをポケットに入れ、ロールパンを背中に隠していたところからして、善悪の判断能力があったことは明らか。育児放棄による空腹は、犯行動機として十分に了解可能である。今回は初犯だが、育児放棄が改善される見込みはなく、かつ兄姉に多数の万引き前歴があることからしても、再犯の可能性は高い。
 いちおう3歳児なので、略式不相当として公判請求し、罰金20万円、いや異例の温情で罰金10万円を求刑し、完納できないときは金5千円を1日に換算した期間、労役場に留置する…。

40 事件数で6500件以上を傍聴してきた立場からすると、いずれそうなっても何らおかしくないと思う。
 実際、たとえば、脳の特定部位の萎縮により、人格が変わり、表情がなくなり、行動制御能力が損なわれて万引きをくり返す年配者を、手厚い治療および監督態勢からあえて切り離し、矯正施設と称する刑務所へ送り込む、「やったことの責任は取ってもらう」のだと言って…そういうことを普通にやってる検察庁、裁判所なのである。
 3歳児を、「やったことの責任は取ってもらう」と労役場や刑務所へ送り込むくらい、法律さえちょこっと変われば、なんの躊躇もなくやるだろう、うんうん。

 ちなみに上掲記事には不可解な点がひとつある。
 タイトルには「両親は借金背負い」とあるのに、記事本文中に借金の話が出てこないのだ。
 もちろん、記者は借金のことも書いたのに、上(うえ)が削った可能性は大いにある。

Photo 刑事裁判にときどき出てくる「証拠に基づかない弁論」に似てる。
 検察の書証にも、弁護人の書証にも、証人の法廷証言にも被告人の法廷供述にも出てないことを、弁護人が最終陳述でいきなり言いだし、検察官が「その部分は証拠に基づかない弁論です!」と指摘し、裁判官が「弁護人、削除して下さい」と言う、んなことを東京簡裁の裁判で何度も見た。地裁でも見たかなぁ、ちょと記憶にない。
 そこから導かれるのは、簡裁の裁判の立会をやる区検の副検事は有能である、ということだ。

 以上のような視点も持ちつつ、日々の裁判をレポートしてるのが、俺のメルマガ 「裁判傍聴バカ一代」であり、だから好評をいただいてるのだ。よし、うまく宣伝できたな、ふふ。

※ 画像は、裁判所の見学に行った方からいただいたもの。上は法壇。この角度からはなかなか観られない。黒い法服がかかってるのが職業裁判官の席。でもこれ、モニターが置かれてない。なんでだろ。
 下は、法壇の裁判官の足もと。この角度からは、被告人が暴れそうなときなどに警備職員を呼ぶ非常スイッチが見えないね。coldsweats01

 顔面筋トレ、フェイシャルフィットネスPAO、開廷を待つ間、傍聴席でやったら、書記官は文句を言うかな。 ←てか事件の関係者に対し失礼だろっ。
 麦味噌は腸内細菌を整え、大腸癌の予防にもいいんだと、テレビで言ってた。今日、スーパーへ行ったら、麦味噌の棚がスカスカになってた。テレビの威力…か。
 今治タオル、何が良いんだっけ。そこまで観ずにテレビの前から俺は去ってしまったんだっけ、もう忘れたょ。

 ←5月8日22時00分現在、週間INが200で2位~。

2016年2月25日 (木)

クレプトマニアの凄まじい地獄

 諸君、俺はとうとうすっごい事件に遭遇したよっ。

Photo かねてより、クレプトマニア、窃盗癖者、万引き病の裁判に俺は注目していた。
 明らかに病気と思えるのだが、検察は病気とは絶対に認めず、何より警察が、検察、裁判官が有罪にしやすいよう上手な自白調書を巻くもんだから、可哀想な病者は量刑相場の階段をのぼらされ、刑務所へ落とされる。検察、裁判官が「矯正施設」と称する刑務所へ。
 しかし本当は病気だから、その「矯正」など行われないから、出所すればまた万引きをくり返す。店側からすれば万引き被害が起こり続ける。
 このシステムから国家は抜け出せない。抜けるつもりがないように見える。どうすればいいのか…。

Photo_2 ところが、今回の事件にはびっくりたまげた。摂食障害(過食嘔吐、食べ吐き)&クレプトマニアの、凄まじい地獄とでもいうか。
 こんなことがなぜこれまで法廷に出てこなかったのか、もちろん俺が今までたまたま遭遇しなかっただけかもしれない、ということを捨象すれば、弁護人の能力、人間性か。

 その傍聴レポート、メルマガの1号分ではとても書き切れない。2月は後少ししかない。3月になるか、4月になるか、必ずレポートしよう。少し興奮を冷ましたほうがいいかもしんない。

※画像は、本文とは関係なく、八甲田山雪中行軍遭難資料館と、兵士墓石群。読者氏よりお送りいただいたもの。

        

 クレプトマニアについては、『彼女たちは…』がやっぱり基本かと思う。でも、今回の裁判のような話は、俺は初めて聞いたょ!

 ←2月25日0時20分現在、週間INが、うわぉ、180まで下がって、けどまだ1位…。

より以前の記事一覧