フォト
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

カテゴリー「NEW速度取締り」の4件の記事

2019年6月23日 (日)

新型オービスの否認裁判!

Photo_20190623194001  さいたま地裁で本邦初、超重要な速度違反裁判が進行中だ。
 メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」で毎回レポートしている。あと少なくとも4回はレポートすることになりそう。
 そのたんびに本邦初、超重要とはどういうことか説明するのは面倒だし、記事が無駄に長くなる。
 そこで、説明はこの記事で行ない、メルマガにはURLを貼ることとした。

 ごく簡単に説明するとこういう流れになる。

1、警察庁は新型オービスを使って速度取締りの新制度をつくろうとしている。
 ※ ちなみに警察の多くの文書では「新たな速度違反自動取締装置」とされている。それじゃ長いし、また間違いなく新型なので、私は「新型オービス」と呼んでいる。ネットでは「移動式オービス」という語がすっかり定着している。固定式まで移動式と呼ばれたりする。しかし警察文書のどこにも「移動式」の3文字はなく、「移動オービス」という別種の装置がすでにある。なので私は絶対に「移動式」とは呼ばない。ネットに逆らってマイナー路線まっしぐらだ(笑)。

2、新型オービスはタテマエ的には、日本のオービスの老舗である東京航空計器(以下TKK)と、スエーデンが本社のSensys Gatso Group(以下センシス)の2社が競合する形になっている。だが、警察庁の“主流派”はあからさまにTKK推しであることが見て取れる。

3、そんな中、埼玉県北本市の国道17号線に設置されたセンシス社の固定式(SWSS。Speed Warning Safety System)により105キロ(45キロ超過)と測定され捕まった若者が否認。どうやら昨年8月、さいたま地裁で裁判が始まった。
 ※ 画像上はその固定式と同型で、岐阜県大垣市に設置されているもの。マニア氏の撮影による。センシスの固定式は現時点では埼玉と岐阜に各1台しかない。

1902022 4、センシスの新型オービスは固定式も可搬式も、いちおう測定はレーダー式だが、従来の日本のレーダー式と全く違う。おそるべき高性能だ。その分従来の立証より手間がかかるうえ、何より今後の他の裁判のリーディングケースになる本邦初の超重要裁判ゆえ、検察官は完璧2万%の有罪と勝ち取ろうと頑張っている。
 どうせ罰金7万円か8万円のたかが速度違反事件なのに、なんと途中から合議(裁判官3人)になった。

 この裁判を見逃してたまるものか! 最優先で傍聴だ! と私はさいたま地裁へ通っているわけ。通常の取材では知り得ないことがぼろぼろ出てきてもう大変っ!
 メルマガ第2228号「センシス社の新型オービス、本邦初の検察側証人尋問に大興奮!」、第2229号「センシスの新型オービス、それって軍事技術じゃないのっ?」、第2252号「センシス社の新型オービス、意外なことがいっぱい分かった!」などでレポートしてきた。

 以上でとりあえず説明を終え、6月21日に行なわれた証人尋問(証人はミニスカートの女性!)のレポートを書きます。

 ←6月23日20 時20分現在、週間INが100で3位~。

2019年5月18日 (土)

TKKのレーザーパトをセンシスの可搬式が取り締まる!

  「スピード違反取締りに新兵器 “持ち運び可能”どこでも監視 北海道警が導入し取締り強化へ」と4月25日付け北海道放送。私は感動したね~! ※画像はそのニュースより。

 新型オービス(ネットでは移動式オービスと呼ばれる)は、東京航空計器(以下TKK)と、スエーデンが本社のSensys Gatso Group(以下センシス)が競合する形に表面上はなっているが、どっこい、じつは警察庁の主流派はTKK推し、センシスは弾き出されると私は読んでいた。
 実際、TKKの新型オービスはすでにあちこちの都道府県警で購入が進んでいるが、センシスの購入は皆無だった。
 ところが今回、北海道警が! おお~! という感動がひとつ。

1904256  もうひとつは、北海道放送のそのニュース映像に出てくる、センシスの可搬式オービスに測定される形になっているパトカーの、屋根のパトランプの間にある“四角い箱”だ。
 あの箱はTKKのLSM-100、レーザー式の速度測定装置だ。LSM-100は、撮影機能はあるがオービスとしての運用はしていない。
 そのへん説明するとややこしくなるので省くが、とにかく、TKKの装置を載せたパトカーを違反車両に見立て、センシスの新型オービスが測定・撮影するって! マニア的には、いやはやなんともいえぬ感動なのであります。

 さてメルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」、5月は以下の7号を発行した。

第2255号  全く異なる交通死亡事故2件、量刑の違いをどう受け止めるか
 幅員約9m、横断歩道のない道路を横断していた89歳男性をはねて逃げ、翌日自首。男性は軽傷と報じられたが4カ月に肺炎で死亡。もう1件は首都高速、上方の渋滞表示板に気を取られ、渋滞の車列へ約70キロの速度で突っ込み3人を死傷させた事故…。

第2254号 意思では止まらぬ万引き病者に、絶対しないとみなで誓わせ
 もう絶対しないと「人間脳」がどんなに固く本気で誓っても、「動物脳」の過作動によりまた万引きしてしまう。それが万引き病、クレプトマニアだ。ところが検察官、裁判官は「人間脳」の誓いが足りないと責めるばかり。嗚呼、かわいそうに、この女性はきっとまた万引きする!

 以下の3号は5月13日にお知らせした

第2253号 典型的な「右直事故」、失われなくていい若い命がまた
第2252号 センシス社の新型オービス、意外なことがいっぱい分かった!
第2251号 手話で脅迫、ろうあ者を集めて貧困ビジネス?

 以下の2号は5月7日にお知らせした。

第2250号 まだ22歳の可愛い女性被告人、いったいどんな人生を!?
第2249号 どこまで無茶苦茶な若者、しかし今は週5日仕事なのだという

 いま購読登録すると以上7号がどどっと送信される。そして5月末まであと6号が順次送信される。
 現在、センシスの固定式の否認裁判がさいたま地裁で進行中だ。沖電気さんの証人尋問は4月にレポートした。すごかった。国産オービスもこれまでのオービス裁判もガラパゴス! と思えた。5月は担当警察官の尋問をレポートした。6月もどなたかの尋問をレポート予定。
 全国のオービス担当の警察官諸氏よ、あなたもいずれ尋問されることになる。検察官の証人テストはあるけれども、マニアな私による傍聴席からのレポートも参考にすべきと思いますよ、うふふ。よしうまく宣伝できたぞ。😃

 ←5月18日16時20分現在、週間INが140で3位~!

2019年5月 7日 (火)

島国で独自の進化(退化)を遂げたガラパゴスオービス

 190505-3_1  スーパーへ米酢を買いに行った。酢が2割引きセールだった。うむ~。しばし悩んだ末、「純玄米黒酢」というのを買った。2割引きでもけっこうお高いのだが、10連休に浮かれて? ちなみに私の場合、10連休は完全に原稿三昧(ざんまい)。当ブログを更新する暇もなかった。

 それでだ、飲む場合は大さじ1杯を5倍に薄めて飲めとラベルにあった。へぇ、飲むのか。グラスにどぼどぼっと入れ、たっぷりの水を足して飲んだ。
 効いたね~!
 自宅で原稿三昧の日は、昼食後に必ず1時間ほど眠ってしまうところ、眠る前にそれを飲んだら30分足らずですっきり目が覚めてしまった。夕方も仮眠せず、だから夜は疲れて早寝する、なので朝は早起きできる。びっくりである。
 黒酢、おそるべし!

 

 さてメルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」である。5月は以下の2号を発行した。

第2250号 まだ22歳の可愛い女性被告人、いったいどんな人生を!?
 女性被告人の「窃盗」。またクレプトマニアか? 違った。ありがちな職場盗だった。前科なし。ちゃちゃっと執行猶予で終わりだな、と思ったら、えーっ、なにそれっ! 法廷へは出てこないはずの真実というか…!

第2249号 どこまで無茶苦茶な若者、しかし今は週5日仕事なのだという
 2012年に京都府で、無免許&居眠り運転の少年が集団登校の小学生たちに突っ込み、という事件があった。あれと同じパターンの事故で保護処分を受け、その後、無免許運転でなんと朝鮮総連へ行き、さらに…。こんな若者もいるのだ。

 いま購読登録すると以上2号がすぐ送信され、月末まであと11号が順次送信される。
 今月もセンシス社(Sensys Gatso Group)のトラッキングレーダー式の新型オービスの、否認裁判の証人尋問をレポートできる。前回の証人尋問は凄かった。第2228号「センシス社の新型オービス、本邦初の検察側証人尋問に大興奮!」と第2229号「センシスの新型オービス、それって軍事技術じゃないのっ?」でレポートした。

 日本のオービスは、この島国の中で特殊な裁判所に守られて独自の進化、いや退化を遂げたガラパゴスオービスといえるんじゃないか。世界を股に掛けて商売するセンシス社の新型オービスは、いわば“黒船”、かなわんのじゃないですか?
 てゆっか、この間の流れ及びいろんな文書をマニアックに見ると、警察庁の主流派があからさまに東京航空計器推しであることが読み取れ、かつ、東京航空計器のスキャンレーザー式、大丈夫なの? という気がする。全国都道府県警の諸氏よ、泥船に乗って沈む、なんてことがないようご注意ください。

 ←5月7日16時40分現在、週間INが60で3位~。

2018年11月22日 (木)

新型オービス、流れが変わった?

 新型オービスについて警察文書を大量に開示請求し続け、また記者クラブ報道も興味深く見てきた者にとって「おおっ!」である。
 以下は11月20日付け読売新聞の一部。

事故防げ 移動オービス稼働
 生活道路などでのスピード違反を摘発することで重大事故を防ごうと、県警が昨年4月、移動式の速度違反自動監視装置(オービス)の本格運用を始めてから、1年半以上が経過した。今年4~10月、移動式オービスによる摘発件数は197件と、昨年度の1年分(211件)に迫る。県警の担当者は「従来できなかった生活道路で取り締まれる利点は大きい」としている。
 県警によると、移動式オービスは、三脚の上に機械が設置されており、幅33センチ、奥行き28センチ、高さ1メートル30。人の手で持ち運べるのが特徴だ。

1811211 元記事にある画像は、センシス社の可搬式オービスだ。
 「新型オービスとは何か!」の前後編で述べたように、センシス社は当て馬、警察庁は、特に可搬式については東京航空計器のレーザー式でイクのだなと私は見ていた。その後の契約状況も記者クラブ報道等々も、可搬式=東京航空計器、との印象を強めるものばかりだった。

 ところが11月13日付けの東海テレビのニュースでセンシス社の可搬式が突然に取り上げられ、11月20日付けの読売新聞でまた!
 そのふたつの報道は、この時期にわざわざやる必要のないものといえる。センシス社の可搬式も役に立つぞ、立ってるぞ、警察庁はセンシス社のオービスの契約も推奨するぞという、全国都道府県警察に対するアピールではないのか。にしても、こういう変化は解せない。もしや警察庁内部でもカルロス・ゴーン氏を追い出すような何かがあったりして? などとマニアの特殊な妄想アンテナは感じ取るのである、ピコーン、とね(笑)。

 もうひとつ、上掲読売新聞の記事は、見出しで「移動オービス」、本文で「移動式オービス」となっている。
 埼玉県警にはまだ確認してないが、岐阜県警の場合とは異なると認める理由は何らない。
1811212 なるほど、「可搬式」は世間大衆向けじゃないし、ネットでは「移動式」が主流なのでネットにあわせ、「移動式」とした。「式」も結婚式や成人式でしか世間大衆は使わない漢字なのでトルツメ(校正用語)した、のかな。
 それは分かるけれども、警察発表、記者レク(レクチャー)を無視、逸脱していいのか。それなりに分かる理由があれば無視、逸脱OKってのは、記者クラブ制度の巨大ダムの“蟻の一穴”になるんじゃないか。
 いや、新型オービスが世間大衆に受け容れられるなら、呼称などどうでもいいのか。いやいや、世間受け、大衆受けばっかり狙っていると、あとで混乱を招くことになるんじゃないか。ほらね、マニアの妄想は尽きないのですょ(笑)。

※ 画像は、警察庁交通局交通指導理事官が2017年4月4日に発出した事務連絡より。その事務連絡の主たる宛先は「警視庁交通部交通執行課長」と「各道府県警察本部交通部長」だ。
 警視庁(東京都警察本部)の交通執行課長は、東京以外の警察本部の交通部長と同格なの? 本社の課長は支社の部長と同格、みたいなもの?

 ←11月22日1時10分現在、週間INが150で2位~。